大仏駅待合室旧掲示板 保存庫
移転前の2002年11月25日から2006年2月18日までの旧掲示板の記事を保管しています。

大和北道路 平城宮跡迂回案に合意
2006年2月18日 21:34:15 会員S3701
●県や奈良市 ルート選定が決着
京奈和自動車道のうち、ルートが決まっていなかった世界遺産の平城宮跡(奈良市)の周辺を通る大和北道路(約12キロ)について、県や奈良市など地元自治体は16日、地下の遺物などに配慮するため東側に迂回(うかい)させる国土交通省の最終案に合意した。01年に始まったルート選定が決着し、08年の都市計画決定を目指す。京奈和自動車道は京都市と和歌山市を結ぶ約120キロ。大和北道路について国交省は「直線で結ぶのが経済的」として遺跡内を通すことも検討していたが、木簡などの遺物や景観に配慮して東側へトンネルで迂回する最終案をまとめていた。大和北道路は、大和郡山市の西名阪道・郡山インターチェンジ(IC)と京都府木津町の京奈道路・木津ICを結ぶ。平城宮跡の前後の4・5キロ区間に直径13メートル、深さ最大40メートルのトンネルを2本掘る。1日の通行量は4万4千台、完成後40年間の経済効果は約7500億円と予想する。藤原昭・奈良市長は「京奈和道は観光振興や渋滞緩和に欠かせず、ルート選定は喜ばしい」と歓迎する談話を出した。一方、市民団体「高速道路から世界遺産平城京を守る会」の小井修一事務局長は「こんな大きなトンネルを掘れば、木簡を外気から守る地下水脈が分断される」と批判している。2006 02 17 マイタウン奈良から


鉄道遺産の保存と活用のシンポジウム
2006年1月30日 8:42:20 管理人 MAIL
  です。土曜日は結局金曜日からの泊まりの仕事となり、参加できませんでした。
どんな風だったか、また、教えてください。


大佛鉄道で奈良再発見
2006年1月20日 21:32:39 会員S3701
 「百年前にタイムスリップしましょう。カッパの川太郎が大佛鉄道に乗るお話の始まり」「黒髪山トンネルまでは急勾配、坂の途中でとまって、乗客の川太郎たちはみんなでヨイショ、ヨイショと後押し、やっとのことでトンネルまで上がっていった。」これは大佛鉄道研究会が作った紙芝居の一節。京都府加茂駅から奈良市の大佛駅までの沿線の風景を描写したエッセーをもとに、建築家で画家の岩崎弘副会長が描いたもの。面白いと評判で、大佛鉄道時代の田園風景など、古き良き時代の奈良市周辺が描かれている。
紙芝居は、大佛鉄道を知りたいという奈良市立佐保小学校の児童の要望で出来上がった。昨年児童の前で上演し、好評だったという。
 大佛鉄道研究会は、同鉄道の歴史的価値をPRするとともに、奈良市から京都府の南山城にかけて残っている遺構を里山の景観とともに保存し、新しい観光スポットを創造しようと活動している。
 紙芝居には次代を担う子どもたちにも大佛鉄道を通して、奈良市周辺の魅力を知ってほしいとの願いを込めたもので、同会は、紙芝居の地域巡回なども考えている。
 同研究会は大佛鉄道周辺の遺構も含めた里山の近代化遺産がとけ込んだ風景を生かしたまちづくり。大佛駅があった公園を「大佛鉄道記念公園」と名付ける。大佛鉄道を広く知ってもらうための小冊子の作成  などの活動を進めている。
2006H18)/1/9 奈良新聞 p15 から抜粋


奈良町の風景」展:思い出いろいろ−−市写真美術館で
2006年1月19日 21:37:27 会員S3701

奈良市高畑町の市写真美術館で、「奈良町の風景−明治・大正・昭和時代−」が開かれている。1890年代〜1970年代の奈良公園、奈良町周辺などの写真や観光案内地図、約160点を展示。訪れた人々は昔の写真や観光案内図を指さしながら、懐かしそうに振り返っていた。
市民だよりや各公共施設でチラシを配布して募集し、地元の写真店や個人、企業などから作品が寄せられた。明治30年代の奈良公園周辺や、昭和初期の芸者の姿、戦時中のもんぺ姿の女性など、時代を反映した写真が並ぶ。同市東包永(かねなが)町の主婦、高谷悦子さん(73)は「もんぺ姿の女性の中に、近所に住んでいたおばちゃんが写っていた。遠い昔をいろいろ思い出しました」と話していた。
「入江泰吉 爛漫(らんまん)大和路」も同時開催で、いずれも3月26日まで。月曜と3月22日は休館。一般500円、高校・大学生200円、小・中学生100円、市内在住の70歳以上・障害者手帳を持っている人は無料。問い合わせは同館(0742・22・9811)。【吉田卓矢】 毎日新聞 2006年1月19日


けいはんな線 試乗会に1万人募集
2006年1月19日 21:26:06 会員S3701
奈良市西部や生駒市北部を通る「けいはんな線」の開業を3月27日に控え、近鉄は同19、20両日に試乗会を催す。計1万人を募集し、当日は開業記念グッズの販売もある。試乗会は、生駒駅を出発して終点の学研奈良登美ケ丘駅まで約20分間隔で走る電車に自由に乗り降りでき、最後は生駒駅に戻る。混雑を避けるため、当日の受け付けは1250人ずつ8組に分けて実施。19日は、1組=午前9時半▽2組=同10時50分▽3組=午後0時10分▽4組=同1時半、20日は5組=午前9時半▽6組=同10時40分▽7組=同11時40分▽8組=午後0時40分。申し込みは、往復はがきに希望日と希望組、代表者の郵便番号、住所、電話番号、参加者全員の氏名、年齢を記し、〒663・8225 兵庫県西宮市今津西浜町2の69 近鉄けいはんな線試乗会事務局(06・6772・8731)へ。はがき1枚で2人まで。締め切りは2月20日(必着)。応募多数の場合は抽選。当日は開業記念として、けいはんな線車両の7020系などをかたどったフィギュアボールペン「トレインペン」(900円)や、缶ペンケース(400円)などを販売する。2006(H18)/01/18 朝日新聞から


奈良で鉄道遺産シンポ 28日、保存活用策を議論 (2006年1月4日)
2006年1月4日 21:17:11 会員S3701
奈良で鉄道遺産シンポ 28日、保存活用策を議論
 ユネスコ・アジア文化センター文化遺産保護協力事務所(奈良
市)は28日午後1時から、国際シンポジウム「近代の文化遺
産を考える―鉄道遺産の保存と活用―」を奈良市の県新公会堂
で開く。当日は、菅建彦・交通博物館長や、イギリス・ヨーク
国立鉄道博物館長が基調講演。貨物鉄道博物館やインド鉄道省
の事例報告に続き、鉄道遺産の保存、活用についてパネルディ
スカッションを行う。閉会は午後4時半の予定。
無料。定員500人(応募多数の場合抽選)。申し込み(1通
につき2人まで)は、参加者の郵便番号・住所、氏名(ふりが
な)、電話番号を記し、往復はがきやファクス、メールなどで
10日の消印有効で同事務所(0742・20・5001、
ファクス20・5701、メールnara@accu.or.
jp)へ。 (2006年1月4日 読売新聞)


大佛鉄研    さん
2005年12月22日 12:08:55 会員S3701
◎―02年に発足した「大仏鉄道研究会」について教えて下さい
約100年前に奈良の町を10年ほど走って廃線になった大仏鉄道を研究しています。歴史価値をPRしつつ、遺構を保存しようと結成しました。大仏鉄道は1898年に関西鉄道という私鉄会社が京都府の加茂から奈良市街まで、山あいの最短距離に敷いた鉄道の通称です。大仏詣でに一番近い駅として『大仏駅』をつくり、遠くは名古屋、伊勢方面からの観光客でにぎわいました。
◎―会は多岐にわたるメンバーですね 当初は10人弱だったのですが、大学教員、建築家、医者、画家など50人を超えました。
月に一度は例会を開きます。20人近くが集まり、大仏鉄道のダイヤや文献発掘の成果を発表したり、跡地を巡ったりもします。大仏鉄道の遺構のれんが造りがオランダ式だとか、専門に即しての意見交換もします。
◎―今年12月には奈良市内の小学校で子どもに大仏鉄道を紹介する学習会を開きました。東大寺など教科書に載る歴史だけでなく、地域に根ざした文化があることを奈良の子どもたちに受け継いでいきたいと思っています。大仏鉄道が動いたのは10年にも満たなかったのですが、「なぜ廃線になったのか」も含めて鉄道の歴史を伝えていきたいのです。
◎―目標、課題は? 私と大仏鉄道は戦時中、自宅の敷地内で父親と防空壕を掘っていた時に鉄道の橋梁部分が出てきて以来の付き合いになります。そんな身近な歴史遺産をぜひとも奈良の地に残していきたい。会としても、大仏駅のあった場所に「大仏鉄道記念公園」などを整備し、観光ルートとしても活用できるように行政、地元住民へ働きかけていくつもりです。
12/19 朝日新聞 企画特集 素顔横顔ならの人 から


はじめて伺いました
2005年10月30日 20:26:32 龍猫
本日、JRのハイキングで
大仏線に初めてお邪魔しました。
明治の息吹ともいいますか貴重な構造物が
数多く残っていたので驚きました。
道の拡幅で一部なくなるとか・・
絶対なくすべきではないと思います。
         では


--------------------------------------------------------------------------------
はじめまして
2005年11月24日 15:37:15 管理人 MAIL
龍猫さま、ご返事が遅れてしまい、申し訳ございません。
先日のふれあいハイクでは、305名のご参加を頂いたと、報告を受けております。
ご参加の人数に対して、説明する側の数が圧倒的に少なかったことと、
トイレの数が少のうございまして、ご迷惑ご不便をおかけしたことと思い、この場を借りてお詫び致します。
さて、大仏線の遺構が最も良く残っております、木津町梶ヶ谷地区につきましては、現在、大仏線跡の町道をヘリテイジ(歴史歩道)化するよう、UR都市機構のご担当者とは非公式にお話しさせて頂いております。
しかしながら、梶ヶ谷を抱える木津中央地区(ニュータウン)は学研都市としての国家プロジェクトでもあり、非力な当会のみの力ではどうなるものではありません。
一方で、機構のご担当者としては、個人的には大仏線へのご興味をお持ちの方も多く、追い風が吹くうちに、保全の方向へと向けていけますよう努力して参ります。
今後とも、今回のようなハイキングを通じて、出来るだけたくさんの方々に、明治の鉄道開拓の歴史に触れて頂き、梶ヶ谷の重要性を一人でも多くの方に認識して頂けるよう、努力して参りたいと思っています。
今回のハイキングは盛況の内に終了し、また、来年もJRから依頼が来るような気配です。
来年は、また、いっそう充実したハイキングとなりますよう、当会も準備を進めて参りますのでよろしくお願いいたします。


行って来ました!第4弾 ビッグニュース「けいはんな新線」ウォーク
2005年10月30日 19:50:37 会員S3701
 いつもの小西通り「フジケイ堂」を何か月ぶりにのぞいてみました。鉄道の雑誌は1冊もありませんでした。どうなったのでしょうね?反面目に付いたのが来年向けの「カレンダー」知名人とは反対に自然を生かしたカレンダーがずらりと並んでいて、どれも350円 鉄道のものはないかと・・・・見当たりません。店内は中年以上の男女数名何か一生懸命探している姿におされて出てきました。いつかまた鉄道にかかわる書籍・雑誌が出てくることを願わずにはいられません。
 また午前中は「けいはんな新線」の学研北生駒駅から白庭台までトンネル(130m)を含めた路線を歩いてきました。何と3千名に近い人が参加したとか。明日の各社(奈良版をはじめ)新聞に掲載されること思います。今夜の奈良TVのニュースにも紹介されますよ。お楽しみに!


木津駅の建物財産票が無くなっていた
2005年8月17日 23:39:08 会員S3701
 機会ある毎にJR木津駅構内を列車と共に撮影しています。
本日も奈良駅から乗車して木津駅で下車。学研都市線の列車を前後撮影し、東方の山は開発の波でか、一直線に道が付きつつあり、これも撮影。奈良駅ホームの北側は古からある上家で財産番号1001昭和3年4月の建物財産票が以前からあったが、たずねてみると
はがせれて無くなっているではないか?その他の標識も確認する必要ありと感ずる。鉄道愛好家?マニア?知らないが確かに無くなっているのである。鉄道の記念なるものはなくなつてよいのか?近々この木津駅も橋上駅に改良される。その準備中である。構内にある各種の既存物を記録に留めておかないとどんどん無くなっていくような気がしてならない今日です。


--------------------------------------------------------------------------------
木津駅の工事が始まります
2005年8月25日 14:11:15 管理人 MAIL
まずは、橋上通路を支える柱の工事と
山城病院側へ、片町線の引き込み線を増設する、築堤法面の直壁工事からだそうです。
(片町線は1面2線となるのかも知れません)

夜間、終電を待って行われる線路内への立入工事があるため
しばらく24時間の工事となる模様です。
工事の関係で、現在の駅舎からの入り口が閉鎖され
トイレの脇に、仮設の入り口が設けられるそうです。
ということは、大正12年建築といわれる、木津駅駅舎も、もうすぐ取り壊される運命のようです。
しばらく、動向が見放せませんね。


京滋の鉄道 50年(梅小路蒸気機関車館)
2005年6月27日 7:13:35 会員S3701
写真展:SLや市電など、京滋の鉄道50年−−下京区で開催中 /京都

 ◇電化、地下化など、写真50点で回顧−−梅小路蒸気機関車館で開催中
 蒸気機関車(SL)の最後の雄姿や、廃止を惜しむ市民に囲まれた市電など、京都と滋賀の鉄道の半世紀の歩みを振り返る写真展が、下京区の梅小路蒸気機関車館で開かれている。
 鉄道友の会京都支部(高山礼蔵支部長)の会員が撮った50点で、同支部発足50周年を記念した。変化する「社会」を切り取った報道写真に通じる作品ぞろいで、鉄道ファンならずとも楽しめる。7月10日まで。
 1956年11月に大津駅で写された列車は、電気機関車とSLが先頭に立つ。東海道線米原―京都間の電化を翌日に控え、電気機関車の試運転をしつつトラブルに備えて従来のSLもつないだ「電蒸運転」を記録した珍しい1枚。また、修学旅行専用電車「きぼう号」は、59〜71年に京阪神の中学生を東京に運んだ。京都駅停車中をとらえたモノクロ写真には「黄色と朱色のツートンカラーが鮮やかだった」と説明が添えられている。
 時代の波にのまれて消えていった京都市交通局のトロリーバス(69年9月30日)や市電(78年9月30日)の最終運転日の1枚も飾られている。トロリーバスの車体には「皆さん、さようなら 長い間ありがとうございました」と幕が張られ、市電がたたずむ烏丸車庫前には名残を惜しむ市民が詰めかけている。
 一方、ニューフェース登場時の写真としては阪急大宮―河原町間の延伸開通(63年6月)▽東海道・山陽線に「新快速」デビュー(70年10月)▽地下鉄烏丸線開業(81年5月)などが並ぶ。京阪電鉄七条―三条間地下化完成(87年5月)には「踏み切り廃止で交通事情が改善された一方、鴨川堤の桜が見られなくなったのは寂しい」とあり、当時の賛否両論がうかがえる。
 同支部の島本由紀事務局長は「広く鉄道文化を愛する会員の心意気を感じて」と話している。月曜休館、入館は午前9時半〜午後4時半。同館(075・314・2996)。【鶴谷真】

6月25日朝刊
(毎日新聞) - 6月25日17時1分更新



大仏鉄道の遺構『赤橋』が京都府庁のHPに載りました。
2005年5月2日 23:49:43 木津町民
京都府庁のHPに投稿した赤橋の写真が3月の写真に選ばれました。より多くの方々に大仏鉄道のことについて関心が深まれば大変うれしく思います。京都府庁のHPです。。

http://www.pref.kyoto.jp/koho/photoclub/index.html


--------------------------------------------------------------------------------
おめでとうございます!
2005年5月12日 16:55:18 管理人 MAIL
いやー、よかったですねー。
やはり、大仏鉄道への関心の高さは大きいですね。
もっと、保存に向けて我が会も貢献せねばなりませんねー。
壊すのは簡単。
しかし、100年の歴史の厚みは、保存以外残す方法がありません。
個人的には、移転保存は反対します。
毛皮の剥製にされたニホンオオカミ的な、魂のない抜け殻にしても、赤橋の美しさは表現できません


会員S3701さんへ
2005年4月19日 18:32:38 管理人 MAIL
いつも書き込みありがとうございます。
朝日新聞の勝手に世界遺産(登録番号21番)の記事みました。
なかなか、この記者さん、文学的な表現で、おもしろい文章を書いておられました。
なんでも、事務局長宅には20件強の問い合わせの電話がかかってきたそうで
さすが、反響は大きかったですね。

次回の総会には、久しぶりに出席いたします。
仕事も、ようやく一段落しつつあります。
では、24日にお会いします。


国立国会図書館で・・・
2005年4月11日 21:48:49 木津町民5年生
明治時代の地図を見ていたら、確かに大仏鉄道が地図に記されてました。
いつも、遺構しか見てないのに、あらためて地図に載ってある大仏鉄道の路線を見ると・・・本当に走っていたんだなぁ・・と少し感動しました。。。
しかも、廃線になってからは、きちんと地図から外されてあって・・・
会長さんもご覧になっていたようです(・・・というか、会員さんは全員、見たことあるのでしょうね)

コピーした地図と、空中写真を照らし合わせてみても、やはり相楽の里山の中を力強く、走っていたのを想像できます。。


--------------------------------------------------------------------------------
お電話ありがとうございました
2005年4月19日 18:28:48 管理人 MAIL
陸地測量部の地形図ですが、精華町の国会第2図書館にもあったのですね。
知りませんでした。
暇があれば、わたしもじっくり関西鉄道(株)に関する本を読みあさりたいのですが
ちかくなのに、なかなか時間がとれません。
また、例会の方へも元気なお顔を見せてくださいね。
では、ありがとうございました。


勝手に
2005年4月7日 18:00:57 会員S3701
○「名古屋から大阪へ」真っ赤な機関車、夢の跡
 「橋台の石組みの美しさにほれた」との加茂町・山●昇さんの推薦に誘われ、春の南山城へ。
 107年前の4月、この緑濃い山中の急斜面を、真っ赤な蒸気機関車が初めて駆け登った。わずか8.8キロ間で開業した大仏線。技術を結集した橋やトンネルは頑丈壮麗、機関車は米英製だった。
 当時は私鉄建設ラッシュ。関西鉄道も「名古屋から大阪へ」延長を狙ったが、国有化で大仏線は廃線になった。
 現在も一部が生活道路として活用されている。ただ、区画整理で赤橋などは消える予定だ。大仏鉄道研究会の高橋正男事務局長は「平凡かもしれないが大事なもの。なんとか残せないか」。同研究会では歴史などを学ぶ例会を開き、遺構探索ウオーキングも実施。問い合わせは事務局0742・71・6606へ。(吉村千彰)
2005(H17)/04/07 朝日新聞(夕刊)p3から


勝手に関西 世界遺産 登録21 大佛鉄道(京都府加茂町〜奈良市)
2005年4月7日 17:58:55 会員S3701
南山城の里山の中に点在する、美しい石組み。 ところどころ苔(こけ)がついて、古いもののように見えるが、それにしては形がちっとも崩れておらず、すき間なく重ねられた石の描き出す直線は、結晶のような美しさで風景の中に立ち上がっている。
 今では何に使われていたものか知る人も少ないこの遺跡。実は、かつてそこに走っていた大仏鉄道の橋台跡なのである。
 今から百年以上前、現在のJR関西線加茂駅と奈良駅との間に大仏線と呼ばれる鉄道路線があった。大仏線は、明治三十一年、関西鉄道株式会社が、名古屋から奈良へ出るための路線として開通させ、東大寺大仏殿の西に、大仏駅という駅が設置されたところから、その名がつけられた。東大寺駅ではなく、大仏駅と名づけたところが面白い。観光客を当て込んでのネーミングだったのだろう。
しかし、里山の中を走る大仏線は勾配(こうばい)が厳しく、機関車が立ち往生することもあったらしい。やがて木津経由で加茂と奈良を結ぶ平坦(へいたん)な路線が繋(つな)がると、明治四十年に廃線となり、たった九年間の短い生涯を終えた。
 たったの九年である。歴史の上では一瞬の閃光(せんこう)のようなものだったろう。事実、その路線は廃墟(はいきょ)というほどにも残っていない。レールはもちろんなく、軌道の土盛りでさえ、自然の中に曖昧(あいまい)な姿をとどめるだけである。
 しかし、そんななか、わずかに残る橋台やトンネルには、それが百年以上前のものとは思えない切れ味の鋭さがある。観音寺アバットや鹿背山(かせやま)アバットと呼ばれる橋台の跡を初めて見たとき、その石組みの見事さに舌を巻いた。何の補修もされていないにもかかわらず石がまったく揺るがず、百年前の美しい姿をいまだに保っている。
 由来を知らなければ、かつてここに堅牢(けんろう)な都市か城砦(じょうさい)でもあったのかと錯覚してしまいそうである。
 大仏線の遺跡は、標識も記念碑も案内板さえもなく、ただ里山の風景にうずもれて、自然の風物のようにさりげなくある。今回、取材にあたって大仏鉄道研究会の方々に案内していただいたのだが、自力で探したら、なかなか大変だったろうと思う。時間が許せば、オリエンテーリングのように、探して歩くのも、寺社巡りとはまた違った奈良の歩き方として、面白いかもしれない。
(文・宮田珠己 写真・立花常雄)
2005(H17)04 07 p3 朝日新聞から


旧長浜本社 文化財指定なる
2005年4月4日 23:31:32 会員S3701
旧長浜駅本屋など新たに9件 滋賀県教委が文化財指定
旧長浜駅本屋 滋賀県教委は30日、県文化財保護審議会(吉見靜子会長)の答申を受け、現存する国内最古の駅舎建築・旧長浜駅本屋(長浜市北船町)や、かかと立ちして足の裏をみせる類例のない形式の木造馬頭観音立像など計9件を、新たに県有形文化財などに指定した。今回は初めて木簡類が指定され、県指定文化財は計434件になる。指定された文化財は次の通り(カッコ内は所在地、所有者)。 【建造物】京都新聞から


行って来ました! 第3弾
2005年4月2日 10:24:41 会員S3701
「フジケイ堂」第3弾 前回に引き続き「鉄道ピクトリアル」の
在庫がどうなっているかと昨夜のぞいてきました。さすが関心ある方が多いとみえて数えて見たら52册になっていました。’75
年あたりが多くて’80年があり・・3か月で約20册減っていました。大半通常月のみでした。それでも行ってみようかな?と思う人は出掛けてみませんか?
 ついでに「正倉院展」の目録もあり、意外な書籍等も見つかるかも知れません。3度4度言わず出掛けて見たいものです。


舞鶴の赤レンガ館へ出掛けて見ませんか?
2005年3月25日 9:00:17 会員S3701
4/1から修復工事が完成し公開されます。全国でもレンガに関する学びの場としてもユニークで一度訪ねて見たいところです。みなさんこの機会に出掛けてください。
世界中のれんがを展示する京都府舞鶴市浜、市立赤れんが博物館が昨年8月からの修復工事を終え、4月1日から再オープンする。国内最古級の鉄骨れんが造り建物を転活用しているため、開館以来初めて、耐震補強など大規模な補修工事を行った。
 同館の建物は、市役所周辺の赤れんが倉庫群の1棟で、1903年に旧海軍の魚雷庫として建設。戦後は長い間放置されていたが、市が国から買い取り、93年に開館した。今回は、市文化財でもある貴重な建物を次代に受け継ぐため、現在の耐震基準に合わせ、約8400万円かけて補修した。 建物を支えるため、壁面内部や天井に取り付ける鉄骨の筋交(すじかい)を70カ所新設したり、れんが同士の接着性を強化する樹脂を目地に注入。潮風による塩害で腐食した鉄骨の基礎を取り換えるなどした。
 4月からは以前と同じく、万里の長城やメソポタミア文明のれんがなど、39カ国、約1300点の収蔵品のうち400点を展示する。黒田悠三館長は「今後も末永く、れんがのよさを伝えていきたい」と話している。(京都新聞 2005 3 25)


3回大仏鉄研学習講座(京都府下編)開催
2005年3月7日 11:55:33 会員S3701
明治の幻の鉄道たどる-大仏鉄道遺跡ウオーク

明治31年に開業しわずか9年後に廃止となった大仏鉄道(加茂-奈良間約10キロ)の廃線跡を巡る催しが6日、現地で行われた。これは、奈良市川上町の市若草公民館が主催する公民館活動の一環として行われたもので、大仏鉄道を調べる大仏鉄道研究会(野辺孝男会長)が後援した。
「大仏鉄道の浪漫(ろまん)を追って、幻の大仏鉄道遺構探査」と題したこの催しは、若草公民館が2月と3月に行っているもので今年で3年目。先月は公民館での講座と奈良市内の遺跡を巡るウォークを行い、今月は奈良市から加茂町までの約10キロを歩きながら、現在に残る鉄道遺跡を見て確かめた。
 この日の参加は、市民約50人と大仏鉄道研究会から約15人が参加した。(2005.3.7 奈良新聞)

日曜日の例会ですが
2005年2月17日 1:26:36 管理人 MAIL WEB
次回の例会ですが、ちょっと、所要ができまして
まことに申し訳ないのですが、はじめの30分程度しか参加できません。
毎度のことになってしまい、心苦しいのですが、よろしくお願いいたします。
今週も、今日で2泊3日目です。明日も、終電近くになる予定です。ちょっと、疲れてきました。


奈良TV放映
2005年2月10日 22:15:39 会員S3701
本日(02/10)奈良TV20:55〜58で先日(02/06)開催の大佛鉄道講座を ふれあいのまち奈良(奈良市政ニュース)〜幻の大佛鉄道をたずねて〜として3分間にわたり放映された。内容は午前中の学習全般の様子と午後奈良地区の巡回にの様子、加えて大佛駅跡記念公園での解説や研究会の今後の課題を語った。次回の木津・加茂地区の学習とあわせて広く奈良県民・京都府下の方々に知って戴きたい。
この若草公民館での講座は3年にわたり開催してきており毎回募集人数50人を越えている。時期・内容等を考慮してさらに続けていきたい。ご要望はこの掲示板等のお寄せください。お待ちしております。2005(H17)/02/10


02/07 奈良新聞から  
2005年2月9日 8:29:26 会員S3701
「大仏鉄道」の歴史たどる-“幻の鉄道”のロマン追って
   幻の鉄道と言われる奈良市の「大仏鉄道」の歴史を訪ねる講座「大仏鉄道の浪漫をおって―幻の大仏鉄道遺構探索」が6日、奈良市川上町の若草公民館などを会場に、同公民館主催で開かれ、約50人が参加した。

 「大仏鉄道」は、明治31年に現在のJR関西本線加茂駅と奈良駅を結ぶ約9キロの短絡線として関西鉄道が開通させた路線で、わずか9年で廃止されたため、ファンの間では幻の鉄道と言われている。かつては名古屋、伊勢方面からの観光客を直接奈良へ運ぶ路線としてにぎわったが、その不経済性と急なこう配のため、平たんで便利な奈良行きの別路線が開通で利用客が減り、明治39年に廃線となった。

 参加者は、若草公民館で大仏鉄道研究会の会員による説明を受けた後、5班に分かれて同市法蓮町の大仏駅跡を記念した記念碑がある公園など大仏線の路線跡約5キロを歩いた。

(2005.2.7 奈良新聞)


「大仏鉄道の浪漫をおって」の第1日目の講座が新聞で紹介
2005年2月8日 12:53:24 古薮
2月6日(日)に若草公民館主催で行われた、平成17年度の学習
講座が、早速7日の奈良新聞朝刊で写真付きで紹介されています。
記事は講座や大仏鉄道の概要、遺構探索ウオーキング等が要領よく書かれていますので、購入するか図書館ででも、是非ご覧下さい。
今回も非常に熱心な参加者が多く、中には3回目という方もおられました。 参加者の感想を聞くと、今迄名前位しか知らなかった昔の事が身近に分かってとても良かったという方が多く、会員の我々も、大いにやりがいを感じ、次回はもっと面白く、或いはもっと新事実の紹介をしたいものと思っています。 なお奈良テレビも撮影に来ていまして、10日(木)の夜、8時55分のニュースで放映
されますので、これも是非ご覧下さい。


第3回大佛鉄研学習講座(奈良)開催
2005年2月6日 23:25:09 会員S3701
★本日(02/06)開催の大佛鉄道学習会(奈良)は無事終了しました。
午前中は、関西鉄道の生い立ち 当時の鉄道事情(奈良・南山城地域の鉄道の変遷) 大佛線建設のねらいと路線 大佛線の問題点と廃線の理由 大佛線の奈良地域の遺構説明(大佛駅再現スケッチ解説) 黒髪山トンネルの説明 鴻池(下池)と大仏線築堤跡 また大仏鉄道に関する当時の報道記事(大佛線開通記事M31/04/16付 大阪朝日新聞 大佛線の汽車事故記事M34/4/6付 鉄道時報 開通当時の大佛線開通広告及びその他の広告M31/04/21付 大阪朝日新聞 等と我々の研究会の歴史と活動状況を報告あり。昼食後公民館を出発して多聞城跡で記念撮影。奈良少年刑務所 般若寺前を通り 黒髪山トンネル橋上から大佛線跡を遠く南北に望み 鴻池近隣の築堤跡を通過 大仏駅あと記念公園小休憩 長慶橋のたもとの橋梁あと 畠中踏近在の明覚寺横を通り奈良駅に向かう。午後3時解散 参加者は奈良市民の約50数名 次回03/06京都府下(木津・加茂町)を尋ねる予定。ご期待を!


行って来ました! 第2弾
2005年1月20日 21:15:45 会員S3701
 「フジケイ堂」第2弾 今回「鉄道ピクトリアル」の雑誌が
どうなっているかとじっくりみてきました。1975(S50)年が最も古く’95(H7)年まで65册ありました。この2カ月で1/3になってしまいました。特集号はなく通常月の本のみになりました。でも捜してみるのもおもしろいと思いますよ。
 一度ならず二度目の書籍さがしもいいですね。値段は確認しませんでした。書棚棚をもう一度眺めてみましょう。・・・・



今日の例会はスミマセン
2005年1月15日 10:56:10 管理人 MAIL WEB
皆さん、今日の例会、並びに新年会ともに、欠席しました。
毎月第3土曜日は通常勤務の出勤日に当たっています。
今後も、第3土曜日に例会が設定されると、基本的には出席できません。
有給をとって見ることも考えましたが、1月に入り、年度末に向けて、ボチボチ追い込みに入りますので
来週の打ち合わせ資料を作成せねばならず、仕事を優先させていただきました。(もうしわけありません)

それから、チョコチョコと、イカガワシイ内容の書き込みが見られます。
管理人としましても、毎回、非常に迷惑しております。
今後とも、見つけしだい即削除させていただきまが、皆様のご協力をよろしくお願いいたいます。



梶ヶ谷の景観
2005年1月6日 16:18:41 管理人
年末に、梶ヶ谷周辺へ写真を撮りに行ってきました。
稲刈りが終わった後で、稲藁が干してあって、冬によし
田植えが始まって、春によし
夏は夏で、赤とんぼが飛び交って夏によし
秋は、黄金色の田圃越しで、秋によし
いつ訪れても、絵になる隧道です。
これが、近い将来埋め殺されてしまうとは、本当にもったいない話です。
ぜひ、梶ヶ谷周辺の景観の保全(公園化)を訴えて行かねばならないと
新春から決意を新たにしております。


梶ヶ谷トンネル。。。
2004年12月2日 20:57:32 木津町民5年生
今月の広報木津の背表紙に、梶ヶ谷トンネルの写真が掲載されて
ましたね。。。
大仏鉄道に興味なくても、実にいい写真です。。。
本当に、このトンネルと赤橋は取り壊される予定なのですか?
私は木津に引っ越して、まだ5年目ですが・・・
木津町に残してほしい財産です。。目立たず、ひっそりと
たたずんでいる遺構に、なんともいえない味わいを感じます。
大仏鉄道研究会の準会員では、ありますが・・・
木津町民としての立場でも、ぜひ保存してほしいです。。。


鹿背山の紅葉
2004年11月29日 19:18:29 奈良市民
 昨日(28日)、久しぶりに遺構巡りをしてきました。
観音寺の橋脚を越えて、間近に見る鹿背山がきれいに色
づき、絶景でした。あのあたりの風景は本当にいいです
ね。その後、南加茂台から当尾に入り、浄瑠璃寺、岩船
寺と回りました。見事な紅葉に心が洗われる思いでした。
周囲の風景に溶け込んだ大仏線の遺構が、本当にあと何
年かで消えてしまうのでしょうか?信じられない思いで
すが。



木の津のまつりにて・・・
2004年11月22日 21:00:54 木津町民5年生
はい。お会いしましたね(笑)
ボーイスカウト・・・懐かしいです。。城陽に住んでいた頃
小学5年生までは、カブスカウト、中学2年生で辞めましたが
ボーイスカウトに入ってました。城陽第一団、昔は星城地区という
言い方をしていたと思います。

木の津のまつりの写真展の「写真に残したい木津町」で、
梶ヶ谷トンネルから望む田園風景が町長賞になってましたね。

会員以外の方でも大仏鉄道をこよなく愛する人がいることを知り
やはり、大仏鉄道は「木津町の素晴らしい遺産」であることを
あらためて思いました。

仕事でなかなか例会には行けませんが、大仏鉄道に対して
個人的にいろいろアプローチしていきたいと思います。

何か成果があれば、また報告させていただきますね。



無事若草公民館創立30周年記念文化祭終了
2004年11月22日 14:13:35 会員S3701
 20(土)〜21(日)の2日間に渡り実施された学習会で我々の大仏鉄道研究会は、会議室で  氏が前日の夜まで掛かり作成したビデオ(大佛線の現場を訪ねる)15分の上映と黒髪山トンネルの崩れゆく姿を撮影した写真と大佛駅のスケッチを展示し、見学に来られる方の声を聞きました。
 やっぱりトンネルが今もあれば観光名所として、多くの方々が来られただろうと・・・・
 訪問者は2日間で1,000名を越えました。多くの方々が大佛線あとを懐かしく語られ、我々研究会の価値を高めました。
 例会は会員の方々の参加意欲を高める対策としての「講演」をくみ入れ第3日曜日の午前・午後を交互に開催しています。
 次回には今回の記念文化祭の姿が写真で鑑賞出来ます。



木の津まつり
2004年11月22日 9:33:57 管理人 MAIL WEB
木津町の産業祭で会員の  さんにお会いしました。
わたしの方は、ボーイスカウトのブースで下の子の子守りを兼ねて
1日中吹きさらしのテントの下に居りました。
お仕事お忙しいことと思いますが、また、たまに例会にもお越し下さいね。

今回は折しも、若草公民館の行事と重なってしまい、役員の方々には2日間すべてお任せしてしまいました。申し訳ありませんでした
また、本当にご苦労さまでした。




行って来ました!
2004年11月13日 10:56:23 会員S3701
奈良小西通りのフジケイ堂です。以前もでしたが、「鉄道ピクトリアル」の雑誌が古いものは昭和37〜8年から現在まで約230册ありました。特集号は売り切れてないかも知れませんが、ものによっては捜している号数があるかもしれませんよ。
一度鉄道ファンなら出掛けてみませんか?お店の方には我々の掲示板に紹介しますよと告げてあります。値段も1册100円代から4百円少しです。このところ見に来る方が多くなったとか?
書棚がいっぱいで置くところもなく、置けず困りますので、私は眺めているです。良いものを見付けて下さい。11/13


--------------------------------------------------------------------------------
ちょっと見てこようかな・・・
2004年11月16日 10:16:48 管理人 MAIL WEB
しかし、結構探すのがたいへんそうですね(^_^;)
例の、大仏線の散策の記事が掲載された2号だか3号だか、ストックしておきたいので、また、物色してきます。
でも、まずその辺りの号から売れてしまうんでしょうね・・・



山城郷土資料館の事業評価は
2004年11月15日 12:36:16 会員S3701
 去る9月3日の京都新聞によると山城郷土資料館・丹後郷土資料館の事務事業評価がC評価とされている。重要な改革の憂き目にさらされているのは確かである。設置当初の想いと少しはかけ離れていっているかも知れないが、京都府南部の地域に根をおろした自然の観察と郷土の姿を若い世代に訴えている。交通の便は少しは悪いが建設当初から判っていたことであり、地域性に基づいた判断だったと推察する。大いに改善予知はあろうかと思うが地元の研究者やそれに接している方の意見を十分聞き、改善の方向性を見付けてほしい。まだ何にか 忘れされていることがあるのではないか?と思う日々である。そう思うのは私1人だけではない。


--------------------------------------------------------------------------------
民間への事業委託は全国的な流れですね
2004年11月16日 10:14:05 管理人 MAIL WEB
山城郷土資料館の件に限らず、行政事業のアウトソーシング(民間委託)は全国的な流れです。
それは、悪いことばかりではありません。
そもそも、入場者数が少なくて評価がCというのも、元を正せば魅力的な事業展開に問題があったか、アピールの方法が悪かったか何れかと考えられます。
この場合、民間へ委託することで利用者のニーズに合わせた事業が実施されるならば、意味のあることとなりますね。
しかし、行政側におんぶにだっこのままでは、予算も小さくなってきますので、ますますしんどくなる。→閉館へと言う流れも考えられます。
これを契機に、ニーズと地域の人材の発掘といった方向転換が必要で、ご要望があれば我が会としても地域へ手助けしてしていく必要があるかもしれませんね。
また、機会を作ってこの件は議論する必要がありますね。

昨日、夜に京都へ帰ってきました。
土日ぶっ通しで仕事でしたので、少々疲労が溜まっております。
土日なんですが、2人子供の行事と予定がダブっております。オマケに、次の土曜日は出勤日ですので、午前中の会議のあと、午後から半ドンで木津へとんぼ返りします。
若草公民館の方へは、行くことができないと思います。
毎回、毎回申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
今週の木曜日の午後おこなわれる、相楽広域一部事務組合主催の事例発表は事務局長と2人で行ってきます。
もし、お時間がありましたら、相楽会館で午後1時半から町村合併の講座と、事例発表にご参加下さい。



11月例会欠席です
2004年11月12日 22:51:03 奈良市民
みなさんこんばんは。事務局長様には連絡しましたが、14日の例会は所用により欠席させてもらいます。議事録の方ご迷惑をおかけします。申し訳ありません。


--------------------------------------------------------------------------------
私も欠席いたします
2004年11月13日 9:14:24 管理人
私も、欠席です。
今、東京本社のオフィスからアクセスしています。
急遽、応援で東京出張になり、機能から東京にいます。
土日通して仕事で、京都に帰るのは月曜日の深夜です。
そんなわけで、申し訳ありませんが日曜日の例会はよろしくお願いします。
事務局長には連絡済みです。


三角公園の清掃奉仕ご苦労様でした
2004年11月2日 18:33:13 管理人 MAIL WEB
本日、役員と会員の4名が、地元自治会の皆さんと合同で、清掃奉仕をさせて頂きました。
事務局さんを含め皆様本当にご苦労さまでした。

それから、おっしゃる通り、
宇宙教典の碑があたかも、大仏線の鉄橋跡とする、間違った通説について
うちの、会として、早急にホームページ上で指摘をしていきたいと思います。
しかし、そもそも、誰がそんな嘘を言い始めたのでしょうね?
それとも、「〜ではないか」とメディアに掲載された偉い先生の言葉を
「〜である」と、いつの間にか言い換えられてしまったのでしょうか?
少なくとも、奈良市の観光ボランティアの方々には、この辺の事実をお知らせしておかなければとおもいますが。


HPの充実うれしいです
2004年10月25日 21:39:17 奈良市民
 管理人さま 最近のHPの充実ぶり、とてもうれしいです。
 「奈良市民」というなつかしい名前でカキコさせてもらって
いますが、研究会の書記担当です。2年前の夏、この名前で投
稿させてもらって、返事をいただいたのが入会するきっかけで
した。関西鉄道の割引券、よく手に入ったものですね。天理参
考館にでもありそうな代物ですね。
 この掲示板もどんどん活発になればいいですね。
 


--------------------------------------------------------------------------------
うわぁ〜、なつかしい・・・
2004年10月27日 16:40:05 管理人 MAIL WEB
こんにちは。奈良市民さん(^_-)
そんな、ハンドルでしたね、ホントなつかしい!
新聞記事のアップデートを中心に現在作業中ですが、
これ、やり出したらけっこう大変です。
なんて読むのか分からない旧字を探しながらの作業で、本当にしんどいです。
しかし、せっかく奈良市民さんが図書館で探して
例会で提供して頂いた資料ですので
前々から、何とか活かしていきたいと考えておりました。
本当ならスキャニングしたデータを公開すれば楽なのですが
物が、新聞という印刷物だけに、版権の問題もあるかとおもうので
シコシコとワープロ打ちをしております。
早く、大仏駅の駅夫がネルの記事を盗んで
自分と嫁さんの下着を作って警官に捕まった記事や
車夫が大仏線が開通すると仕事がなくなると
大石を線路に置いて、通せんぼをして、
間一髪で、事なきを得た記事とか
早くアップデートできればと思います。
やり始めると、なんだか最近また、楽しくなってきました。

では、また、次の例会でお会いしましょう!!


--------------------------------------------------------------------------------
訂正です(^_^;)
2004年10月27日 16:42:00 管理人 MAIL WEB
>大仏駅の駅夫がネルの記事を盗んで
の、「ネルの記事」は→「ネルの生地」でした。
失礼致しました。



大仏線開通記念(?)の割引券をアップしました
2004年10月25日 12:03:55 管理人 MAIL WEB
インターネットで購入した、関西鉄道の割引券を公開しました。
運良く手に入ったのですが
購入先は岡山県でした。
よく、こんなものが使わず残っていたものだと思います。
表記の豊国会なる団体ですが、どなたかご存じの方おられませんか?



コンテンツの充実を!!
2004年10月22日 8:50:45 管理人 MAIL WEB
ヤフーのサイトに登録されるには、頻繁に更新していることも条件の中にあった、思い出し
約1年半ぶりにコンテンツの更新を図っています。
忙しさにかまけて、かなりほってらかしにしていましたが
気がつくと、かなりのデータや資料が集まっていました。
これも、例会を重ね、会員の皆さんの日ごろの努力の積み重ねに他ありません。
ほんとうに、頭が下がります。
これからも、少しずつコンテンツの充実を図りたいと思います。
それから、昨年から予定していた「歩こうマップ:奈良版」ですが
編集委員を編成して今年中に仕上げませんか?
下書きは既に出来上がっています。
よろしくお願いします。
アクセス数急増中!!
2004年10月20日 9:16:57 管理人 MAIL WEB
yahoo! JAPANの廃線サイトに登録されたとたんに、アクセス数が毎日3桁台です。
googleのサイトには、とっくに登録されていたのですが
恐るべし、ヤフーですね(^_^;)
ここは、レピーターを確保するためにも、ストックされている各種資料をぼちぼち、アップロードしていきたいと思います。
中には、けっこう重要な資料があるのですが
別に、取り込んで隠しておこうとは思っていませんが、単なるサボり・・・

会報のPDF化も再開しても良いのですが
私の担当する、車両データの方が、交通博物館所蔵で
デジタルデータでのアップロードを禁止されている関係で
公開できない状況にあります。
写真を見られないようにして公開する方法もありますが
再加工の手間が、けっこうかかるため思案中です。
なにしろ、今後はより充実したHPを目指して頑張ります!
応援して下さい!


会報ですが、配布完了してところが出ているようですね
2004年10月18日 9:43:27 管理人 MAIL WEB
うれしい悲鳴をあげております。
やはり、公民館活動「大仏鉄道浪漫を追って」へ当会が協力して廃線巡りのハイキングを企画した、
奈良市の若草公民館が先に無くなったようです。
大仏線ファンが増えていることが、会報への反響で分かります。
感謝、感謝。
そのわりに、私の地元の京都の木津町側は静かですね・・・
教育委員会へおじゃまして、ここでも公民館講座で取り上げてもらえないかなぁ・・・


ぼちぼち、編集会議を開きたいのですが・・・
2004年10月13日 9:59:05 管理人 MAIL WEB
赤橋第4号発行について、編集員の皆様ご苦労様でした。
印刷作業頂いた、局長を初め、会員の皆様ありがとうございました。
さて、そろそろ赤橋第5号の編集会議をと考えております。
秋は、何かとイベントも多くお忙しいことと思いますが、
日程調整など、編集委員の方はよろしくお願い致します。


実は、風邪ひいて会社を休んでいました
2004年10月7日 9:38:34 管理人 MAIL WEB
久々に、ホームページのメンテナンスを、ちょっとだけしました。
実は、月曜日から調子が悪くなって
火曜、水曜と会社を休んでしまいました。
本当は寝てないといけなかったのですが、
昨日は久々にHPの掃除をしました。
結構、リンクが切れていたり、このホームページも怪しげな書き込みがしていったり
副会長の古藪さんからもダメ出しをもらっていたのですが
ちょっとずつ、更新やアップデートをしていきたいと思います。
それから、ヤフーへのホームページ登録ですが
URLを変更して以来、登録が取り消されています。
皆さんも、公式ホームページの推薦を是非お願いします。
http://dir.yahoo.co.jp/Recreation/Travel/Transportation/Trains_and_Railroads/Dead_Line/
↑ ここが、登録されたいカテゴリーの「廃線」です。
うちは、まだ未登録です(^_^;)
廃線のカテゴリーのページの。右上に「サイトの推薦・依頼」のボタンがあります
そこから、ホームページ登録の推薦ができます。
文章は適当でも結構ですので、是非推薦して下さい。
皆さんの努力が、このホームページのアクセス数をアップさせます!!


ちゃんと管理したいと思います(^_^;)
2004年10月6日 11:31:22 管理人
しばらく、ほってからしにしていましたが、ちゃんとメンテナンスするようにいたします。
会員の方も、それ以外の方もどうぞ、ご活用下さい。
情報交換、告知何でもOKです。
ただし、無関係のネタはばんばん削除しますので(^_^;)

会報「赤橋」第4号がやっと発行されました。
1日掛かりで印刷されました
今回は、内容の正確さ(校正の完璧さ)より、
時間を最優先しようということが編集会議で決まり、
それに従って最速で作成したつもりでしたが
結局、2ヶ月あまり経ってしまいました。
結構、毎回読んで頂いている読者もおられるようで、
何とか、次号は年末(新年号)あたりをめどに発行したいものです。
そうそう、関西鉄道(株)の「乗車賃割引票」の往復2枚を入手しました。
明治31年4月1日〜5月31日まで2割引になると書いてあります。
次号「赤橋」のネタにしたいと思っています。
では。


ここへ移転しています
2003年4月16日 12:09:04    MAIL
ご迷惑をおかけしております
当研究会のページは下記へ移転しました
http://www.eonet.ne.jp/~daibutu


皆様どうもお疲れさまでした。
2003年3月3日 12:01:28 MAIL
(財)奈良市生涯学習財団 若草公民館 です。
この度は、当館主催事業「大仏鉄道の浪漫をおって」に
講師としてご協力いただき、ありがとうございました。

おかげさまで、事故もなく無事、2回の講座を修了することができました。
反響もあり、充実感も大きいです。
協力していただきました研究会会員の皆様にこの場をかりて
もう一度お礼をしたいと思います。
ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------
こんにちは!(レスが遅れました)
2003年3月7日 17:10:49    MAIL
  さんこんにちは。
日曜日はどうもご苦労さまでした。
お天気が良すぎて、花粉が大変でしたが、まあ、前日土曜日のお天気とは比較にならない状況でしたので
やっぱり、良かったでしたよね。
当日、おりられなかった関西本線の旧鹿背山トンネルへの廃線部分の橋の調査の様子と結果をHP内にUPしましたので
よろしければご覧ください。
この温度の日曜日の例会ですが、やっぱり仕事が入ってしまい参加できません。
また、日を改めて例の太極拳のお話を聞きに参ります。
あ、ちなみに三級の演目は簡化二四式です。
一応、一通り型が演じられるはずです。(もう五年も前ですが・・・)
では、どうもありがとうございました。



日曜日の例会は失礼しました
2002年12月17日 9:00:22    MAIL
皆さん、お元気でしょうか?
日曜日はすみませんでした。
12月に入ってから4,5回徹夜してまして、毎日終電間際です。
先々週の土日も出勤して遅くまで仕事をしていた関係で
体も参っているのですが、家の方の雑用も師走に入って
いろいろやらねばならないことも多くて、欠席させていただきました。
忘年会の方も申し訳ありませんでした・・・

今夜から、また泊まりになりそうです。
ホームページも更新もできない状況ですが、ご容赦ください。
それからマップの増刷ですが、
こんな状況ですので年内はちょっと無理かもしれません。
いずれも、別件で大阪ゼロックスさんにいかねばなりませんので
来年早々には、お願いにいくことになると思います。
いろいろ、ご迷惑をおかけしていますが、なにぶんご容赦ください。


  さん宛にまだ発送できていません
2002年12月2日 11:13:58 野邊
  さん宛の会報なのですが、まだ発送できていません。
今週中には発送したいと思います。

  さん宛
マップの件ですが、今週か、来週中に大阪ゼロックスさんへ行く用事がありますので
また、お願いするつもりでいます。
50部を片面ですので5000円かかりますが、領収書をもらっておきます。

会報「赤橋」の新年号の原稿締め切りが近づいてきています
ぼちぼち、出来た順でメール等でお送りください。
 

掲示板をリニューアルしました
2002年11月25日 9:03:52   
旧掲示板から新規にBBSをレンタルしました。
いろいろご活用ください。