相続による自動車の名義変更 「自動車」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で会社設立、起業は専門の行政書士。定款の作成、電子定款、公証役場の認証、相談から起業後のサポート、経理記帳まで専門の女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市内全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 自動車 > 相続自動車名義変更

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

相続による自動車の名義変更

車庫証明・名義変更・住所変更は当事務所にお任せください。


相続による自動車の名義変更

輝く女性 神戸市北区 三田市 宝塚市 篠山市を中心にサポートしております。

平日、お仕事などで、どうしても運輸支局(陸運局)に行く時間がとれない方、
めんどうな手続にお困りの方、貴方に代わって、プロの行政書士が書類
の作成から、手続きまでを代行いたします。



相続による自動車の名義変更

車の名義人が死亡した時は、その自動車は、相続人の共有財産となります。
相続人のうちの誰かが引き継ぐ場合のほか譲渡や廃車、売買する場合などにも、
いったん遺産の相続手続き(名義変更)を行ってからそれらの手続きを行う事にな
ります。

相続による名義変更は、一般的な名義変更手続書類のほかに取り揃える相続関
係の書類が多いので、かなりの手間がかかります。
そのままほっておいて、いざ廃車にしようとしても書類を集めるのも大変になるため、
早めに対応しておいた方がいいです。

自動車の相続手続きは、相続人の一人が単独で相続する場合と、共同で相続す
る場合とで、必要な書類が違ってきます。
なお、相続による名義変更では、自動車の取得税はかかりません。


申請に必要な書類(一人が相続するとき)

申請に必要な書類(1人が相続するとき)
  必要書類 備 考
申請書 OCR シート第1号様式。陸運局に有ります。
自動車検査証(車検証) 車検の有効期間のあるもの。
戸籍謄本 被相続人(死亡者)および相続人全員が記載のもので発行され
てから3ヶ月以内のもの。
結婚などで相続人である確認が出来ない場合は原戸籍などを取
る必要があります。
遺産分割協議書 相続人全員の実印を押したもの。
未成年者がいるときは裁判所選任の特別代理人の実印が必要に
なります。
相続人全員の
印鑑証明書
未成年者については、住民票および特別代理人の印鑑証明書。
委任状 車を相続される方
代理人による申請を行う場合は実印を押印
手数料納付書 登録印紙500円貼付します。
自動車保管場所
証明書(車庫証明)
使用の本拠の位置を変更した場合に必要。
住所等を管轄すする警察署より証明を受けたもので
発行後1ヶ月以内のものが必要です。
自動車税申告書  


申請に必要な書類(共同で相続するとき)

申請に必要な書類(共同で相続するとき)
  必要書類 備 考
申請書 OCR シート第1号様式。人数に応じた枚数のOCRシート9号
自動車検査証(車検証) 車検の有効期間のあるもの。
戸籍謄本 被相続人(死亡者)および相続人全員が記載のもので発行され
てから3ヶ月以内のもの。
結婚などで相続人である確認が出来ない場合は原戸籍などを取
る必要があります。
遺産分割協議書 相続人全員の実印を押したもの。
未成年者がいるときは裁判所選任の特別代理人の実印が必要に
なります。
相続人全員の
印鑑証明書
未成年者については、住民票
共同相続人全員の委任状 実印を押印、未成年者については親権者併記します。
手数料納付書 登録印紙500円貼付します。
自動車保管場所
証明書(車庫証明)
使用の本拠の位置を変更した場合に必要。
住所等を管轄すする警察署より証明を受けたもので
発行後1ヶ月以内のものが必要です。
自動車税申告書  


他人に譲渡したいとき

自動車の所有者が死亡し、その車を誰か知り合い・友達等に譲渡する場合においても、
いったん自動車を相続する権利のある人間に車の名義を書き換えます。

それから、知り合い・友達等の名義に変更するという2段階の手続をする必要があります。
書類もそれぞれの名義変更手続きの書類が必要になってきます。

詳しくは、当事務所、もしくはお近くの陸運事務所にお問合せください。

他の管轄の運輸支局・検査登録事務所から転入した場合、
ナンバーが変わりますので陸運局に自動車を持ち込む必要があります。
☆ナンバープレートが変わる場合は連絡ください

必要経費

  ・ 登録手数料(証紙代) 500円
  ・ ナンバープレート代金(番号の変更を伴うとき)
       大板(2枚) 1,960円〜2,310円
       小板(2枚) 1,440円〜1,880円。
  ・ 自動車税及び自動車取得税

― その他注意事項 ―
他の管轄の運輸支局・検査登録事務所から転入した場合、
ナンバーが変わりますので陸運局に自動車を持ち込む必要があります。


時間がとれない方、めんどうな手続にお困りの方貴方に代わって、
プロの行政書士が手続を代行させていただきます。詳しくは、当事務所にお問合せください。

当事務所にて、手続及び代行させていただく場合の料金については コチラ
ご覧ください。


メールでのお問合せ

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付け
しています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談 2,000円(税別)
(正式な依頼になった場合には料金に充当させていただきます。)

                            お気軽に自動車登録専門の行政書士ご相談ください。

お電話でのお問合せ

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908

◆ 面談相談 5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は休日も
     対応いたします。



■ 自動車トップ   
■ ご依頼〜完了の流れ
■ 自動車の名義変更 
■ 相続自動車名義変更
■ 車庫証明     
■ 料金案内 (自動車)
■ リンク     
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表     
             
             
■ その他の業務
 ◇会社設立・記帳代行
 ◇遺言相続
 ◇交通事故
 ◇成年後見サポート
 ◇輝く女性紹介
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    

Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office