**************************************************

●   『ちょっとサイエンス』  2006/10/16   No.253  
★          
●    発行者 Fujiken       不定期発行
★                       
**************************************************

毎回、科学に関するテーマをとりあげて、雑学的な知識を送ります。
なるほど!と納得し、知ることの喜びを感じていただけたら幸いです。

----------------------------------------------------------------------
■今日のテーマ  「フーコーの振り子−福井県児童科学館その2−」
----------------------------------------------------------------------

レオン・フーコー(フランス)が活躍した時代には、地球の自転は常識となって

いましたが、それを物理的に証明する方法がまだありませんでした。

そこで、フーコーは、北極点で振り子を振れさせると、地球の自転により、

振り子の回転方向が少しずつずれると考えました。つまり、振り子の振動方向

は変わらないけれども、地球の自転によって、見かけ上回転方向がずれると

考えたのです。

赤道では、例えば赤道方向に振り子を振動させても、自転による赤道方向の

ずれがないため、見かけ上の振り子のずれは起きないけれども、赤道以外の

場所では、自転の方向に応じて少しずつ振り子の振れる方向が回転するはず

だと考えたのです。

フーコーは、これを証明するために、1851年、パリのパンテオンのドームで

2mの金属線の振り子に重いおもりをつけた振り子をたらして、初めて公開

実験を行い、フーコーの考えが正しいことを証明しました。のちの公開実験

では、振り子の長さが10mにされて行われるようになりました。

現在オリジナルのフーコーの振り子はパリのメチェ博物館に保存され、また、

パンテオン内でも振り子の展示を見ることが出来ます。

(フリー百科事典「ウィキペディア」参照 )

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

■ちょっとコメント■

いろいろな科学館で、長い振り子に大きな球がつけられたものがゆっくり振れ

ているのをみたことがあると思いますが、それが「フーコーの振り子」です。

ちょっと見ただけでは、何の展示か意味が分かりません。

例えば、福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)のフーコーの振り子は、

天井から、長さ8.6mのピアノ線に重さ30kgのおもりがつけられたもので、

館内を1時間でひとまわりして再び戻ってくると、約9度だけ動くのです。

(福井県児童科学館 展示エリア解説書 参照)

ですから、フーコーの振り子の回転方向のずれを実感するには、とても時間が

かかり、根気がいるということになります。

私も「あっ! フーコーの振り子だ!」と思って写真を撮りましたが、回転

方向のずれは見ないで、他の展示へ行ってしまいました。

フーコーは他にも、フランスの物理学者フィゾーと共に光の速度を測定した

ことでも有名です。さらにジャイロスコープ(No.243「手回しジャイロ」で

触れています。)を考案した人でもあります。

フーコーの振り子の写真はこちら→ http://fujiken2.hp.infoseek.co.jp/

■追伸■

福井県で宿泊した芦原温泉の宿に入ってみると、洗面台の鏡が箱形になって

いて、鏡が内側に3枚ついていて、三面鏡のようになっていました。

そこで、顔を中に入れてみると、クラブで日焼けした真っ黒な熊かトドのよ

うな私の顔がたくさん映っていました。

相対する2つの鏡の中の物体は反射を繰り返し理論的には限りなく映るのは

当たり前なのですが、自分の顔がたくさん映っているのを見て驚き、妻に

写真を撮ってもらいました。

こんな写真でも見たい方はこちら→ http://fujiken2.hp.infoseek.co.jp/
                 「フーコーの振り子とおまけ」

そういえば、妻が花嫁道具として持ってきたのは三面鏡でした。しばらくは

妻も使っていましたが、古くなって処分してしまい、今は普通の鏡を使って

います。これも時代の流れなのでしょうか・・・。

======================================================================

■登録・解除は下記のホームページで行えます。

 http://www.mag2.com/m/0000046152.htm

http://www.eonet.ne.jp/~fujiken1/

■質問、感想などはEメールでお願いします。

 Eメール:fujiken200605@ares.eonet.ne.jp

■バックナンバーはHPまたは下記URLへ

  HP :http://www.eonet.ne.jp/~fujiken1/

URL:http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000046152

======================================================================

このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。 http://www.mag2.com/

マガジン名:ちょっとサイエンス マガジンID:0000046152

======================================================================