関西鉄道講話会5周年記念絵ハガキ発見!

          
関西鉄道関連の絵はがきを発見しました。
その詳細を資料として公開致します。
2007.1.27
『関西鉄道講話会創立五周年記念絵はがき』
野邊 孝男

【記された文章について】
朝日新聞から御願ゐ 少数にて
當日小生當地不在の為 最早
売却と相成り為 其内に
御送り○○○悪しからず
願ゐし

○○
早速御送○○○○の為のみ返打の候御参し
○○応○
関西鉄道の記念ハガキは廣く一般に
販売せしに○去なく 只社員の
人にのみに配る物に御○よし
其が為 持ち合わせ少なく意外に
長引○りしく
万年筆の達筆であることと、明治時代の表記の違いもあって、全文を読みとることはできませんでした。
しかし、概ね次のようなことが書いてあるようです。

少数を印刷したため、社員にしか配れなかったと言うようなことが書いてあるように読めます。

          
【宛て書き】
伊勢松坂日野是 堀口様
一日 大阪 徳正?
宛先は伊勢松坂日野の堀口さん
送り主は 八月一日に大阪の徳正という人からのようです。
【消 印】
裏に張ってある切手は1銭5厘の菊切手です。1899-1907(明治32-40)に使用されていました。
このことから、関西鉄道株式会社が官営化される直前の、明治39年に出されたことが分かります。
消印は「39.8.4」となっていますが、年号の39の3がかすれていますので
明治39年8月4日に投函されたようです。

トップページに戻る