上川口の自然環境を守る会 Association of Kamikawaguchi

上川口の自然環境を守る会のホームページへようこそ。

 福知山市下小田地区に産廃処理施設の建設計画が発表されました。
その計画をしている事業者より事前説明会を受けましたが、それを聞いた地域住民は全く納得がいきませんでした。
 @立地の問題  A施設の問題  B事業者の問題 
 など多くの問題点の中から、まずは@に関する道路の管理者である福知山市長あてに質問書@を提出しました。

お知らせtopics

一部の問題でしょうか


寝屋川市の問題を上川口に当てはめてみました。



(岡山大学 津田敏秀教授らによる調査より)
         ←

寝屋川市の問題


廃プラ焼却施設周辺住民の健康被害
 (裁判所への陳述書等) 周辺の疫学調査 (集団を対象として、病気の頻度、その分布に影響する因子を統計学的に研究する学問のこと)

新着情報news

2022年9月17日
第9回の会議の後で、上川口連合自治会長・同副会長が来られ当会に参加できない理由として、「各自治会の産廃処理場に対する考え方に温度差がある。」と言われました。 今まで(犬)(ホテル)などのかなり温度差がある問題を上川口全体の問題として対応してきた実績はどう考えているのでしょうか。焼却場からの距離によって被害の大小が有るとは予測されますが、冷たい寂しい、虚しい思いです。
2022年7月20日
上川口連合自治会のほうへ当会への参加をお願いしました。
2022年7月16日
第6回の会議、今回は金谷地区からも参加していただきました。会場が十三丘集会場だったこともあり、たくさんの十三丘のみなさまに初参加していただきました。
2022年6月25日
「大切なお知らせ」チラシの配布
2022年6月18日
第5回の会議、第2回の質問書に対し福知山市の担当者から「京都府に聞いてみたいのでもう少し時間が欲しい」と連絡があり次回に持ち越しになりました。そして、桐村一彦市議に参考人として来ていただきました。すると「賛成と言ったことはない」と言いながら当会の活動は全否定され「建設は民意では止められない」とか「スリーエスと協定書を締結しろ」などと会議を勝手に仕切って不規則発言を繰り返したので、早々に帰っていただきました。
2022年6月2日
福知山市長あてに2回目の質問書Aを提出しました。
2022年5月21日PM
第4回の会議、今回は ZOOMで「(京都)北山の自然と文化をまもる会」代表幹事 榊原義道 先生を迎えて産業廃棄物処理施設の問題点を解りやすく説明していただきました。          
2022年4月16日
第3回の会議、今回から十三丘自治会からも参加していただきました。市役所の担当者も来ていただき、一部の容認論である「産廃業者施設受け入れと交換条件に道路拡幅」は根底から否定され、十三丘自治会の皆さんにも理解していただきました。
2022年4月8日AM
文書で回答をお願いしているのに、市役所の道路河川課長が六十内会館までやって来ました。最初は前例がないとか、市役所の慣例とか言って文書での回答を拒んでいましたが、強い説得により文書での回答を約束していただきました。それと問題の道路を補修・拡幅する予定はないし、「一民間企業の利益のために税金を使って道路を拡幅することはできません。」とはっきり言われたので、産廃業者施設受け入れと交換条件に道路拡幅は絶対不可能と解りました。
2022年4月1日
サイトをオープンしました。 http://www.eonet.ne.jp/~fukukirigi/mysite5/index02.htmlhttp://www.eonet.ne.jp/~fukukirigi/mysite5/index02.html

上川口の自然環境を守る会

〒620-0916
京都府福知山市六十内205

TEL 0773-33-2298

スマートフォン版