自賠責保険と任意保険の違い 「交通事故被害者相談室」 〜前田行政書士事務所〜
神戸北区で交通事故保険金請求、後遺障害、会社設立、記帳代行、相続、遺言、遺産分割協議書、成年後見サポートなど支援している行政書士事務所です。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。
前田行政書士事務所、兵庫、神戸、北区

HOME > 交通事故 > 自賠責と任意の違い

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は 自動車損害賠償保障法で車の所有者の加入が義務付けられており、車の持ち
主は強制的にこの保険に加入する事を義務付けられています。

被害者に対する最低限度の保障を確保するための保険なので、傷害事故の場合、120万円、
死亡事故では3000万円(後遺障害は4000万円)
までで支払われます。
人身損害のみが対象になります。

任意保険は、保険会社が出している自動車保険のことです。
加入するかしないかは自由ですが、多くの人が加入しています。
任意保険は、交通事故で、人を死傷させてしまった時の補償や、損害賠償責任を負ってしまった時、
そのほか自損事故で、自分が傷害を負った場合の補償などいろんなメニューがあり、自分の意思で
選択加入できます。

なぜ多くの人が任意保険に加入しているのでしょうか?
交通事故で傷害事故の賠償額が120万円を超えてしまった場合、加害者が任意保険に加入してい
れば、損害保険会社との契約に従い、自賠責保険を上回る額について保険金が支払われます。
もし、加害者が任意保険に加入していなければ、上回る額について自分で支払っていかなければな
りません。

たとえば、人身事故による損害額が500万円で、このうち自賠責保険から120万円支払われたとき、
残りの380万円は加害者の負担になります。
死亡事故ならどうでしょう。損害額が1億円になる事も珍しくありません。
自賠責保険では、3000万円が限度です。残りの7000万円、どうしますか?

総額
500万円
総額1億円
任意保険の限度を超える場合 加害者負担   380万円   7000万円
任意保険
(自動車対人賠償保険)
契約金額まで  
自賠責保険 傷害の場合
120万円まで
  120万円   3000万円

任意保険に加入していれば、万が一加害者になっても相手の方に充分な治療費、慰謝料を支払う
事ができるのです。


輝く女性



メールでのお問合せ ・ 初回無料相談

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付け
しています。
◆ 二回目以降は有料メ−ル相談 2,000円(税別)
(正式な依頼になった場合には料金に充当させていただきます。)

                            お気軽に交通事故専門の行政書士ご相談ください。

お電話でのお問合せ ・ 面談予約

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908

◆ 面談相談、1回 5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は休日も
           対応いたします。

※当事務所では、電話での交通事故無料相談
 行っておりません。
  無料相談をご希望の方はメール相談窓口より
 お問合せください。

■ 交通事故トップ  
■ 交通事故に遭ったら
■ 自賠責保険とは  
■ 自賠責保険の時効 
■ 自賠責保険Q&A 
■ 自賠責と任意の違い
■ 自賠責保険の
   請求方法は?
■ 一括払いとは   
■ 料金案内 (交通事故)
■ リンク       
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (総合)  
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立     
 ◇相続・遺言    
 ◇車庫証明・名義変更
 ◇成年後見サポート 
 ◇輝く女性紹介   
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    

Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office