**************************************************

●  『ちょっとサイエンス』  2004/8/3   No.193  
★          
●    発行者 Fujiken      不定期発行
★                       
**************************************************

毎回、科学に関するテーマをとりあげて、雑学的な知識を送ります。
なるほど!と納得し、知ることの喜びを感じていただけたら幸いです。

----------------------------------------------------------------------
■今日のテーマ  「クマゼミが多いのは、地球温暖化が原因?!」
----------------------------------------------------------------------

前号の「セミが鳴いている、うん?クマゼミ多い?!」に対してたくさんの

メールを読者の方から頂きました。今日はそれをいくつか紹介します。

●「富山市在住M」さん

昨日(27日)のメルマガだと思うのですが、クマゼミが多くなってきた、
ということが述べられていました。
丁度その前日ぐらいのどこかの朝のTVで、その話題を取り上げていました。

九州の人とかは、セミといえばクマゼミが当たり前らしく、クマゼミは
暖かい地方で繁栄する種なのだそうです。
日本ではこれまで、静岡の伊豆半島ぐらいまでが多い地域だったそうですが、
近年の温暖化の影響で、どんどん北東へと勢力範囲を広げているのだろうと
いうことでした。

クマゼミは朝(せいぜい午前中)しか鳴かないのだそうです。そのため
一日中鳴いているアブラゼミに比べ発見しにくいのだそうですが、それだけに
発見できる以上に多くいるそうです。

したがって、クマゼミが増えるのは危険信号の一つかも知れません。

●「F」さんより

Fujiken 様   はじめまして、いつも楽しく購読させています。
Fと申します。

私が昔(30年前)住んでた奄美大島はクマゼミが多かったです。
ほとんどアブラゼミは見かけませんでした。

高温化が続いているせいですか?
日本が亜熱帯化してる?

ほんとうに暑いですね。

ちょっと一言でした。

●「kozen」さんより

「セミが鳴いている、うん?クマゼミが多い?!」を
読ませて頂きました。 途中、ニイニイゼミが抜けている
と思っていたら、最後に出てきたのでホッとしましたが、
朝方・夕方に鳴くヒグラシ(カナカナ)を忘れて欲しくない
と思い思わずメールしてしまいました。
 私は、ヒグラシのなんとなくもの悲しくさせる鳴き声が
結構好きなので…(朝4時頃から鳴かれると五月蠅いと
感じるときもありますが、夕方はGoodです。)
 ところで、私も疑問に思っていたのですが、最近クマゼミ
の生息範囲が変わってきたのではないでしょうか?
たよりない記憶ですが、東京(都心)では子供の頃に
クマゼミの鳴き声を聞いた記憶がないのですが、最近は
耳にすることがあります。他の方々は、どう感じておられる
のか聞いてみたい気がします。

●「シシキヨ」さんより

いつも楽しく拝読しております。高校で生物を教えているシシキヨです。
No.192のクマゼミのお話ですが、Fujikenさんのお宅はどちら
でしょうか。かつて、クマゼミは箱根よりも南にしかいなかったセミなのです。
(それで、京都で撮影している時代劇の「江戸」で、クマゼミの鳴き声が聞こ
えるもはおかしいと言う苦情を言った細かい人もいます)ですから、関東より
北の方はクマゼミを御存じないかも知れませ。しかし、最近は東京でも見られ
るようになったとかで、地球の温暖化が進んで、生息圏が広がっているそうで
す。わたしも生まれが静岡県、伊豆の三島なので、セミと言えば、アブラゼミ、
ミンミンゼミ、クマゼミでした。

●「K」さんより

確かな情報で無く申し訳有りませんが・・・
地球温暖化の影響か、関西も亜熱帯の気候に近付いたから
クマゼミが多くなったと数年前から云われています・・・が?

ここ千里ニュータウンでは感覚的に9割以上クマゼミの感じがしています。
この夏、アブラゼミはまだ1匹しか確認できていません。

大阪池田市で幼年時代育ちましたが、
子供時代はクマゼミはシャーンシャーンの鳴き声から「シャンコ」と
呼びましたが、図体も大きく、同体下部の発音部も立派で遠くで鳴いても
飛んで行く程稀少価値が有って、夏休み午前中は宿題の時間
シャンコが鳴くと、宿題を放っておいて網を持って走ったものです。

クマゼミは木の高い所(2階の庇くらい)にとまるのと、
感覚が鋭く、気配を感じてすぐ逃げる、羽が透明で木の節に見えるなど
ひと夏に2〜3匹取れたかどうか、貴重なセミでカゴに入れていると
ガキどもに垂涎のまとでしたが・・・いまは稀少価値どころか
うるさいばかりです。

アブラゼミは多く、少し低い所(1階の庇くらい)なので簡単に取れました。

最近は「チイチイゼミ」というアブラゼミの次に多かった灰色系の蝉も全く見な
くなりました。これはもっと低い所で素手でも取れました。

大阪以外や、涼しい所の情報も欲しいと懐かしくMMを読ませて頂きました。

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

■ちょっとコメント■

私は、小さい頃は夏休み、山梨県へ帰省していました。ですからアブラゼミが

多かったのは、山梨県なのか今住んでる大阪なのかはっきりしません。

しかし、皆さんのメールによればどうも東京くらいまでがクマゼミの生息地域

のようです。それも、最近増えてきて、これらは、地球温暖化・夏が以上に

暑いせいだというみなさんの意見のようです。

「クマゼミ前線」北上中というところでしょうか?

私は本気で、「セミの割合」をしらべたくなりました。

一人10〜20匹セミを採って種類の割合を出してみませんか?

採集場所(何県何市)と、採集日付を忘れずに。

皆さんのご協力よろしくお願いいたします。

賛同してくれる方の参加を期待しています。

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

■「お勧めメルマガ」コーナー■

このコーナーでは自薦、他薦は問わず、面白い、役に立つ、息抜きになる

そんなメルマガを紹介します。どんどんメールでお知らせ下さい。

出来たら、紹介文をつけて下さい。お願いします。

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-

■お知らせ■ 「さよなら命」第1章5月7日(金)に配信!

「まぐまぐプレミアム」は入会月は1ヶ月間無料になりました。 
            
マガジン名 「さよなら命−くつのひもが結べない−」
      (まぐまぐプレミアムから配信)

マガジンID P0001166

内容  著者の高校時代を中心とした自伝的小説です。受験に悩み、いろいろ
    な恋をし、そして最後は・・・。爽やかさもあり、考えさせられる所
    もある一つの青春小説です。

(補足)17章から20章まで書き直し、なぜMが死んでしまうのか、
    その理由がより明確に表現されました。

発行周期 毎週金曜日(5月7日から第1章配信)

購読料 300円/月(登録した月の購読料は無料になります。)

登録はこちら→ http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/11/P0001166.html

(注)各種クレジットで、会員登録し、パスワードを取得
   しなければなりません。

発行元e-mail fujiken@mvb.biglobe.ne.jp

■ちょっとあらすじ■

興味のあるかたは、

こちらへどうぞ→ http://www.mag2.com/m/0000047204.htm

======================================================================

『ちょっとサイエンス』の

■登録・解除は下記のホームページで行えます。

 http://www.mag2.com/m/0000046152.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~fujiken1/

■質問、感想などはEメールでお願いします。

 Eメール:fujiken@mvb.biglobe.ne.jp

■バックナンバーはHPまたは下記URLへ

  HP :http://www5a.biglobe.ne.jp/~fujiken1/

URL:http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000046152

======================================================================

このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。 http://www.mag2.com/

マガジン名:ちょっとサイエンス マガジンID:0000046152

======================================================================