クリフ・リチャード デビュー 60周年「DAIMOND ANNIVERSARY UK TOUR 2018」リポート


これは、いままでのパックされた聴衆とクリフ・リチャードの間の敬意のようなコンサートではありませんでした。







必然的に、夜は余分な感情的なエッジを持っていた、クリフが熱心な群衆に「自分の人生を逆さまにした」とBBCのプライバシーに関する論争を与えたからだ。

彼の78歳の誕生日を祝って絶望の淵から舞台に立つようにカムバック、賞賛と誠実な思いそしてファン人々に感謝の心を込めて挨拶をした。

これは、人気のあるパフォーマーのための通常の丁寧な歓迎だけでなく、精神的な強さの強調でもありました。
コンサートは1部2部共に1時間位で50年代から10年刻みで構成されて中々聞きごたえのあるものでした。

クリフ・ファンの心は1950年代後半引き込まれたオープニングはエルヴィス・プレスリーのHeartbreak Hotel、バディ・ホリーのPeggy Sue、エヴァリー・ブラザーズのヒット・Wake Up Little Susieのロマンティック・バージョンで数十年はクリフのヒット曲の波に巻き込まれました。

Chirpyとchatty Cliffは、多くの28歳よりもはるかに痩せて見ていて、他の若いElvisのコピーから、さまざまなスタイルと対照的な数十年にわたる上品なソロアーティストまで、彼の盛り上がりをきれいにまとめたすばらしい、

デビュー当時のロッカー、クリフがMove Itで 始まり、そしてこれが素晴らしいロックソングであることを私に思い出させました。

クリフのシンプルなスタイルは、60年代のヒットThe Next Timeのようなゆっくりとした寂しい歌にスムーズに繋がり、70年代に入ると、デイヴ・タウンゼントが執筆したMiss You Nightsは素晴らしいラブソングである。

長年にわたるアーティストであることの証明の1つは、ベストなバッキングボーカルとミュージシャンを選ぶことができ、CliffのバンドはUKのトッププレイヤーの集団でメロディー、タイト、パンチ、必要な時にはボビー・ハリソンの輝きのあるリード・ギターといくつかの急激なサクソフォンで歌を歌う。

クリフは懐かしいThe Young Onesを歌う前に冗談を言い - 「私はこれを78歳未満の誰にでも捧げたい」 - 60年間という長きにわたる歌のビジネスで、「私はそれを迎えるとは思っていませんでした。長いことキャリアを持つことはなかなか出来るものではないんだ、もちろんだ」



ビートルズの「Love Me Do」とマイケル・ジャクソンの「 Beat It」は、驚きのカバーで観客は大喜び、そしてクリフの歌は「Miracle Of Love」と「Mistletoe And Wine」と続きます。

彼のシングル「Rise Up」は、過去2年間に苦しんでいた不安に対する反応であり、同じ名前の新しいアルバムからのものです。

新しいシングル「Reborn」は、ベースの強いプラットフォーム上に同様のメッセージを設定しました。

必然的に彼の最大のヒットである「We Don't Talk Anymore」は盛大に閉幕した後アンコールのために歌われ会場総立ち大いに盛り上がりました。

クリフはファンを喜ばせる方法を知っていて、何十年にもわたって一貫して行っているアーチストの完璧なパフォーマンスでした。