関西鉄道乗車賃割引票

(表面 切手と比べて下さい小さいものです)

 どうやら、大仏線の開通にあわせて、豊国会が発行した2ヶ月間有効の2割引の切符購入票〈往・復)です。紙の材質は和紙のようです。
 豊国会という団体は、折しもロシア戦争の勝利、アジア進出に向け、きな臭い時代の到来に呼応して、京都にある秀吉墓所、豊国廟の再建に向け当時の組織されたものだそうです。
 秀吉と言えば、2度にわたって朝鮮侵略を行った、当時としては英霊として、朝鮮の植民地化を推し進めようとした明治時代において、1897年(明治30年)に有志により再建されました。
 豊国会は、秀吉の没後300年を記念するための諸事業を行なうための組織で、今日で言う国出資の外郭団体のような組織だったそうです。

 この割引票は、明治31年4月1日から、同年5月31日までとされています。
 この割引票を持っていると、どの等級に乗っても、普通運賃の2割引になると書いてあります。切符を購入する際に出札係(切符売り)に渡すように書いてあります。

裏面(往復券共通)

戻る