[ひ]⇒14年【60巻】

・ビアケラン(T)
北欧の幼年童話木村由利子第28巻4号82・4

・ピアス(フィリッパ)
イギリスの児童文学戦後イギリス児童文学におけるファンタジ猪熊葉子第14巻8号68・8
座談会現代のファンタジーの問題点鳥越信他2第19巻3号73・2
『トムは真夜中の庭で』をめぐって吉田新一第19巻3号73・2
英米における思春期の児童文学清水真砂子第19巻12号73・10
「喪失」のプロセスとしての時間天野悦子第21巻6号75・4
紹介ひそやかに流れる生命の川清水真砂子第21巻6号75・4
トムは「時間」のまがり角でいぬいとみこ第21巻6号75・4
対談・外国児童文学の影響とそれからの自立安藤美紀夫 上野瞭第21巻11号75・8
リアリズム文学における人物創造原昌第22巻12号76・10
マザー・グースのひろがり吉田新一第22巻14号76・11
空想物語におけることば本田和子第25巻7号79・6
世界児童文学100選トムは真夜中の庭で松田司郎第25巻15号79・12
翻訳時評時の侵略牧野文子第27巻14号81・12
『思い出のマーニー』を中心に-第四回作品研究会-小嶋雄二第27巻14号81・12
批評子どもの心と児童文学谷本誠剛第28巻8号82・8
’70年代のイギリス児童文学三宅興子第28巻11号82・11
啓示的な世界像を描くことと物語の楽しみにひたること石澤小枝子第29巻7号83・6
『翻訳』この一年の動向三宅興子第30巻5号84・5
翻訳時評異色の三作品塚原亮一第30巻11号84・11
英語圏における中級向き児童文学の現状と課題定松正第30巻11号84・11
翻訳時評一層の翻訳出版を待つ谷本誠剛第31巻4号85・4
新しい翻訳児童出版の波三宅興子第31巻7号85・7
翻訳時評徹底したリアリズムは子どもにとって救いとなるか谷本誠剛第31巻9号85・9
エッセイ作者自らの世界が作品に反映定松正第32巻2号86・2
エッセイ楽しい読みものという意味で高杉一郎第32巻2号86・2
いま、ファタジーはきどのりこ第32巻11号86・11
現代イギリスの児童文学−概観 神宮輝夫 第36巻4号90・4
フイリッパ・ピアスの世界 冷静なリアリストの目を持つ作家 猪熊葉子 第36巻4号90・4
低学年向け作品をめぐって 黒沢克郎 第36巻7号90・7
一九八九年に出版された翻訳児童文学 三宅興子 第36巻7号90・7
幽霊のいる場所 奥田継夫 第37巻8号91・8
ミヒャエル・エンデは好きですか? 泉千穂子 第37巻12号91・12
翻訳時評 子どもの視線大人の思い 横川寿美子 第38巻10号92・10
ルサンチマン≠フ書ける作家 柴村紀代 第39巻5号93・5
児童文学の「場所」としての家族中村哲也第46巻4号00・8
対談児童文学の二〇世紀神宮輝夫・砂田弘第46巻6号00・12
なにか大きなもの≠フ中で上橋菜穂子第49巻6号03・12
対談「仮説」の語り方石井直人宮川健郎第50巻6号04・12
翻訳時評戦争を思う夏神戸万知第51巻6号05・12
翻訳作品をふりかえるきどのりこ第52巻3号06・6
犬は棒には当たらないけれどー児童文学作品の中の犬ー赤座憲久第53巻2号07・4
演劇心の中の時間をたよりに高橋久男第55巻1号09・2

・ピアス(メレディス・アン)
翻訳作品をふりかえるきどのりこ第52巻3号06・6

・ビアスン(リドリー)
翻訳時評ていねいに描くていねいに伝える竹内より子第53巻5号07・10

・ビアソン(キット)
ブックラック無記名第47巻1号01・1

・ピアッチ(C)
現代絵本の可能性森久保仙太郎第23巻13号別77・10
食うことと絵本森久保仙太郎第24巻11号78・10

・ビアンキ(ヴィタリイ・B)
ビアンキの人と作品田中かな子第15巻2号69・2
日本の絵本100選きつねとねずみ矢野有第23巻8号別77・7
絵本時評個性的な佳作が顔を揃える竹迫祐子第52巻5号06・10

・ビアンコ(マージェリィ・W)
翻訳時評ていねいに描くていねいに伝える竹内より子第53巻5号07・10
翻訳時評What is REAL?-吐いてても見据えたい〈ほんとうの姿〉内藤貴子第54巻1号08・2
心の泉まで導いてくれる絵本篠宮裕子第54巻3号08・6

・ピーク (マービン)
イギリスの絵本フランク・エア第7巻9号61・12

・ビーク(レスリー)
「童話に見る平和の風景」という欄佐々木赫子第50巻5号04・10

・ビーゲル(P)
翻訳時評冬眠から覚めて、本物の春の世界へ島式子第26巻9号80・7

・ピーズ (ハワード)
児童文学の批評基準解説原昌第12巻11号66・11

・ビースナー(デービット)
絵本時評ひらくたのしみみつめるよろこび 山花郁子 第39巻1号93・1

・ピーターソン(ジーン・W)
障害児絵本をめぐって佐藤凉子第31巻2号85・2

・ビート
批評絵本山花郁子第28巻2号82・2

・ピート(ビル)
世界の絵本100選小羊のぼうけん間所ひさこ第23巻10号別77・8
改訂世界の絵本100選小羊のぼうけん間所ひさこ第27巻13号81・11
批評絵本心豊かなものを増村王子第27巻14号81・12
批評絵本次作が楽しみな本山花郁子第28巻6号82・6

・B・B
『翻訳』この一年の動向三宅興子第30巻5号84・5
翻訳時評作品の国籍鈴木千歳第34巻3号88・3
翻訳時評 いまなお歴史の暗い影を引きずって… 神崎巌 35巻5号89・5
現代イギリスの児童文学−概観 神宮輝夫 第36巻4号90・4

・ビーヘル(パウル)
翻訳時評季節をたのしみ、本をたのしむ島式子第26巻13号80・10

・ビーン(ジョナサン)
翻訳時評双方向の流れの中で物語は生きる高田桂子第55巻4号09・8

・ピウォワロワ(イリーナ)
あたらしい海外の作品詩三編北村順治第12巻6号66・6

・ピウミーニ(ロベルト)
ブックラック無記名第47巻5号01・10
翻訳時評チョコレート工場から始まって川端有子第52巻1号06・2 

・比江島重孝
第85回選択図書図書選択委員会第6巻7号60・10
戦後児童文学への一考察神宮輝夫第19巻10号臨73・8
戦後児童文学への一考察神宮輝夫第21巻9号別75・6
創作時評宝となる作品をはまみつを第25巻11号79・9
あの本この本比江島重孝ふるさと民話考望月正子第28巻11号82・11

・稗島千江
仮説・わたしが子どもだったころ奥田継夫第19巻1号73・1

・稗田菫平
あの本この本稗田菫平稗田菫平全集吉田定一第27巻9号81・9
あの本この本稗田菫平稗田菫平全集全八巻鶴見正夫第29巻1号83・1

・ひえだみほこ
北川千代賞選考評私の推した作品鶴見正夫第24巻7号78・7

・比嘉富子
80年代のノンフィクションをふりかえって 〈小林利久〉 第35巻12号89・12
児童文学はどこへ行くのか 西本鶏介 第36巻7号90・7
「壁」とアパルトヘイト 長谷川潮 第36巻7号90・7
ガジュマルの木の下で魂たちに会うきどのりこ第58巻1号12・2

・東昭
創作時評いろいろ本は有るけれど大野允子第31巻12号85・12

ひがしおあやこ
心をこめた詩集を山中利子第52巻3号06・6

・東川豊子
アンケト私のすすめる三冊戦争児童文学藤田のぼる他20氏第31巻8号85・8

・東君平
日本の絵本100選ねらってるねらってる西本鶏介第23巻8号別77・7
『のぼるはがんばる』ののぼるのこと東君平第29巻5号別83・4
創作月評人間の追求岩崎京子第29巻11号83・10
絵本時評共感を呼ぶ『あしたもびょうきになりたいな』 矢野有第30巻3号84・3
創作月評面白い連作集「おかあさんの耳、日曜」かつおきんや第30巻8号84・8
創作月評バラエティーにとんだ作品との出会いはたのしい長谷川幸男第33巻5号87・4

・東くめ
幼稚園唱歌のあけぼの−東甚吉・くめ夫妻−上笙一郎・山崎朋子第10巻12号64・12
童謡作法入門過去の名作を恐れないこと藤田圭雄第12巻3号66・3
童謡作法入門日本語の特徴を究めよう藤田圭雄第12巻4号66・4

・東風人(樺島勝一)樺島勝一の項参照

・東光敬
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートA中川正文第52巻2号06・4

・東甚吉
幼稚園唱歌のあけぼの−東甚吉・くめ夫妻−上笙一郎・山崎朋子第10巻12号64・12

・東多江子
新人賞選考評西山利佳第52巻4号06・8
創作時評とりつき易さを入り口にー最近の小学生向け読み物からー原田留美第52巻4号06・8
第五十一回日本児童文学者協会賞選考経過報告長谷川潮第57巻4号11・8
第五十一回日本児童文学者協会賞選考評佐々木赫子第57巻4号11・8
第五十一回日本児童文学者協会賞選考評皿海達哉第57巻4号11・8
ブックラック無記名第57巻5号11・10

・ひがしちから
二〇〇八年に出た絵本土屋智子第55巻3号09・6
絵本この1年話題満載石井光恵第56巻3号10・6

・東峰夫
ガジュマルの木の下で魂たちに会うきどのりこ第58巻1号12・2

・東野圭吾
「十四歳」イメージの困難佐藤宗子第47巻2号01・4
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10

・東野司
創作時評補足・安定と破天荒河野孝之第59巻6号13・12
創作時評 ガツン≠ヘ未だ発酵過程か濱野京子第60巻4号14・8

・東山魁夷
センダック去るされど絵本はつづく石井光恵第59巻3号13・6

・ヒギョン(キム)
センダック去るされど絵本はつづく石井光恵第59巻3号13・6

・ヒギンス(ジャック)
翻訳時評逃亡、遍歴、そして自由へ高田桂子第55巻1号09・2

・ヒギンズ(ジェイムズ・E)
「子どものため」か「自分のため」か神宮輝夫第28巻11号82・11

・ビクスビー(ジェローム)
翻訳時評普遍的なものと歴史的なもの、または、変わる社会と変わらない楽しみ芹沢清美第45巻2号99・4

・樋口一葉
座談会現代児童文学におけるリアリズムの問題点佐藤勝他4第19巻7号73・6
思春期の文学奥田継夫第31巻3号86・5
「タブーの崩壊」後の児童文学 砂田弘 第37巻11号91・11
美登利」の孤独と少女像 本田和子 第38巻5号92・5

・樋口かおり
創作時評浮遊するファンタジー柴村紀代第57巻3号11・6

・樋口勘次郎
日本におけるグリム紹介の歴史続橋達雄第31巻10号85・10

・樋口健二
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10

・ヒクメット(ナジム)
世界の新しい作品三人の若者の話解説北村順治第12巻9号66・9
創作時評春のたよりは聞こえても・・・・吉田定一第26巻15号80・12

・ひこ・田中
気になっているいること・いくつか 藤田のぼる 第37巻7号91・7
「タブーの崩壊」後の児童文学 砂田弘 第37巻11号91・11
見えないタブー「委棄された子ども」という視座 柴村紀代 第37巻11号91・11
おかあさんは家にいるもの? 遠山明子 第38巻5号92・5
創作月評どこまでが子どもの領分か 生源寺美子 第38巻6号92・6
さしあたって、これだけは 野上暁 第39巻3号93・3
舌が、また、肥えた 西山利佳 第39巻7号93・7
新人賞経過報告 新冬二 第39巻7号93・7
新人賞選考評 新冬二 第39巻7号93・7
児童文学にみる《家族》《家庭》の変遷 西田良子 第39巻11号93・11
児童文学は「近代家族」をどう描いたか 柴村紀代 第39巻11号93・11
ひこ・田中『カレンダー』の方法 甲木善久 第39巻11号93・11
家族 細谷朋子 第39巻11号93・11
テレビゲーム世代における物語体験の変容目黒強第52巻5号06・10
あらたな「物語」の誕生を川上蓉子第55巻3号09・6
幼年・低学年向け創作時評佐々木由美子第56巻6号10・12
ブックラック無記名第57巻2号11・4
出版不況下の子どもの文学野上暁第57巻3号11・6
子どもの奥深さを再発見佐々木由美子第57巻3号11・6
時代に同伴する批評目黒強第58巻3号12・6
協会賞選考経過報告菊永謙第58巻4号12・8
<自分>を見つめ、他者を見つめる文学、子どもの思いをすくいあげる作品原田留美第59巻2号13・4
現代児童文学史ノートその五児童文学の八〇年代藤田のぼる第59巻5号13・10
異装というベクトル-魚住直子論澤出真紀子第60巻2号14・4
創作時評直球。そして、球のいろいろ……西山利佳第60巻6号14・12

・彦一彦
協会新人賞選考経過報告 きどのりこ 第36巻7号90・7
協会新人賞選考評 感想 石井直人 第36巻7号90・7
協会新人賞選考評 砂田弘 第36巻7号90・7

・ヒサクニヒコ
創作月評作り物語」の世界に遊ぶ 本木洋子 第38巻2号92・2
情報化社会の子どもと戦争 野上暁 第38巻3号92・3
創作月評くり返して読める作品の登場を本木洋子第32巻2号86・2

・ビナード(アーサー)
「絵本」を改めて考えさせられたこの1年、作品群岩本和博第60巻3号14・6

・久野陽子
あの本この本鈴鹿の関の昔ばなし 小倉肇 第37巻2号91・2

・久場勝未
沖縄児童文学概論齋木喜美子第58巻1号12・2

・久本直子
楽しさを出発点にして内籐知美第59巻3号13・6

・ひしいのりこ
『おばけのゆらとねこのにゃあ』の魅力について坂本伊都子第33巻5号87・4

・土方正志
月番時評人間が人間を発見する、そういう伝記の共有 長谷川潮 第39巻9号93・9

・菱沼太郎
粉川光一『新しい学校劇』(書評)安田浩第10号54・4

・ビショップ(C・H)
座談会『児童文学とは何か』上笙一郎他5第16巻9号臨70・9
名作の評価について新村徹第16巻9号臨70・9
名作の評価について-いわゆる『名作』に対する疑問-新村徹第16巻9号臨70・9
ふたたび『シナの五にんきょうだい』について新村徹第17巻13号臨71・12
絵本における思想性清水達也第18巻4号72・5
ふたたび『シナの五にんきょうだい』について新村徹第20巻9号臨74・8
名作の評価について新村徹第21巻2号別75・1
座談会『児童文学とは何か』上笙一郎他5第21巻2号臨75・1
戦争児童文学の深化にかかった年月の長さの意味するもの三宅興子第29巻9号83・8

・ピション(フレデリック)
翻訳児童文学この一年第51巻3号05・6

・ビセット(ドナルド)
翻訳時評鳴き声と遊んだり機械のこわさを考えさせられたり三宅興子第25巻9号79・8
エッセイ?そして!神沢利子第29巻11号83・10

・ひだきょうこ
ブックラック選定委員第52巻5号06・10

・肥田美代子
期待できそうな新鋭たち西本鶏介第27巻2号81・2
幼年・中級向きの作品の検討佐藤真佐美他2第27巻4号81・4
創作月評つぎつぎと創作はでて来栖良夫第30巻5号84・5
創作時評またまた地図にこだわりますきどのりこ第31巻8号85・8
創作月評越境者たちについて、そのほか宮川健郎第32巻5号86・5
エッセイてがみ肥田美代子第32巻8号86・8
読まれる読まれる月火水木金土市川栄一第33巻5号87・4
創作月評バラエティーにとんだ作品との出会いはたのしい長谷川幸男第33巻5号87・4
創作月評人間讃歌長谷川幸男第33巻6号87・6
創作月評相対評価でも絶対評価でもなく 山花郁子 第37巻8号91・8
絵本時評求められる真摯な絵本作り竹迫祐子第52巻2号06・4
ブックラック無記名第56巻5号10・10

・日台愛子
七三年前半期の作品群浜野卓也第20巻4号74・4

・日高柿軒
翻訳ってなんだ?さくまゆみこ第57巻5号11・10

・ヒッセイ
絵本時評絵本は子どもにも大人にも開かれた世界 長野ヒデ子 第37巻5号91・5

・ピッチフォード(W)
翻訳時評最近作にみる動物たち石澤小枝子第23巻15号77・12

・ピッツォルノ(B)
ブックラック無記名第46巻5号00・10

・人見敬子
多様なスタイルの並走畑中圭一第54巻3号08・6

・人見東明
日本童謡史の試み18『金の船』『金の星』の童謡Y藤田圭雄第15巻1号69・1

・日友靖子
詩集・詩誌評詩をこどもたちの中へ 土田明子 第34巻6号88・6

・ビナード(アーサー)
際立つ絵本のテーマ―竹迫祐子第53巻3号07・6
ブックラック無記名第57巻1号11・2
対談 われらみな「風下っ子」アーサー・ビナード中澤晶子第58巻5号12・10
絵本時評絵本の力を考える竹迫祐子第58巻6号12・12
センダック去るされど絵本はつづく石井光恵第59巻3号13・6

・日向康
歴史小説としての伝記 奥山恵 第38巻10号92・10

・日向俊子
停滞する児童文学批評進む基礎資料の整備藤本芳則第52巻3号06・6

・日向理恵子
新人登場雨の問いかけ日向理恵子第55巻3号09・6
創作時評「モノ」を通して出会う「哀しみ」林美千代第56巻4号10・8

・ビナッシア(シモネッタ)
私が見た最近のラテン・アメリカ絵本安藤美紀夫第27巻7号81・7

・日野啓三
埋立地からの眺め 新冬二 第39巻2号93・2
鼎談少年詩に、新しい〈マグマ〉の胎動を! 菊永譲他2 第38巻2号92・2

・日野生三
詩集・詩誌評子どもの詩・大人の詩土田明子第33巻3号87・3
新たな詩脈の形成期菊永謙第33巻6号87・6
新人賞選考評土田明子第33巻6号87・6
エッセイ 同人誌のたつ小道 日野生三 第36巻5号90・5
いくつかの試み菊永謙第45巻3号99・6

・日野多香子
児童文学時評幼年童話の新しい芽関英雄第17巻5号71・5
創作月評伝記文学の大きな収穫塚原亮一他3第22巻10号76・8
第10回新人賞選考経過報告木暮正夫第23巻7号77・7
新人賞選考評選考所感関英雄第23巻7号77・7
※自作を語る日野多香子第26巻2号80・2
鼎談書評女流の描く世界(その1)上笙一郎他2第27巻12号81・11
創作月評くり返して読める作品の登場を本木洋子第32巻2号86・2
創作月評 いや、それは違う 山末やすえ 第36巻9号90・9
体験伝承のたいせつさ 真鍋和子 第38巻7号92・7
ノンフィクション文学に見る犬たちの今日野多香子第53巻2号07・4
ブックラック無記名第57巻2号11・4
創作時評ベテランの味、地方の味関谷ただし第59巻1号13・2

・日野十成
二〇〇八年に出た絵本土屋智子第55巻3号09・6

・ひのまどか
批評伝記ふたりのチャイコフスキー神戸淳吉第27巻12号81・11
一九九〇年を振り返って 真鍋タヨ子 第37巻7号91・7
グローバルな時代を映す多様なテーマ第49巻3号03・6
エッセイ前半生はヴァイオリンニスト、後半生は音楽作家ひのまどか第57巻6号11・12

・旭爪(ひのつめ)あかね
子ども読者にとっての作品世界とは広瀬恒子第52巻5号06・10

・檜きみこ
詩集・詩誌評少年詩の新しい波 菊永謙 第38巻11号92・11
インタービュー 日常のなかに詩の破片が 吉田定一さん聞き手はたちよしこ第49巻4号03・8
アンケート「私の初きゅん詩」第55巻6号09・12
ブックラック無記名第59巻4号13・8
今を生きる子どもたちに向けた詩を、歌を海沼松世第60巻3号14・6
第47回日本児童文学者協会新人賞 選考評高橋秀雄第60巻4号14・8
第47回日本児童文学者協会新人賞 選考評間中ケイ子第60巻4号14・8
第18回三越佐千夫少年詩賞 受賞の言葉檜きみこ第60巻4号14・8
第18回三越佐千夫少年詩賞 選考経過報告尾上尚子第60巻4号14・8

・ひのくまなおみ
みた・よんだ・きいた奇跡ひのくまなおみ第54巻2号08・4

・日比茂樹
文学性指向への模索鵜生美子第25巻5号79 5
創作時評文字を持つことと文字を持たないことの正しい関係について奥田継夫第27巻3号81・3
協会賞選考評選考を終えて岩崎京子第30巻7号84・7
協会賞選考評物語のエネルギー前川康男第30巻7号84・7
子どもをどうとらえるか西本鶏介第31巻7号85・7
創作月評鳥、魚、動物、そして人間 佐々木赫子 第37巻1号91・1
一九九〇年、子どもの本の気分 佐々木赫子 第37巻7号91・7
協会賞選考経過報告 佐藤宗子 第37巻7号91・7
協会賞選考評 岩崎京子 第37巻7号91・7
協会賞選考評 佐藤宗子 第37巻7号91・7
協会賞選考評 長谷川潮 第37巻7号91・7
協会賞選考評 古田足日 第37巻7号91・7
子どもたちは都市の暗がりの中で犯罪に憧れている 細谷建治 第39巻2号93・2
「都市」からみた児童文学 佐藤宗子 第39巻2号93・2
三枚の写真 日比茂樹 第39巻2号93・2
うた時計の入手経路をめぐって 皿海達哉 第39巻3号93・3
座談会東京学芸大学研究部「あかべこ」OB・OG部室で語る熱き日々高木あきこ他第57巻4号11・8

・日比生典成
創作時評スポーツからホラーまで、多様なエンタテインメントの物語群榎本秋第58巻3号12・6

・ビヒル(コンタンシオ・C)
私が見た最近のラテン・アメリカ絵本安藤美紀夫第27巻7号81・7

・氷室冴子
新しい評価を求めて少女小説の系譜をたどる 上地ちづ子 第34巻9号88・9

・姫田忠義
荒地は耕されつつある木暮正夫第24巻4号78・4

・ヒメネス (ファン・ラモン)
世界児童文学100選プラテーロとわたし安藤美紀夫第25巻15号79・12

・ヒメネス(フランシスコ)
創作時評「ファンタジーも、リアリズムも、多彩な作品世界を堪能しよう!」平野厚第50巻6号04・12
ブックラック選定委員第50巻2号04・4

・ヒャンラン(チェ)
絵本時評批評の主軸を探してーその2−村中李衣第57巻4号11・8

・ヒュイゲン(ヴィル)
翻訳時評北国におもいをはせオハイオの作家に心をよせる島式子第26巻5号80・4

・ヒュー(シャーレ)
’70年代のイギリス児童文学三宅興子第28巻11号82・11

・ビューイック(トーマス)
評論研究時評B・ヒュリマン『七つの屋根の下で』ほか石沢小枝子第30巻4号84・4

・ヒューウィンズ
子供のためのブックリスト、ふたつ(再録)石井桃子第26巻4号別80・3

・ヒューズ(シャリー)
評論連載絵本論を探してー女の子はおつかいに行く(第六 回)灰島かり第60巻6号14・12

・ヒューズ(テッド)
翻訳時評ポリとオオカミの関係をジョイと池ほどに深めることは無理なのだろうか三宅興子第25巻8号79・7
翻訳時評ナンセンスの機械でユカイになりダイダロスの機械はゴカイをよび三宅興子第25巻12号79・10
翻訳時評大人の文学との接点牧野文子第27巻8号81・8

・ヒューズ(ラングストン)
絵本時評絵本の力を考える第58巻2号12・4
自分にできることをする千代原真智子第58巻3号12・6

・ヒューストン(ジェイムズ)
私の読んだ本国ぐにの話大野允子第24巻5号78・5

・ヒューリマン(ベッティーナ)
あの本この本B・ヒュリマン 宇沢浩子訳七つの屋根の下で小西正保第28巻4号82・4
評論研究時評B・ヒュリマン『七つの屋根の下で』ほか石沢小枝子第30巻4号84・4
ドイツ語圏における日本児童文学の受容ー過去と現在ガンツェンミュラー文子第53巻6号07・12

・ヒョクト(クォン)
「絵本」を語ることの危うさを感じた二〇〇三年三宅興子第50巻3号04・6

・ビヨルク(クリスティーナ)
翻訳時評Jump off the Page━書物の枠を跳び超えて内藤貴子第54巻4号08・8

・ビョルクリット(ハアコン)
食うことと絵本森久保仙太郎第24巻11号78・10
改訂世界の絵本100選はらぺこガズラー森久保仙太郎第27巻13号81・11

・ビョルンセン(ビョルンスチェルネ)
メルヘンの旅ものがたり第11回小出正吾第28巻6号82・6

・ピヨン・キジャ(卞記子)
絵本時評求められる真摯な絵本作り竹迫祐子第52巻2号06・4
在日作家が描いた児童文学の六五年李慶子(リキョンジャ)第56巻5号10・10
・ヒョンジュ(ペ)
心の泉まで導いてくれる絵本篠宮裕子第54巻3号08・6

・ビョンホ(ハン)
創作時評「誇り」と「優しさ」の間相川美恵子第50巻1号04・2

・平井和正
放射能と想像力芹沢清美第58巻5号12・10

・平井美帆
読者に届く工夫をきどのこ第55巻3号09・6

・平泉澄
天皇制教育下の児童文学・児童図書 勝尾金弥 35巻8号89・8

・平井芳夫
対談創作合評山内秋生 山本藤枝第3巻10号57・11

・平岡あみ
<詩集・童謡時評>新しい発見がなければ「詩(ポエム)」にならない畑島喜久生第49巻2号03・4
ブックラック無記名第58巻2号12・4

・平岡純子
<詩集・童謡時評>新しい発見がなければ「詩(ポエム)」にならない畑島喜久生第49巻2号03・4

・平方浩介
創作時評宝となる作品をはまみつを第25巻11号79・9
真の理解のために赤座憲久第27巻7号81・7
創作月評面白い連作集「おかあさんの耳、日曜」かつおきんや第30巻8号84・8
創作月評軽くて重いもの重くて軽いもの 中野みち子 第37巻6号91・6

・平方久直
本誌十月号作品合評感想長谷健第2巻10号56・11
本誌九月号作品合評作品のリアリティ古谷綱武第2巻10号56・11
※かたつむりのつぶやき平方久直第6巻6号60・8

・平木二六
日本童謡史の試み20『金の船』『金の星』の童謡[藤田圭雄第15巻3号69・3

・平坂読
児童文学好きのみなさんのための「ライトノベル」事始榎本秋第60巻4号14・8
『僕は友達が少ない』を読んでみた佐々木赫子第60巻4号14・8

・平沢清人
吉橋通夫ー私の歴史もの創作ノート(2)吉橋通夫第51巻2号05・4

・平沢下戸
ブックラック無記名第58巻1号12・2

・平澤信一
賢治研究の現在 萬田務 第34巻11号88・11

・平澤朋子
ブックラック無記名第58巻4号12・8
ブックラック無記名第58巻4号12・8
創作時評物語のかたち佐藤宗子第60巻1号14・2

・平田家就
評論研究時評B・ヒュリマン『七つの屋根の下で』ほか石沢小枝子第30巻4号84・4

・平田晋作
スティーブンスンと日本の海洋冒険小説かつおきんや第23巻15号77・12
冒険小説の危険性五十嵐康夫第29巻12号83・11
天皇制教育下の児童文学・児童図書 勝尾金弥 第35巻8号89・8
再検討・戦争児童読物 浜野卓也 第38巻3号92・3
創作時評物語の奥行き、いのちの奥行き…相川美恵子第60巻3号14・6

・平田雅子
体験伝承のたいせつさ 真鍋和子 第38巻7号92・7

・平田昌文
いつも絵本のまわりでは……佐藤あけみ第50巻2号04・4

・平田昌広
ブックラック無記名第58巻6号12・12

・平塚武二
平塚武二『太陽よりも月よりも』(書評)第5号47・11
平塚武二(評論)塚原健二郎第8号48・6
あまりにも楽天的な(時評)筒井敬介第8号48・6
平塚武二(作家の横顔)土家由岐雄第4号52・10
歴史文学をさかんにしよう中村新太郎第5号56・1
時評リアリズムとヒューマニズムの尺度から中村新太郎第2巻5号56・5
平塚武二『太陽よりも月よりも』 椋鳩十『山の大将』(書評)岡本良雄第3巻2号57・3
明治・大正・昭和の児童像瀬田貞二第3巻4号57・5
文芸時評「児童文学への疑問」(進藤純孝)をめぐって村松定孝第4巻5号58・6
批評の真意について…平塚武二氏へ…村松定孝第4巻7号58・9
ユーモア文学について−たぬき学校とくま先生−猪野省三第4巻8号58・10
童話月評水藤春夫第5巻4号59・4
平塚武二(作家研究)上野瞭第5巻6号59・6
児童文学時評ことばの限界奈街三郎第5巻9号59・10
片隅の交友録(1)平塚武二坪田譲治第9巻1号63・1
与田準一『クミの絵のてんらん会』平塚武二『ながれぼし』 他(書評)横谷輝第11巻11号65・11
今月の本棚無記名第11巻12号65・12
児童文学における戦後の問題W斜視的壺井栄論上野瞭第12巻5号66・5
短編時評成熟さへの不安那須田稔第12巻9号66・9
研究会報告 文学の多様化と肉声の文学-一九六九年創作児童文学回顧-西本鶏介第16巻2号70・2
平塚武二鈴木晋一第17巻6号71・6
座談会平塚武二の人と文学柴野民三他4第17巻6号71・6
平塚さんに送る言葉飛鳥田一雄第17巻6号71・6
平塚さんに送る言葉小出正吾第17巻6号71・6
平塚さんに送る言葉後藤楢根第17巻6号71・6
平塚さんに送る言葉浜田広介第17巻6号71・6
平塚さんに送る言葉福田清人第17巻6号71・6
平塚さんの思い出平塚さんの思い出いぬいとみこ第17巻6号71・6
平塚さんの思い出会えばなつかしく大久保正太郎第17巻6号71・6
平塚さんの思い出虚実混沌大蔵宏之第17巻6号71・6
平塚さんの思い出おゆるしください神沢利子第17巻6号71・6
平塚さんの思い出安らかにお飲みください神戸淳吉第17巻6号71・6
平塚さんの思い出一匹狼巽聖歌第17巻6号71・6
平塚さんの思い出平塚さんのこと坪田譲治第17巻6号71・6
平塚さんの思い出忘れられぬ辛辣さとあたたかさ永井明第17巻6号71・6
平塚さんの思い出きえたながれぼしアン・ヘリング第17巻6号71・6
平塚さんの思い出ドンキホーテの辞森三郎第17巻6号71・6
平塚武二年譜無記名第17巻6号71・6
「赤い鳥」と「黒い鳥」森三郎第17巻10号71・10
児童文学に於ける無頼派−平塚武二小論−西本鶏介第18巻1号72・1
対談書評<特集>現代の幼年童話前川康男 渋谷清視第18巻5号72・6
笑いの恢復−日本児童文学におけるユーモア−西本鶏介第19巻13号73・11
水泳のはじめ−平塚武二に於けるユーモア−長崎源之介第19巻13号73・11
カメラリポト 作家のふるさと平塚武二と横浜無記名第19巻14号73・12
たとえ通俗といわれても……斎藤晴輝第22巻7号76・6
連載たのしき編集者時代5石川光男第23巻5号77・5
日本の休暇物語<戦後篇>五十嵐康夫第23巻6号77・6
現実とロマン大岡秀明第23巻14号77・11
児童文学の中のロマンチシズム小西正保第23巻14号77・11
対談ファンタジーの周辺佐藤さとる 長崎源之助第24巻3号78・3
日本児童文学短編集20選たまむしのずしの物語小西正保第25巻2号臨79・2
なぜ児童文学を書くのか短編を(再録)平塚武二第25巻10号別79・8
作家に聞く長崎源之助氏私の文章修業時代砂田弘第25巻10号別79・8
談話室花びら忌のこと長崎源之助第26巻5号80・4
児童文学界の動向(再録)鳥越信第26巻7号別80・5
革新と模索の時代解題大岡秀明 長谷川潮第26巻7号別80・5
子どもは異端の群れ(再録)平塚武二第29巻5号別83・4
体験的児童文学史(第2部)関英雄第30巻5号84・5
忘れさられたポリコの住民とともにわだとしお第32巻5号86・5
伝統と革新の峡間関英雄第32巻5号86・5
日本幼年童話小史 関英雄 第35巻6号89・6
児童文学の文章作法 関英雄 別91・4
悪党・オバカチャン 重清良吉 第38巻8号92・8
シリーズ作家が語る『ヒョコタンの山羊』の長崎源之助さん(1)編集部第45巻4号99・8
平塚武二の魅力山根知子第46巻5号00・10
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートB中川正文第52巻3号06・6
〈児童文学・わたしの旅立ち〉ノートD中川正文第52巻5号06・10
『ネバーランド』から夢を語るてらいんく佐相伊佐雄第54巻3号08・6

・平出衛
英語に翻訳された日本の児童文学白井澄子第53巻6号07・12

・平野厚
九○年代に向かって…… 野上暁 第36巻5号90・5
協会新人賞選考評 砂田弘 第36巻7号90・7
新人登場幸運な再スタート 平野厚 第37巻4号91・4

・平野威馬雄
第七十八回選択図書無記名第5巻10号59・11
平野威馬雄『レミは生きている』(書評)富永次郎第5巻10号59・11
こわくてあたたかいほら穴にはいっていくような… 北川幸比古 第37巻8号91・8

・平野敬一
平野敬一著マザー・グースの唄根本正義第20巻12号74・11
日本における研究・紹介の足跡岡田純也22巻14号76・11

・平野啓一郎
創作時評マイノリティの声北村夕香第58巻4号12・8

・平野剛
赤ちゃん絵本とことば後路好章第55巻5号09・10

・平野直
第87回選択図書無記名第7巻2号61・2

・平野ますみ
交換書評限りなき自然への愛情上松一成第27巻11号81・10

・平林廣人
エッセイ特異なアンデルセン研究家滑川道夫第32巻9号86・9

・平山和子
日本の絵本100選たんぽぽ吉村証子第23巻8号別77・7
改訂日本の絵本100選たんぽぽ吉村証子第27巻10号別81・9
インタビュー絵本作りの心意気編集者後藤好章さんに聞く聞き手西山利佳第50巻2号04・4
絵本を食べて大きくなる子どもたち徳永満理第50巻2号04・4
いつも絵本のまわりでは……佐藤あけみ第50巻2号04・4

・ピランデッロ
くりかえし聴きたい歌やえがしなおこ第53巻5号07・10

・ビルコン(ヨゼフ)
絵本について 森久保仙太郎 第35巻7号89・7

・ヒルトン(ネット)
翻訳時評<自分探しの旅>はひと筋道ではない高田桂子第55巻2号09・4
・ひろかわさえこ
インタビュー絵本作りの心意気編集者後藤好章さんに聞く聞き手西山利佳第50巻2号04・4
赤ちゃん絵本とことば後路好章第55巻5号09・10

・広岡勲
じっくり、あきらめないで、新たな窓を開く作品を指田和第57巻3号11・6

・広越たかし(廣越たかし)
雑誌短編評興味深い「SPIN−A−BOTTLE」和田登第30巻1号84・1
創作月評テーマの回避と喪失本木洋子第32巻3号86・3
創作月評 人生相談と子ども電話相談室 荒木せいお 第35巻7号89・7
協会賞選考経過報告 佐藤宗子 第37巻7号91・7
協会賞選考評 佐藤宗子 第37巻7号91・7
性、聖&生 林美千代 第37巻11号91・11
気になっているいること・いくつか 藤田のぼる 第37巻7号91・7
教育現場と個の尊厳海沼松世第51巻5号05・10
音楽を描く児童文学、その諸相井上征剛第57巻6号11・12

・ひろかわさねこ
ブックラック無記名第58巻4号12・8

・広河隆一
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10

・広津和郎
広津和郎との出会い 長谷川潮 第39巻10号93・10

・廣嶋玲子
第4回長編児童文学新人賞選考経過報告村山早紀第51巻3号05・6
第4回長編児童文学新人賞選考評長崎夏海第51巻3号05・6
第4回長編児童文学新人賞選考評木暮正夫第51巻3号05・6
創作時評私たちを照らす〈向こう側〉原田留美第52巻6号06・12
新人登場基盤は人外廣嶋玲子第53巻1号07・2
新人賞選考評はたちよしこ第53巻4号07・8
創作時評「既知」と「未知」の出合うところ芹沢清実第54巻2号08・4
第四十一回協会新人賞選考評はたちよしこ第54巻4号08・8
ブックラック無記名第58巻2号12・4
創作時評越境する物語佐々木江利子第58巻6号12・12
理想の大人像は見つかったか林美千代第59巻3号13・6
創作時評子どもの姿、それぞれ―元気、欲望、ぼっち榎本秋第59巻5号13・10
現代児童文学史ノートその六児童文学の八〇年代の終わりと始まり藤田のぼる第59巻6号13・12

・広瀬克也
自分にできることをする千代原真智子第58巻3号12・6

・広瀬弦
<絵本時評)生気のある絵本沼賀美奈子第49巻6号03・12

・広瀬恒子
『子どもの本と明日』を読んで竹内もと代第50巻3号04・6

・広瀬寿子(ひろせひさこ)
創作時評胸打つ『かあさんと呼べた日』水上平吉第24巻12号78・11
文学からドキュメントへ浜野卓也第25巻5号79・4
子どもの発達課題と児童文学の世界渋谷清視第30巻3号84・3
創作月評 歩留まりが落ちていく 清水達郎 第35巻9号89・9
ここに作品はある。あとは―。原田留美第49巻3号03・6
ブックラック編集委員会選定委員第49巻3号03・6
協会賞選考経過報告岩崎京子第49巻4号03・8
創作時評人間を立体でとらえる野沢朋子第53巻4号07・8
ブックラック選定委員会第54巻6号08・12
ブックラック無記名第57巻2号11・4
第五十一回日本児童文学者協会賞選考評佐々木赫子第57巻4号11・8
ブックラック無記名第58巻1号12・2

・広瀬隆
信頼の行方‐<原子力>と子どもの本-長谷川潮第58巻5号12・10
対談 われらみな「風下っ子」アーサー・ビナード中澤晶子第58巻5号12・10

・廣田衣世
ブックラック選定委員会第50巻6号04・12
ブックラック無記名第56巻1号10・2
創作時評現代ファンタジーによみがえる伝承林美千代第56巻2号10・4

・広田照幸
語られる事実-’90年代末・批評の課題-佐藤宗子第46巻3号00・6

・弘田龍太郎
大正期作曲家の童謡観とその問題点小山章三第13巻2号67・2

・ひろたみを
月番時評未知の世界への水先案内たち 佐藤涼子 第39巻11号93・11

・広野多珂子
ブックラック無記名第57巻5号11・10

・ひろのみずえ
創作時評コミュニケーションの物語、二つひこ・田中第56巻3号10・6
二〇一〇をふりかえって藤本恵第57巻3号11・6

・ひろはたえりこ
ブックラック選定委員会第50巻6号04・12

・廣畑澄人
ブックラック選定委員第50巻2号04・4
創作時評「ファンタジーも、リアリズムも、多彩な作品世界を堪能しよう!」平野厚第50巻6号04・12

・広松由紀子
多様性の中から寺村摩耶子第57巻3号11・6

・興安(ヒンガン)
絵本時評批評の主軸を探してーその3−村中李衣第57巻6号11・12

・ビンクニー(ジュリー)
絵本時評批評の主軸を探して村中李衣第57巻2号11・4
2011年を振り返ってひこ・田中第58巻3号12・6

・ヒントン(スーザン・E)
『翻訳』この一年の動向三宅興子第30巻5号84・5
翻訳時評イメージの森になにが残るか 島式子 第37巻8号91・8

・ピンフォールド(レーヴィ)
センダック去るされど絵本はつづく石井光恵第59巻3号13・6

・ピンボロー(ジャン)
「絵本」を改めて考えさせられたこの1年、作品群岩本和博第60巻3号14・6

・ヒンメルマン(ジョン)
<創作時評>たくさんの本に出会えた平湯克子第49巻5号03・10

【事項】

・HIM工房
今を生きる子どもたちに向けた詩を、歌を海沼松世第60巻3号14・6

・ひかりのくに
児童文学館の絵本資料永田桂子第55巻5号09・10

・広島児童文学研究会
子どもの家をめざすもの 澤井充子 第34巻2号88・2

・広島テレビ放送
戦争・ノンフィクション来栖良夫第16巻9号70・9
アンケート私のすすめる三冊戦争児童文学藤田のぼる他20第31巻8号85・8

・広島長崎原爆児童文学集刊行委員会
アンケト私のすすめる三冊戦争児童文学藤田のぼる他20氏第31巻8号85・8

・びわのみ学校
座談会「早稲田大学児童文学サークル」と現代日本児童文学神宮輝夫他10第57巻4号11・8