行間を指定してテキストを読みやすくする

 HTMLには行間を指定するタグは用意されておらず、プラウザによって、その解釈はまちまちです。また<P>や<BR>タグにより挿入される改行の幅についても同様です。特に長文テキストでは、行間が広すぎても、狭すぎても読みにくく、またフォントの種類にも左右されます。行間を正確に指定するには、スタイルシートを使って行間を適度な広さに指定できます。テキストの行間調整は、スタイルシートの属性[line-height:数値]で指定します。数値はpx,pt,cm,in,mm,em,%で指定する。例えば<body>タグに対して、この属性を指定すれば、ページ全体のテキストに有効です。<p>タグに指定すれば、その段落のみ有効となります。
(ここまではline-height:150%です)

字間を空けてテキストを読みやすくする

長文テキストを読みやすくする方法として、字間を指定することもできます。上記で行間の指定をしましたが、これと併用して字間を空けていくと、長文テキストがかなり読みやすくなります。例えば歌詞や詩などを、ほかのテキストと区別して表示したいときに効果的です。字間の指定には、スタイルシートの[letter−spacing:数値]で指定します。数値はpx,pt,cm,in,mm,em,exで指定します。しかし、上記の行間指定と数値の対象が違うので注意が必要です。例えば10ptと指定すれば字間が空きすぎて読めません。また、字間の数値に%は使用できません。
(ここまではline-height:150%+letter-spacing:2ptです)