健忘録 ]V  

    
 日常の暮らしのなかで体験した
     ド忘れ、モノ忘れ。
     それらを忘れないうちに書いています。
     そのつど記録しないと、忘却の虹の彼方へ、 
     永遠に思い出さないからです。
     モノ忘れするも、しないも、生きた証です。

★印は筆者    ☆印は人さまの話



★09年12月某日★このところ、この健忘録に書いておこうと、アタマを掠めた事柄をちょいちょい思うのだが、あっと言う間に忘れている。アレッ、なんだったけな。これの繰り返しである。いよいよ記憶力喪失の最終コーナーを曲がったかもね。あと残された境地は、「完全なるボケ」であるな。

★09年12月某日★テレビで簡単美味しい鍋を紹介していた。要するに豚肉とホウレンソーの鍋をゴマタレで食べるのだ。ホウレンソーがメチャうまいとあったので、試したみた。確かにうまかったが、なにか足りない。レシピを調べると、最初、ニンニクとショウガのかけらを入れる。沸騰したところに豚とホウレンソーをドサッといれ、弱火にするのがコツとある。ニンニクとショウガをすっかり忘れている。残念なkとに記憶から必ず何かを忘れている。

★09年12月某日★タッチクロールというのがあるそうですねとプールのインストラクターへ訊いた。さあ、あんまり訊かないわねとの返事。けさ読んだ新聞にあったのだ。帰宅して新聞を調べると、キャッチアップクロールとあった。うーん、どこで間違えて覚えたことか。これでは話が通じないね。

★09年12月某日★神戸のルミナリエ。たしか今日からでしたねとプールでおばさん。いや、14日ころからと小生。帰宅してテレビを見ていたら、ライトアップする映像が流れた。どこから14日が出てきたのか、自分でも分からない。

★09年12月某日★仲間うちの忘年会。最初の刺身がでた。終わりの握り寿司がでた。間になにを食べたか、一日たって思い出そうとしたが、思いだせない。

★09年12月某日★パソコンのかたわらに延長コードが転がっている。これに、アレッ、何に使うつもりだったかなと疑問をもつ。数日前に自分がした行動を忘れている。

★09年12月某日★映画「マジソン郡の橋」をBSで見る。もう三回くらい見ている。なのに、こんな場面があったかなと思いつつ見ている。いよいよ何度も同じ本を読んでしまう読書とおなじように、なんど同じ映画をみても記憶があいまいになってきた。




★09年11月某日★自販機にお金を入れて、段取りしたつもりで受付に行った。あれ、チケットは?と問われて、ワレに帰る。お金を入れただけで、チケットを取り出していなかったのだ。なんという一瞬の忘却。

★09年11月某日★BSで「ちあき なおみ」特集をやるというので、DVDで録画することにした。しかし、ひさしぶりの録画なので、やり方をすっかり忘れている。ああでもない、こうでもないといじっている間に、プログラムはどんどん進み、結局、目的を果たせなかった。まったく、もう、舌打ちする。わが朦朧、曖昧模糊なるモウロクめ。

★09年11月某日★瀬戸内寂聴の文筆を含めた旺盛な活動には舌を巻くが、代表作の一つ『場所』は、彼女の79歳のときの作品と知る。自伝を転々と移り住んだ住所地を舞台にして回想する形の小説だが、こんなにも昔のことを細かく詳しく覚えているのには驚愕ものだ。愛憎からむ男遍歴、人生体験が記憶を鮮明なものにしているのかな。

★09年11月某日★クリント・イーストウッド監督は水準以上の映画を作り」続けるアメリカ映画きっての大家になった。TVやマカロニ西部劇に出ていたころが信じられないくらい大化けしている。ビデオで『チェンジリング』を見た。面白かった。ところが主役の女優がどうしても思い出せない。気にかけながら行方不明のわが子を案じる女優の顔をみていた。あとで、な、なんとアンジェリーナ・ジョリーと分かった。ああ、アンジーの名前を忘れるなんて。な、なんとで始まる忘却が多すぎるな。

★09年11月某日★病院に着いたら、予約券を忘れていた。急いで留守宅に電話を入れた。持ってきてくれと。そのあと、すぐにズボンのポケットから券が出てきた。ああ、電話を入れ直した。


★09年10月某日★招き猫というのがある。飲食店や小商いの店でよく見る。右手を上げている猫は財を招きたがってる。左手は、人を招きたがっているという。誰が決めたのかな。だいたい、なんで猫なのか。それが分からない。

★09年10月某日★車で駐車場を出るとき、駐車券を件の装置に挿入すると、料金は表示される。それが当たり前の操作手順なのに、駐車券を入れたとたんに発車してしまった。咄嗟に止まったため横断棒を折らずに済んだが、なんでこんな行動に出てしまったのか。それが分からない。いよいよモウロクしてきたぞ。

★09年10月某日★プールのロッカーで着替える。そのあと、キーを抜くのを忘れる。もう何度も何度も失敗しているが、懲りずに忘れる。

★09年10月某日★プールの駐車場で、車列があるのに、バックでそこへ駐車しようと車を寄せている人がいた。あれれ、と思った瞬間、たまたま駐車していた人がクラクションを鳴らしたので、バック車が止まった。あやうく追突するところだった。このお年寄りの男性は、空きがあると錯覚したようだ。危ない、あぶない。

★09年10月某日★台風18号が日本列島を縦断した。夜半、強い風の音を聴きながら、前に台風を体験したのは、いつだったか。思い出そうとしたが、ダメだった。しかし、こどものころに経験したジェーン台風という名前は浮上した。GHQ統治下では台風の名前名に女性名をつけていたことも思い出せた。この名づけ方はユーモアなのか、ブラックユーモアなのか。アメリカはいまも本土のハリケーンに女性名をつけているようだが、真意はしらない。

★09年10月某日★下記の続きなんだが、ハンカチをズボンの尻ポケットに入れる習慣があるのだが、ちゃんとズボンにいれたつもりなのに、外出先で探ったら、なかった。ズボンを履き替えたことを忘れていたのだ。なんと気のまわらないこと!! もはやニンゲン失格だ。生きる屍だ。

★09年10月某日★ベルトがない、ベルトがない。部屋中を探していて、ふとズボンを触ったら、
ちゃんとベルトをしていた。ウーム、これはもう醜態だな。ここまで来たか。ここまで忘却の道をひたすら突き進んで来たか。

★09年10月某日★★09年10月某日★脳は養分を蓄えられない。常に栄養を供給してやらないと、脳力が落ちる。脳の一番の養分はブドウ糖。テスト前にブドウ糖液を注射してもらったら、脳の働きがよくなって問題が楽に解けたと解剖学者が高校生時分の経験を語っている。知らなかったなあ。もっと早く、学生のころに知っていたら、もっとラクできただろうな。モノ忘れには効くのかな。

★09年10月某日★09年10月某日★もう10月だ。老年者には一週間や一月がとても早く感じられる。この感覚について有名評論家は、こういっている。記憶が飛ぶのだと。つまり、日々の暮らしに充実感がない、空虚になっているから、時間の連続性が希薄に思えるらしい。なるほど。寂しいご託宣でありますな。

★09年10月某日★アメリカ映画「キング・コング」は邦画の「ゴジラ」と並んで、怪奇怪獣映画の傑作である。このほど前者をテレビで見た。名作のリメイク版であった。前作に孤島に出掛けて恐竜に襲われるような設定があったかどうか、覚えていなかった。NYのエンパイヤ・ステートビル屋上でのキング・コングは覚えていた。記憶の鮮烈さの差かな。

★09年10月某日★童謡「山田のなかのカカシ」を知らない、歌えない若い人が多いという。一本足のカガシという、あの歌である。そういっている人は、若い人はカカシも稲の穂もろくに知らないという。そうだろうな。でも、考えてみたら、小生もろくに歌詞を覚えていない。歌えない。




★09年9月某日★総合病院の眼科に行った。ふだん検診で通っている病院だが、眼科は初めてと思っていた。初診の手続きをしたら、5年くらい前に診てもらったことがあることが分かった。
どんな症状で診てもらったのか、ぜんぜん覚えていない。今回の症状での診断は、加齢のせいと言われた。なにおかいわんや。

★09年9月某日★数日前、顔見知りのおじさんが、美味しいラーメンの店を教えてくれた。昼時、車で走っていて、そのことを思い出した。走りながら必死で店名を思いだそうとしたが、ダメだった。結局、「教えてもらった」ことは思い出せても、中身を覚えていないことに気づいたわけ。

★09年9月某日★行きつけのプールの受付近くのガラスケースに利用者の忘れものが展示されてある。クシ、石鹸、タオル、バスタオル、衣類、肌着、しかもパンツ、帽子、運動靴、コップ、ベルト、紐や袋物、カギ、カサなんでもありだ。シャワー室で身元不明?のパンツを見たことがある。フルチンで帰ったのか、着替え持ってきて、ちゃんちゃんと穿き代えたのか。これほどの忘れモノの集積を見ると、なにやら心強い。同輩がたくさんいるのダ。

★09年9月某日★床に落ちていた一枚の小さい紙片を拾おうと、しゃがんで、びっくり。紙片が数センチ離れて、二枚ある。いや、いや、二枚に見える。こりゃ、びっくり。酔っているのかな。そんなはずがない。うーん。これは何らかの視覚障害であろう。ついに目に来たか。モノ忘れがひどい視力障害者。うーん、なんという辛いイメージだ。声も出ない。

★09年9月某日★記憶喪失は恐ろしい。しかし、もっと恐ろしいのは、この目で見たことがあるのに、その見た経験があることを忘れて、初めて見る気がすることだ。目に焼きつくというような
鮮烈なことは、もうないのだ。

★09年9月某日★なにか思いついたことを調べるのは、簡単になった。以前なら百科事典、辞書、年表などを繰って、時間をかけていたが、今はネットの検索で、たいがいのことが一応分かる。それでアタマに浮かんだよしなしごとを調べようと思うのだが、これが大抵、調べるべきことを忘れしまう。何日かたって、不意に思い出すこともあるが、そのまんま思い出さないものも多い。だいいち、何か思いついたこと自体を忘れている。

★09年9月某日★BSでアメリカ映画の名作『ノーマ・レイ』を見る。みながら主演女優、サリー・フィールドを別の映画でも見たことを思い出そうとしたが、どうしても記憶が浮上しなかった。あとで調べると『プレイス・イン・ザ・ハート』だった。彼女は美人で、しかもすこぶるつきの演技派。この二つでアカデミー賞を二度受賞している。あの『フォレスト・ガンプ 一期一会』でガンプの母親役もやっていたのだ。まったくもって気がつかなかったな。

★09年9月某日★熊本在の漱石内坪井旧居を訪れたら、そこに漱石の鏡子夫人を揶揄したエッセイの写しがあった。この健忘録の六月の項で紹介した表現、「オタンチンノバレオロガス」である。むろん、オタンチンまでは覚えていたが、あとは朧であったので、妙に嬉しかった。

★09年9月某日★かつての飛び切り美人女優、夏目雅子は俳句を作った。いくつかの作品を読んだことがある。友人が彼女の一代記を描いた著作のなかで紹介しているからだ。ところで、だ。別の友人から「海童」銘柄の焼酎を頂いた。友人は言った。これは夏目雅子の俳号から名づけられた、と。うーん、銘柄名とワイン瓶のような赤い瓶を見ても、夏目雅子の名が浮かばなかったのは残念だった。記憶した知識と、その応用力がまるでない。

★09年9月某日★警察官のアルコール不祥事、警察官の盗撮等の不祥事が絶えない。並みの公僕より以上に高い規律や法令順守が求められている職業なのに、これほど頻発するとなると、彼らはよほどモノ忘れしやすいか、資質に欠ける者が多いのだろう。年寄りのモノ忘れとワケが違う。

★09年9月某日★「ギルバート・グレイプ」という名作映画を見た。昔も見た。なにしろ、あのレオナルド・ディカプリオが知恵遅れの少年役を少年であるまま演じているのだから、相当古い映画。こんなかでトレーラーカーで各地を転々移住して暮らしている若い可憐な女性がいるが、これがなんとしても、名前が出てこない。最後のエンディングでやっと思い出した。ジュリエット・ルイスだった。

★09年9月某日★テレビをつけたら、大負けしたアソウさんが作業着姿で写っている。おや、はやばやと下野したかと錯覚した。防災の日であることを忘れていた。この日は毎年恒例の防災訓練などを全国的に行う日であった。それにしても、アソウさんは作業着がよく似合う。そっちというか、現場でアセ流す道に進んでいたら、赤っ恥をかかなくてよかったかもしれない。



★09年8月某日★友人にケータイの番号を教えて、というと、ウッと言って苦笑した。番号が注文どおり口について出てこない。当然である。自分で自分のケータイに電話することがないので、11ケタもの数字を覚えきれるものでない。

★09年8月某日★スシの一人前は10貫だそうだ。戦後、モノのないとき、持参の米一合と引き換えに客に渡していたのが、この分量。スシの委託加工という制度があった。そのときの慣行が定番になったという。なぜ、貫というか。諸説あって、定説はないそうだ。諸説については忘れた。いろいろあることは、覚え切れないのだ。

★09年8月某日★手がしびれる。病院へ行くと、頚椎の歪みからではないかという。何で歪みますか。おおかたは経年劣化、つまりトシだからという。それならトシ取ると、みんな歪みますか。いや、そうはならない。じゃあ、ボクの場合は何でかな?。医師は、うーん、とうなっている。検査に回された。

★09年8月某日★ほぼ4年ぶりの総選挙。立候補一覧を眺めていると、知らない人物が多い。比例代表制で当選している連中のなかには名義貸しみたいな人も居るらしく、得票率しだいでは労せずして通る。陣笠である。党議に従う投票マーシンみたにあもので、なにか政治活動をしているわけではないのだろう。名前を知らないわけだ。こちらの記憶力喪失のせいではないとおもいたい。

★09年8月某日★プールで出会うおじさんは、いつもこういう。家ですくんでいるよりはプールに来ているほうがいい。なんせ気分転換になる、と。こちらの顔をみると、決まって、こういう。口癖のようにである。おじさんには、なにか理由をつけないと、プールにくるのが悪いと思っているのかな。

★09年8月某日★今月は広島、長崎の被爆記念日、敗戦記念日と、重苦しい月である。かつて広島在のとき、6日に備えて、いろいろな企画立案、実行した。そのことは、意外にも思い出そうとすると,思いだせる。、

★09年8月某日★高校三年時代の同窓会の案内がきた。六クラスあったので、各クラスから幹事が選ばれて、趣意書には六人の名前が並んでいる。じっと見ていても、そのうち五人の名前と顔がまったく覚えていない。申し訳ないことだ。自分がいたクラスに限って同級生の名前を思いだそうとしたが、片手分も浮かんでこない。申し訳ないことだ。担任の先生の名前は辛うじて思い出せる。妙な教え方をするツルッとした顔の国語教師だっからだ。あとの教科の先生たちの名前がでてこない。申し訳ないことだ。

★09年8月某日★料理酒というのがある。酒の名前がついているように、アルコールが含まれている。含まれているけれど、こいつは酒と看做されていないない。なぜかというと、そうとう濃度がきつい塩分が加味されているからである。この塩分のせいで、酒税法上の酒と認められていない。塩っぱいのを我慢すれば飲めなくはない。覚えておこうっと。

★09年8月某日★何を、どのくらい経てば、きれいさっぱり忘れてしまうか。それを調べる方法ってあるのかな。

★09年8月某日★スーパーで「バーゲンブロー・ノイヴェル」トという名の、いわゆる第三のビールを見つけた。韓国とスーパーの合弁でできた飲み物。安いのが取り得だが、うまいかどうか。
気になるのはバーゲンブローという言葉。これってなんだったか。確かに記憶がある言葉なんだが、なにか思い出せない。韓国語ではないはずだ。

★09年8月某日★久方ぶりにJR乗車券をチケット屋で買った。切符を見ると,自由席でも電車と座席指定をすることが可能とある。昔はこんなことが可能だったかな。大体,自由席なのに、ここはオレの席だいえるのが妙である。 「緑の窓口」の係り員に尋ねると、一電車のみ指定できるという。そうだったのかな。記憶というのは,曖昧模糊になっている。

★09年8月某日★CSSスタイルシートの勉強をしている。レッスンブックがあるので、殊勝にも予習をするが、その成果を記録することを忘れている。FDフロッピーディスクを開けてみると、なにもない。これでは毎回、イチからやり直しである。河原の石積みみたいキリがない。
   
   
★09年7月某日★園児の孫の誕生祝いのプレゼントは、ご本人の希望で仮面ライダーなんとかかんとか変身ベルトなんとかかんとかデラックス。これは到底覚えられるものでない。メモして売り場に行って、店員に言ったら、若い男性店員も覚えきれない。なんせ仮面ライダーと言っても、いろいろありますのでと言い訳していた。子供のおもちゃに、なぜこんな長−−い名前をつけるのかな。その方はカッコいいのかな。

★09年7月某日★TVで女優の顔をみる。この女優は久しぶりに見る、ということは分かるが、なんという名前だったか忘れている。その記憶忘却症状はもうとっくに現れているから名前を思い出すことにあきらめているが、以前はなんとなく後で思い出す手がかりのようなものが浮上していたものだ。しかし、いまは、それもない。なにも思い出せなくなっている。

★09年7月某日★四冊借りてきた本を図書館に返しの行くが、読んだはずの四冊のうちタイトルさえ思い出せないまま返す。中身になると、もっとひどい。なんにも覚えていない。これで読んだといえるのかな。

★09年7月某日★没後10年という桂枝雀に人気が再燃しているとか。CDを次々借りて来てIーPODに写しているが、二通りに記憶喪失に迷っている。一つはこのCDをすでに借りたかどうか。もう一つはituneに写したかどうか。すぐタイトルを忘れてしまうので、面倒なことだ。さすがに枝雀は面白い。夜中に笑っているが、これも不気味かもしれない。

★09年7月某日★ジョン・フォードの名作『荒野の決闘』。ヘンリー・フォンダと共演したのはカーク・ダグラスと思いこんでいたが、ビクター・マチュアであった。このOK牧場ものはいくつかの映画があるので、ごちゃまぜになっている。そのうち、いや三船敏郎だよ、志村喬に決まっているよ、などと言いだすかもしれない。恐ろしや!!

★09年7月某日★jジョージ・スーチブンソンの傑作西部劇『シェーン』。殺し屋ジャック・パランスとアラン・ラッドの対決は、殺し屋が二階から撃つところをブランドン・デ・ワイルド少年の「シェーン」という叫び声にアラン・ラッドが振り向きざまに射殺する、、、、と思い込んでいた。

しかし、実際には一階フロアーで正々堂々(妙な表現だが)、正面から向かい合っての早撃ち対決だった。なんで、このような思い込みをしていたのかとつらつら考えると、その後に続く、悪漢一味が二階からの闇討ちを図る場面があり、そこでアラン・ラッドの窮地を救った少年の声が、より強烈に印象的であったのだ。我が少年時代にみた印象というのは、そのあと何度もこの映画を見ているはずなのに修正されていないのだ。こういう思い込みは、ほかにもきっとあるんだろうな。



★09年6月某日★漱石は鏡子夫人のことを門人たちにも「オタンチンノバレオロガス」と言い募った。これが意味不明であったが、最近、分かった。しかし、この長い異名の所以を口に出して説明するためには、かのローマ皇帝の名前をスラスラ言えなくてはならない。とうていムリだ。

★09年6月某日★没後10年という桂枝雀のライブCDが面白い。三十ウン巻もあって、驚くとともに楽しみ。枝雀の語りはなんと言って、絶妙な語り口のマクラがいい。これで、すいーッと枝雀の世界に引き込まれて行くが、面白さの後味が濃いのに、さて、どんな面白さだったのか、これが思い出せない。

★09年6月某日★図書館が近いので、しょっちゅう本を借りてきて、日に二冊読みきることもある。大いに勉強しているわけで、順調に血となり肉となっておれば、いまごろはヒトカドの知識人になっているはずだが、これが右から左に一陣の風となって抜けてゆくだけ。スカスカ頭が潤うことはない。

★09年6月某日★トム・ハンクスは好きな俳優なので、レンタルDVD屋で「レディキーラーズ」を見つけて、文句なしに借りてきた。しかし、彼の作品はほとんど全て見ていたのだ。それをすっかり忘れていた。タイトルさえも忘れていたのだ。

★09年6月某日★愛用している第三のビール。その名前を失念した。逆にハイボールが再び見直されているニュースを知って、非常に懐かしさを覚えた。学生時代、これとジンフィズを何杯飲んだことか。少ない小遣いをどんなにつぎ込んだことか。さっそく炭酸ソーダ水を買ってきて、キリキリ冷やしたグラスで試してみた。うーん。蘇ったなあ、あのころのことと味が、、。

★09年6月某日★生活地域にけっこう旨いラーメン屋があるとネットの情報で知った。どのあたりかな。自転車で下見に行ったが、途中で店名を忘れていることに気がついた。仕方がない。その町名あたりで、二人のおばさんに相次いで尋ねた。「ええと、この辺にラーメン屋ありませんか」。当たりだった。「今の時間はまだ開いてないよ」とまで教えてもらった。ラーメン屋は店名を忘れても、ラーメン屋で通じるのダ。

★09年6月某日★夜中に三回、トイレに起きる。こりゃ、もう頻尿状態。尿意の前にはなにかしら夢を見ている。その夢の内容について、起きればぜんぜん覚えていない。頻尿頻夢か。笑い事じゃない。ああ、寝不足!!




★09年5月某日★八十過ぎの老人と年に二三回、ばったり出会う。こちらが手を上げて、会釈を送ると、翁もにこやかに会釈を返してくれる。気分のいいものだが、本当にこちらを知人と認識して会釈しているのかどうか、怪しんでいる。しかし、ほんとに覚えてますか、と失礼なことを訊くわけにいかない。いまのままで、いいのだ。

★09年5月某日★電気洗濯機が古くなったので、買い替え品を見に行った。こうした原理と機能が成熟した家電製品は安いものだと感心したが、それよりも今の洗濯機を買ったのは、何年前だと鮮明に覚えていることに気がつく。これは珍しいことだ。たいていの手元の品物はいつ買ったか、ほとんど覚えていない。なぜ鮮明に覚えているかというと、単身赴任した年で、暮らしの必要性から、やむなく買ったからだ。つまり、記憶というのは、他のなにかの要素と結びつけば生きているのだ!!

★09年5月某日★認知症になった83歳老が、ボケから生還したというドキュメントを読んでいる。まだ途中なんだが、ボケた本人が若いころ楽しんだ花札をすると、はっきりした記憶の蘇りがあったとある。そんなことがあるのか。うーん。読み進めてみよう。

★09年5月某日★I-podに動画を取り込める有料ソフトをダウンロードして買った。払いは銀行落としである。こういうASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)経由の支払いは用心しないと、仮に複数回引き落としされたとしても気がつかないことがある。メーカー名か商品名で落ちるのか、そこが分からないうえ、とくにメーカー名を覚え切れない。これでは用心のしようがない。

★09年5月某日★マイカーのナンバー、ときどき思い出そうとするが、全部は出てこない。とっさのときに車のナンバーを訊かれたら、答えられないだろう。これでは本当のマイカーかどうか疑われるだろう。他人様は、マイカー・ナンバーを覚えているのだろうか。

★09年5月某日★琵琶湖大橋を遠くから見た。湖西線の車窓からである。この橋の建築構想が起こっていたころ、地元で仕事をしていたことを、忽然と思い出した。大昔のことは、鮮やかな色彩を帯びて思い出す。でも借りていた下宿のおばさんの姓や白バイを横転させてケガをした警部補の姓なんか忘れている。文士気取りの妙な酔っ払いの名前も思い出せない。

★09年5月某日★自動車税の徴税書が届く。例年いまごろである。普通車を持つ当方は45000円とある。高いな。例年、こんなに払っていたのかな。任意保険とあわせると、車は置いとくだけでも、年間、相当経費がかかる。

★09年5月某日★豚インフルエンザが大流行の兆し。世間は大騒ぎしている。幸い、あまり風邪を引かない。以前はいつ風邪を引いたかな。まったく思い出せない。

★09年5月某日★借りてきたビデオ。返却日が明日に迫ったので、急いで観た。半分くらい場面が進んで、気がついた。ああ、これは最近見た映画だ。まばたきの合図だけで小説をものにしたフランスの難病男性物語である。ま、いいか、そのまま見直した。

★09年5月某日★ボールペンのような文具の小物がすぐ姿を消す。のりもハサミもメモ帖も。どういうわけだろうな。

★09年5月某日★新聞の読書欄でいいと紹介している本を読んでみようと思いたったときは、
本のタイトルを忘れている。

★09年5月某日★散歩コースで元の勤め先にいた人物とよく似た男にときどき出会った。本日は、思い切って声かけしたら、やはり、そうだった。むこうも覚えてくれていた。まだ、使える脳力であるな。

★09年5月某日★昭和64年、つまり平成元年のころの話題特集をNHKがやっていた。竹下がリクルート汚職で引責辞任、続く宇野が愛人問題が発覚して二ヶ月足らずで辞職、続いて海部が継いだ。海部が掃海艇をペルシャ湾に出して機雷掃除に自衛隊を初めて海外に派遣したのは、平成2年のことだったかな。当時の仕事柄で呉港で船を見送ったことを思い出した。海部が来て壮行の辞を述べた。なにか記憶のきっかけがあると、芋づる式に記憶が繋がるんだな。

★09年5月某日★映画「キリマンジャロの雪」。グレゴリー・ペックにエバ・ガードナーとスーザン・ヘイワードの美人女優が絡む映画。ビデオ屋さんで見つけた。きっと以前に見たに違いないと思ったが、あえて借りてきた。なるほど見たことがあるシーンが随所にあった。しかしストーリーはまったく覚えていなかったので、まあ、いいか。この調子だと、たいがいの昔の映画は見直せる。なんせ、みんな忘れているからだ。




★09年4月某日★カードの更新で窓口の係り員がお宅の電話番号の下4ケタを言え、という。
これが結構難儀なんである。電話番号を途中でチョンギッテ言うには、易しいようでむずかしいのだ。結局、市外局番から10ケタ全部いわなければならない。

★09年4月某日★ネットで商品の購入段取りを進めて、注文を送信する。ここで安心するかと思いきや、猛烈に心配になる。ちゃんとめざす商品の品番だったか、手順どおりだったか。やむなく送信手前まで再度演習する。記憶力低下にともなう不安過剰かな。フツーの神経かな。

★09年4月某日★文章読本という文章の書き方についての本は山ほどある。それをマナイタに上げて、片っ端からこき下ろしている本が面白い。斎藤美奈子の『文章読本さん江』。読本類に共通している書き方の5大心得、3大禁忌とあり、フムフムと読んだけれど、布団に潜りこむや、5や3のうちの一つも思い出せない。何一つ頭にとどまらないとなれば、もう読書は意味をなさない。うーん。

★09年4月某日★阪神タイガースはまずまずの出足でシーズンをあけたが、この数試合の先発投手のラインナップを思い起こすと、半分が出てこない。何を見ていることやら。

★09年4月某日★最寄りの山にサクラを見に行った。十分に見事なサクラを拝むことが出来たけれど、相当目に付く石碑が立っていた。見たことがないと思ったけど、平成18年建立とある。しょっちゅう登っているつもりなのに二年も来なかったか、来ていても目につかなかったか。あいまいな記憶に茫然だ。

★09年4月某日★gmailとかhotmailとか無料のメールアドレスを登録するが、すぐ忘れてしまう。
必要だと思うときに役立つことは滅多にない。やはりメール発着信の実績からして、複数のメールアドレスを使いこなすほど、用途がないのだ。寂しいかぎりだね。



★09年3月某日★ネット上でフリーのサービスが得られる、いろんな会やショップや発信先にIDとかパスワードを登録してきたが、改めて調べてみると、多くは日常使っていない。登録したことも忘れている。たぶんなんかしらの興味を覚えて登録したのであろうが、そのモチベーションをきれいさっぱり忘れている。我ながら、見事に忘れているじゃん!!

★09年3月某日★図書館に行くたびに、なにかモノ忘れした気分であったが、きょう、それが氷解した。もう一月以上まえに翻訳本の貸し出し予約をしていたのだ。一月以上たっているから時間がかかり過ぎているが、先約が多いのかもしれない。それにしても予約したこと、予約した本のタイトルのことを忘れているようでは、なんともだらしない話である。

★09年3月某日★高校の前を通ると、卒業証書授与式とあった。そういう季節なんだが、振り返って我が身の高校卒業式はどうだったか。なんにも覚えていない。ひょっとしたら式はなかったのかと思うほど、なんにも覚えていない。ああ。

★09年3月某日★沖縄の三泊四日の旅を文章にまとめかけているが、旅の途中でメモをとることを忘れた。こうなると、後頭部を叩いても、前額部を叩いても見聞したことが、すっきり浮上しない。メモなしでは、もうダメなんだ。


★09年2月某日★病院で糖尿を疑われる血糖値の上昇があった。とうとうクスリを飲むことになった。二種類の投薬である。この長いカタカナ文字のクスリの名前がぜんぜん覚えられない。先に高血圧と痛風のクスリをのんでいるので、なおさら混乱する。いよいよ我が認知力は、万事を腑分けする能力が欠けている。末期症状に入ったようだな。

★09年2月某日★旅行を計画した。一応、旅程が決まったのだが、その日取りがいつなのか、いつまでたっても身につかないから、しょっちゅう行程を書いたペーパーを見ている。

★09年2月某日★中学時代の同窓会があった。卒業いらい半世紀を超える。案の定というか、ほとんどの同窓生の名前も顔も分からなかった。申し訳ないことだが、覚えていてくれる元クラスメートがお声を掛けてくれるのだが、どうしても面影がつかめぬ人が大多数だった。ボケが進んでも、若いころのことは比較的よく記憶に残っているものだという通説に疑問を感じる事態だった。やがて悲しき同窓会、、という感傷に陥ったな。

★09年2月某日★車の保険先を変更しようとGSに行ったら、証券をみせてくれと言われて出直すことにした。三週間くらい前である。きょう、またGSに行って、保険の値踏みを聴いたら、証券を見せてくれと言われた。いまのが分からないと、アップもダウンもできないという。当然だ。また肝心の証券を持っていかなかった。

★09年2月某日★借りてきたDVD映画のタイトルが覚えきれない。覚えないまま見て返却するから、次に行ったとき、迷う。これは見たのか、まだなのか。

★09年2月某日★リチャード・ギアの出世作、「愛と青春の旅立ち」の相手役のヒロインはだれだったかな。気になりだすと、ずっと気になっていたが、ほとんど30時間くらい後に、ひょいと出てきた。デブラ・ウインガーだった。相当スローながら、ちゃんと浮上したではないか。

★09年2月某日★古い新聞の切り抜きが机上にあるが、表裏ひっくり返しても、どの記事が必要と思って、切り抜いたのか、それが分からない。ボウゼンだなーーあ。

★09年2月某日★家にあるケータイの電話番号が覚えきれない。

★09年2月某日★車にペットボトルを入れて行って、途中で自販機からペットボトルを買う。もう戻れないほどモノ忘れが進行しているようだな。

★09年2月某日★100から7を引く。この引き算を順番にしてゆく、というのが認知力テストにあるそうだ。100−7=93、 93−7=86。5でなく、奇数の7というのが曲者だ。けっこう頭の中がグルグル回る。

★09年2月某日★渡辺淳一の本を借りてきた。読み始めてページ数にして三分の一くらい読ん
でから、この本は昨年も借りて読んだことを思い出した。我ながら恐ろしいのは、昨年読んだ本をまた気付かぬままに借りてくることだ。そのうえ、三分の一くらい読んでから、そのことに気付く反応の鈍さだ。

★09年2月某日★冬場の日曜はマラソンや駅伝の中継は多い。走ることは好きなので、ついついTVを見ているが、女性ランナーでどうしても名前が思い出せない人が走っていた。なんということか。



★09年1月某日★マーク・ゲインの「ニッポン日記」(抄訳)を読み返した。箱入りの本が箱にくっついていて、取り出すのに時間がかかった。紙が黄色くなっている。大昔、おそらく学生のころに買って読んだのだろう。読んだ時期も内容も、きれいさっぱり忘れている。編集・解説 臼井吉見とある。この名前には覚えがあって、なつかしいな。

★09年1月某日★パソコンの「お気に入り」にたくさんのサイトを取り込んでいるが、どんな必要性があって取り込んだが、さっぱりわからないサイトが多い。多分、そのときは必要だったのだろうが、思いだせない。

☆09年1月某日☆それでね、うちのカミサンにも話して大笑いしましたよ。プールで会う男性がそう話してくれた、この話、昨日も聞いたばかりなんだがな。しゃべっている男性も、話したことをお忘れのようである。同病相憐れむ関係だね。

★09年1月某日★見知らぬ人からお辞儀された。誰だったか,見当がつかないが、三時間くらいたって、前にウォl-キングをごいっしょした人だった。申し訳ないことだ。

★09年1月某日★年賀状を頂いた方の名前を見ていて、さて、この方に年賀状を差し上げたかどうか、自信が持てなくなった。逆に出していないと思って、早々に詫びを入れたら、受け取っているとの返事もあった。いよいよ我が記憶力は幽玄境をさ迷いだした。

★09年1月某日★毎年末に健忘録のページを替えることにしているが、ことしはたったいま、気がついた。変更を忘れていた。