継体天皇皇位継承で注目 福井出身の現天皇家直系の天皇  1500年余続くY染色体 TOPへ                
     (関連サイト)          
       足羽山の継体天皇像(福井市) 継体天皇が植えた淡墨桜阜県根尾村) 伝・欽明天皇陵(奈良県高市郡明日香村)
   継体天皇(450?〜531?)は応神天皇5世孫であると日本書紀は伝えるが、応神天皇から継体天皇まで6人の繋がりを記録していない。継体天皇の母・振媛(ふるひめ、ふりひめ)は垂仁天皇7世孫だというが古い系譜の精査は著しく困難だっただろう。
 直木孝次郎(敬称略)ら幾人もの有力な古代史学者の間では、継体天皇は元々天皇家とは何の血縁もない越前の豪族であり武力で大和を制圧して天皇位を簒奪し、これまでとは違う別王朝を作ったとする「王朝交代説」が根強い。
無視できない幾つもの傍証が挙げられる。               ご案内天皇堂
 ☆河内国樟葉宮(大阪・枚方市)で即位後大和に入り磐余の玉穂宮(奈良県桜井市)に入るのに20年もかかったのは大和の勢力の反対にあったからだ。それで継体天皇陵だけが大阪・高槻に築かれている。
 ☆第25代武烈天皇は残虐非道の王とされ、妊婦の腹を切り胎児を取り出したり、爪をはがして芋を掘らせたという。そのような人だったので皇后はいても跡継ぎがなかった言われるが、当時の天皇は幾人もの女性を伴っていたのだから天皇家一族の血筋の者が大和や河内に全くいなかったとは考えられない。
 ☆継体には、血統は嗣がないが家は継いだという意味が込められている。
 等である。奈良時代に淡海三船(おうみのみふね)が歴代天皇の漢風諡号を撰定したが諡号には深い意味があるようだ。
 ご案内出自に関する参考資料 福井県史   その他の資料
 
 
 雄略天皇と和珥臣深目(ふかめ)の娘・童女君(おみなぎみ)の間に生まれたのが春日大娘皇女(かすがのおおいらつめのひめみこ)であり、春日大娘皇女と第24代・仁賢天皇との間に生まれたのが
手白香皇后(たしからのこうごう、手白髪)なので手白香皇后は古代に大きな足跡を残した第21代・雄略天皇の孫にあたる。天皇家との血縁が極めて薄い継体天皇と王家との絆を深めた手白香皇后の存在は大きく第29代・欽明天皇の生母である。 

     継体天皇の3人の子が
第27代・安閑天皇(466〜536)、第28代・宣化天皇(467〜539)、第29代・欽明天皇(?〜571)である。継体天皇にとっては越を発ってから磐井の反乱を鎮めて大和で安定政権を確立するまでの20年間を手足となって辛苦を共にした最愛の息子だったと思われるが、安定した長期政権には母方の有力豪族の力が不可欠であり地方豪族に過ぎない尾張連草香姫を母とする安閑天皇と宣化天皇の在位は短かった。何らかの政変があったのではないかというが骨肉相食む深刻なものではなかったようだ。宣化天皇の皇女・石姫(いしひめ、?〜?)が欽明天皇の后妃になっているからである。石姫は敏達天皇(?〜585)の生母となり、後の天智天皇、天武天皇、持統天皇(天智の第2皇女)へと繋って、ここに中央集権の律令国家が成立した。

    継体天皇
福井市立郷土歴史博物館蔵、転載禁止
  欽明天皇は百済(クダラ)の聖明王からの仏典・仏像を受け取り(538年とも552年とも言われる仏教公伝)30余年の在位中に仏教の教えに基づいて国をまとめる礎を築くなど大きな役割を果たした。その名にふさわしく賢明な天皇だったという。聖徳太子の仏教文化振興や渡来人の重用は欽明天皇の施策を手本にしたと考えることができる。

 継体天皇の嫡男・欽明天皇の第2皇女で在位36年の第33代・推古天皇(554〜628、継体天皇の孫)や
聖徳太子(継体天皇の曾孫、574〜622)らが活躍して継体天皇の即位をきっかけに大和朝廷は著しく発展した。大和政権の基盤を盤石とした継体天皇と手白香皇后の存在は極めて大きい。

  全国に15万基程も古墳があり被葬者が確定できているのは何十もないと言われる中、継体天皇陵や手白香皇后陵はほぼ確定されている。又、全長310mに及ぶ見瀬丸山古墳(五条野丸山古墳)を欽明天皇陵とする(橿原市見瀬町、外部サイト)見方がある。
 
  
「越前の豪族が天皇になった事」対抗意識を燃やして筑紫で起こったのが磐井の反乱(527年)である。越前、筑紫ともほぼ同じ位の耕地を持ち、更に筑紫は大陸の先進文化を受け入れやすく温暖で生産性も高かった。戦闘は1年半続いたが苦戦の末に大和朝廷の勝利に終わった。この頃の中国にとって倭国は北九州だという認識もあり、この時に磐井を討伐できなかったら逆に磐井が大和に侵攻して大和朝廷が屈服させられたかも知れない。

 
天皇堂(てんのうどう、福井県坂井市丸岡町女形谷)は507年に大和朝廷の使者・大伴金村らが男大迹王(おおどおう、後の大和朝廷第26代・継体天皇)を迎えるために拝謁した所という伝承がある。
 継体天皇には、福井を初め勢力圏内の近江や尾張の豪族から娶った何人かの后妃がいて皇子・皇女は幾人もいた。福井市の足羽山(あすわやま)中腹にある足羽神社の社家・馬来田(まくた)氏はその内の一人である馬来田(うまくた)皇女の末裔という。
 
 
  王子ケ池。勾大兄王子(まがりのおおえのおうじ、継体天皇の第1王子で後の第27代安閑天皇,466〜536)と、檜隈高田皇子(ひのくまのたかだのおうじ、継体天皇の第2王子で後の第28代宣化天皇、467〜539)の産湯に供したとされ、この付近7坪はかつて宮内庁用地、今は国有地となっている。
 
継体天皇(男大迹王、おおどおう)は目子姫の間に粟田部(あわたべ)で二人の王子をもうけた。
参考資料(花筐公園、福井県越前市粟田部町17−20、外部サイト)地図案内
ご案内
   皇位継承を性染色体から考える興味深い視点がある。人は精子や卵子などを除いて1個の細胞中に23対(計46本)のらせん階段状をした染色体が入っている。その内の22対が常染色体、もう1対は性を決める性染色体で男性はXY染色体、女性はXX染色体から成っている。Y染色体は父から男子にのみ受け継がれ、これまで全ての男性天皇は同じY染色体を持っている。男性天皇のXYは、母親のXと父親からのYであり、Yは常に父親に由来するので、父親、祖父、曽祖父、さらにその先祖の父など、同一のYが無限に続いている。Y染色体は幾世代を経ても殆ど変化しないという。実在が確実視されている第10代・崇神天皇、更に遡って実在したかも知れない初代・神武天皇から受け継がれてきたそのY染色体は第126代の今上天皇まで受け継がれている。神武天皇から男系天皇(父方が天皇)が即位してきたのでこの点からも万世一系という事ができる。過去8人(10代)の女性天皇が即位したが彼女らの父親は天皇(皇極(=斉明)天皇のみ敏達天皇のひ孫)なので女性天皇だが男系天皇だった。今、女性天皇(男系天皇でも女性なのでXX染色体を持ちY染色体は持たない)が即位すると旧宮家などのY染色体を持つ男性と結婚して男子が誕生しない限り古代の天皇から受け継がれてきたY染色体は皇室から絶えてしまう。
 輿論調査では女性天皇を肯定する意見も多いがそもそも天皇を希望する女性がいるのか、更に女性天皇との結婚を希望する男性はいるのだろうか。その女性天皇の次の候補者はどうするのだろう。


 天皇家に受け継がれてきたY染色体は臣籍降下した源平直系の男性子孫にあたるような相当多くの人達などにも引き継がれているが、ここに来て菊栄親睦会(きくえいしんぼくかい)の存在が注目されている。
 
GHQ占領下にあった1947年、昭和天皇の意を受けて皇族と旧宮家(1947年に皇籍離脱した11宮家)からなる菊栄親睦会が結成された。当時、宮家は昭和天皇の弟にあたる秩父宮、高松宮、三笠宮の三家になってしまった。皇族を減らすというGHQの強い圧力があり、皇籍離脱を強いられる宮家からは猛反発もあったという。跡継ぎがいない宮家は他の宮家と養子縁組する手もあったからである。昭和天皇の心の内には皇后以外の女性を身近におけない新しい時代に三宮家だけでは将来にわたって皇位継承できるのかという不安があったのではないだろうか。のではないだろうか。
 
現在の菊栄親睦会の中には20代半ばまでの若い男性が7名程おられるようで、折に触れて注目が集まる。今は悠仁親王(ひひと、2006〜)がおられるので皇統途絶の声はあまり聞かれないが、1500年前に継体天皇が血縁が薄いながらも皇位を継いだ事実があったように、菊栄親睦会の男性が将来天皇位につく事があり得るのではないか。国会議員の中にも(自民党・青山繁春ら)旧宮家に注目する人達がいる。旧宮家の男子は皇族に戻る覚悟を、と力説する人もいる。女性宮家よりも旧皇族の皇籍復帰が現実的であろうし、政府からも皇籍復帰の声が聞かれる。約1500年前、継体天皇が即位するまでに多くの困難があったと『日本書紀』は伝えるが皇位継承に混乱が生まれないようなシステムが必要である。

 江戸時代には将軍の跡継ぎを絶やさないシステムとして御三家(尾張徳川家、紀州徳川家、水戸徳川家)と御三卿(田安徳川家、一橋徳川家、清水徳川家)が設けられて将軍家に跡継ぎがいない時には御三家、御三卿から家康のY染色体を持つ男系の将軍を出し260年余に渡り徳川家が日本の統治者として君臨した。

 将軍は多くの側室を持っていたが御三家からは紀伊徳川家の第8代将軍・吉宗が出たものの御三家筆頭の尾張家から将軍は一人も出ず、幕末の第15代将軍・慶喜は水戸藩主・斉昭の7男だったが御三卿一橋家へ養子に出たので水戸家からも将軍は出なかった。家康の直系は第7代将軍・家継で途絶えた。初め越前丹生郡に3万石の領地を与えられた吉宗は2人の兄が相次いで亡くなったので和歌山藩第5代藩主となっていたが第8代将軍に抜擢された。
吉宗以降は紀伊徳川家か吉宗系の御三卿に連なる者から将軍が選ばれた。
 
 過去から受け継いできた歴史や伝統を安易に捨ててはいけない。かつて日本中にあった多くのお城が明治に壊され、JR福井駅前まで広がっていた福井城の百間堀という壮大なお堀を埋め立ててしまったのを今になって多くの人が惜しんでいるように、一旦失ったものはもう取り戻せない。
ははどうするのだろうか。
     
  「王朝交代論」とはどのようなものだろうか。江上波夫(以下、敬称略)、松本清張、直木孝次郎ら諸大家の説は各所で違いがあるが、『日本神話と古代国家』(直木孝次郎、講談社)を参考に短くまとめてみる。短くまとめなかったらこの話は終わらない。初代・神武天皇から平成の第126代天皇・徳仁まで3人の「神」をいだく天皇が挙げられる。

@ 初代・神武天皇は本当の名前は神大和磐余彦(かみやまといわれひこ)で、奈良・畝傍(うねび)にいて天下を治めたと『記紀』は伝える。しかし、天皇を支えたとされる大伴氏や物部氏は5世紀の大阪に本拠を置く豪族であり矛盾が生ずる。又、初代天皇としてふさわしい古墳が畝傍付近に見あたらない。神武天皇は実在しなかった天皇である。第2代・綏靖天皇から第9代・開化天皇までは、日本書紀には行動、事績が記載されておらず実在しなかった天皇と考えられる。実在したと考えられる第10代・崇神天皇(すじんてんのう、和風諡号(わふうしごう)は、みまきいりひこいにえ)は御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)つまり初めて国を治めた天皇という称号を持つが、もし、初代神武天皇が実在した天皇なら後の第10代崇神天皇がそのような称号を持つはずがない。

A 3世紀末から有力な豪族が現れ始め、4世紀中頃からそれらを統合して三輪山の麓の
巻向付近で初期大和政権が成立した。その長が第10代・崇神天皇(すじんてんのう)として日本書紀に記載された人であり、実際にはこの人が実在した初代の天皇で第1次大和朝廷の祖であろう。(水野祐、井上光貞など殆どの史家は崇神天皇を実在した初代の天皇とする。)実在のほぼ確かな第10代崇神天皇、第11代・垂仁天皇(すいにんてんのう)、第12代・景行天皇(けいこうてんのう)の後に、第13代成務天皇(せいむてんのう)と第14代・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の名があるが、この2人は崇神王朝と第2次大和朝廷の祖である第15代・応神天皇とを繋ぐために作り出された(実在しなかった)天皇ではないか。崇神王朝は長く続かなかったようだ。

B4世紀後半に大量の鉄製武器を持つ強力な武力を持つ豪族が河内・和泉方面に現れた。これが第15代・応神天皇であり、第1次大和政権を打倒して第2次大和政権を担った。応神天皇は大阪地方の豪族と考えられる。
と言うのは、応神は難波の大隅宮、第16代仁徳は難波の高津宮、第18代・反正天皇は柴籬宮(しばがきのみや、羽曳野市)に都し、更に陵は応神陵や仁徳陵など第19代允恭天皇まで全て河内・和泉に築かれた。応神王朝は、中国にもたびたび使いを出し、『宋書』倭国伝には讃(さん)・珍(ちん)・済(せい)・興(こう)・武(ぶ)という倭王の名が見られるが、武は第21代・雄略天皇であろう。この頃に東北以北と九州南端を除く日本全域がほぼ大和朝廷の支配下に入ったが抵抗の激しい地域もあった。5世紀を通じて大いに栄えた応神王朝は、第25代・武烈天皇が奇怪な遊びをし時には妊婦の腹を割いて見るなどの暴虐を行い子もなかった。このために大和朝廷は断絶の危機に立たされ混乱に陥った。

C大伴金村らが各地に皇統を探しついに
三国(現在の福井県坂井市丸岡町付近)から出たと日本書紀が伝えるのが第26代・継体天皇で第3次大和政権を担った。しかし、彼は越前の豪族に過ぎず「応神5世の孫」という日本書紀の記述は皇位継承を正当化する口実に過ぎない。応神王朝は武烈で絶え、継体天皇が建てた新王朝が現在の天皇家である。

 
 古代の天皇について大家の見解を紹介する(敬称略)。
◎応神天皇は大阪地方の豪族である。第26代・継体天皇は元は越前の豪族に過ぎない。継体天皇が建てた新王朝が現在の天皇家である。 (古代史学者・直木孝次郎)
◎三国より出た継体天皇を新王朝の始祖と考えている。応神の母・神功皇后は母方でさかのぼると新羅の王子・アメノヒボコ (天日槍)にたどり着く。『古事記』に継体天皇は近江の出身という記述が見られるが、これは生誕地が近江であるという意味であろう。(考古学者・森浩一)
◎継体大王の勢力や人柄が形成されたのは越前の風土の中においてであったろう。三尾氏というのは、本来は越前が中心だった可能性がある。 (古代史学者・門脇禎二)
◎応神天皇は朝鮮半島から九州北部に上陸し、その後河内に至った。書紀の記事も継体紀からはよほど信用して良い。
応神天皇5世孫などというのは赤の他人と同じだ。(作家・松本清張)
◎越前から近江まで即位前の継体天皇の一家の力がのびていたために、『古事記』は近江から継体天皇を迎えたと記したのだろう。 (古代史学者・武光誠)
◎第10代・崇神天皇も第15代・応神天皇も満州・蒙古系の騎馬民族であり朝鮮半島を経由して日本に渡来した。 
騎馬民族征服王朝説で知られる江上波夫・東大名誉教授
◎六世紀初頭において越前人が、その勢力をひきいて倭政権の首長になったということは、その後あまり冴えなかった越前という地の日本政治史上の位置から考えて、尋常ならざるできごとといっていい。(作家・司馬遼太郎)

 研究者の主張にはあちこち違いが見られるのだが、継体天皇から現在の天皇家まで皇統が確実に繋がっているとする点では全員一致している。第26代継体天皇から令和の第126代天皇・徳仁(なるひと、1960〜)まで連綿と101代1500年余、これだけの長い歴史を持つ王家は世界史上に例がない。
 
 これ以外にも継体天皇の母・振姫(ふりひめ)の父・オハチ(乎波智)君は朝鮮半島にあった加羅王国のハチ王ではないか、継体天皇は渡来系ではというような話が高名な史家の口からも出てくる。
 日本に近い国・韓国との往き来は盛んである。福井弁丸出しで「あのお〜。」と言った時などの抑揚(イントネーション)は韓国語にうり二つである。朝鮮半島と日本との歴史的な交流の多かったことを示しているようだ。