HOMEへ | とっとパークとは | とっとパーク豆知識 | ポイントマップ | とっとパークの仕掛け | 主な釣果 |水中動画| 釣り動画 | 魚種別攻略 | 掲示板


とっとパークの危険な魚・生き物


とっとパークで釣れる危険な魚、生き物を紹介です。「とっとパークに居るかよ!」って生物も含まれてますが、備えあれば憂い無しです。
特にお子さんは何の知識も無いので注意です。
ここで紹介する以外にも噛まれたら痛い魚や食べると危険な魚も居ます。見知らぬ魚が釣れたら、周りの人やスタッフの方にも確認取りましょう。


アイゴ

アイゴ

背びれ、腹びれ、腹の後ろのヒレに毒針有り。刺されると凄く痛みます。


アカエイ

アカエイ

のませ釣りで頻繁に目にするアカエイ。尻尾の付け根に毒針があります。釣り上げた時にムチの様に振り回し、大変危険。死亡例有り。


アンボイナガイ・イモガイ

アンボイナガイ

モウドクフキヤガエルとタイマンを張れる地球上で最強クラスの毒を持つ貝。毒矢の銛を持っており、刺されると高確率で死に至るほど。
分布は太平洋、インド洋一円。和歌山で発見例有り。釣りで釣れる事はまず無いですが、磯遊び等では注意。


ウミケムシ

ウミケムシ

ズボ釣りやチョイ投げしてたら掛かる事あります。びっしり生えた毛に刺胞毒有り。
海に住む毛虫で「ウミケムシ」チャームな名前ですがゴカイの仲間です。


オコゼ

オコゼ

とっとパークで時折釣れてます。食用なら高級魚扱いですが、背びれに毒有り。類縁のオニダルマオコゼでは死亡例も有ります。


ゴンズイ

ゴンズイ

背びれや胸びれに毒針有り。オキアミズボ釣りや展望デッキ下で釣れる事有ります。
とっとパークで以前、「何か変な魚釣れた」とゴンズイ知らない人居ました。掴まないように要注意です。


スズキ

スズキ

エラの部分は鋭いカミソリのようになってます。海釣太郎は暴れた際に手を切り流血した経験あり。


スベスベマンジュウガニ

スベスベマンジュウガニ

可愛いキラキラネームとは裏腹に身や筋肉に麻痺性貝毒やフグ毒を併せ持つカニ。大阪湾・和歌山など千葉〜沖縄までの太平洋岸に生息。小さいので食べるのは珍しいのですが味噌汁に入れたりの食用は危険
NHKみんなのうたで2003年に「恋のスベスベマンジュウガニ」という、とんでもない名前の曲が放映され、後に毒性である事が判明し断り書きを添えて再放送したとか。


ソウシハギ

ソウシハギ

フグの70倍もの毒、パリトキシンを内臓に含む。ウマヅラ、カワハギと似ているが食すのは危険。この頃全国各地で目撃、捕獲例がありニュースにも出ています。
とっとパークでは2009年から釣果で散見。持って帰ろうとする人や「食べれるのか?」と聞く人も居るようです。非常に危険!


タチウオ

タチウオ

鋭い歯があります。噛まれて流血した経験ある人多いはず。子供さんにも注意です。


ハオコゼ

ハオコゼ

オキアミズボ釣りで掛かる事有り。背びれに毒が有り、刺されると酷く痛む。5cm前後でちっこいのに痛みは強烈。
ガシラの赤ちゃんみたいな魚で子供さんが素手で触る危険があるので要注意。


ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコ

唾液に猛毒のテトロドトキシンを含む。本来熱帯域、亜熱帯域に分布するが大阪湾・和歌山、全国各地で発見や目撃例、和歌山 戸坂の波止で釣れたりもしています。
カラフルなタコの赤ちゃん釣れたとか言って、手に乗せたりすると非常に危険。海外では死亡例も有り。


フグ類

フグ

フグの素人調理は危険です


ミノカサゴ

ミノカサゴ

背びれを中心に有り。とっとパークでの釣果事例も有ります。
優雅な姿と物怖じしない事からダイビングでは人気者だったりします。


メバル

メバル

エラや背びれの棘に微毒を備えてる固体があり、刺さるとピリピリ痛みが続くことあります。魚体を持つときは口を持つかタオルを使いましょう。




HOMEへ | とっとパークとは | とっとパーク豆知識 | ポイントマップ | とっとパークの仕掛け | 主な釣果 |水中動画| 釣り動画 | 魚種別攻略 | 掲示板