☀台風1号(PABUK-パブーク)が2019年1月1日午後3時、南シナ海に発生。タイ南部に上陸、1951年の統計開始以来もっとも早い発生です。その後、インド洋でサイクロンとなりました。これは1997年の台風26号以来、約21年ぶりです。
タイ人の知り合いによれば、タイには日本のような台風がなかったそうです。
台風1号はその後、北インド洋に。
パブークの被害者は10人、被害総額は151億。タイでは、8人が亡くなり、ベトナムで1人、マレーシアで1人が犠牲になりました。
☀台風2号(Wutip-ウーティップ)。2月中に台風が猛烈な勢力になるのは、1977年以降初めてであり、1951年の統計開始以来、2月では最低の中心気圧を記録しました。
地域的な被害は無かったようです。
☀その他気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧が、ゾロゾロ。

☀2019年3月、アフリカの南東部をサイクロン「イダイ」が、直撃。モザンビークの港湾都市ベイラでは、1000人以上が死亡、40万人が家を失ないました。また、国連の報告ではモザンビークで170万人、隣国のマラウイでは92万人が被害をうけたそうです。
☀そして、4月25日、モザンビークの南部をサイクロン「ケネス」が上陸。24日に風速36メートルに達し、勢力を強めながらモザンビーク南東沖のコロモ諸島を通過。25日時点ではの最大風速は約61メートル、カテゴリー4のハリケーンに相当しました。
死者5人。このモザンビークでは、こんな大きなサイクロンは今までに無かったそうです。

ベジタリアンは地球を救う?
はじめに:
一番簡単に私達ができる地球環境への貢献は、肉の消費を減らすことです。
(肉と癌とかの関係は後ほど!)
牛や豚、鳥等の肉を並べられた食卓は、驚くことに無駄づかいで、 宏大な土地とエネルギーを消費しています。
というのも、宏大な土地とエネルギーを消費する飼育場は、森林の破壊、海、河川、空の汚染と、
とんでもない地球温暖化の原因となっています。
私たちが、化石燃料に依存して、動物を飼育する方法は人類に生態に問題があるとは、UN、科学者、経済学者によって指摘されています。
現在、10億の人たちに、十分な食料がない状態で、この後50年に渡って30億の人たちに十分な食料を与えるということは? 私たち人間と食肉との関係を、もう一度見直すときではないでしょうか?

その1:地球は燃えている?
私たち人間は、1年に2.3億トンもの動物の肉を食べています。30年前に比べると2倍になります。
私達は、おもに4種類の動物(トリ、ウシ、ヤギ、豚)を飼育、生産していますが、彼らがどれだけの飼料必要とするのか、どれだけの水を必要とするのか、そして、どれだけのメタン、温室効果ガスを放出しているのか?
  そして巨大な量の汚物をも生産します。
私たちの、食肉の消費がどれだけ、生態系に影響を与えているのか?
答えはたくさんあって、曖昧で議論の余地がありますが、2006年 UNは食肉を生産するために排出される排気ガスは、車、飛行機、その他の交通手段をまとめた以上の、18%だと、はじき出しました。
「Livestock's long shadow」と名乗る著者は、メタン(天然ガス、彼らが呼吸またはゲップすときに出す?)
をどれだけ排出してるのか、家畜がどれだけ屁をしてるのか、は、計算には入れてません。
が、彼らの排出物(ウンコぷー)からでるガス,屠殺後の肉を何キロも移動さるためにどれだけの石油をつかうのか、その肉を保存するためにどれだけの電気・ガスを使うのか、料理するときの熱量、それから動物を飼育するため田畑を耕し、収穫した飼料に費やすエネルギーがどれだけのものか、そして、彼らのための水の確保!!
その18%という数字は、2009年の2人の World bank の科学者によって51%だと訂正されました。
でも食肉、肉食というのはそんなに簡単に、非難されるものでしょうか?
その調査とやらは、アメリカの大工業食肉工場のことなのか、また環境破壊をせずに飼育しようとするヨーロッパのことなのか? いままさに行われている森林破壊に費やされる排出ガスのことなのか、動物を飼育するための飼料を得るための肥料のこととか、それとも食肉を移動されるための交通手段に使われる鉄などの生産時に排気されるガスのことか、たとえ、食肉をあきらめたときにひょっとしてつきまとう初期的な食料生産時の排気ガスも含めて?
発展途上国では、動物はいろんな型で貢献します、水汲みから靴まで??、そしてその経済的な生活の後ににやっと肉になる動物のことも考慮してのことなのでしょうか?
しかし今のところ、数字は、5%から50%とかなり計算の仕方によって範囲がひろいようですが、どのような計算にしろ、食肉産業は気候変動の大きな三つの影響の一つだと言えそうです。

その2:地球を食べ尽くす。
地球の人口は30億にもなると思われてます、そのうえ、発展途上国の人々は今以上に肉を食べると思われ、地上の肉の消費は転がる坂のように、
この世の食料の危機の母なる原因を指摘しながらも、この40年以内には2倍になります。
どれだけの食料を育てればいいのか、
問題は、食料を育てることの出来る土地がどれだけあるのかということではなく、ベジタリアンより肉を食べる人たちが、より宏大な空間を必要としていることなのです。
バングラディシュの家族は、米、豆、野菜、と果物で生活し、せいぜい1エイカーか、それ以下で暮らしています。
ところで、平均的なアメリカ人は、だいたい270ポンドの肉を1年で消費し、その20倍もの土地を必要とします。
地球上のだいたい30%が凍ることなく利用可能できる土地が、現在、家畜の飼育や家畜のための食料生産に使われています。
10億の人々が日々空腹を訴えているのに、家畜たちは地球上の穀物のほとんどを消化しています。
1997年のコーネル大学の研究では、約13万ヘクタール(東京ドームの約278.0451個分らしい?)のアメリカの土地が、野菜、米、果物、ポテト、豆の飼育に使われていますが、家畜に関しては約3億20万ヘクタールの土地が使われてます。
家畜は飼料から食肉になるのにすこぶる非効果的なのです。
ブロイラーの鶏肉は、3.4kgの飼料で、1kgの肉を生産します。ところで、豚は8.4kgの飼料ででやっと1kgの肉です。
その他の学者達によれば、西洋の国々で動物に与えられる飼料を人類に与えれば、
我々は今の少なくとも2倍以上の人々を養うことができるそうです。
おまけに、食肉への飢えは虚弱な大地に集中し、その上、とんでもない土地の衰えを引き起こし、砂漠化を導きます。
南部英国の低地から、エチオピアやネパールの山々の高地にまで、過度な放牧は肥沃な土地を失い、洪水を起こしてます。
が、そのような数字には、注意が必要です。
というのも、動物の排出物は土を生き返しますし、何億もの家畜は植物の飼育に不適切な所にすんでいます。
結論を出す前に、すべての家畜をひとまとめにして育てているとして、ちょっと考えませんか?
西洋の国々では、家畜は殺される前の短い時間に可能な限りの餌を充てられ世話され、より多くの肉のために飼育されます。
貧しい国々では、特に乾燥した地域では、多くの牧畜業者にとっては、牧畜は日々の暮らし、文化の中心で、ほとんどの場合、食べ物と収入のおおもとです。
絶え間なく移動する遊牧牧畜民族の広がりは、おおくのアフリカの経済の基本であり、IIED(環境発達国際組織)の最近の研究の最大の成果は、
オーストリア、アメリカで家畜を飼育する方法よりも、かなり生態的に効果的であると指摘されています。

その3:彼らはたくさんの水を必要とする?
ステーキやチキンを食べ、あなた方動物は生活し成長するのに必要な水を消費しています。
ベジタリアンの作家ジョン・ロビンは1ポンドのポテトを育てるのに、60ポンドの水が必要で、1ポンドの小麦は、108ポンドの水、同じく、トウモロコシ、168、米、229。
しかし、1ポンドの牛肉を生産するのに、ほとんど9000リッターの水、20.0000ポンド。同じように、1リットルのミルクを生産するのに、1000リッターの水。
それに比べると、ブロイラーの鶏肉は少しましですが、1ポンドの鶏肉に1500リッターの水を必要とします。
豚は、一番水を必要とします。8万頭の豚を飼育する北アメリカの農場では、1年に約7千500万ギャロンの新鮮な水を消費します、その量は、一つの都会に必要なものです。
農業は、人類に必要な70%もの水を消費します、それはそれぞれの自治体への脅威となっています。
食肉へ欲求は、その日の収穫、日々の飲み水に対して脅威になっています。
豊かですが、水不足の国々、たとえばサウジ・アラビア、リビア、湾岸諸国、南アフリカは、水源を保護するために、貧しい国々で食料を飼育するのが常識だと考えています。そして、現在エチオピアetc.で宏大な土地を買い上げ、リースし食料を確保しようとしています。
南エチオピアのガムベラ州で太らされた牛は、アブ・ダビやイギリスに輸出され、それぞれの国の水源への不安を取り除いているようですが、
それは逆にその他の地域への脅威になっています。

その4:どうしても伐採する?
世界的農業関連産業はこの30年に渡って、熱帯雨林を、その木材だけでなく、家畜、ヤシの実オイルや豆類を育てるのに利用してきました。
何億ヘクターもの土地がアメリカでハンバガーになるのを助け、最近では、ヨーロッパ、中国、日本の農場への飼料を提供しています。
Friends of the Earthによれば、1年に約60万ヘクターの、ラトビア、ベルギーの2倍の土地に匹敵する森林や、点在する泥炭地、湿地も同じように農業用地にされています。
 それは家畜を飼育するための飼料を生産するためにです。 豆が鶏肉の最大の飼料になるにつれて、業界は家畜の飼育をより森林の奥に求めています。

その5:地球を毒する?
工業化した農業は、西洋では家畜・家禽産業を牛耳っていて、一つの農場が排出する廃棄物は一つの都市に匹敵します。
一匹の牛は、1kgの牛肉になるのに約40kgのふんを排出します、狭いとところに何千匹もがいるとすれば、大変なことになります。
それらのふんや尿は時には400万ガロンにもなる池となります。こう言った汚水だめは、完璧でなく、地下水、河川を窒素、リン、硝酸で汚染します。
毎年、何千マイルものUS、ヨーロッパ、アジアの河川が汚染されています。
1995年のノース カロライナの豚工場の汚水だめで、何百ガロンもの廃棄物がたった一回もれたことで、1千万の魚を殺し、364.000エイカーの貝・甲殻類漁場を閉鎖させました。
とてつもない量の家畜を育てて、食べることで、地球の生物多様性が失われています。
WWF(世界自然保護基金)によって認定された、世界の825の豊かな生態系(エコリージョン)は家畜たちに脅かされ、そしてアメリカの巨大な環境保護団体は、生態系に最も価値があると考えられる生物多様性の40のホットスッポットのうち、23が家畜産業によって脅かされていると考えています。

その6:海を汚す?
☞つづく。

  ☆参考:10 ways vegetarianism can help save the planet/ Guardian.




特集: ハイチ音楽 Compas は拡がる

特集: ドミニカ音楽

 ドミニカ 写真集 2006〜8年 

アマゾン電子出版: YouTube 「ただ」 見る、聴く キューバ音楽  ¥100(ぐぶつ書店)


 キューバ 写真集 2000年 Vol.1

 

No nos rendimos por la mùsica del capitalismo estadounidense.

♫ブラック・ディアスポラを考える。

♫ブラック・ディオスポラ理解のための
「ねぇ、ちょいと」アフリカの歴史。Farewell to fake black music lovers!
「インドのアフリカ人」「インド・イスラム女帝’ラズィーヤ’」「ラズィーヤの2人の恋人?」追加!!!

 

 

ありがとう、”ぐぶつ”の活動終わります。
Seek and You shall find,Knock and the door shall be opened.
Gracias mis amigos.

☞アルコール依存症チェック!!!!

 

コロンビアの音楽  

ハイチの音楽  

ハイチ音楽 Compas は拡がる

ドミニカ音楽

キューバ音楽 
そのうち改訂増補版?、よろしく!!

アマゾン電子出版: YouTube 「ただ」 見る、聴く キューバ音楽  ¥100(ぐぶつ書店)

 

これが今、ベネズエラで起こっていることです。↓

”言論の自由”や”自由市場”や”自由世界”といった言い回しが、その実、自由とはなんの関係もないことを、チョムスキーは教えてくれる。
合衆国政府が主張する無数の自由のなかには、他国の人々を殺したり、消滅させたり、支配する自由が含まれていることを、彼は教えてくれる。
世界中の圧制者や独裁者に資金を供給し、援護する自由。テロリストを訓練し、武器を与え、匿う自由。民主的に選ばれた政府を転覆する自由。大量破壊兵器ー化学兵器、生物兵器、それに核兵器ーを蓄積し使用する自由。
楯突く政府があればどこたろうと出かけて行って戦争をしかける自由。そして何よりも恐ろしいのは、人権を脅かすそのような犯罪を”正義”の名のもとに、”自由”の名のもとに行う”自由”だ。

「誇りと抵抗ー権力政治を葬る道のり」
アルンダティ・ロイ(ウィキペデア)/加藤洋子訳/集英社新書。
ウィキペデア/ノーム・チョムスキー 

 

✈ 

La luna llena se recorta sobre el mar

James Blue Land 神戸 ホームペイジ
光玄 公式ホームペイジ
李 知承のブログ
Life is Carnival
祝春一番2019 
大阪阿倍野「ザ・ロック食堂」
芳賀まさひろ
大阪 西天満 Maggy
Moerado home page
ChicagoRock Home page
The live house SOMA
西天満 Live House:Ganz toi,toi,toi
OSAKA LOCAL
Otis Blue 寺田町
朝日楼ホームページ
Tin's Hall in 天王寺
Corner Stone Bar Home page
Reed Cafe Facebook
音凪 Facebook

 

Mail to : ぐぶつ 

 

Back to top