成年後見制度を利用できる人は? 「成年後見サポート」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で交通事故、慰謝料、後遺障害等級認定申請、異議申立専門の行政書士。遺言、相続、会社設立、電子定款、認証、経理記帳まで女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 成年後見 > 後見・保佐・補助とは

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

   
■ トップページ

成年後見制度(法定後見)の種類                    

   法定後見は判断能力の段階に応じて、軽い方から「補助」「保佐」「後見」の3段階に分かれています。

成年後見制度
  補 助 保 佐 後 見
本 人 被補助人 被保佐人 成年被後見人
保護者 補助人 保佐人 成年後見人
対象となる方 判断能力が
不十分な方 
判断能力が
著しく不十分な方
判断能力が
欠けているのが通常の方
鑑 定 診断書が必要 鑑定が必要
申立てできる人 本人 ・ 配偶者 ・ 四等親内の親族 ・ 監督人 ・ 検察官
任意後見を受任された者 ・ 任意後見人 ・ 任意後見監督人 ・ 市長
申立てに
本人の同意は
必 要 不 要

      「補助」とはどのような人が利用するのでしょうか
       利害の得失などを判断することが十分でなく、自分の財産を管理や処分するには誰かの
       援助を必要とする方。たとえば、不動産の売買や遺産分割などの法律行為について本人
       だけでできるかどうか心配な方や、株券や貯金、年金などを持っているけど、大きい金額
       の計算や難しい手続は苦手になった方などが該当します。

      「保佐」とはどのような人が利用するのでしょうか
       物事を判断する能力は無くなってはいないが、著しく不十分は方。日常の買い物は、自分で
       できているが不動産の売買や遺産分割などの法律行為をきちんと判断してすることが難しく
       本人のために誰かに代わってやってもらった方がよい方。訪問販売などで高額な買い物をさ
       せられてしまったがそれを忘れてしまっているような方などが該当します。

      「後見」とはどのような人が利用するのでしょうか
       重度の認知症や障害により意思能力がない状態の方。本人のために、財産管理や本人の
       生活、健康管理について必要な事項を全般に渡り、誰かが代わってやってもらった方がよい
       方が該当します。



メールでのお問合せ                             

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付けしています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談2,000円(税別)
◆ 面談相談5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

お電話でのお問合せ                             

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908


受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は
     休日も対応いたします。

■ 当事務所の取り組み
■ 成年後見制度とは
■ 後見・保佐・補助とは
■ 成年後見・任意後見の
   利用時期
■ 代理権・同意権・取消権
■ 後見人の仕事
■ 任意後見制度とは
■ 委任する内容と開始時期
■ 料金案内 (成年後見)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (全体)
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立・記帳代行
 ◇相続・遺言    
 ◇交通事故     
 ◇車庫証明・車名義変更
 ◇輝く女性紹介   
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    
Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office