[お]⇒14年【60巻】

・オーツ(ジョイス・キャロル)
ブックラック選定委員会第50巻6号04・12
翻訳児童文学この一年第51巻3号05・6

・王一地
エッセイ児童文学と戦争中国・台湾児童文学の中の戦争中由美子第50巻5号04・10

・及川和男
創作月評 いじわる批評でごめんなさい きどのりこ 第31巻6号85・6
一九九〇年、子どもの本の気分佐々木赫子第37巻7号91・7
創作月評なつかしい人たち新冬二第37巻4号91・4
創作時評「いじめ」への視線藤田のぼる第45巻3号99・6
ブックラック無記名第47巻2号01・4
ブックラック無記名第58巻1号12・2
ブックラック無記名第60巻2号14・4

・及川賢治
創作時評読書する時間諸星典子第55巻3号09・6
多様性の中から寺村摩耶子第57巻3号11・6

・及川甚喜
対談 創作合評 小林純一 香山登一 第3巻8号57・9
及川甚喜『こいぬとバラ』(書評) 牧野弘之 第4巻7号58・9
決算は赤字 今年度上半期の単行本について 冨田博之 第4巻8号58・10

・王牙
絵本ベストセラーからロングセラーへ中川健蔵第37巻7号91・7

・大木トオル
もっと世界に目を向けて本木洋子第60巻3号14・6

・おうちやすゆき
戦後少年詩・童謡100選 バッタの うた こわせたまみ 第24巻8号臨78・7
過渡期の児童文学 解題 細谷建治 第26巻10号別80・7
おうちやすゆき 三越左千夫少年詩賞選考経過報告 高木あきこ 第43巻4号97・8

・王敏
絵本時評一に編集二に絵かき三四がなくて五に作者中川健蔵第36巻11号90・11
絵本ベストセラーからロングセラーへ中川健蔵第37巻7号91・7
子ども文化批評ことばの現場・現場のことば酒井晶代第48巻1号02・2

・オウファース(シビュレ・フォン)
絵本時評分類して楽しむ!藤本朝己第50巻6号04・12

・王矛
絵本時評一に編集二に絵かき三四がなくて五に作者中川健蔵第36巻11号90・11

・大口玲子
今を生きる子どもたちに向けた詩を、歌を海沼松世第60巻3号14・6」

・近江靖子
戦後少年詩・童謡100選 うたう足の歌 吉田定一 第24巻8号臨78・7

・近江屋一朗
創作時評スクールカーストからみえる風景目黒強第59巻5号13・10
・黄瀛
賢治に会った人−黄瀛老先生邂逅記−小西正保第34巻12号88・12

・おえきよし
短編時評 「文学」のある生源寺の作品 中村新太郎 第12巻5号66・5

・大井公子
第10回北川千代賞選考経過報告 上笙一郎 第24巻7号78・7
北川千代賞選考評 私の推した作品 鶴見正夫 第24巻7号78・7

・大井三重子
本誌一月号二・三月号 創作合評
新人もくたびれたか? 平塚武二 第3巻3号 57・4
創作月評対談 山室静他2 第7巻3号 61・3
創作児童文学のさまざまな表現形態 乙骨淑子 第16巻9号臨70・9
創作児童文学のさまざまな表現形態 乙骨淑子 第21巻2号臨75・1

・大石勝男
マイナス成長下でも健闘木暮正夫第46巻3号00・6

・大石源三
新美南吉研究史 向川幹雄 第22巻9号臨76・7
新美南吉研究の現在上田信道第36巻8号90・8

・大石真
新人賞授賞者の紹介 無記名 第10号54・4
文学賞の経過について 塚原健二郎 第10号54・4
誌上合評 吉沢久子他2 第2巻5号 56・ 5
誌上合評 須藤克三他2 第2巻6号 56・ 6
座談会 児童文学の新しいコースをめざして 三腰左千夫他4 第3巻2号 57・3
対談 創作合評 筒井敬介 富永次郎 第3巻5号 57・6
児童文学時評 受賞か墓標か 奈街三郎 第5巻11号 59・12
作家から作家へ 大石真様 千葉省三 第7巻2号 61・2
※自作品の映画化について カナリアと大助 大石真 第7巻8号 61・11
文芸時評 『イメージの創造』ということ 乙骨淑子 第11巻9号65・9
書評 『うみねこの空』 神宮輝夫 第11巻11号65・11
今月の本棚 斎藤英男 第12巻1号66・1
定例研究会報告 最近の創作合評 久保喬 上笙一郎 第14巻12号68・12
日本創作児童文学回顧−一九六八年度− 西本鶏介 第15巻2号69・2
てい談時評 バラエティに富む作品群 久保喬他2 第15巻9号 69・9
大石真論 西本鶏介 第15巻11号69・11
大石さんの作品をめぐって 菊池正 第15巻11号69・11
将棋・美女・パチンコ 砂田弘 第15巻11号69・11
大石真略歴・作品リスト 無記名 第15巻11号69・11
幻想と体験と認識と 横谷輝 第15巻11号69・11
子どもの目から見た今江・大石・那須田文学 増村王子 第15巻11号69・11
実践の立場から 代田昇 第16巻9号臨70・9
児童文学時評 リアリズムはどこまで可能か 関英雄 第17巻7号71・7
児童文学時評 ぼくらにとって公害とはなにか 砂田弘 第17巻10号71・10
大石真著−『たたかいの人』 浜野卓也 第17巻10号71・10
大石真の童話 那須田稔 第18巻5号72・6
協会賞選評 協会賞選後 山本和夫 第18巻6号72・7
現代に共鳴する少年少女 菊地正 第18巻6号72・7
協会賞選評 選考感想 与田準一 第18巻6号72・7
戦後児童文学の子ども像 万屋秀雄 第19巻6号73・5
日本の児童文学におけるリアリズム 鳥越信 渋谷清視 第19巻7号73・6
大石真作『チョコレート戦争』−編集部への手紙 水沢周 第19巻10号臨73・8
現代のおかしさへ挑戦−「チョコレート戦争」の子どもたち− 菊池正 第19巻13号73・11
実践の立場から 代田昇 第21巻2号臨75・1
『チョコレート戦争』論 向川幹雄 第21巻4号75・3
大石真インタビュー 後藤竜二 第21巻4号75・3
対談 七○年代前半の児童文学の現状 鳥越信 古田足日 第21巻8号75・6
大石真作『チョコレート戦争』−編集部への手紙 水沢周 第21巻9号 別75・6
創作月評 現代と子ども像の接点、戦争のあらたな視点、民話再創造の問題点などをみる神戸淳吉他3 第22巻7号76・6
創作月評 伝記文学の大きな収穫 塚原亮一他3 第22巻10号76・8
リアリズム文学における人物創造 原昌 第22巻12号76・10
作品にみるリアリズムの流れ 藤田のぼる 第22巻12号76・10
日本の絵本100選もりたろうさんのじどうしゃ 波木井やよい 第23巻8号別77・7
創作時評 いちど立ちどまって 新冬二 第23巻14号77・11
協会賞選考評 独特の表現に魅力 久保喬 第24巻7号78・7
日本児童文学100選 チョコレート戦争 安藤美紀夫 第25巻2号臨79・2
日本児童文学短編集20選 見えなくなったクロ 皿海達哉 第25巻2号臨79・2
作家に聞く 大石真氏ぐんぐん引きこむストーリィーを 砂田弘 第25巻10号別79・8
私の作品 ぼくの童話について(再録) 大石真 第25巻10号別79・8
過渡期の児童文学 解題 細谷建治 第26巻10号別80・7
童話の中のおもちゃをめぐって 西本鶏介 第26巻12号80・9
あの本この本 大石真 マサルとユミ 木暮正夫 第27巻7号81・7
二人だけの研究会 竹崎有斐 第27巻9号81・9
子どもへの共感と同化 西本鶏介 第27巻9号81・9
いま、仲間であること 藤田のぼる 第29巻5号83・5
座談会 今日の親子・家族をどうとらえるか 国松俊英他3 第29巻4号83・4
ぼくの童話について(再録) 大石真 第29巻5号別83・4
現代日本のファンタジー 宮川健郎 第29巻7号83・6
雑誌短編評 作者の原風景から 和田登 第30巻3号84・3
対談 「現代児童文学の方法」をめぐって 安藤美紀夫 古田足日 第30巻4号84・4
再び「他者としての子ども」を 藤田のぼる 第30巻11号84・11
創作月評 テーマの回避と喪失 本木洋子 第32巻3号86・3
創作月評 幼年童話のむずかしさ 斎藤晴輝 第33巻1号87・1
『チョコレート戦争』は子どもの理想の文学 西本鶏介 第33巻3号87・3
ロングセラーの条件 浜野卓也 第33巻3号87・3
創作月評 リアリズムは読みごたえがある。 長谷川幸男 第33巻5号87・5
低調なんてうそぶけない 西本鶏介 第34巻7号88・7
'80年代児童文学心に残ったこの三冊阿部正子他17第36巻5号90・5
創作月評いや、それは違う山末やすえ第36巻9号90・9
近代小説的リアリズムの克服−大石真論−西本鶏介第37巻3号91・3
私的つきあいの彼方に見える大石真さんの像篠遠喜健第37巻3号91・3
「風信器」に見る大石童話の原型関英雄第37巻3号91・3
子どもも人間である−大石真児童文学作品の中の子ども像倉持正夫第37巻3号91・3
大石真略年譜大石教室第37巻3号91・3
作品論「チョコレート戦争」神宮輝夫第37巻3号91・3
作品論「駅長さんと青いシグナル」山花郁子第37巻3号91・3
作品論「教室二○五号」−少年小説としての作品世界根本正義第37巻3号91・3
作品論「たたかいの人−田中正造−」塚原亮一第37巻3号91・3
作品論「街の赤ずきんたち」−赤ずきんたちへのメッセージ大岡秀明第37巻3号91・3
作品論「眠れない子」今江祥智第37巻3号91・3
追悼エッセイ心満つ長崎源之助第37巻3号91・3
追悼エッセイ水晶桜井信夫第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石真先生からのお手紙はまみつを第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石さんと恐怖小説那須正幹第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石先生と神戸の海丸川栄子第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石先生、ありがとうございました木村静枝第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石さんのおはがき田代三善第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石さんの贈り物小峰紀雄第37巻3号91・3
追悼エッセイよせよ寺村輝夫第37巻3号91・3
追悼エッセイ大石真さんを思う久保喬第37巻3号91・3
一九九〇年、子どもの本の気分佐々木赫子第37巻7号91・7
協会賞受賞のことば父としての大石真(大石真略歴)大石陽介第37巻7号91・7
協会賞選考経過報告佐藤宗子第37巻7号91・7
協会賞選考評岩崎京子第37巻7号91・7
協会賞選考評長谷川潮第37巻7号91・7
協会賞選考評古田足日第37巻7号91・7
「タブーの崩壊」後の児童文学砂田弘第37巻11号91・11
百姓一揆小説から異人登場小説へ浜野卓也第38巻10号92・10
ひとりごと対談前川康男第39巻2号93・2
神宮輝夫氏に聞く宮川健郎第39巻8号93・8
鼎談検証戦後児童文学の50年古田足日他2第41巻12号95・12
児童文学は「わたし」と世界をつなげるか西山利佳第45巻5号99・10
砂田弘の「少年」-『砂田弘評論集成』のこと-細谷健治第50巻3号04・6
「居場所」をめぐるリアリティー皿海達也第51巻3号05・6
現代児童文学における短編の流れ砂田弘第53巻5号07・10
大石真著『チョコレート戦争』を読む負けっぷりのいいおとな東多江子第55巻2号09・4
井戸端へようこそー読者のページ第55巻4号09・8
<児童文学この半世紀>A古田足日さん、語る第55巻4号09・8
第4回日本児童文学者協会評論新人賞・入賞論文金子みすゞ論ー空の向こう側渡邉章夫第55巻5号09・10
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8
音楽を描く児童文学、その諸相井上征剛第57巻6号11・12
現代児童文学史ノートその三 六〇年代児童文学が書いたこと藤田のぼる第59巻3号13・6
現代児童文学史ノートその四七〇年代児童文学の諸相藤田のぼる第59巻4号13・8

・大石芳野
月番時評時間は残されているか環境問題をめぐって長谷川潮第39巻3号93・3
生命のたしかさ真鍋和子第39巻7号93・7

・大泉実成
評論・研究の現状谷悦子第49巻3号03・6

・大浦絵里
ぼくらの日常は《向こう側》からの侵食によって支えられているのか?細谷建治第53巻3号07・6
創作時評☆まだ、自分のことは好きじゃない?藤澤成光第53巻3号07・6

・大浦さきこ
第8回「長編児童文学」新人賞選考経過奥山恵第55巻3号09・6
第8回「長編児童文学」新人賞選考評大原興三郎第55巻3号09・6
第8回「長編児童文学」新人賞選考評奥山恵第55巻3号09・6
第8回「長編児童文学」新人賞選考評村山早紀第55巻3号09・6

・大江健三郎
『人間のよみがえりについて鳩』(大江健三郎作)の主人公について 古谷綱武第4巻5号58・6
おとなの文学の子ども像と児童文学の子ども像 砂田弘 第16巻9号臨70・9
おとなの文学の子ども像と児童文学の子ども像 砂田弘 第21巻2号臨75・1
〈子ども〉論の誕生と〈子ども〉という物語の崩壊浅岡靖央第37巻11号91・11
「児童文学運動」について考える 藤田のぼる 第40巻12号94・12
だまされる読者 柴村紀代 第41巻5号95・5
生き残りの生き方第46巻3号00・6
二〇〇三年をふりかえる-活況続くファンタジー木暮正夫第50巻3号04・6
創作時評一般文学と児童文学のボーダーレス化が加速している平野厚第50巻4号04・8
「子どもの本・九条の会丘修三第54巻1号08・2
拝啓、上野瞭様世界を広げるということー上野瞭論序章相川美恵子第55巻2号09・4

・大江小波
日本における休暇物語<戦前篇> 西田良子 第23巻6号77・6

・おおえひで
一九六一年の児童文学−回顧と展望− 神宮輝夫 第8巻1号62・1
今月の本棚 斎藤英男 第12巻11号66・1
「りよおばさん」のことなど(展望) いぬいとみこ 第19巻1号73・1
おおえひで作『八月がくるたびに』とわたし 三浦精子 第19巻10号臨73・8
児童文学に現れた「ヒロシマ」をめぐる認識の構造 岩崎清一郎 第19巻13号73・11
おおえひで作『八月がくるたびに』とわたし 三浦精子 第21巻9号 別75・6
創作時評 “ダンプえんちょう・の牽引力と野性 和田登 第24巻9号78・8
日本児童文学100選 南の風の物語 久保喬 第25巻2号臨79・2
文学性指向への模索 鵜生美子 第25巻5号79・4
※少しにていて・・・ おおえひで 第26巻3号80・3
少しにていて……(再録) おおえひで 第29巻5号別83・4
敗戦四○周年に戦争児童文学を顧みる 石上正夫 第31巻8号85・8
戦争児童文学における視点と語り きどのりこ 第40巻10号94・10
追悼おおえひでさんを偲んで きどのりこ 第43巻2号97・4

・オーエル(ジョージ)
中尾明―私の児童文学創作ノート(1)中尾明第49巻4号03・8

・大岡秀明
「子どもの論理」論再考 播磨俊子 第27巻6号81・6
追悼大岡秀明君後藤竜二第51巻5号05・10
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8
現代児童文学ノートその一藤田のぼる第59巻1号13・2

・大岡昇平
私の読んだ本 作家の体験と創造
大岡昇平対談集にふれて 加来宣幸 第20巻13号74・12
私の読んだ本 『少年』を読んで 村山宏 第23巻2号77・2
エッセイ 私と戦争児童文学 来栖良夫 第31巻8号85・8

・大岡信
創作時評 名前の相貌と不日の経験 吉田定一 第27巻7号81・7
詩集・詩誌評詩にはどんな子どもがいるか重清良吉第36巻8号90・8

・大岡玲
説明の批評体現の批評宮川健郎第38巻7号92・7

・大川栄二
月番時評一冊の本は沢山の専門家によって作られる 佐藤涼子 第40巻2号94・2

・大川悦生
今月の本棚 斎藤英男 第12巻8号66・8
戦後児童文学を見つめる 石上正夫 第16巻1号70・1
試みとしての現代民話『おかあさんの木』大川悦生 久保喬 第16巻5号70・5
《語りつぐ》ということ 細谷建治 第18巻7号72・8
対談書評 戦争児童文学傑作選 石上正夫・渋谷清視 第18巻8号72・9
民話ふう創作あれこれ かつおきんや 第22巻1号76・1
大川悦生著『現代に生きる民話』 向川幹雄 第22巻2号76・2
創作月評 登場人物の描写不足と沒個性 菅生浩 第22巻11号76・9
絵本のよみきかせとことばのリズム 佐藤宗夫 第25巻12号79・10
国語教科書「偏向攻撃」問題を考える そのT 第27巻9号81・9
批評 幼年 素材の類似 清水達也 第27巻14号81・12
批評 絵本 山花郁子 第28巻2号82・2
教科書に表れた戦争 石上正夫 第29巻9号83・8
戦争児童文学と現代 砂田弘 第29巻9号83・8
公開質問状 大川悦生様へ 森下真理 第31巻12号85・12
公開質問状へのお答え 大川悦生 第31巻12号85・12
「桐一葉にこもる母の愛」 井上洋一 第33巻3号87・3
湾岸戦争と児童文学砂田弘第37巻5号91・5
ノンフィクション一九九〇年を振り返って真鍋タヨ子第37巻7号91・7
追悼大川悦生さんを悼む 箕浦敏子 第44巻4号98・8
沖縄児童文学概論齋木喜美子第58巻1号12・2

・大川屋錠吉
沖縄児童文学概論齋木喜美子第58巻1号12・2

・大河原忠蔵
教室の中の児童文学以前根本正義第37巻9号91・9

・大木惇夫
大木惇夫さんについての断片的思い出(追悼) 小林純一 第23巻11号77・9
絵本はいかに戦争に巻き込まれていったか 寺前きみこ・中川あゆみ 第41巻8号95・8

・大木聖子
ノンフィクション時評天災と被災・科学の視点山脇あさ子第58巻4号12・8

・大木トオル
人生の様々な道しるべが……日野多香子第59巻3号13・6

・大木実
大木実・原田直友『清水あふれるところ』(私たちの本棚) 第11巻4号65・4
戦後少年詩・童謡100選 かなしみ 木暮正夫 第24巻8号臨78・7
戦後少年詩・童謡100選 次郎 木暮正夫 第24巻8号78・7

・大木雄二
歴史文学をさかんにしよう 中村新太郎 第5号56・1
大木雄二『童話を書いて四十年』(書評) 野長瀬正夫 第11巻3号65・3

・大喜多香枝
枠組みを超えて川端有子第59巻3号13・6

・オークセンバリー(ヘレン)
絵本時評絵本は深い長野ヒデ子第37巻7号91・7

・大久保雨咲
新人登場誰かを「待つ」ということ大久保雨咲第57巻6号11・12
「共有」への物語内川朗子第58巻3号12・6

・大久保テイ子
詩集・詩誌評 −詩集その多彩な広がり− 土田明子 第33巻11号87・11
詩・童謡リバイバル的童謡ブームのあとで土田明子第37巻7号91・7
詩集詩誌評個性的な詩域を求めて菊永謙第37巻4号91・4
少年詩の収穫と可能性菊永謙第45巻5号99・10
追悼大久保テイ子笠原肇第48巻5号02・10

・大久保美行
ブックラック無記名第59巻1号13・2
新人登場山ねこ大久保美行第59巻2号13・4
楽しさを出発点にして内籐知美第59巻3号13・6

・大熊義和
雑誌短編評 迷いと投入と 生源寺美子 第30巻8号84・8

・大倉崇裕
創作時評ヒトを捕完する自然、コミュニティ芹沢清美第54巻3号08・6

・大倉尚美(おおくらなおみ)
多様なスタイルの並走畑中圭一第54巻3号08・6
ブックラック無記名第58巻5号12・10

・大蔵宏之
大蔵宏之『狐のしっぽ』(書評) 第4号47・10
大蔵宏之『戦争っ子』 塚原健二郎・中村新太郎 第4巻4号58・5
推薦図書 推薦の理由 書評委員会 第4巻5号 58・6
短編の現況とその可能性 関英雄 第11巻4号65・4
体験的児童文学史 関英雄 第41巻3号95・3
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートE中川正文第52巻6号06・12

・大倉桃郎
評論研究評 童謡の研究に成果 根本正義 第29巻9号83・8

・オークリー
翻訳時評 心うたれる『ねずみ女房』 石澤小枝子 第23巻9号77・8

・大社充(おおこそ)
事実から真実へ山脇あさ子第56巻3号10・6
ノンフィクション時評何をして、どう生きるか-仕事の現場を物語る真鍋和子第56巻4号10・8


・大沢直行
ある日、ぼくらは笑いの渦の中をひた走る細谷建治第38巻4号92・4

・大島妙子
1994年絵本のはなし 甲木善久 第41巻7号95・7
<絵本時評)生気のある絵本沼賀美奈子第49巻6号03・12
理想の大人像は見つかったか林美千代第59巻3号13・6
ブックラック無記名第60巻1号14・2

・大島丈志
南吉生誕100年の年に中地文第60巻3号14・6

・大島真木
〈解読〉法を読む 佐藤宗子 第29巻5号83・5

・大島真寿美
新人登場ぼくらのバスを書き終えて 大島真寿美 第43巻5号97・10
新人賞選考経過報告 佐々木赫子 第44巻4号98・8
新人賞選考評 国松俊英 第44巻4号98・8
ブツクラツク無記名第45巻5号99・10
創作時評誰のための何のための心の分析か西山利佳第47巻5号01・10
物語の混在する場所のために-山本隆春さんに答える石井直人第48巻1号02・2
創作時評「浮力」のありか宮川健郎第51巻3号05・6
協会賞選考評藤田のぼる第51巻4号05・8
ぼくらの日常は《向こう側》からの侵食によって支えられているのか?細谷建治第53巻3号07・6
第50回日本児童文学者協会賞選考経過報告佐々木赫子第56巻4号10・8

・大澤真幸
放射能と想像力芹沢清美第58巻5号12・10

・大島まや
新人賞選考経過報告西山利佳第50巻4号04・8
新人賞選考評小西正保第50巻4号04・8

・大島弓子
SFマンガと少女マンガの年 竹内オサム 第25巻5号79・4
少女マンガの中のファンタジー 上地ちづ子 第29巻7号83・6
まんがの中の<都市>と<子ども>村上知彦第39巻2号93・2

・大嶋屋傳右衛門
沖縄児童文学概論齋木喜美子第58巻1号12・2

・大城立裕
アンケート 私のすすめる三冊 戦争児童文学 藤田のぼる他20氏 第31巻8号85・8
'80年代のノンフィクションをふりかえって小林利久第35巻12号8912
ガジュマルの木の下で魂たちに会うきどのりこ第58巻1号12・2

・大城のぼる
まんがの中の<都市>と<子ども>村上知彦第39巻2号93・2
児童文学館のマンガ資料竹内オサム第55巻3号09・6

・大洲秋登
詩集詩誌評個性的な詩域を求めて菊永謙第37巻4号91・4
詩・童謡リバイバル的童謡ブームのあとで土田明子第37巻7号91・7
新人賞選考経過報告長崎源之助第37巻7号91・7
新人賞選考評砂田弘第37巻7号91・7
新人賞選考評土田明子第37巻7号91・7
詩集・詩誌評今、少年詩は 藤井逸郎 第41巻4号95・4
新たな変容の必要 菊永謙 第41巻7号95・7
新人賞選考経過報告 木暮正夫 第41巻7号95・7
新人賞選考評 高木あきこ 第41巻7号95・7
固有な幻影を求めて 菊永謙 第42巻2号96・2
/どうしてあんなに好きだったのだろう/はたちよしこ第47巻3号01・6

・大杉栄
科学読み物のこれまでの流れと現在鷺谷昴第48巻6号02・12

・大関五郎
日本童謡史の試み『おとぎの世界』の童謡W 藤田圭雄 第16巻9号70・9

・大関松三郎
子どもの言語生活と方言 畑島喜久生 第26巻3号80・3
特別寄稿・「お祭り村」検定始末成尾正治第37巻9号91・9

・太田愛人
ファンタジーブームの中で-問い直される<児童文学>遠藤純第50巻3号04・6

・おおたうに
創作時評イラストレーターに見る児童書の現在第52巻1号06・2

・大田京子(おおたきょうこ)
新人登場「三つ子の魂」大田京子第45巻5号99・10
創作時評忘却のための記念として河野孝之第46巻6号00・12
ブックラック無記名第48巻6号02・12
人生の様々な道しるべが……日野多香子第59巻3号13・6

・大田尭
サクラ市を書いてきたことから古田足日第47巻5号01・10

・太田博也
太田博也『にせ者さよなら』(書評) 奈街三郎 第3号52・8
創作ノート 童話作家の手記 太田博也 創刊号55・8
『鉄の町の少年』と『風ぐるま』について 鴫田一穂・片山昌造 創刊1号55・8
座談会 新しい時代を拓くために いぬいとみこ他6 第5号56・1
誌上合評 茶木滋他2 第2巻4号 56・ 4
太田博也小論 乙骨淑子 第4巻第5号58・6
児童文学における創造性(再録) 乙骨淑子 第26巻7号別 80・5
忘れさられたポリコの住民とともに わだとしお 第32巻5号86・5
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートC中川正文第52巻4号06・8

・太田昌秀
創作時評 東京と地方の奇妙な言論の流通関係について 奥田継夫 第27巻2号81・2
沖縄の子どもを巡る諸問題野本三吉第58巻1号12・2

・太田征宏
ブックラック無記名第60巻3号14・6
新人登場銀座が焼け野原だった頃太田征宏第60巻6号14・12

・太田光
「民主主義」をめぐる旅奥山恵第54巻1号08・2

・太田螢一
絵本時評絵本は子どもにも大人にも開かれた世界長野ヒデ子第37巻5号91・5

・太田大八
日本の絵本100選 のぼっていったら 中島信子 第23巻8号別77・7
日本の絵本100選 かさ 中島信子 第23巻8号別77・7
座談会 絵で語る・ことばで語る 安藤美紀夫他2 第25巻12号79・10
文字なし絵本におけるコトバ 森久保仙太郎 第25巻12号79・10
改訂日本の絵本100選 かさ 安藤美紀夫 第27巻10号別81・9
絵本時評 共感を呼ぶ『あしたもびょうきになりたいな』 矢野有 第30巻3号84・3
児童文学の挿絵の現在 清水達郎 第32巻10号86・10
絵本時評一に編集二に絵かき三四がなくて五に作者中川健蔵第36巻11号90・11
絵本時評絵本でみつける心のひろば山花郁子第38巻11号92・11
新しさと古さ 千代原真智子 第41巻6号95・6
子どもに教えられること伊藤明美第48巻3号02・6
和歌山静子私の<絵本と人生>ノート(3)和歌山静子第51巻6号05・12
絵本時評求められる真摯な絵本作り竹迫祐子第52巻2号06・4
ドイツ語圏における日本児童文学の受容ー過去と現在ガンツェンミュラー文子第53巻6号07・12

・太田穣
ノンフィクション時評比較ではなくつながりとして奥山恵第50巻2号04・4

・太田黒克彦
太田黒克彦『マスの大旅行』(書評) 馬場正男 第2巻第11号56・12
文学賞・新人賞選考のこと 酒井朝彦 第3巻1号 57・1
感想 福井研介 第3巻1号 57・1

・大竹聖美
『日本児童文学』紙面批評日朝児童文学の相関的研究上笙一郎第56巻6号10・12

・大竹三郎
創作月評 細部にほしい表現のリアリティ 本木洋子 第32巻1号86・1

・大竹典子
詩集・童謡時評本物の詩に出合うと嬉しくなる畑島喜久生第50巻3号04・6

・大竹伸郎
絵本時評昨年後半の絵本から-さまざまな出版の試み-野村羊子第51巻2号05・4

・大竹博吉
大竹さんを惜しむ(追悼) 香山登一 第4巻第3号1958・4
大竹さん(追悼) 大久保正太郎 第4巻第3号1958・4

・大谷淳子
創作時評 弱者・強者と
プラス面・マイナス面の関係について 奥田継夫 第27巻1号81・1

・大谷美和子
新人登場美和子さんをさがしに大谷美和子第37巻7号91・7
創作月評いや、それは違う山末やすえ第36巻9号90・9
希薄な危機意識を憂う砂田弘第38巻7号92・7
協会賞選考経過報告 佐藤宗子 第42巻7号96・7
協会賞選考評 藤田のぼる 第42巻7号96・7
ブックラック無記名第46巻4号00・8
創作時評ヒトを捕完する自然、コミュニティ芹沢清美第54巻3号08・6
ブックラック選定委員会第54巻3号08・6
創作時評「家族」はどう捉えられていくのか高橋秀雄第54巻5号08・10
2008年の児童文学佐々木赫子第55巻3号09・6
ブックラック無記名第56巻6号10・12
エッセイさまざまな「愛の家」を大谷美和子第56巻2号10・4

・大津貞子
ブックラック無記名第56巻3号10・6

・大塚篤子
児童文学はどこへ行くのか西本鶏介第36巻7号90・7
協会新人賞選考経過報告きどのりこ第36巻7号90・7
協会新人賞選考評感想石井直人第36巻7号90・7
協会新人賞選考評きどのりこ第36巻7号90・7
協会新人賞選考評砂田弘第36巻7号90・7
協会新人賞選考評長崎源之助第36巻7号90・7
協会新人賞選考評藤田のぼる第36巻7号90・7
あなたもわたしも名探偵中尾明第36巻11号90・11
たくさんの出会いから大塚篤子別91・4
戦争児童文学という愛」宮川健郎第38巻3号92・3
創作月評切れ味をたのしむ角田光男第38巻8号92・8
月番時評「時代」とエンターテインメイントとしかたしん第39巻10号93・10
「戦争児童文学」をこえて 宮川健郎 第42巻8号96・8
生命を見つめる目をめぐって 山脇あさ子 第42巻11号96・11
ブックラック編集委員会選定委員第49巻1号03・2
<創作時評>なぜか心に残る小倉明第49巻2号03・4
ブックラック選定委員会第51巻6号05・12
二〇〇六年回顧ひこ・田中第53巻3号07・6
減速の思想奥山恵第53巻3号07・6
事実から真実へ山脇あさ子第56巻3号10・6
人生の様々な道しるべが……日野多香子第59巻3号13・6
たいせつなものは、目に見えない-<過去>への遡及と<現実>の凝視と-武藤清吾第60巻3号14・6

・大塚英志
評論研究評「流通論」のすすめ宮川健郎第35巻2号892
評論・研究評批評は神を畏れぬ不遜な作業である細谷建治第38巻2号92・2
子ども文化時評開かれた「歴史」のために第47巻5号01・10
子ども文化時評在りかを問う酒井晶代第48巻3号02・6
<まんが時評>操りキャラの流行竹内オサム第49巻5号03・10
ファンタジーブームの中で-問い直される<児童文学>遠藤純第50巻3号04・6
「わかりにくさ」に目をこらす酒井昌代第51巻3号05・6
子どもと読む、憲法の本江森隆子第54巻1号08・2
多メディア時代におけるキャラクター表現にみる物語体験−児童文庫を事例として−目黒強第56巻4号10・8

・大塚英司
評論研究評批評はもっと不真面目、不謹慎になった方がいい細谷建治第37巻10号91・10

・大塚英二
評論・研究評一般の事実からそれぞれの真実へ草野明子第35巻10号8910

・大塚達男
創作月評 照明係になってみて 加藤多一 第33巻10号87・10
ブックラック編集委員会選定委員第49巻3号03・6

・大塚奈生
ブックラック無記名第48巻6号02・12

・大塚菜生
『児童文学創作入門』『実践・創作入門教室』を今読んで大塚菜生第52巻2号06・4
ブックラック選定委員会第53巻2号07・4
じっくり、あきらめないで、新たな窓を開く作品を指田和第57巻3号11・6

・おおつかのぶゆき
絵本時評 贈り物には今一度読んでみたいと感じた作品を (書評) 矢野有 第34巻1号 87・12・

・大塚勇三
日本の絵本100選 うみのがくたい 上地ちづ子 第23巻8号別77・7
日本の絵本100選 スーホの白い馬 天野悦子 第23巻8号別77・7
改訂日本の絵本100選 スーホの白い馬 天野悦子 第27巻10号別81・9
国語教科書の人気のある作品をめぐって あんどうみさお 第31巻4号85・4

・大槻あかね
絵本時評個性的な佳作が顔を揃える竹迫祐子第52巻5号06・10

・大槻徳治
第86回選択図書 無記名 第7巻1号 61・1

・大月ヒロ子
絵本時評分類して楽しむ!藤本朝己第50巻6号04・12

・大坪かず子
韓国児童文学と日本-併合100年に思う中村修第56巻5号10・10

・大友克洋
まんがの中の<都市>と<子ども>村上知彦第39巻2号93・2
放射能と想像力芹沢清美第58巻5号12・10

・おおともさちこ
赤ちゃん絵本 佐々木宏子 第25巻8号79・7
絵本のよみきかせとことばのリズム 佐藤宗夫 第25巻12号79・10

・大友康夫(おおともやすお)
日本の絵本100選 あらいぐまとねずみたち 砂田弘 第23巻8号別77・7
改訂日本の絵本100選どうすればいいのかな? 赤座憲久 第27巻10号別81・9
ドイツ語圏における日本児童文学の受容ー過去と現在ガンツェンミュラー文子第53巻6号07・12

・おおともやすおみ
赤ちゃん絵本 佐々木宏子 第25巻8号79・7
絵本のよみきかせとことばのリズム 佐藤宗夫 第25巻12号79・10

・大成洋子
あの本この本ボクの行く道大成洋子作佐藤久子第38巻11号92・11

・大西伝一郎
批評 伝記 平和と連帯−ハマユウと切手 神戸淳吉 第27巻14号81・12
次世代からの預かりものをめぐって 山脇あさ子 第42巻5号96・5
ブックラック編集委員会第48巻1号02・2
ブックラック選定委員第51巻2号05・4

・大西寛
感動の深化(時評) 高山毅 第2号52・5
人の最奥の発言(時評) 佐藤義美 第2号52・5

・大西貢
心をこめた朗読により誌を立ち上げよう宍倉さとし第51巻3号05・6

・大西暢夫
創作時評力の発見野澤朋子第53巻6号07・12

・大貫美佐子
創作時評「今」の先っぽの作品たちひこ・田中第48巻3号02・6

・大野晃
「時代」とのかかわり、それぞれ奥山恵第47巻3号01・6

・大野圭子
ブックラック無記名第58巻5号12・10
新人登場ぼくら、ボッ、ちゃうからな!大野圭子第59巻2号13・4

・大野哲郎
体験アリと体験ナシの落差大野哲郎作『赤い蝶』(書評) 木暮正夫 第19巻11号73・9
大野哲郎作『赤い蝶』(書評) 木暮正夫 第19巻11号73・9
日本「戦争児童文学」と中国 新村徹 第19巻11号73・9

・大野益弘
ノンフィクション時評何をして、どう生きるか-仕事の現場を物語る真鍋和子第56巻4号10・8

・おおの麻里絵
創作時評読書する時間諸星典子第55巻3号09・6

・大野允子
※原爆をテーマとして
「子どもの家」のノートから 大野允子 第10巻8号 64・8
今月の本棚 斎藤英男 第12巻1号66・1
てい談時評 バラエティに富む作品群 久保喬他2 第15巻9号 69・9
書評再録 大野允子著『海に立つにじ』 小久保均 第20巻8号74・8
書評再録 山口勇子著『スカーフは青だ』
大野允子著『ヒロシマの少女』 早船ちよ 第20巻8号74・8
創作月評 内面性と社会性 久保喬他3 第22巻8号76・7
創作時評 現実の街、非現実の街 新冬二 第23巻12号77・10
あの本この本 大野允子ほか つるのとぶ日 沢井充子 第27巻5号81・5
創作時評 思ありて技あり 大野允子 第31巻10号85・10
創作月評相対評価でも絶対評価でもなく山花郁子第37巻8号91・8
創作時評キーワードぱ普通゚千代原真知子第45巻1号99・2
多様な拡がりの喜び長谷川潮第48巻3号02・6
子どもの本がうつしだす社会のすがた芹沢清実第52巻3号06・6
ひろしま、片隅の記録大野允子第52巻6号06・12
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10

・大野八生(おおのやおい)
楽しさを出発点にして内籐知美第59巻3号13・6

・オオノヨシヒロ
ブックラック無記名第60巻4号14・8

・大庭桂
創作時評インターネット時代の児童文学河野孝之第46巻5号00・10
みた・よんだ・きいた歴史漫画の原作?大庭桂第54巻1号08・2
ブックラック選定委員会第54巻4号08・8
ブックラック無記名第59巻4号13・8

・大庭雪斎
科学読み物のこれまでの流れと現在鷺谷昴第48巻6号02・12

・大橋重信
創作時評今、何を伝えるのか野澤朋子第53巻5号07・10

・大橋政人
/どうしてあんなに好きだったのだろう/はたちよしこ第47巻3号01・6

・大橋眞由美
関英雄記念評論・研究論文募集選考経過報告佐藤宗子第45巻5号99・10

・大畑いくの
多様性の中から寺村摩耶子第57巻3号11・6
絵本時評批評の主軸を探してーその2−村中李衣第57巻4号11・8
絵本時評絵本の力を考える竹迫祐子第58巻4号12・8

・大畑孝二
創作月評 照明係になってみて 加藤多一 第33巻10号87・10

・大畑末吉
第87回選択図書 無記名 第7巻2号 61・2
大畑末吉さんを偲ぶ(追悼) 植田敏郎 第24巻9号78・8

・大原興三郎
創作時評 おもしろい作品を求めて 那須正幹 第27巻14号81・12
創作月評 いじわる批評でごめんなさい きどのりこ 第31巻6号85・6
創作月評 ワッカナイの地で読みました 加藤多一 第33巻7号87・7
創作月評冒険はどこにある荒木せいお第35巻2号892
創作月評伝えたい想いを結晶させた大長編清水達郎35巻8号898
創作月評 伝統の顔と時代の顔と中尾明第35巻11号8911
創作月評作り物語」の世界に遊ぶ本木洋子第38巻2号92・2
舌が、また、肥えた西山利佳第39巻7号93・7
月番時評創り手と送り手いまの流れは…?しかたしん第39巻7号93・7
我愛児童書 河野孝之 第41巻10号95・10
協会賞選考経過報告 佐藤宗子 第42巻7号96・7
協会賞選考評 藤田のぼる 第42巻7号96・7
自立するということ 長谷川幸男 第42巻9号96・9
おやつのじかん ああ、ゴロッペよ…大原興三郎第49巻3号03・6
アンケート私と日本国大原興三郎憲法第54巻1号08・2
「読む楽しみ」と「知る喜び」を!草谷桂子第60巻3号14・6
ブックラック無記名第60巻1号14・2

・大場つぐみ
英語に翻訳された日本の児童文学白井澄子第53巻6号07・12

・大林憲司
ペーパーバック作品が元気な理由(わけ)は?野上暁第52巻3号06・6

・オービー夫妻
若き「マザー・グース」の悩み アン・ヘリング 第22巻14号 76・11
英語わらべ唄研究書と参考図書 アン・ヘリング 第22巻14号 76・11
翻訳時評 成人向け訳書をふくめて 塚原亮一 第34巻10号88・10
私が読んだこの1冊1993 正置友子 第40巻7号94・7

・大日方寛
創作時評 春のたよりは聞こえても・・・・ 吉田定一 第26巻15号80・12
最近の詩集から 西本鶏介 第27巻7号81・7
ブックラック選定委員会第53巻5号07・10

・大平光代
元気印のノンフィクション中尾明第47巻3号01・6
事実プラス・フィクションの融合長谷川幸男第47巻4号01・8
「とんでもない人たち」に出会う楽しみ中尾明第47巻4号01・8

・大藤時彦
第七十八回選択図書 無記名 第5巻10号 59・11

・大藤幹夫
評論時評 新人大藤の“大衆文学論・批判に注目 塚原亮一 第12巻1号66・1
大藤批判を批判する 上笙一郎 第12巻4号66・4
“芸術的・と“大衆的・ 中山正道 第12巻6号66・6
児童文学大衆化論序説 加太こうじ 第12巻11号66・11
現代童話童話のみが名作か−大藤氏に答える− 西本鶏介 第18巻9号72・10
大藤批判を批判する(再録) 上笙一郎 第19巻11号73・9
大藤幹夫著 展望日本の児童文学 畠山兆子 第26巻11号80・8
大藤批判を批判する(再録) 上笙一郎 第26巻10号別80・7
児童文学大衆化論序説(再録) 加太こうじ 第26巻10号別80・7
昭和四十年代(前半)の評論と研究 藤田のぼる 第26巻10号別80・7
過渡期の児童文学 解題 細谷建治 第26巻10号別80・7
批評 研究評論 民話の研究が活況 根本正義 第27巻14号81・12
批評 研究評論『児童文学資料研究』について 根本正義 第28巻6号82・6
評論研究評 童謡の研究に成果 根本正義 第29巻9号83・8
評論研究評 根本正義氏の労作、二著ほか 萬屋秀雄 第30巻8号84・8
相槌を求める文学 畠山兆子 第31巻4号85・4
スタイルと対象に新たな広がり 上田信道 第41巻7号95・7

・大穂耕一郎
わたしの裏庭ぼくは「くまのたいら村」の広報係大穂耕一郎第51巻3号05・6

・オーマン
最近の「探検冒険もの」について(書評) 牧野弘之 第4巻9号58・12
書評 推薦図書 推薦理由 書評委員会 第5巻1号 59・1

・大海赫
創作月評 詩人の清澄にして
膨大な記憶『流れのほとり』 浜野卓也他4 第23巻3号77・3
創作月評 照明係になってみて 加藤多一 第33巻10号87・10
エッセイ現代の「いじめ」について大海赫第53巻4号07・8  
ブックラック選定委員会第53巻6号07・12

・オームラトモコ
幼年・低学年向け創作時評幼年・低学年向けだからこそできること佐々木由美子第56巻2号10・4

・大村百合子(おおむらゆりこ)→山脇百合子

・大村李枝子 → 中川李枝子

・大嶺則子
沖縄児童文学概論齋木喜美子第58巻1号12・2

・大森真紀乃
「タブーの崩壊」後の児童文学砂田弘第37巻11号91・11

・オールスバーグ(クリス・バン)
翻訳時評 大人の文学との接点 牧野文子 第27巻8号81・8
途方もない作業 牧野文子 第28巻7号82・7
絵本時評ふしぎな魅力を持つ絵本『ジュマンジ』 国松俊英 第31巻2号85・2
翻訳絵本の現況と課題 佐々木宏子 第34巻6号88・6
絵本時評 読む人を目の前にイメージして創ってほしい 矢野有 第34巻7号88・7
月番時評一冊の本は沢山の専門家によって作られる 佐藤涼子 第40巻2号94・2

・オールデン
クリスマス物語集 中村妙子 第25巻14号79・12

・オールドリッジ (ジェイムズ)
翻訳時評 最近作にみる動物たち 石澤小枝子 第23巻15号77・12
世界児童文学100選 ある小馬裁判の記 鵜生美子 第25巻15号79・12
連載/オーストラリア児童文学の現況
何人かの作家たち(1) 小野章 第26巻2号80・2
障害者のでてくる外国の子どもの本 福士直子 第27巻7号81・7

・オールバーグ夫妻(Ahlberg J&A)
翻訳絵本の現況と課題 佐々木宏子 第34巻6号88・6

・オールファース(ジビュレ・フォン)
絵本≠サれは未来への架け橋青田正徳第52巻3号06・6

・大和田建樹
再検討・戦争児童読物浜野卓也第38巻3号92・3
歴史児童文学の流れかつおきんや第38巻10号92・10
天皇制教育下の児童文学・児童図書勝尾金弥第35巻8号898

・岡一太
今月の本棚 斎藤英男 第12巻1号66・1
創作月評 空想物語の収穫と、またしても戦争児童文学の曲がりかど 関英雄他3 第22巻5号76・4
体験的児童文学史(第2部)Y 関英雄 第28巻9号82・9
今月の訪問『わが名はエスペラント』岡一太先生に聞く 稲田和子 第27巻7号81・7

丘修三(おかしゅうぞう)
新人賞選考経過報告 古世古和子 第33巻6号87・6
新人賞選考評 古世古和子 第33巻6号87・6
新人賞選考評 後藤竜二 第33巻6号87・6
新人賞選考評 砂田弘 第33巻6号87・6
新人賞選考評 土田明子 第33巻6号87・6
新人賞選考評 浜野卓也 第33巻6号87・6
新人賞選考評 古田足日 第33巻6号87・6
エッセイテーマは広がったけれど平湯克子第36巻5号90・5
'80年代児童文学心に残ったこの三冊阿部正子他17第36巻5号90・5
創作月評軽くて重いもの重くて軽いもの中野みち子第37巻6号91・6
創作月評 シリョブカキキチントシタオトナ荒木せいお第35巻5号895
高学年対象の作品について砂田弘第35巻7号897
創作月評急がれる"娯楽よみもの・の検討清水達郎第35巻10号8910
私の創作体験丘修三別91・4
創作月評二度呼んでもおもしろい作品を書きたい中野みち子第37巻7号91・7
創作月評子どもの未来に架けるもの山花郁子第37巻9号91・9
タブーの崩壊とタブーの誕生丘修三第37巻11号91・11
創作月評切れ味をたのしむ角田光男第38巻8号92・8
総会付設研究会の報告上地ちづ子第38巻11号92・11
春を待ちながら小西正保第39巻5号93・5
文体の完成をめざす作家たち浜野卓也第39巻7号93・7
月番時評おもしろさのいろいろその楽しみかた長谷川潮第39巻12号93・12
共生からの出発、そして…… 長谷川潮 第40巻3号94・3
丘修三単行本リスト 無記名 第40巻3号94・3
ぼくのお姉さんにみる障害児観 棚橋美代子 第40巻3号94・3
現代の断面のあざやかな風刺 大原興三郎 第40巻3号94・3
命の袋は重いね、丘さん 山口節子 第40巻3号94・3
本好きへの曲がり角だから 波木井やよい 第40巻7号94・7
検証・戦後五十年の児童文学 上地ちづ子 第41巻10号95・10
創作時評健気に生きられない不幸物語 西本鶏介 第43巻3号97・6
諫早市における原画展・座談会中止問題について 丘修三・長野ヒデ子 第44巻1号98・2
絵本『海をかえして!』を読む 二羽史裕 第44巻1号98・2
表現の自由、思想の自由、図書館の自由への侵害 古田足日 第44巻1号98・2
一九九七年をふりかえる 西本鶏介 第44巻3号98・6
「絵本を読んで自分を好きになろう!っと」 山花郁子 第44巻3号98・6
創作時評子どもたちの「生}を励ますこと 西山利佳 第44巻3号98・6
協会賞選考評 秋原秀夫 第44巻4号98・8
巻末評論実感体験「歯型」考西山利佳第45巻1号99・2
ブックラック無記名第45巻2号99・4
役割はずしの時代のなかで奥山恵第45巻3号99・6
創作時評「いじめ」への視線藤田のぼる第45巻3号99・6
エッセイ子どもの今≠書く浜野卓也第46巻2号00・4
創作時評精神の粘りなど西山利佳第47巻1号01・1
明るい兆し千代原真知子第47巻3号01・6
創作時評なにが大事なのか西山利佳第47巻3号01・6
子ども読者にとってノンフィクションとは沼地方子第47巻4号01・8
ブックラック選定委員会第51巻6号05・12
創作時評子どもの成長、おとなの育ち原田留美第52巻5号06・10
ブックラック選定委員第52巻5号06・10
80年代以降日本の児童文学はいじめをどう描いてきたか広瀬恒子第53巻4号07・8
現代児童文学における短編の流れ砂田弘第53巻5号07・10
他動詞の文学の矛先吉田道子第53巻5号07・10
最初にオファーがあったのは丘修三第53巻6号07・12
ブックラック選定委員第55巻2号09・4
井戸端会議にようこそー読者のページ第56巻3号10・6
絵本時評批評の主軸を探してーその2−村中李衣第57巻4号11・8
ブックラック無記名第57巻1号11・2
創作時評密かな遊びと文学本多明第57巻4号11・8
ブックラック無記名第58巻1号12・2
ブックラック無記名第58巻2号12・4
子どもたちの眼差しの向こうに上原孝一郎第58巻3号12・6
エッセイ子どもの本の「グレシャムの法則」に抗して丘修三第58巻6号12・12
現代児童文学史ノートその六児童文学の八〇年代の終わりと始まり藤田のぼる第59巻6号13・12
ブックラック無記名第59巻2号13・4
現代児童文学史ノートその五児童文学の八〇年代藤田のぼる第59巻5号13・10


・岡清兵衛
日本のファンタジー 藤沢衛彦 第12巻6号66・6

・岡正
研究書案内小部数刊行と地方出版 上田信道 第42巻3号96・3

・岡信子
創作月評切れ味をたのしむ角田光男第38巻8号92・8
創作時評十分間の旅濱崎桂子第51巻5号05・10
創作時評☆恋のありか藤澤成光第53巻2号07・4

・岡崎和夫
マガジンラック <密愛>からの解放を 佐藤宗子 第31巻2号85・2

・おかざきけんじろう
絵本時評昨年後半の絵本から-さまざまな出版の試み-野村羊子第51巻2号05・4
赤ちゃん絵本とことば後路好章第55巻5号09・10

・岡崎ひでたか
創作月評常にイメージをもとめて生源寺美子第38巻5号92・5
<創作時評>そうか、この手があったのか小倉明第49巻6号03・12
二〇〇三年をふりかえる-活況続くファンタジー木暮正夫第50巻3号04・6
作品の示す希望と力真鍋和子第50巻3号04・6
ブックラック選定委員会第50巻5号04・10
伝記の現状とこれから好永邦夫第51巻4号05・8
エッセイ書いて感じとれた「伝記の条件」岡崎ひでたか第51巻4号05・8
新人賞選考評木暮正夫第51巻4号05・8
新人賞選考評西山利佳第51巻4号05・8
新型リアリズムの萌し西山利佳第52巻3号06・6
協会賞選考評佐々木赫子第53巻4号07・8 
ブックラック選定委員会第53巻4号07・8
創作時評今、何を伝えるのか野澤朋子第53巻5号07・10
2007年をふりかえって広瀬恒子第54巻3号08・6
創作時評「家族」はどう捉えられていくのか高橋秀雄第54巻5号08・10
第49回日本児童文学者協会賞選考評佐々木赫子第55巻4号09・8
第49回日本児童文学者協会賞選考評上笙一郎第55巻4号09・8
第49回日本児童文学者協会賞選考評上笙一郎第55巻4号09・8
・岡崎祥久
曖昧な時代の物語ひこ・田中第47巻3号01・6
新型リアリズムの萌し西山利佳第52巻3号06・6
2008年の児童文学佐々木赫子第55巻3号09・6
歴史のなかの事実と虚構岡崎ひでたか第59巻5号13・10

・岡崎勝
マイナーなスポーツをあつかった児童文学に描かれた子どもの姿細谷建治第60巻6号14・12

・岡崎祥久
ブックラック無記名第56巻4号10・8

・岡沢ゆみ
新人登場スモールタウン・ガール 第44巻3号98・6
新人賞選考経過報告 佐々木赫子 第44巻4号98・8
新人賞選考評 菊地ただし 第44巻4号98・8
新人賞選考評 和田登 第44巻4号98・8

・小笠原祥子
『わたしたちのアジア・太平洋戦争』体験から児童文学を考える西山利香第50巻5号04・10

・小笠原昌斎
日本におけるグリム紹介の歴史 続橋達雄 第31巻10号85・10

・岡嶋二人
現代文学の中の子ども像佐藤宗子第35巻11号8911
風俗としての犯罪皿海達哉第35巻11号8911

・岡田依世子
創作時評キーワードぱ普通゚千代原真知子第45巻1号99・2
新人賞受賞の言葉受賞経験を持つ人で終わらないように@ェ歴岡田依世子第45巻4号99・8
新人賞経過報告和田登第45巻4号99・8
新人賞選考評菊地ただし第45巻4号99・8
新人賞選考評国松俊英第45巻4号99・8
新人賞選考評佐々木赫子第45巻4号99・8
新人賞選考評鳥越信第45巻4号99・8
新人賞選考評はたちよしこ第45巻4号99・8
新人賞選考評和田登第45巻4号99・8
行きつ戻りつしながら佐々木赫子第47巻5号01・10
創作時評直球。そして、球のいろいろ……西山利佳第60巻6号14・12

・岡田喜久子
創作時評ジャンルの混交あるいは生成について目黒強第46巻2号00・4
生き残りの生き方第46巻3号00・6
詩集詩誌評さまざまな詩的試み菊永謙第38巻8号92・8
創作時評「今」の先っぽの作品たちひこ・田中第48巻3号02・6
創作時評イラストレーターに見る児童書の現在第52巻1号06・2
創作時評☆まだ、自分のことは好きじゃない?藤澤成光第53巻3号07・6
創作時評やすらげる場所と、広い世界への通路と芹沢清美第54巻1号08・2
ブックラック無記名第59巻6号13・12

・岡田淳
創作時評 児童文学のタブーとおもしろさの秘密な関係について 奥田継夫 第26巻13号80・10
期待できそうな新鋭たち 西本鶏介 第27巻2号81・2
新人賞選考経過報告 桜井信夫 第27巻7号81・7
新人賞選考評 感想 大石真 第27巻7号81・7
新人賞選考評 良質な個性を買う 西本鶏介 第27巻7号81・7
新人賞選考評 もう少しヤボでも 長谷川潮 第27巻7号81・7
創作時評 おもしろい作品を求めて 那須正幹 第27巻14号81・12
新進作家特集執筆者紹介 岡田淳 第28巻1号82・1
雑誌短編評 冴えた複眼 川村たかし 第29巻12号83・11
創作月評 若さあるいは新しさということ 藤田のぼる 第30巻2号84・2
座談会 新しい波は生まれつつあるのか 神宮輝夫他3 第30巻5号84・5
雑誌短編評 惜しい問題作「BB症候群」 和田登 第30巻5号84・5
再び「他者としての子ども」を 藤田のぼる 第30巻11号84・11
「自己」発見の結末 佐藤宗子 第32巻6号86・6
中学年は中間か? 斎藤晴輝 第33巻6号87・6
協会賞選考評 赤木由子 第33巻6号87・6
協会賞選考評 安藤美紀夫 第33巻6号87・6
協会賞選考評 大石真 第33巻6号87・6
協会賞選考評 高木あきこ 第33巻6号87・6
協会賞選考評 塚原亮一 第33巻6号87・6
協会賞選考評 藤田のぼる 第33巻6号87・6
創作月評 生存確認のために読みました 加藤多一 第33巻9号87・9
児童文学の舞台化をめぐって 武井登志子 第33巻9号87・9
八七年上級向け作品について藤田のぼる第34巻7号88・7
協会賞選考評安藤美紀夫第34巻7号88・7
協会賞選考評大石真第34巻7号88・7
『扉のむこうの物語』に一票!藤田のぼる第35巻3号893
<落ちこみ椅子>とはただの面白い装置であるきどのりこ第35巻3号893
高学年対象の作品について砂田弘第35巻7号897
創作月評作品に光る職人芸中尾明第36巻4号90・4
たくさんの疑問形のなかできどのりこ第36巻5号90・5
「壁」とアパルトヘイト長谷川潮第36巻7号90・7
協会賞選考評長谷川潮第36巻7号90・7
エッセイ マンガ・ことばによる物語・さし絵岡田淳第36巻10号90・10
創作月評なつかしい人たち新冬二第37巻4号91・4
幻想を支えるリアリティ岡田淳別91・4
協会賞選考経過報告佐藤宗子第37巻7号91・7
協会賞選考評長谷川潮第37巻7号91・7
岡田淳作品への断想三つ
岡田淳単行本リスト無記名第39巻9号93・9
<ウサギはつかまりぼくたちは仲間になったが……>松本聰美第39巻9号93・9
赤い実のなる木の下で、ふたりは出会う林美千代
文学の怖さを知る人岡田淳さん相原法則第39巻9号93・9
評論研究評余談雑談無駄話道草寄り道回り道細谷建治第39巻3号93・3
我愛児童書 河野孝之 第41巻4号95・4
現実の<もうひとつの世界>の中で 岡田淳 第41巻6号95・6
協会賞選考評 藤田のぼる 第42巻7号96・7
岡田淳作品のおもしろさを考える 林美千代 第42巻12号96・12
創作時評ファンタジーを読む 西本鶏介 第43巻4号97・8
創作時評葛藤ということ 石井直人 第43巻5号97・10
一九九七年をふりかえる 西本鶏介 第44巻3号98・6
揺らぐ子どもの世界と物語の現在 野上暁 第44巻3号98・6
シリーズ作家が語る『こそあどの森の物語』シリーズの岡田淳さん(1) 編集部第44巻6号98・12
シリーズ作家が語る『こそあどの森の物語』シリーズの岡田淳さん(2)編集部第45巻1号99・2
「世界の輪郭」のために宮川健郎第45巻3号99・6
自分を問う子どもたち奥山ゆかり第46巻3号00・6
笑えたり気持ち≠フ役に立ったり西山利香第48巻3号02・6
多様な拡がりの喜び長谷川潮第48巻3号02・6
二〇〇三年をふりかえる-活況続くファンタジー木暮正夫第50巻3号04・6
「再生」の物語が語られる時濱崎桂子第50巻3号04・6
創作時評ファンタジーの収穫濱崎桂子第51巻4号05・8
子どもにとって、学校とはどういうところか斉藤次郎第51巻5号05・10
創作時評ファンタジー・SFにみる児童書の現在目黒強第52巻3号06・6
子ども像のベクトル、または作者の時間と読者の時間について藤田のぼる第52巻5号06・10
ブックラック選定委員会第54巻4号08・8
第49回日本児童文学者協会賞選考評上笙一郎第55巻4号09・8
かいけつゾロリV.S.共感する物語千代原真智子第55巻3号09・6
あらたな「物語」の誕生を川上蓉子第55巻3号09・6
創作時評ファンタジーの可能性井上乃武第57巻6号11・12
創作時評つながるということ武藤清吾第58巻3号12・6
「声」をもとめて―子どもが読むはじめての文学、その今-宮川健郎第59巻2号13・4
一つの「終焉」その跡に佐藤宗子第59巻3号13・6
楽しさを出発点にして内籐知美第59巻3号13・6
第五三回日本児童文学者協会賞選考経過報告佐々木赫子第59巻4号13・8
現代児童文学史ノートその五児童文学の八〇年代藤田のぼる第59巻5号13・10
現代児童文学史ノートその六児童文学の八〇年代の終わりと始まり藤田のぼる第59巻6号13・12
「読む楽しみ」と「知る喜び」を!草谷桂子第60巻3号14・6
創作時評「友だち」出てこい!濱崎桂子第60巻5号14・10
マイナーなスポーツをあつかった児童文学に描かれた子どもの姿細谷建治第60巻6号14・12

・岡田純也
今月の本棚 斎藤英男 第12巻9号66・9
待たれるこども読者論の研究 松田司郎 第21巻8号75・6
停滞する児童文学批評進む基礎資料の整備藤本芳則第52巻3号06・6

・岡田千晶
ブックラック無記名第58巻1号12・2
ブックラック無記名第60巻6号14・12

・岡田千春
創作月評最近の文体とシンデレラコンプレックス柴村紀代第36巻6号90・6

・岡田藤吉
ある著作権侵害問題について 上笙一郎 第24巻10号78・9

・岡田なおこ
創作月評自分の居場所」がどう描かれているか本木洋子第38巻3号92・3
希薄な危機意識を憂う砂田弘第38巻7号92・7
新人賞選考経過報告きどのりこ第38巻7号92・7
新人賞選考評きどのりこ第38巻7号92・7
新人賞選考評菊池ただし第38巻7号92・7
新人賞選考評佐藤宗子第38巻7号92・7
新人登場楽しくなきゃおもしろくない!岡田なおこ第38巻9号92・9
新人賞選考経過報告 菊永謙 第40巻7号94・7
新人賞選考評 きどのりこ 第40巻7号94・7
ブックラック 無記名 第44巻6号98・12
ブックラック無記名第46巻6号00・12
創作時評精神の粘りなど西山利佳第47巻1号01・1
明るい兆し千代原真知子第47巻3号01・6
ブックラック無記名第48巻6号02・12
おやつのじかん うちのばあちゃん岡田なおこ第49巻2号03・4
二00二年をふりかえる砂田弘第49巻3号03・6
協会賞受賞のことばボロボロの人生に希望の燈岡田なおこ第49巻4号03・8
協会賞選考経過報告岩崎京子第49巻4号03・8
協会賞選考評岩崎京子第49巻4号03・8
協会賞選考評木暮正夫第49巻4号03・8
協会賞選考評砂田弘第49巻4号03・8
協会賞選考評鳥越信第49巻4号03・8
ブックラック選定委員会第53巻6号07・12
アンケート私と日本国憲法岡田なおこ第54巻1号08・2
自作について語る〜平和へのバトン〜『こすもすベーカリー物語』岡田なおこ第54巻4号08・8
創作時評「夜汽車」をつかまえて新冬二第55巻5号09・10
ブックラック無記名第56巻1号10・2

・岡田晴恵
創作時評ここではない、どこかで諸星典子第55巻2号09・4

・岡田八千代
日本児童演劇史ノート9 冨田博之 第18巻11号72・12

・岡田ゆたか
創作月評真面目を蹴散らし…山脇あさ子第36巻10号90・10

・岡田よしたか
ブックラック編集委員会第48巻2号02・4

・緒方剛志
創作時評イラストレーターに見る児童書の現在第52巻1号06・2
多メディア時代におけるキャラクター表現にみる物語体験−児童文庫を事例として−目黒強第56巻4号10・8

・岡野薫子
「片眼鏡」をこう読んだ(実践記録) 谷川澄雄 第9巻2号63・2
岡野薫子『銀色ラッコのなみだ』 大川悦生 第10巻8号64・8
『ヤマネコのきょうだい』岡野薫子(書評) 斎藤英男 第11巻9号65・9
新しい可能性への深まり 西本鶏介 第12巻4号66・4
今月の本棚 岡田純也 第13巻4号67・4
「少年動物文学」の過去と未来 横谷輝 第15巻2号69・2
※私の“動物文学・について 岡野薫子 第15巻2号69・2
根のあるファンタジー『チュチュとミズタマリ』香山美子著『あめのひのどん』岡野薫子著久保喬 第16巻8号70・8
対談 転機に立つリアリズム 神宮輝夫 横谷輝 第18巻10号72・11
創作時評 母と子たちの系譜 新冬二 第23巻9号77・8
創作時評 現実の街、非現実の街 新冬二 第23巻12号77・10
日本児童文学100選 銀色ラッコのなみだ 皿海達哉 第25巻2号臨79・2
日本児童文学100選 あめの日のドン 神宮輝夫 第25巻2号臨79・2
創作時評 ベテラン健在 はまみつを 第25巻13号79・11
私の作品 私の“動物文学・について(再録) 岡野薫子 第25巻10号別79・8
創作時評 文学とマンガの仲のよい関係について 奥田継夫 第26巻9号80・7
改訂日本の絵本100選ミドリがひろったふしぎなかさ 鵜生美子 第27巻10号別81・9
自然を求める心のなかに(再録) 岡野薫子 第29巻5号別83・4
創作月評 熟年塾作 木暮正夫 第29巻10号83・9
創作月評 主題と題名と方法と 来栖良夫 第30巻3号84・3
創作月評 幼児が心おどらせて読む本を 坂本伊都子 第34巻6号88・6
ロングセラーの条件 浜野卓也 第33巻3号87・3
それは文字の大きさではない石田としこ第35巻7号897
創作月評急がれる"娯楽よみもの・の検討清水達郎第35巻10号8910
創作月評心の世界、闇の世界新冬二第37巻3号91・3
擬人化にこめられた世界 大藤幹夫 第40巻6号94・6
わたしが動物を書く時 岡野薫子 第40巻6号94・6
喜怒哀楽ここにあり西山利佳第50巻3号04・6
ブックラック無記名第59巻4号13・8
ブックラック無記名第60巻2号14・4

・岡上鈴江
短編時評 成熟さへの不安 那須田稔 第12巻9号66・9
古人のもとめたるところ『父小川未明』岡上鈴江著 香山登一 第16巻7号70・7

・岡野栄
児童文学館の絵本資料永田桂子第55巻5号09・10

・岡林節子
雑誌短編評 迷いと投入と 生源寺美子 第30巻8号84・8

・岡林信康
たかが歌、されど詩 岡田なおこ 第41巻5号95・5

・岡部彰
創作時評 風土の涯の人間たちよ 加藤多一 第26巻6号80・5

・岡部広治
第85回 選択図書 図書選択委員会 第6巻7号 60・10

・岡部冬彦
日本の絵本100選 きかんしゃやえもん 安藤美紀夫 第23巻8号別77・7
改訂日本の絵本100選 きかんしゃやえもん 安藤美紀夫 第27巻10号別81・9

・岡部牧夫
もはや、行きつくところまで行く他はあるまい 清水達郎 第31巻2号85・2
'80年代のノンフィクションをふりかえって小林利久第35巻12号8912

・岡部りか
子どもに教えられること伊藤明美第48巻3号02・6
「共有」への物語内川朗子第58巻3号12・6

・岡村啓
創作時評 またまた地図にこだわります きどのりこ 第31巻8号85・8

・岡村啓嗣
創作月評ファインダーの中の事実角田光男第38巻9号92・9

・岡村太郎
文芸時評 おとなの味の“水つき学校・ 永井明 第12巻第8号66・8
「戦場」の子どもたち(上) 長谷川潮 第25巻13号79・11

・岡本一平
子どものための絵の歴史 上笙一郎 第17巻1号76・1
漫画においてキャラクターが「立つ」とはどういうことか宮本大人第49巻2号03・4

・岡本順
ブックラック無記名第58巻3号12・6

・岡本昇
私の読んだ本 ナマステ・ネパール 早船茱み生 第20巻8号74・8

・岡本浜江
ごく私的児童文学翻訳列伝酒寄進一第39巻7号93・7
月番時評おもしろさのいろいろその楽しみかた長谷川潮第39巻12号93・12

・岡本文良
創作月評 語り口あるいは作り方 新冬二他3 第23巻1号77・1
創作時評 児童文学のタブーとおもしろさの秘密な関係について 奥田継夫 第26巻13号80・10
批評 伝記 生きる証として 神戸淳吉 第27巻8号81・8
あの本この本 岡本文良 とら先生と海のにじ 木暮正夫 第28巻9号82・9
研究会報告 今、なぜノンフィクションか 藤田のぼる 第28巻6号82・6
創作月評 気になる低学年ものの出版 斎藤晴輝 第30巻9号84・9
エッセイ 「動物もの」について 岡本文良 第31巻9号85・9
創作月評 ワッカナイの地で読みました 加藤多一 第33巻7号87・7
絵本時評絵本はシナリオです中川健蔵第35巻11号8911
'80年代のノンフィクションをふりかえって小林利久第35巻12号8912
創作月評メッセージの有効性柴村紀代第36巻7号90・7
体験から思うこと岡本文良別91・4
一九九〇年を振り返って真鍋タヨ子第37巻7号91・7
さまざまな「事実」を共感する魅力 佐藤一美 第40巻7号94・7
ノンフィクション児童文学 いまとこれから国松俊英第59巻5号13・10

・岡本勝
研究・評論の現状西田良子第35巻7号897

・岡本泰生
創作月評 すぐれた児童文学とは…… 浜野卓也 第29巻3号83・3
座談会 子どもはどう描かれたか 大岡秀明他4 第29巻8号83・7
創作月評トータルな視点で反戦を訴える『屋根裏部屋の秘密』斎藤晴輝第34巻12号88・1
創作月評自分の居場所」がどう描かれているか本木洋子第38巻3号92・3
児童文学は「わたし」と世界をつなげるか西山利佳第45巻5号99・10

・岡本良雄
岡本良雄『カミナリと花ふぶき』(書評) 第4号47・10
提われざるテーマ論(評論) 船木枳郎 第5号 47・11
実感とフイクション(時評) 関英雄 第5号47・11
岡本良雄(評論) 古谷綱武 第8号48・6
現代のメルヘンについて 猪野省三 第3号52・8
アンクル・トムさんを子供たちはどう受けとったか(実践記録) 丹所栄一郎 第6号56・2
幼年童話論 1・三つの実作につきながら 与田準一 第2巻9号 56・10
時評 児童文学の特殊性 福井研介 第2巻9号 56・10
座談会 私はなぜ児童文学を選んだか 岡本良雄他5 第3巻3号 57・4
対談 創作合評 筒井敬介 富永次郎 第3巻5号57・6
文芸時評「児童文学への疑問」(進藤純孝)をめぐって 村松定孝 第4巻5号 58・6
岡本良雄論 向坂隆一郎 第4巻7号58・9
児童文学時評 ことばの限界 奈街三郎 第5巻9号 59・10
戦後の児童文学運動 那須田稔 第8巻4号62・5
児童文学時評(時評) 那須田稔 第9巻4号63・5
常民性のなかの威力(思い出) 与田準一 第10巻7号64・7
信濃の思い出そのほか(思い出) 塚原健二郎 第10巻7号64・7
醤油屋になった岡本さん(思い出) 石川光男 第10巻7号64・7
新児童文学集団と岡本良雄(思い出) 石橋達三 第10巻7号64・7
未完の文学を見つめて(思い出) 大川悦生 第10巻7号64・7
良雄君と森村学園(思い出) 巌谷栄二 第10巻7号64・7
父のこと(思い出) 岡本一郎 第10巻7号64・7
岡本さんの作品をしのぶ(思い出) いぬいとみこ 第10巻7号64・7
岡本君を憶う(思い出) 山内秋生 第10巻7号64・7
岡本良雄君を想う(思い出) 平塚武二 第10巻7号64・7
安治川っ子岡本良雄(思い出) 大蔵宏之 第10巻7号64・7
岡本良雄のおもいで(思い出) 坪田譲治 第10巻7号64・7
岡本良雄論(上)(作家と作品) 西田良子 第10巻7号64・7
児童文学への出発(岡本良雄の人と文学) 水藤春夫 第10巻7号64・7
童話の旗手−岡本良雄論−(岡本良雄の人と文 関英雄 第10巻7号64・7
大阪時代の岡本良雄(岡本良雄の人と文学) 牧野弘之 第10巻7号64・7
岡本良雄年譜 水藤春夫・前川康男 第10巻7号64・7
作家と作品 岡本良雄論(下) 西田良子 第10巻8号 64・8
「あすもおかしいか」について(私の発言) 中山正道 第10巻11号64・1
単眼の発想 児童文学における戦後の問題X 上野瞭 第12巻6号66・6
戦時下の児童文学岡本良雄「夢とトンネル」についての覚え書 わだとしお 第17巻12号71・12
戦後児童文学の虚像と実像 砂田弘 第18巻1号72・1
岡本良雄の姿勢と「童話」について わだとしお 第18巻1号72・1
幼年童話論(1)(再録) 与田準一 第19巻6号73・5
岡本良雄のユーモア 貴瀬昌義 第19巻13号73・11
座談会 「変革の思想」の流れをめぐって 菅忠道他3 第21巻15号75・11
連載 たのしき編集者時代 5 石川光男 第23巻5号77・5
なぜ児童文学を書くのか「あたえる」という立場(再録) 岡本良雄 第25巻10号別79・8
日本児童文学における「クリスマス」と「お正月 西田良子 第25巻14号79・12
近代童話の崩壊(再録) 古田足日 第26巻4号別 80・3
生活童話の新潮(再録) 関英雄 第26巻4号別 80・3
児童文学賞作品の諸問題1(再録) 高山毅 第26巻4号別 80・3
児童文学賞作品の諸問題2(再録) 高山毅 第26巻4号別 80・3
児童文学の戦後十年(再録) 古田足日 第26巻7号別 80・5
革新と模索の時代 解題 大岡秀明 長谷川潮 第26巻7号別 80・5
1981年夏・真夏 子どもの危機と児童文学 長谷川潮 第28巻3号82・3
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第30巻2号84・2
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第30巻9号84・9
伝統と革新の峡間 関英雄 第32巻5号86・5
民族解放思想のゆくえ 砂田弘 第32巻5号86・5
追悼 エッセイ岡本さんと水藤さん前川康男第38巻5号92・5
体験的児童文学史 関英雄 第41巻2号95・2
体験的児童文学史 関英雄 第41巻5号95・5
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノート@中川正文第52巻1号06・2
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートB中川正文第52巻3号06・6
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートD中川正文第52巻5号06・10
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートC中川正文第52巻4号06・8
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートA中川正文第52巻2号06・4
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートC中川正文第52巻4号06・8
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8
追悼・鳥越信君を悼む古田足日第59巻4号13・8

・岡本美子
ブックラック無記名第57巻6号11・12

・岡安信幸
詩集詩誌評少年詩の書き手と読者秋原秀夫第39巻11号93・11

・岡山和男
時評 児童文学の特殊性 福井研介 第2巻9号 56・10

・小川秋子
ブックラック選定委員会第53巻3号07・6

・小川糸
子どもの本を読む大人・大人の本を読む子ども水越規容子第56巻3号10・6

・小川英子
我愛児童書 河野孝之 第41巻4号95・4
新人登場豆は石臼に砕かれて…… 小川英子 第41巻6号95・6
ブックラック選定委員会第51巻3号05・6
創作時評ファンタジーの収穫濱崎桂子第51巻4号05・8
ブックラック無記名第57巻2号11・4
ブックラック無記名第58巻4号12・8
エッセイ電子書籍はクエルかクエナイか?小川英子第58巻6号12・12
協会賞選考評丘修三第59巻4号13・8

・小川和佑
賢治研究の現在 萬田務 第34巻11号88・11

・小川千歳
創作月評持続として経験される悲しみ荒木せいお35巻6号896
一九八八年のピカロ石井直子第35巻7号897
新人登場バナナの気もち小川千歳第37巻6号91・6

・小川春
雑誌短編評 迷いと投入と 生源寺美子 第30巻8号84・8

・小川宏
月番時評今を吹きぬける風を、子どもたちに佐藤涼子第39巻5号93・5

・小川博久
子ども文化時評季節はずれの、見る・読む・遊ぶ浅岡靖央第47巻6号01・12

・小川美篤
第6回「長編児童文学新人賞」選考経過大原興三郎第53巻3号07・6
第6回「長編児童文学新人賞」選考評大原興三郎第53巻3号07・6
第6回「長編児童文学新人賞」選考評長崎夏海第53巻3号07・6
第6回「長編児童文学新人賞」選考評宮川健郎第53巻3号07・6
第6回「長編児童文学新人賞」選考評村山早紀第53巻3号07・6
ブックラック無記名第58巻4号12・8

・小川みなみ
我愛児童書 河野孝之 第41巻7号95・7
新人賞選考経過報告 丘修三 第42巻7号96・7
新人賞選考経過報告 佐々木赫子 第44巻4号98・8

・小川未明
雑誌のありかたの問題(時評) 高山毅 第2号46・12
人生の教師の立場−児童文学テーマ論の一節 菅忠道 第5号47・11
実感とフイクション(時評) 関英雄 第5号47・11
小川未明(評論) 川崎大治 第8号48・6
童話に扱われた児童像 塚原健二郎 第2号52・5
児童文学に於ける平和の系譜 関英雄 第4号52・10
少年文学をめぐって二者択一の考え方に誤りがある 塚原亮一 第10号54・4
座談会 アンデルセンをめぐって 浜田広介他5 第2号55・9
座談会 児童文学はどうあるいたか 波多野完治他4 第4号55・12
日本の児童文学と近代文学 猪野謙二 第2巻7号56・7
子どもへの関心 古田足日 第3巻2号 57・3
未明童話に潜むもの 山本和夫 第3巻3号57・4
座談会 私はなぜ児童文学を選んだか 岡本良雄他5 第3巻3号57・4
明治・大正・昭和の児童像 瀬田貞二 第3巻4号57・5
対談 創作合評 筒井敬介・富永次郎 第3巻5号57・6
近代童話伝統批判 竹内努 第3巻9号57・10
文芸時評 たたけよさらば 岡本良雄 第3巻10号57・11
《批判》 児童文学における想像力の問題 那須田稔 第4巻5号58・6
小川未明の評価について−ふたたび古田足日への疑問− 上笙一郎 第4巻5号58・6
小川未明研究のために 上笙一郎 第4巻9号58・12
未明童話研究の鍵 山内秋生 第5巻4号59・4
未明・廣介は否定できるか 高山毅 第5巻5号59・5
未明童話をどうみるか 関英雄 第5巻8号59・9
座談会 児童文学者協会の十五年 菅忠道他8 第7巻5号61・6
善美な童心の人 佐藤春夫 第7巻7号61・10
なつかしい思い出(追悼) 千葉省三 第7巻7号61・10
五十年の思い出 坪田譲治 第7巻7号61・10
未明の人と作品(追悼) 村岡花子 第7巻7号61・10
雄大な未明論 尾崎士郎 第7巻7号61・10
未明先生(追悼) 古谷綱武 第7巻7号61・10
酒と文学と人生−未明の趣味追想−(追悼) 奈街三郎 第7巻7号61・10
小川未明とその同時代について 秋田雨雀 第7巻7号61・10
小川未明とアンデルセン 山室静 第7巻7号61・10
小川未明論序説−泰然自若未明主義− 福島亭 第7巻7号61・10
『暗い谷間』の小川未明 関英雄 第7巻7号61・10
思い出(追悼) 福田清人 第7巻7号61・10
戦後の小川未明の思想 上笙一郎 第7巻7号61・10
自分の内にある伝統の戦いを−いわゆる未明否定について− 古田足日 第7巻7号61・10
最後の作品(追悼) 山主敏子 第7巻7号61・10
未明童話についての子どもの感想 与安喜一・池田愛子 第7巻7号61・10
光栄ある抱っこ(追悼) 平塚武二 第7巻7号61・10
伝記小説・小川未明 小田嶽夫 第7巻7号61・10
小川未明の人と文学(座談会) 塚原健二郎他9 7巻第7号61・10
弔辞(追悼) 酒井朝彦 第7巻7号61・10
父未明の思い出(追悼) 岡上鈴江 第7巻7号61・10
雲になった父(追悼) 小川哲郎 第7巻7号61・10
小川未明の思い出(追悼) 青野季吉 第7巻7号61・10
小川未明の人と作品(追悼) 角山勝義 第7巻7号61・10
未明先生を囲んだころ(追悼) 加藤輝男 第7巻7号61・10
小川未明さんの童話(追悼) 山本安英 第7巻7号61・10
未明文学のふるさとを訪ねて(追悼) 杉みき子 第7巻7号61・10
記憶のかけら(追悼) 初山滋 第7巻7号61・10
未明先生の面影(追悼) 酒井朝彦 第7巻7号61・10
元小川関 石川光男 第7巻7号61・10
浅虫で(追悼) 武井武雄 第7巻7号61・10
未明の思い出(追悼) 中村又七郎 第7巻7号61・10
未明をしのぶ特別公演−京都女子大・子ども劇場−(追悼) 中川正文 第7巻7号61・10
不朽の童話精神(追悼) 後藤楢根 第7巻7号61・10
青空の下の原っぱ(追悼) 柳内達雄 第7巻7号61・10
作家の生き方(追悼) 川崎大治 第7巻7号61・10
明治四十年ごろ(追悼) 加藤精一 第7巻7号61・10
純真な芸術家(追悼) 小出正吾 第7巻7号61・10
まれに見る大木(追悼) 斎藤佐次郎 第7第7号61・10
新しい発展を(追悼) 曽我四郎 第7巻7号61・10
すぐれた未明研究を(追悼) 山内秋生 第7巻7号61・10
今は古典に(追悼) 尾関岩二 第7巻7号61・10
平地にそびえる峰(追悼) 佐藤暁 第7巻第7号61・10
未明氏の一面(追悼) 人見東明 第7巻7号61・10
杉浦氏の未明批判 P 第7巻7号61・10
小川未明著作・研究文献目録 鳥越信 第7巻第7号61・10
伝記小説・小川未明(第2回) 小田嶽夫 第7巻8号61・11
伝記小説・小川未明(第三回) 小田嶽夫 第7巻9号61・12
伝記小説・小川未明 小田嶽夫 第8巻1号62・1
「小川未明追悼号」を読む 山内秋生 8巻2号62・2
児童文学における「詩」ということ 横谷輝 第8巻3号1962・4
児童文学と空間感覚 岩佐氏壽 第10巻4号64・4
児童文学についての断片 古賀仁 第10巻7号64・7
リアリズムの可能性(上) 横谷輝 第10巻7号64・9
回想の父・未明(1) 岡上鈴江 第12巻1号66・1
回想の父・未明(2) 岡上鈴江 第12巻3号66・3
回想の父・未明(3) 岡上鈴江 第12巻4号66・4
回想の父・未明(4) 岡上鈴江 第12巻5号66・5
回想の父・未明(5)二児を失った頃 岡上鈴江 第12巻6号66・6
創立二十周年記念公開児童文学討論会
伝統と創造 いぬいとみこ他 第12巻7号66・7
回想の父・未明(6)大正十年ごろ 岡上鈴江 第12巻7号66・7
回想の父・未明(7)「三人の会」など 岡上鈴江 第12巻8号66・8
回想の父・未明(8)震災雑記 岡上鈴江 第12巻9号66・9
回想の父・未明(9)大正のおわり頃 岡上鈴江 第12巻10号66・10
戦後児童文学の転換点について/その二 上野瞭 第12巻11号66・11
月例研究会報告未明の『赤いろうそくと人魚』をめぐって 第13巻第3号1967・3
戦後児童文学とは何であったか 横谷輝 第13巻10号67・10
座談会 民話と児童文学 木下順二他5 第14巻1号68・1
よきもの短編 石森延男 第16巻2号70・2
明治期児童文学の文体 横谷輝 第16巻6号70・6
古人のもとめたるところ『父小川未明』岡上鈴江著 香山登一 第16巻7号70・7
定例研究会報告日本の児童文学批評・理論について 小西正保 第16巻8号70・8
日本童謡史の試み30『おとぎのせかい』の童謡V 藤田圭雄 第16巻8号70・8
大人はどのように児童文学にかかわっているか
小川未明の場合 奈街三郎 第16巻9号臨70・9
童話−その文学的風土 横谷輝 第16巻9号臨70・9
日本童謡史の試み32『おとぎの世界』の童謡X 藤田圭雄 第16巻10号70・10
児童文学の文体における普遍性と独自性 横谷輝 第17巻5号71・5
プロレタリア児童文学運動とはなにか 横谷輝 第17巻11号71・11
現実から出直すための覚え書き 後藤竜二 第17巻11号71・11
戦時下の児童文学、あるいは それを「問い直す」ための覚書 上野瞭 第17巻12号71・12
戦後の小川未明 五十嵐康夫 第18巻1号72・1
カメラリポート 作家のふるさと小川未明と越後高田 第19巻1号73・1
坪田譲治・ファンタジーを語る 坪田譲治 第19巻3号73・2
たたけよさらば−文芸時評−(再録) 岡本良雄 第19巻6号73・5
座談会現代児童文学におけるリアリズムの問題点 佐藤勝他4 第19巻7号73・6
自分のうちにある伝統の戦いを(再録) 古田足日 第19巻7号73・6
<討論>小川未明をめぐって 猪熊葉子 古田足日 第20巻1号74・1
小川未明批判の方向の再検討『子どもと文学』を中心に- 大藤幹夫 第20巻1号74・1
戦後の世代からみた小川未明 畠山兆子 第20巻1号74・1
伝統は克服されたか未明・広介・譲治の再評価- 西本鶏介 第20巻1号74・1
小説家としての小川未明トータルな文学者未明をさぐるために- 砂田弘 第20巻1号74・1
小川未明とわたし 杉みき子 第20巻1号74・1
<聞き書き>社会思想家としての小川未明 秋山清 第20巻1号74・1
アンケート未明はどうよまれているか 第20巻1号74・1
小川未明研究文献目録 鳥越信 根本正義 第20巻1号74・1
高田文化協会編 郷土の小川未明 根本正義 第20巻12号74・11
新潟県未明童話研究会編わたしたちの未明童話 根本正義 第20巻12号74・11
青少年文化シリーズ 長谷川潮 第20巻12号74・11
童話−その文学的風土 横谷輝 第21巻2号 別75・1
大人はどのように児童文学にかかわっているか小川未明の場合 奈街三郎 第21巻2号別75・1
戦後児童文学におけるロマンの系譜 しかたしん 第22巻4号76・3
「月夜と眼鏡」論−未明童話の位置− 今本明 第22巻12号76・10
未明童話におけるメルヘンの傾向 畠山兆子 第23巻12号77・10
児童文学の中のロマンチシズム 小西正保 第23巻14号77・11
創作の源泉としての少年時代 畠山兆子 第24巻2号78・2
潜在的読者論 本田和子 第24巻9号78・8
我が師・我が友 先輩・未明 杉みき子 第25巻10号別79・8
大人の作家にとって子どもの“悩み・とは何か 藤田のぼる 第25巻11号79・9
古田足日さんの仕事について 小野和子 第25巻13号79・11
桑原三郎著 諭吉・小波・未明 続橋達雄 第25巻14号79・12
散文性のかく得(再録) 古田足日 第26巻4号別 80・3
近代童話の崩壊(再録) 古田足日 第26巻4号別 80・3
児童文学の現代(再録) 関英雄 第26巻4号別 80・3
童話から文学へ(再録) 古田足日 第26巻4号別 80・3
プロレタリア児童文学について(再録) 菅忠道 第26巻4号別 80・3
昭和二十年代の評論と研究 向川幹雄 第26巻4号別 80・3
二者択一の考え方に誤りがある(再録) 塚原亮一 第26巻4号別 80・3
復興期の思想と文学 解題 向川幹雄 第26巻4号別 80・3
現代児童文学への問い(再録) 横谷輝 第26巻7号別 80・5
痛い、痛い、痛いばらのとげ(再録) 佐々木守 第26巻7号別 80・5
解説(再録) 鳥越信 第26巻7号別 80・5
幼年文学における現実と空想の間(再録) いぬいとみこ 第26巻7号別 80・5
さよなら未明(再録) 古田足日 第26巻7号別 80・5
童話今日の問題(再録) 坪田譲治 第26巻7号別 80・5
童話今日の問題(続)(再録) 坪田譲治 第26巻7号別 80・5
坪田譲治童話今日の問題(続) 坪田譲治 第26巻7号別 80・5
「暗い谷間」の小川未明(再録) 関英雄 第26巻7号別 80・5
戦後の小川未明の思想(再録) 上笙一郎 第26巻7号別 80・5
自分のうちにある伝統の戦いを(再録) 古田足日 第26巻7号別 80・5
児童文学と社会性テーマ(再録) 西本鶏介 第26巻7号別 80・5
リアリズムの可能性(上)(再録) 横谷輝 第26巻7号別 80・5
「子どもと文学」を批判する(再録) 桑原三郎 第26巻7号別 80・5
大衆児童文学論(再録) 上笙一郎 第26巻7号別 80・5
日本児童文学・現在の問題(再録) 古田足日 第26巻7号別 80・5
未明・広介は否定できるか(再録) 高山毅 第26巻7号別 80・5
日本児童文学におけるナショナリズムの系譜(再 上笙一郎 第26巻7号別 80・5
戦後児童文学とはなにであったか(再録) 横谷輝 第26巻10号別80・7
「制度としての<子供>論考 かつおきんや 第27巻9号81・9
私の発言 未明生誕百年によせて 岡上鈴江 第28巻4号82・4
批評 文学研究が統計学でてきるのか 根本正義 第28巻10号82・10
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第29巻8号83・7
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第30巻4号84・4
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第30巻11号84・11
評論・研究評「『ビルマの竪琴』試論」に注目 根本正義 第31巻10号85・10
エッセイ 児童文学者協会会長三代の思い出 上田敏郎 第32巻8号86・8
創作月評 言葉からの批評(二) 奥田継夫 第32巻8号86・8
異化−本田和子の仕事のことなど− 石井直人 第32巻9号86・9
ネロのいない夏宮川健郎第35巻3号893
日本幼年童話小史関英雄第35巻6号896
アンケート私の好きな幼年童話井出弘子他16第35巻6号896
対談『子どもの文学』再読宮川健郎石井直人第37巻4号91・4
「子どもの本とは?」という問い柏原怜子第37巻4号91・4
「幼年童話」の背景中村悦子第37巻10号91・10
再検討・戦争児童読物浜野卓也第38巻3号92・3
戦争イメージの形成と反戦児童文学長谷川潮第38巻3号92・3
日本児童文学史への疑い石井直人第39巻11号93・11
それは子どもを告発できるだろうか 長谷川潮 第41巻4号95・4
体験的児童文学史 関英雄 第41巻5号95・5
戦争責任はどう問われてきたか 砂田弘 第41巻8号95・8
戦時下の戦争児童文学の場合 長谷川潮 第41巻8号95・8
体験的児童文学史 関英雄 第41巻12号95・12
風土と児童文学 萬屋秀雄 第42巻5号96・5
日本児童文学の<海> 佐藤宗子 第43巻4号97・8
「夏休み」への期待佐藤宗子第45巻4号99・8
日本の児童文学・この一〇〇年鳥越信第46巻5号00・10
「声」のわかれ宮川健郎第46巻5号00・10
対談児童文学の二〇世紀神宮輝夫・砂田弘第46巻6号00・12
私と日本児童文学の結びつき(ほうい)第53巻6号07・12
『ネバーランド』から夢を語るてらいんく佐相伊佐雄第54巻3号08・6
創作時評「赤い船」をさがして新冬二第55巻4号09・8
資料の発掘と収集、その価値づけこそ大阪国際児童文学館のすごい機能・役割遠藤純第55巻6号09・12
希望をつなぐ酒井晶代第57巻3号11・6
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8
<自然災害>と児童文学上笙一郎第58巻4号12・8
ブックラック無記名第59巻1号13・2
「声」をもとめて―子どもが読むはじめての文学、その今-宮川健郎第59巻2号13・4
現代児童文学ノートその二藤田のぼる第59巻2号13・4

・小川洋子
「わたし」の場所について、ささやかに村中李衣第38巻5号92・5
<絵本時評)生気のある絵本沼賀美奈子第49巻6号03・12

・小川陽子
生命のたしかさ真鍋和子第39巻7号93・7

・小川隆太郎
対談創作合評 山内秋生 山本藤枝 第3巻10号57・11
作品批評 もっと意欲的な「なにか」を 笠原良郎 第7巻9号 61・12

・沖井千代子
対談創作合評 山内秋生 山本藤枝 第3巻第10号57・11
研究会報告 放射する作品群 斎藤了一 第15巻第1号69・1
日本創作児童文学回顧−一九六八年度− 西本鶏介 第15巻2号69・2
あの本この本 沖井千代子 ひばだこがんばる 木暮正夫 第27巻8号81・8
創作月評 子どもたちの復権 大岡秀明 第29巻5号83・5
再び「他者としての子ども」を 藤田のぼる 第30巻11号84・11
ブックラック編集委員会第48巻2号02・4
協会賞受賞のことば協会賞をいただいて沖井千代子第48巻4号02・8
協会賞選考経過報告後藤竜二第48巻4号02・8
協会賞選考評相原法則第48巻4号02・8
協会賞選考評岩崎京子第48巻4号02・8
協会賞選考評後藤竜二第48巻4号02・8
協会賞選考評木暮正夫第48巻4号02・8
協会賞選考評砂田弘第48巻4号02・8
協会賞選考評鳥越信第48巻4号02・8
編まれる空白、繋げうる余白ー短編と短編集の可能性ー佐藤宗子第53巻5号07・10
現代児童文学における短編の流れ砂田弘第53巻5号07・10
短編について沖井千代子第53巻5号07・10

・おぎぜんた
創作時評存在をとらえる野沢朋子第57巻3号11・6
第44回日本児童文学者協会新人賞選考経過報告加藤純子第57巻4号11・8
第44回日本児童文学者協会新人賞選考評中尾明第57巻4号11・8


・荻野泉(おぎのいずみ)
創作月評 照明係になってみて 加藤多一 第33巻10号87,10
歴史と物語のはざま長谷川潮第49巻6号03・12
ブックラック無記名第59巻6号13・12

・沖野岩三郎
沖野さんを追悼して(追悼) 斎藤佐次郎 第7号56・3
軽井沢の沖野さん(追悼) 片山昌造 第7号56・3
沖野岩三郎略歴(追悼) 第7号56・3
日本童謡史の試み19『金の船』『金の星』の童謡 Z 藤田圭雄 第15巻2号69・2
研究書案内「日本児童文化史叢書」の創刊 上笙一郎 第41巻9号95・9

・荻原幾太郎
日本童謡史の試み『おとぎの世界』の童謡W藤田圭雄第16巻9号70・9

・荻原規子
高学年対象の作品について
新人賞選考経過報告藤田のぼる第35巻7号89・7
新人賞選考評砂田弘第35巻7号89・7
新人賞選考評土田明子第35巻7号89・7
新人賞選考評長崎源之助第35巻7号89・7
新人賞選考評藤田のぼる第35巻7号89・7
神々から人間の物語へ菊永謙第36巻2号90・2
児童文学にとって伝承は力なのか?石井直人第36巻2号90・2
たくさんの疑問形のなかで
九○年代に向かって……野上暁第36巻5号90・5
児童文学はどこへ行くのか
『空色勾玉』ができるまで
創作時評伝承と再創造の可能性本木洋子第38巻4号92・4
協会賞選考経過報告佐々木赫子第38巻7号92・7
協会賞選考評上笙一郎第38巻7号92・7
協会賞選考評佐々木赫子第38巻7号92・7
協会賞選考評生源寺美子第38巻7号92・7
協会賞選考評砂田弘第38巻7号92・7
協会賞選考評長谷川潮第38巻7号92・7
協会賞選考評藤田のぼる第38巻7号92・7
希薄な危機意識を憂う砂田弘第38巻7号92・7
夢は歴史を超えられるきどのりこ第38巻10号92・10
月番時評一冊の本は沢山の専門家によって作られる佐藤涼子第40巻2号94・
アジアに目を向けて長谷川潮第40巻7号94・
<外部>を意識する奥山恵第40巻7号94・7
協会賞選考経過報告佐々木赫子第40巻7号94・7
協会賞選考評上笙一郎第40巻7号94・7
協会賞選考評生源寺美子第40巻7号94・7
協会賞選考評 長谷川潮 第40巻7号94・7
月番時評家族ってなんなんだろう?金原瑞人第40巻4号94・4
「少数者」の系譜奥山恵第41巻6号95・6
戦後50年・児童文学の対<子ども>意識メモ西山利佳第41巻12号95・12
いくつかの長編の感想石井直人第43巻3号97・6
96わたしのベスト3甲木善久他10第43巻3号97・6
協会賞選考経過報告佐々木赫子第43巻4号97・8
協会賞選考評佐々木赫子第43巻4号97・8
協会賞選考評佐藤宗子第43巻4号97・8
協会賞選考評藤田のぼる第43巻4号97・8
読む女の子たち荻原規子第41巻6号95・6
児童文学は「わたし」と世界をつなげるか西山利佳第45巻5号99・10
創作時評児童文学をプレイしてみて……目黒強第46巻4号00・8
二00二年をふりかえる砂田弘第49巻3号03・6
ここに作品はある。あとは―。原田留美第49巻3号03・6
評論・研究の現状谷悦子第49巻3号03・6
歴史と物語のはざま長谷川潮第49巻6号03・12
近過去児童文学について−ニューレトロ思春期文学は誰のために-原田留美第49巻6号03・12
二〇〇三年をふりかえる-活況続くファンタジー木暮正夫第50巻3号04・6
創作時評とれたての少年濱崎桂子第51巻6号05・12
壁が薄くなるところ宮川健郎第52巻3号06・6
新型リアリズムの萌し西山利佳第52巻3号06・6
創作時評ファンタジー・SFにみる児童書の現在目黒強第52巻3号06・6
創作時評子どもの成長、おとなの育ち原田留美第52巻5号06・10
協会賞受賞のことば寛容な承認荻原規子第52巻4号06・8
協会賞壱選考経過報告藤田のぼる第52巻4号06・8
協会賞選考評佐藤宗子第52巻4号06・8
協会賞選考評砂田弘第52巻4号06・8
協会賞選考評長谷川潮第52巻4号06・8
協会賞選考評藤田のぼる第52巻4号06・8
男の子の旅立ち、〈母〉の解放横川寿美子第52巻2号06・4
協会賞選考評きどのりこ第52巻4号06・8
曲がり角の予感酒井昌代第53巻3号07・6
創作時評☆まだ、自分のことは好きじゃない?藤澤成光第53巻3号07・6
現代児童文学における短編の流れ砂田弘第53巻5号07・10
英語に翻訳された日本の児童文学白井澄子第53巻6号07・12
あらたな「物語」の誕生を川上蓉子第55巻3号09・6
創作時評命がけの「綱わたり」奥山恵第56巻6号10・12
出版不況下の子どもの文学野上暁第57巻3号11・6
創作時評ファンタジーの可能性井上乃武第57巻6号11・12
ブックラック無記名第59巻2号13・4
一つの「終焉」その跡に佐藤宗子第59巻3号13・6
現代児童文学史ノートその六児童文学の八〇年代の終わりと始まり藤田のぼる第59巻6号13・12
創作時評物語のかたち佐藤宗子第60巻1号14・2

・オク(サト)
エッセイ この一冊 内田莉莎子 第32巻3号86・3

・奥泉光
ズッコケ読書ノートB那須正幹第56巻3号10・6

・オクセンバリー(ヘレン)
翻訳時評 一層の翻訳出版を待つ 谷本誠剛 第31巻4号85・4
翻訳絵本の現況と課題 佐々木宏子 第34巻6号88・6
絵本この1年話題満載石井光恵第56巻3号10・6
多様性の中から寺村摩耶子第57巻3号11・6
自分にできることをする千代原真智子第58巻3号12・6

・奥田英朗
〈創作時評〉沈黙の町を超えて小川英子第59巻3号13・6

・奥田貞子
最近の戦争児童文学 石上正夫 第30巻8号84・8

・奥田継夫
リアリズム文学における人物創造 原昌 第22巻12号76・10
創作月評 リアリティーを保証するもの 川北亮司他3 第22巻15号76・12
座談会 児童文学1976年をふりかえる 木暮正夫他2 第23巻4号77・4
創作時評 走るということ 新冬二 第23巻5号77・5
日本の絵本100選 魔法おしえます 安藤美紀夫 第23巻8号別77・7
※コーヒーのきいた性よ、こんにちは! 奥田継夫 第24巻2号78・2
※ただ“空腹を感じて、満たされる・文章 奥田継夫 第24巻11号78・10
日本児童文学100選 ボクちゃんの戦場 新冬二 第25巻2号臨79・2
「戦場」の子どもたち(上) 長谷川潮 第25巻13号79・11
創作時評 おもしろい作品を求めて 那須正幹 第27巻14号81・12
あの本この本 奥田継夫子どもが大人になるとき 堀直子 第28巻2号82・2
批評 児童文学における「大衆性」 本木洋子 第28巻12号82・12
コーヒーのきいた性よこんにちは!(再録) 奥田継夫 第29巻5号別冊83・4
雑誌短編評興味深い「SPIN−A−BOTTLE」 和田登 第30巻1号84・1
創作月評何を語る? ノンフィクションの盛況ぶり 斎藤晴輝 第31巻2号85・2
アンケート 私のすすめる三冊 戦争児童文学 藤田のぼる他20氏 第31巻8号85・8
絵本時評 のびのびとつくられた性教育の絵本 国松俊英 第31巻8号85・8
創作月評 ワッカナイの地で読みました 加藤多一 第33巻7号87・7
創作月評歩留まりが落ちていく清水達郎第35巻9号899
私と民話妖怪おこしへ奥田継夫第36巻2号90・2
「タブーの崩壊」後の児童文学砂田弘第37巻11号91・11
アーリィ・ティーンズの生態を児童文学はなぜ避けるのか倉持正夫第37巻11号91・11
創作月評新鮮さと多様性生源寺美子第38巻7号92・7
評論研究評余談雑談無駄話道草寄り道回り道細谷建治第39巻3号93・3
私にとっての児童文学 奥田継夫 第44巻6号98・12
対談児童文学の二〇世紀神宮輝夫・砂田弘第46巻6号00・12
曲がり角の予感酒井昌代第53巻3号07・6
現代児童文学における短編の流れ砂田弘第53巻5号07・10
体験から物語へ―学童疎開の児童文学を読みなおす芹沢清美第58巻5号12・10

・奥田みえこ
本格的な絵本作りが夢に終わってしまう現実について奥田みえこ第38巻11号92・11

・小口尚子
激動の時代を映すノンフィクション 島田和子 第42巻7号96・7

・奥成達
'80年代のノンフィクションをふりかえって小林利久第35巻12号8912

・奥野健男
現代日本のファンタジー 宮川健郎 第29巻7号83・6

・奥原弘美
新人登場操られ奥原弘美第52巻6号06・12

・おくはらゆめ
創作時評秋の残り香諸星典子第55巻1号09・2
創作時評読書する時間諸星典子第55巻3号09・6
絵本この1年話題満載石井光恵第56巻3号10・6
幼年・低学年向け創作時評佐々木由美子第56巻6号10・12
多様性の中から寺村摩耶子第57巻3号11・6

・奥村育子
北川千代賞選考経過報告 古田足日 第17巻7号71・7
北川千代賞選評 感想 岩崎京子 第17巻7号71・7
北川千代賞選評 選後評 小出正吾 第17巻7号71・7
北川千代賞選評 さびしい選評 山本藤枝 第17巻7号71・7

・オグビー(イアン)
翻訳児童文学この一年第51巻3号05・6

・オクベ(イ)
2011年を振り返ってひこ・田中第58巻3号12・6

・奥守弘
グローバルな時代を映す多様なテーマ第49巻3号03・6

・奥山和子
創作月評 創作上の重要課題を持つ新人の作品群 来栖良夫他3 第22巻6号76・5
アンケート書きたい伝記・読みたい伝記¢51巻4号05・8

・奥山恵
関英雄記念 評論・研究論文募集 選考経過報告佐藤宗子第45巻5号99・10
選考評佐藤宗子第45巻5号99・10
選考評古田足日第45巻5号99・10
評論・研究の現状谷悦子第49巻3号03・6
さまざまな「民主主義体験」と「消極的な民主主義」をめぐって奥山恵第52巻2号06・4
創作時評新生児室から藤澤成光第53巻1号07・2
「子どもの貧困」に効く児童文学西山利佳第56巻2号10・4
時代に同伴する批評目黒強第58巻3号12・6
新人賞見切らず、投げ出さず奥山恵第58巻4号12・8
新人賞選考経過報告中尾明第58巻4号12・8
新人賞選考評川北亮司第58巻4号12・8
マイナーなスポーツをあつかった児童文学に描かれた子どもの姿細谷建治第60巻6号14・12

・奥山ゆかり
新人登場焼酎と「くさや」は名コンビ奥山ゆかり第38巻11号92・11
新人賞選考評新冬二第39巻7号93・7

・小倉明
新人賞選考経過報告長崎源之助第37巻7号91・7
新人賞選考評石井直人第37巻7号91・7
新人賞選考評きどのりこ第37巻7号91・7
新人賞選考評砂田弘第37巻7号91・7
新人賞選考評土田明子第37巻7号91・7
埋立地からの眺め新冬二第39巻2号93・2
エンドマークの向こうに 小倉明 第41巻3号95・3
ブックラック 無記名 第43巻6号97・12
子ども像のベクトル、または作者の時間と読者の時間について藤田のぼる第52巻5号06・10
ノンフィクション時評何をして、どう生きるか-仕事の現場を物語る真鍋和子第56巻4号10・8
ブックラック無記名第57巻1号11・2
座談会東京学芸大学研究部「あかべこ」OB・OG部室で語る熱き日々高木あきこ他第57巻4号11・8
人生の様々な道しるべが……日野多香子第59巻3号13・6
ブックラック無記名第59巻4号13・8
ブックラック無記名第60巻2号14・4

・小倉千加子
子ども文化時評在りかを問う酒井晶代第48巻3号02・6
「わかりにくさ」に目をこらす酒井昌代第51巻3号05・6
戦争と向きあうノンフィクションの底力を感じた相川美恵子第54巻3号08・6

・小倉正巳
幼年・低学年向け創作時評佐々木由美子第56巻6号10・12

・小倉玲子
詩集・詩誌評今、少年詩は?(続) 藤井逸郎 第41巻8号95・8

・小栗理香子
自分以外のものの気持ちになってみる佐々木由美子第53巻3号07・6

・小黒恵子
詩集・詩誌評 子どもの詩・大人の詩 土田明子 第33巻3号87・3

・桶谷繁雄
第87回選択図書 第7巻2号 61・2

・オコーナー(バーバラ)
翻訳時評自分自身と闘う子どもたち岸野あき恵第57巻2号11・4

・尾崎杏子
多様なスタイルの並走畑中圭一第54巻3号08・6

・尾崎紅葉
叢書『少年文学』をめぐって 続橋達雄 第13巻12号67・12

・尾崎眞吾
ブックラック無記名第60巻1号14・2

・尾崎たまき
もっと世界に目を向けて本木洋子第60巻3号14・6

・尾崎秀樹
尾崎秀樹 西郷竹彦 鳥越信 宗武朝子著子どもの本の百年史 根本正義 第20巻12号74・11
評論・研究評 五十嵐康夫 第32巻9号86・9
評論・研究評 「もの」としての子どもの本 宮川健郎 第34巻3号 88・3

・尾崎真理子
一つの「終焉」その跡に佐藤宗子第59巻3号13・6

・尾崎美紀
ブックラック選定委員第50巻2号04・4
ブックラック選定委員第55巻1号09・2

・尾崎るみ
研究書案内『子どもの文化権と文化的参加』ほか 上笙一郎 第41巻12号95・12
研究書案内小部数刊行と地方出版 上田信道 第42巻3号96・3
豊かな実りを生み出すために畠山兆子第54巻3号08・6

・長田暁二
研究書案内童謡詩関係の本、続々 上笙一郎 第41巻10号95・10

・長田新
詩の社会性 津坂治男 第31巻5号85・5
紙芝居時評紙芝居文明の明日日下部茂子第50巻1号04・2
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10

・おさだともえ
創作月評 “幼年童話・への疑問 藤田のぼる 第22巻13号76・11

・長田弘
国産品の場合−その二 今江祥智 第18巻2号72・2
詩集・詩誌評われらの詩は未来に何を課題とするか重清良吉第36巻12号90・12
鼎談少年詩に、新しい〈マグマ〉の胎動を!菊永譲他2第38巻2号92・2
私の好きな少年詩・童謡隠れんぼうの必要 石井睦美 第40巻12号94・12
一冊の詩集『心の中にもっている問題』 今江祥智 第41巻4号95・4
心の中にもっている少年 石井睦美 第42巻2号96・2
子ども文化批評ことばの現場・現場のことば酒井晶代第48巻1号02・2
自分にできることをする千代原真智子第58巻3号12・6

・小山内薫
日本児童演劇史ノート5 冨田博之 第18巻6号72・7
日本児童演劇史ノート9 冨田博之 第18巻11号72・12

・小山内美江子
体験伝達の諸相 長谷川潮 第24巻4号78・4
対談今、子どもに何を語るか 小山内美江子・砂田弘 第43巻6号97・12

・小山内龍
絵本はいかに戦争に巻き込まれていったか 寺前きみこ・中川あゆみ 第41巻8号95・8

・長部日出雄
私の読んだ本 民話を考える 鈴木喜代春 第21巻3号75・2

・大佛次郎(大仏次郎)
児童文学大衆化論序説 加太こうじ 第12巻11号66・11
大佛次郎と児童文学 藤田圭雄 第19巻8号73・7
スティーブンスンと日本の海洋冒険小説 かつおきんや 第23巻15号77・12
昭和二十年代の評論と研究 向川幹雄 第26巻4号別 80・3
復興期の思想と文学 解題 向川幹雄 第26巻4号別 80・3
児童文学大衆化論序説(再録) 加太こうじ 第26巻10号80・7
『敵中横断三百里』の頃(再録) 山中峯太郎 第29巻5号別冊83・4
体験的児童文学史(第2部) 関英雄 第30巻7号84・7
時代少年小説について 浜野卓也 第34巻9号88・9
歴史児童文学の流れかつおきんや第38巻10号92・10
戦時下の大衆児童文学 二上洋一 第41巻8号95・8

・小沢さとし
あの本この本和睦(わぼく) 大木一夫 第41巻4号95・4

・小沢清子
学校の怪談を考える 石川晋 第41巻6号95・6
創作時評想いを重ねて武藤清吉第58巻5号12・10

・小沢孝子
小沢孝子『ポヅナムの町』 古谷綱武 第8巻9号62・11

・小沢正
短編時評 作者が火となる=よい作品の想像 中村新太郎 第12巻3号66・3
新しい内容と方法の探求 久保喬 第12巻4号66・4
新しい可能性への深まり 西本鶏介 第12巻4号66・4
創作児童文学のさまざまな表現形態 乙骨淑子 第16巻9号臨70・9
ぼくらにとって政治とはなにか 砂田弘 第17巻9号71・9
絶望・連帯・ユートピア−小沢正の世界− 砂田弘 第18巻5号72・6
こどものコンテクストへの収斂 岡田純也 第19巻10号臨73・8
小沢正作『目をさませトラゴロウ』 岡部冬彦 第19巻10号臨73・8
ファンタジーの死滅(再録) 小沢正 第19巻11号73・9
そこつ物・トラゴロウ 林太美夫 第19巻13号73・11
創作児童文学のさまざまな表現形態 乙骨淑子 第21巻2号臨75・1
こどものコンテクストの収斂 岡田純也 第21巻9号 別75・6
小沢正作『目をさませトラゴロウ』 岡部冬彦 第21巻9号 別75・6
創作月評 情に訴える描写がほしい 斎藤田鶴子他3 第23巻2号77・2
ピッピ・ナガクツシタにとって《休暇》とは何か? 細谷建治 第23巻6号77・6
創作時評 現実の街、非現実の街 新冬二 第23巻12号77・10
私の読んだ本 国ぐにの話 大野允子 第24巻5号78・5
日本児童文学100選 目をさませトラゴロウ 藤田のぼる 第25巻2号臨79・2
トラゴロウの《不安》 細谷建治 第25巻11号79・9
現代児童文学の争点(21)(再録) 横谷輝 第26巻10号別80・7
過渡期の児童文学 解題 細谷建治 第26巻10号別80・7
座談会 幼年童話を考える 佐藤涼子他3 第26巻14号80・11
幼年童話の現在 藤田のぼる 第26巻14号80・11
新しい幼年文学を求めて 鵜生美子 第26巻14号80・11
幼年童話への提言四つ 西田良子 第26巻14号80・11
幼児の心をとらえる絵本 西本鶏介 第27巻3号81・3
創作時評 書きたいものを心をこめて書く 西本鶏介 第28巻3号82・3
『目をさませトラゴロウ』について(再録) 小沢正 第29巻5号別冊83・4
生活の論理をぼくたちの胸に いずみたかひろ 第29巻11号83・10
対談 幼年文学の現在をめぐって 古田足日 砂田弘 第31巻12号85・12
創作月評 リアリズムは読みごたえがある。 長谷川幸男 第33巻5号87・5
低調なんてうそぶけない 西本鶏介 第34巻7号88・7
「モダン」と「ファンタジー」佐藤宗子第37巻6号91・6
幼年童話の現状と可能性西本鶏介
ナンセンスのセンスについて
王様のふたつの顔田村まり第38巻4号92・4
子どもたちは都市の暗がりの中で犯罪に憧れている細谷建治第39巻2号93・2
なぜウサギはスカーとをはくのか? 林美千代 第40巻6号94・6
「語る」のではなく 小沢正 第43巻6号97・12
〈近さ〉と〈遠さ〉の狭間でぼくらの想像力は揺れ動く細谷健治第53巻5号07・10
追悼・小沢正もっと書いてほしかったけれど三田村信行第54巻5号08・10
<児童文学この半世紀>A古田足日さん、語る第55巻4号09・8
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8
現代児童文学史ノートその三 六〇年代児童文学が書いたこと藤田のぼる第59巻3号13・6

・小沢長治
絵本時評 生き生きした子どもを描く
<子ぐまのくんちゃんシリーズ>絵本 国松俊英 第29巻7号83・6

・小沢千恵
詩集・詩誌評 われらの詩は未来に何を課題とするか重清良吉第36巻12号90・12
詩・童謡リバイバル的童謡ブームのあとで土田明子第37巻7号91・7
<詩集・童謡時評>新しい発見がなければ「詩(ポエム)」にならない畑島喜久生第49巻2号03・4
第7回三越左千夫少年詩賞選考経過報告野呂昶第49巻4号03・8
子どもの身近にもっと詩を 童謡を宮田滋子第58巻3号12・6
詩の力・うたの力を山中利子第59巻3号13・6

・小澤俊夫(小沢俊夫)
あの本この本 小澤俊夫 昔話とは何か 大西伝一郎 第29巻13号83・12
雑誌短編評 「おはなし」のおもしろさ しかたしん 第31巻9号85・9
翻訳時評 訳語選びにも苦心は必要 谷本誠剛 第31巻12号85・12
研究書案内児童文化と少年詩の研究書他 上田信道 第42巻8号96・8

・小沢俊郎
ユニークな企画の研究叢書
「宮澤賢治研究叢書」(学芸書林)- 向川幹雄 第22巻10号76・8
エッセイ 文学の原点にかえろう 続橋達雄 第31巻4号85・4
<おかしな>世界との出会い大藤幹夫第37巻9号91・9

・小沢真理子
第三十三回日本児童文学者協会新人賞選考経過報告菊地ただし第46巻4号00・8

・小沢良吉
批評 絵本 絵本は、絵が先行する? 増村王子 第27巻7号81・7
改訂日本の絵本100選おひさまをはこぶちょう 上地ちづ子 第27巻10号別81・9

・押上武文
教室の中の児童文学以前根本正義第37巻9号91・9

・押川春浪
押川春浪−近代児童文壇史アルバム(4) 滑川道夫 第9巻第3号63・4
スティーブンスンと日本の海洋冒険小説 かつおきんや 第23巻15号77・12
座談会 スティーブンスンから学ぶもの 安藤美紀夫他2 第23巻15号77・12
ヴェルヌ作品の日本への影響 かつおきんや 第24巻6号78・6
日本児童文学におけるナショナリズムの系譜(再 上笙一郎 第26巻7号別 80・5
冒険活劇ロマンの変貌 二上洋一 第29巻12号83・11
SF少年小説の変貌 中尾明 第34巻9号88・9
再検討・戦争児童読物浜野卓也第38巻3号92・3
明治期の少年小説と日本主義二上洋一第38巻3号92・3
アジア主義の理念とロマン・伝奇少年小説
黎明期の日本文学とファンタジーの関係 横田順彌 第41巻6号95・6
日本児童文学の<海> 佐藤宗子 第43巻4号97・8
日本の児童文学・この一〇〇年鳥越信第46巻5号00・10
中尾明―私の児童文学創作ノート(1)中尾明第49巻4号03・8

・オシポプ
ソビエトの児童向教養書について A・B・ヤクベンコ 第17巻8号76・8

・緒島英二
創作月評持続として経験される悲しみ荒木せいお第35巻6号896
ブックラック選定委員会第53巻5号07・10

・押山美知子
豊かな実りを生み出すために畠山兆子第54巻3号08・6

・オスウェイト
連載 オーストラリア児童文学の現況 絵本 小野 章 第26巻6号80・5

・オステル(グリゴリー)
翻訳時評翻訳児童文学の多様性を求めて岸野あき恵第57巻5号11・10

・オストローフ(スヴィトール・A)
二〇〇八年に出た絵本土屋智子第55巻3号09・6

・オズポーン(メアリー・ポープ)
自分以外のものの気持ちになってみる佐々木由美子第53巻3号07・6
さまざまな多様性妖精からアフリカまで神戸万知第53巻3号07・6

・オスマン(シャーカツト)
現実を映す鏡としてのアジアの児童文学 田島伸二 第42巻6号96・6

・尾瀬あきら
テレビ・漫画の十代の描き方 石子順 第29巻3号83・3

・小関秀夫
子どもたちの心にとどく詩を宍倉さとし第57巻3号11・6

・オソウスキー(レオニー)
西ドイツ児童文学の現在 吉原高志 第32巻3号86・3
作品論/Lー戦争児童文学と、『空のない星』をめぐって吉原高志第37巻12号91・12

・小園愛子
創作時評 心ゆさぶる『太陽の子』 水上平吉 第25巻1号79・1
※自作を語る 小園愛子 第25巻4号79・3

・尾田栄一郎
マンガ時評マンガは「つまらなく」などなっていない宮本大人第50巻5号04・10

・織田小星
児童文学館のマンガ資料竹内オサム第55巻3号09・6

・織田正吉
笑い−ユーモアを誘うことばと詩吉田定一第38巻4号92・4

・織田道代
ブックラック編集委員会選定委員第49巻4号03・8
エッセイ読むのもたのしい、書くのもたのしい高木あきこ第59巻6号13・12

・小田実
私の読んだ本 国ぐにの話 大野允子 第24巻5号78・5

・尾高晴美
創作月評 やはりおもしろくなくては 坂本伊都子 第34巻5号88・5

・小田切進
創作月評 越境者たちについて、そのほか 宮川健郎 第32巻5号86・5

・小田切東子
絵本時評ノンフィクションものに秀作野村羊子第51巻5号05・10

・小田切秀雄
復興期の思想と文学 解題 向川幹雄 第26巻4号別 80・3

・小田桐誠
創作月評子どもの未来に架けるもの山花郁子第37巻9号91・9

・オタワ
フィンランド児童文学−過去十年− 坂井玲子 第18巻8号72・9

・おちのりこ(越智典子)
楽しく読みたい 浜たかや 第41巻8号95・8
明るい兆し千代原真知子第47巻3号01・6
絵本≠サれは未来への架け橋青田正徳第52巻3号06・6

・落合聡三郎
粉川光一『新しい学校劇』(書評) 安田浩 第10号54・4

・落合恵子
月番時評「時代」とエンターテインメイントとしかたしん第39巻10号93・10
対談日本の児童演劇栗原一登落合聰三郎第36巻12号90・12
落合恵子さんに聞く絵本はだれのものか 砂田弘 第44巻2号98・4
2003・一二月一九日の夜から朝まで落合恵子第50巻2号04・4
ブックラック無記名第57巻1号11・2

・落合直文
天皇制教育下の児童文学・児童図書勝尾金弥35巻8号898
歴史児童文学の流れかつおきんや第38巻10号92・10

・乙骨淑子
戦争読物をどういう材料でどう書くか 古田足日 第10巻8号 64・8
戦争体験をどのようにつたえたらよいか 秋山良照 第10巻8号 64・8
※「戦争体験をどのように伝えたらよいか について−秋山良照氏の一文によせて−(私の発言乙骨淑子第10巻11号64・1
一九六四年の児童文学 笠原良郎 第11巻4号65・4
『マアおばさんはネコがすき』を推す(選考評) 塚原健二郎 第11巻6号65・6
失われた時間を求めて 新冬二 第11巻7号65・7
評論時評新人大藤の“大衆文学論・批判に注目 塚原亮一 第12巻1号66・1
文芸時評 秀作“肥後の石工・ 永井明 第12巻7号66・7
創立二十周年記念公開児童文学討論会思想と方法 石上正夫他 第12巻7号66・7
今月の本棚 斎藤英男 第12巻10号66・10
文芸時評 全力投球の乙骨作品 永井明 第12巻10号66・10
研究会報告「八月の太陽を」をめぐって 中村新太郎 第13巻1号67・1
「事実へのよりかかりということ児童文学研究のための私感 岡田純也 第13巻5号67・5
『巨人の風車』『八月の太陽』をめぐって 大藤幹夫 第14巻4号1968・4
戦後日本児童文学とアジア 笠原良郎 第17巻8号76・8
戦後の児童文学にあらわれた子ども像 横谷輝 第19巻6号1973・5
一九六四年の創作児童文学「戦争児童文学」を中心に- (再録) 笠原良郎 第19巻9号73・8
乙骨淑子作『ぴいちゃあしゃん』−作者への手紙 新村徹 第19巻10号臨73・8
日本「戦争児童文学」と中国 新村徹 第19巻11号73・9
私の読んだ本 同世代の体験と物語 宇野克彦 第21巻6号75・4
乙骨淑子作『ぴいちゃあしゃん』−作者への手紙 新村徹 第21巻9号 別75・6
戦後児童文学におけるロマンの系譜 しかたしん 第22巻4号76・3
日本児童文学100選 八月の太陽を 清水真砂子 第25巻2号臨79・2
座談会 一九七九年の児童文学をふりかえる 鳥越信他3 第25巻5号79・4
文学性指向への模索 鵜生美子 第25巻5号79・4
現代児童文学作家対談 「風ぐるま」の発想 乙骨淑子 上野瞭 第26巻1号80・1
革新と模索の時代 解題 大岡秀明 長谷川潮 第26巻7号別 80・5
日本児童文学・現在の問題(再録) 古田足日 第26巻7号別 80・5
失われた時間を求めて(再録) 新冬二 第26巻10号別80・7
過渡期の児童文学 解題 細谷建治 第26巻10号別80・7
創作時評 文章と内容の根本的な関係について 奥田継夫 第27巻5号81・5
あの本この本 「こだま」児童文学会乙骨淑子人と文学 北畑静子 第27巻8号81・8
鼎談書評 アクチュアルな世界(その2) 上笙一郎他2 第27巻8号81・8
《ピラミッド帽子》の彼方へ第三回作品研究会報告 細谷建治 第27巻11号81・10
噴出するエネルギー(再録) 乙骨淑子 第29巻5号別冊83・4
現代日本のファンタジー 宮川健郎 第29巻7号83・6
戦争児童文学と現代 砂田弘 第29巻9号83・8
新たな展望と子どもをめぐる「関係」を しかたしん 第29巻9号83・8
「大衆児童文学」の果たす役割は軽くない 柚木象吉 第30巻6号84・6
井戸端へようこそー読者のページ第55巻4号09・8
拝啓、上野瞭様世界を広げるということー上野瞭論序章相川美恵子第55巻2号09・4
外に向ける目を『八月の太陽』乙骨淑子・著坂本のこ第55巻2号09・4
創作時評「海」にひたれる二冊の本本多明第57巻2号11・4

・尾辻紀子(尾辻のり)
北川千代賞選考評 選考を終えて 岩崎京子 第21巻10号75・7
北川千代賞選考評 長編の力作が、多かった 早船ちよ 第21巻10号75・7
北川千代賞選考評 新しさ以前 山本藤枝 第21巻10号75・7
北川千代賞選考評 選後感 上笙一郎 第21巻10号75・7
創作月評奮起する新人作家たち斎藤晴輝第35巻1号891
ブックラック選定委員会第54巻5号08・10

・オットー(スヴェン)
改訂世界の絵本100選 灰かぶり 上地ちづ子 第27巻13号81・11
空想と絵本−デンマークの絵本を中心にして 山野辺五十鈴 第28巻4号82・4

・オットー(ベルント)
作品論/Lオソウスキー戦争児童文学と、『空のない星』をめぐって吉原高志第37巻12号91・12

・オッペル(ケネス)
翻訳作品をふりかえるきどのりこ第52巻3号06・6

・オッペンハイム(ジョアンヌ)
エッセイマイノリティーの叫び-スペイン語圏-宇野和美第57巻5号11・10

・オデール (スコット)
世界児童文学100選 黄金の七つの都市 宮川健郎 第25巻15号79・12
翻訳時評 大人の文学との接点 牧野文子 第27巻8号81・8
翻訳時評幼くして自立を強いられる子ども神崎巌第37巻1号91・1
海はどこへ行ったの? 三宅興子 第43巻4号97・8

・オドゥワン=マミコニアン(ソフィー)
翻訳時評児童文学などありえない?三宅興子第56巻2号10・4

・音上郁子
女性詩人の活躍に瞠目『メロンの時間』のしなやかさよ高橋忠治第46巻3号00・6
第四回三越左千夫少年詩賞選考経過報告高橋忠治第46巻4号00・8

・乙武洋匡
オトちゃんは革命を起こせたか岡田なおこ第47巻4号01・8
「とんでもない人たち」に出会う楽しみ中尾明第47巻4号01・8
事実プラス・フィクションの融合長谷川幸男第47巻4号01・8

・オトリー
連載/オーストラリア児童文学の現況
何人かの作家たち(2) 小野章 第26巻3号80・3

・オニェフル(イフェオマ)
子どもに教えられること伊藤明美第48巻3号02・6
翻訳時評ものいうどうぶつ、ものいわぬどうぶつ、と、子どもたち内藤貴子第54巻5号08・10

・鬼塚りつ子
創作月評 力量を問われる新人の二作目 斎藤晴輝 第31巻1号85・1
子どもの読むエンターテイメントを考える 北川幸比古 第32巻8号86・8
創作月評 再び幼年童話 斎藤晴輝 第33巻2号87・2
中学年は中間か? 斎藤晴輝 第33巻6号87・6
幼年文学の現在渋谷清視第35巻6号896
一九九〇年を振り返って真鍋タヨ子第37巻7号91・7
こわくてあたたかいほら穴にはいっていくような…北川幸比古第37巻8号91・8

・尾沼まりこ
ブックラック無記名第59巻3号13・6
新人登場「だけど」と「でも」尾沼まりこ第59巻6号13・12

・小野明
1994年絵本のはなし 甲木善久 第41巻7号95・7

・小野かおる
絵本時評分類して楽しむ!藤本朝己第50巻6号04・12

・小野和子
あるひとつの軌跡―宮城民話の会の歩みからー小野和子第49巻5号03・10

・小野耕世
曲がり角の予感酒井昌代第53巻3号07・6

・小野幸恵
<ノンフィクション時評>夢に向かって?奥山恵第49巻1号03・2
ノンフィクション時評動物と人間を描いたノンフィクション国松俊英第55巻2号09・4

・小野州一
絵本時評 古典絵本・新作絵本 森久保仙太郎 第32巻7号86・7

・小野俊太郎
放射能と想像力芹沢清美第58巻5号12・10

・小野忠孝(おのちゅうこう)
東都書房の少年少女小説(書評) 古谷綱武 第5巻7号59・7
おのちゅうこう『風は思い出をささやいた』書評 宮下全司 第11巻9号65・9
少年詩は在ったか今在るか藤井逸郎第38巻2号92・2

・小野十三郎
報告 子どもたちは詩をどのように読んでいるか 大石貢 第22巻6号76・5
戦後少年詩・童謡100選 山頂から 江口季好 第24巻8号臨78・7

・小野信義
創作月評 「楽しい頃」−子ども時代の光と影− 宮川健郎 第32巻4号86・4

・小野春夫
創作月評 熟年塾作 木暮正夫 第29巻10号83・9
吉橋通夫ー私の歴史もの創作ノート(2)吉橋通夫第51巻2号05・4

・小野浩
塚原さんと「赤い鳥」の小野氏 与田準一 第12巻2号66・2
詩集・詩誌評 詩は感動をどう形にするか重清良吉第36巻4号90・4

・小野裕康
創作月評奮起する新人作家たち斎藤晴輝35巻1号891
高学年対象の作品について砂田弘第35巻7号897
150年の歳月を乗りこえたか倉持正夫第36巻2号90・2
九○年代に向かって……野上暁第36巻5号90・5
96わたしのベスト3 甲木善久他10 第43巻3号97・6
ブックラック無記名第46巻4号00・8
創作時評インターネット時代の児童文学河野孝之第46巻5号00・10
創作時評私たちを照らす〈向こう側〉原田留美第52巻6号06・12

・小野不由美
読む女の子たち 荻原規子 第41巻6号95・6
96わたしのベスト3 甲木善久他10 第43巻3号97・6
児童文学は「わたし」と世界をつなげるか西山利佳第45巻5号99・10
創作時評誰のための何のための心の分析か西山利佳第47巻5号01・10
創作時評ファンタジーの洪水の中で、リアリズム作品もがんばっているぞ平野厚第50巻2号04・4
「再生」の物語が語られる時濱崎桂子第50巻3号04・6
子ども文化時評子ども文化の本、楽しみ方いろいろ林美千代第50巻4号04・8
学校は今、異界への残された接点時海結衣第51巻5号05・1
テレビゲーム世代における物語体験の変容目黒強第52巻5号06・10
創作時評ミステリーに見る児童書の現在目黒強第52巻2号06・4
創作時評ファンタジー・SFにみる児童書の現在目黒強第52巻3号06・6
英語に翻訳された日本の児童文学白井澄子第53巻6号07・12
ブックラック無記名第59巻5号13・10

・小野瑞江
方法論の模索と共同研究の成果 西田良子 第44巻3号98・6

・おのりえん
新人登場もっと、もっと描きたいおのりえん第38巻3号92・3
新人賞選考経過報告 丘修三 第42巻7号96・7
ブックラック無記名第47巻3号01・6
ブックラック無記名第48巻5号02・10
ブックラック編集委員会選定委員第49巻6号03・12
創作時評家出する夏鳥野美知子第59巻6号13・12
創作時評直球。そして、球のいろいろ……西山利佳第60巻6号14・12

・小野ルミ
詩集・詩誌評われらの詩は未来に何を課題とするか重清良吉第36巻12号90・12
今、子どもにとどく言葉とは宍倉さとし第55巻6号09・12

・小納弘
作品批評 もっと意欲的な「なにか」を 笠原良郎 第7巻9号 61・12
短編時評 「実験的作品」を 笠原良郎 第13巻3号67・3
「日本児童文学」新年号を読んで 萩原一学 第13巻3号67・3
座談会 1970年の創作児童文学 大石真他3 第16巻12号70・12
※目下構想中 山道へ踏みこむように 小納弘 第19巻11号1973・9
創作時評 幼年童話と危機の
どうということのない関係について 奥田継夫 第26巻14号80・11
創作月評 すぐれた児童文学とは…… 浜野卓也 第29巻3号83・3
創作月評 生存確認のために読みました 加藤多一 第33巻9号87・9
創作月評最近の文体とシンデレラコンプレックス柴村紀代第36巻6号90・6
翻訳時評媚びずにかけただろうか荒木せいお第37巻12号91・12
ブックラック 無記名 第43巻3号97・6

・尾上尚子
詩・童謡評 言葉の平明さの持つ固有さ 吉田定一 第31巻3号85・3
混沌・不毛との訣別は ふくしまやす 第31巻7号85・7
新人賞選考評 充実の三点受賞 木暮正夫 第31巻7号85・7
新人賞選考評 新人賞の詩から 藤田圭雄 第31巻7号85・7
/どうしてあんなに好きだったのだろう/はたちよしこ第47巻3号01・6
三越左千夫賞受賞のことば戦争を知ってもらいたくて尾上尚子第47巻4号01・8
三越左千夫賞少年詩賞選考経過報告上笙一郎第47巻4号01・8
高木あきこ-わたしのぽえむノ−ト(3)高木あきこ第50巻3号04・6
大阪国際児童文学館の消滅長谷川潮第56巻3号10・6
詩の力・うたの力を山中利子第59巻3号13・6

・尾上新兵衛(久留島武彦)
再検討・戦争児童読物浜野卓也第38巻3号92・3
明治期の少年小説と日本主義二上洋一第38巻3号92・3

・小野木学
日本の絵本100選 キリンの詩 小河内芳子 第23巻8号別77・7
座談会 絵で語る・ことばで語る 安藤美紀夫他2 第25巻12号79・10
改訂日本の絵本100選
おんどりと二まいのきんか 増村王子 第27巻10号別81・9

・小野田寛郎
大日本雄弁会の復活 加太こうじ 第20巻13号74・12

・小野寺悦子
創作月評メスから大鉈まで山脇あさ子第36巻8号90・8
詩集・詩誌評今、少年詩は 藤井逸郎 第41巻4号95・4
新たな変容の必要 菊永謙 第41巻7号95・7

・Oba
自分にできることをする千代原真智子第58巻3号12・6

・小畑健
<まんが時評>操りキャラの流行竹内オサム第49巻5号03・10
多メディア時代におけるキャラクター表現にみる物語体験−児童文庫を事例として−目黒強第56巻4号10・8

・オバマ大統領
翻訳ってなんだ?さくまゆみこ第57巻5号11・10

・小浜逸郎
枠組はゆさぶられたか 佐藤宗子 第34巻7号88・7
創作時評まとまりということ 石井直人 第44巻1号98・2
『十四歳漂流』人はどこで大人になるか加藤純子第47巻2号01・4

・小浜ユリ
創作時評短編連作、二つ奥山恵第56巻3号10・6
第43回日本児童文学者協会新人賞選考経過報告川北亮司第56巻4号10・8
第43回日本児童文学者協会新人賞選考評奥山恵第56巻4号10・8
第43回日本児童文学者協会新人賞選考評川北亮司第56巻4号10・8

・小花美穂
不透明なコミュニケーション、透明なディスコミュニケーション目黒強第46巻1号00・1

・オハラ
書評 翻訳探偵小説と冒険小説 牧野博之 第4巻5号 58・6

・おばらいちこ
今を生きる子どもたちに向けた詩を、歌を海沼松世第60巻3号14・6

・小原信
評論・研究評 本田和子賛江 宮川健郎 第33巻6号87・6
枠組はゆさぶられたか 佐藤宗子 第34巻7号88・7

・小原武
失望を抱きしめて西山利佳第60巻3号14・6

・オフチニンコフ(フセヴォロト)
アイオイ橋の人影 桜井信夫 第21巻3号75・2

・オブライエン(ロバート・C)
ミニ作品論 向こうがわに住むべき人間 はたたかし 第21巻3号75・2

・オブライエン(ティム)
作品の中の「戦争」奥山恵第38巻3号92・3

・おぼまこと
アンケート 私のすすめる三冊 戦争児童文学 藤田のぼる他20氏 第31巻8号85・8
守備範囲 千代原真智子 第41巻9号95・9
風はどこから吹くか(3) 柴村紀代 第42巻10号96・10
創作時評かいま見ること、立ち会うこと、踏み込むこと、相川美恵子第50巻3号04・6

・臣永正広
一九九〇年を振り返って真鍋タヨ子第37巻7号91・7

・オムフンソブ( 厳興變)
『コリア児童文学選』の刊行によせてきどのりこ第37巻4号91・4

・オメル(デボラ)
翻訳時評イメージの森になにが残るか島式子第37巻8号91・8
ことばの魔力にとりつかれて母袋夏生第47巻6号01・12
翻訳時評戦争を思う夏神戸万知第51巻6号05・12

・オラム(ハィアウィン)
日本の行事・クリスマス 長谷川幸男 第42巻3号96・3

・オランデール=ラフォン(マグダ)
朽木祥の『八月の光』が照らし出すもの繁内理恵第60巻2号14・4

・おりきょうこ
改訂日本の絵本100選 ねこふんじゃった 藤田のぼる 第27巻10号別81・9

・織井青吾
批評 対象と作者と子どもと 真鍋和子 第27巻9号81・9

・織江りょう
新しい幼年詩出現の兆し畑島喜久生第53巻3号07・6
ー子どもたちに とどけたいーうたうよろこび うたうかなしみ間中ケイ子第56巻3号10・6

・織田まゆみ
時代に同伴する批評目黒強第58巻3号12・6
新人賞選考経過報告中尾明第58巻4号12・8
新人賞選考評尾上尚子第58巻4号12・8


・折原一
創作時評今、何を伝えるのか野澤朋子第53巻5号07・10

・織茂恭子
目につく自然≠考えさせるメッセージ 千代原真智子 第43巻3号97・6

・オリンスティーン(キャサリン)
ファンタジーブームの中で-問い直される<児童文学>遠藤純第50巻3号04・6

・折山淑美
事実から真実へ山脇あさ子第56巻3号10・6

・オルー(ウェンディー)
翻訳時評愛すべきヒーローダークヒーローたち内藤貴子第54巻2号08・4

・オルガッド(ドリット)
ブックラック選定委員会第52巻2号06・4
いるのに見えない子どもたち-鈴木出版の海外児童文学シリーズ大桃野絵第52巻6号06・12
さまざまな多様性妖精からアフリカまで神戸万知第53巻3号07・6

・オルゲル
海外児童文学事情
ねえ、お願い 昔の話をきかせてよ! 若林ひとみ 第27巻12号81・11

・オルコット (ルイザ・メイ)
リトル・ウイメン(名作研究(2)) 鳥越信 第3巻第11号57・12
世界児童文学100選 若草物語 中川正文 第25巻15号79・12
『赤毛のアン』とアメリカ児童文学 原昌 第26巻2号80・2
談話室 娘の不安 岡上鈴江 第26巻9号80・7
翻訳時評 徹底したリアリズムは
子どもにとって救いとなるか 谷本誠剛 第31巻9号85・9
講演 児童文学の今を考える 安藤美紀夫 第32巻7号86・7
児童文学にみる《家族》《家庭》の変遷西田良子第39巻11号93・11
巻末評論おとぎ話的、少女読み物解釈横川寿美子第45巻2号99・4
映画の中の児童文学砂田弘第46巻1号00・1
児童文学館の翻訳作品土居安子第55巻4号09・8
音楽を描く児童文学、その諸相井上征剛第57巻6号11・12
翻訳ってなんだ?さくまゆみこ第57巻5号11・10

・オルセン(イブ・スパング)
改訂世界の絵本100選
はしれちいさいきかんしゃ 西本鶏介 第27巻13号81・11
北欧の幼年童話 木村由利子 第28巻4号82・4
空想と絵本−デンマークの絵本を中心にして 山野辺五十鈴 第28巻4号82・4
翻訳時評 一層の翻訳出版を待つ 谷本誠剛 第31巻4号85・4

・オルファース(ジビュレ・フォン)
「絵本」を語ることの危うさを感じた二〇〇三年三宅興子第50巻3号04・6

・オルモード(J)
翻訳絵本の現況と課題佐々木宏子第34巻6号88・6

・オルレブ(ウーリー)
ブックラック無記名第46巻6号00・12
創作時評精神の粘りなど西山利佳第47巻1号01・1
ブックラック編集委員会選定委員第49巻6号03・12
創作時評「誇り」と「優しさ」の間相川美恵子第50巻1号04・2
あちこちから吹いてくる風佐々木江利子第50巻3号04・6
翻訳時評プラチェットのディスク・ワールドものがたりがおもしろいのは、どんな読者なのだろうか三宅興子第56巻6号10・12
翻訳浅利利之第57巻3号11・6

・オンガーマン
創作時評絵と文の“うれしい・関係について・絵本 奥田継夫 第26巻12号80・9

・恩田逸夫
恩田さんの思い出(追悼) 須田浅一郎 第25巻14号79・12
恩田逸夫兄を偲ぶ(追悼) 小沢俊郎 第25巻14号79・12

・恩田睦
学校は今、異界への残された接点時海結衣第51巻5号05・10
子ども像のベクトル、または作者の時間と読者の時間について藤田のぼる第52巻5号06・10

【事項】

・大分県立先哲資料館
ファンタジーブームの中で-問い直される<児童文学>遠藤純第50巻3号04・6

・大阪国際児童文学館
創作時評 またまた地図にこだわります きどのりこ 第31巻8号85・8
創作月評 言葉からの批評(二) 奥田継夫 第32巻8号86・8
アジアに目を向けて 長谷川潮 第40巻7号94・7
児童文学論の<現在>をもとめて 佐藤宗子 第40巻7号94・7
児童文学館のマンガ資料竹内オサム第55巻3号09・6
児童文学館の翻訳作品土居安子第55巻4号09・8
児童文学館の絵本資料永田桂子第55巻5号09・10
資料の発掘と収集、その価値づけこそ大阪国際児童文学館のすごい機能・役割遠藤純第55巻6号09・12
大阪国際児童文学館の消滅長谷川潮第56巻3号10・6
一つの「終焉」その跡に佐藤宗子第59巻3号13・6
追悼・鳥越信大阪国際児童文学館の存続を求める裁判を中心に玉置友子第59巻4号13・8
現代児童文学史ノートその六児童文学の八〇年代の終わりと始まり藤田のぼる第59巻6号13・12

・大阪新児童文学会
年刊『児童文学評論』の現在田中正彦第34巻3号88・3

・大阪童話教育研究会
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートC中川正文第52巻4号06・8

・岡山児童文学会
まっぼっくり二十年立石巌第34巻3号88・3

・鬼ゲ島通信
児童文学雑誌の現状と課題野上暁第54巻3号08・6

・「おはなしの森」の会
ブックラック無記名第58巻4号12・8
・オリニ翻訳会
創作時評<児童文学>の枠組みをどう考えるか砂田弘第47巻4号01・8
ブックラック選定委員会第51巻4号05・8

・織音の会
織音の会の歩む道小関秀夫第34巻3号88・3
新しい幼年詩出現の兆し畑島喜久生第53巻3号07・6