ホーム/はじめに
はじめに

メニューの表示がない方はこちら
 
 住職ご挨拶

 
 
 当山は、如意山長楽寺(にょいざん ちょうらくじ)と申します。篠山市の市内中心部から車で五分ほど、田んぼや黒豆畑に囲まれた茅葺きトタン屋根の小さなお寺です。

 そもそもお寺は信仰、ご先祖をご供養する場であったことはもちろん、地域の中心でもありました。医療、学問、役所など、今そのさまざまな役割を減らしつつあります。開創から約660年、十二代目の住職となります私は、お寺の役割とは何かを改めて考え、お釈迦さまのみ教えのもと、檀信徒の皆さまとともに当寺院をお守りしております。

 当山は「笑顔を作る」活動に力をいれ、特に毎年2月に行っております「ぜんざい寄席」では、檀信徒の枠をこえ、約150名の方々が本堂に集まり、東西の噺家さんとともに笑って、そして隣の人の笑った顔をみて、また笑顔になる寄席を開催しております。
 他にも、私自身が大学時代の経験を生かし、高齢者大学や敬老会などへ落語と法話をさせていただき、笑顔になっていただく布教活動を行っております。また、海外においては、ラオス、タイ、ミャンマー難民キャンプなどへ絵本を贈り、子どもたちの笑顔づくりにも力をいれております。
 

 小さいお寺ではありますが、ぜひ一度お参りください。 合掌
 
                
   
 長楽寺住職 安達瑞樹    

  
 
   
 ぜんざい寄席    地蔵盆の様子  座禅会  ミャンマー難民キャンプへ絵本を贈っています
 流しそうめんの会 ぜんざい寄席  法話の会  落語もやります
 



長楽寺概要


 

如意山長楽寺といいご本尊に
「聖観世音菩薩」さま
をお奉りしています。
宗旨は曹洞宗です。
本山は福井県の「永平寺」横浜市の「総持寺」です。
篠山歴史年表によると、建立されたのは後村上天皇の正平元年十二月(1346年)でありますが、曹洞宗寺院としての開山は慶安二年四月(1649年)に太翁春賀大和尚によって開かれたとあります。

慶安から安永までの歴史はよくわかっていませんが、安永七年(1678年)四月に本寺である洞光寺(篠山市東本庄)の二十三世、月渓先國大和尚の遺志によって再建され現在にいたります。

小さいお寺で、国宝級の文化財などありませんが、一度お参り下さい。
本堂
本堂正面

観音堂
位牌堂
開山・位牌堂
       
長楽寺の山門の横に「大唐玄奘三蔵大法師聖骨奉安所跡」と刻まれた石柱が建っています。
 「大唐玄奘三蔵大法師聖骨奉安所跡」について
長楽寺写真秋 長楽寺写真冬

  
   

田園に囲まれたのどかなところです

 
〒669-2341 兵庫県篠山市郡家493
           電話 079-552-1544
           (転送になり神応寺にかかる場合もあります)
     Eメール mail@sasayama-chorakuji.com
   ご来山の場合はご一報ください。



お寺までの行き方

     
   JR篠山口駅よりタクシーで10分(バスについてはお尋ね下さい)
JR大阪駅より福知山線(快速で約60分)

お車では舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口」インターから10分
中国池田インターより約50分

 


大きな地図で見る
拡大地図を表示







 「大唐玄奘三蔵大法師聖骨奉安所跡」について
玄奘三蔵法師といえば孫悟空たちと旅をする「西遊記」でおなじみであります。中国のお坊さまということは知っておられる方も多いと思いますがなぜ遺骨がと思われるのは当然のことです。
三蔵法師さまは602年に中国河南省洛陽の近くにお生まれになり浄土寺の僧となって、さらに各地の寺院で修行されていましたが、一層の研鑚を目指してインドに行こうと決心。 629年国禁を犯して甘粛省から脱出し苦しい旅の末、中インドのマカダの学問寺ナーランダで修行を積まれました。

 その後、インド各地を巡歴のうえ、多数の仏典などを持ち、645年に唐朝廷に迎えられ長安に帰り着いたのであります。朝廷の命令と援助をうけて、「大唐西域記」を著し「大般若経」600巻以下、75部1335巻もの仏典を翻訳したほか、多くの人々をを教育されました。

偉大な僧として尊敬され、 664年、63才で亡くなられ、長安の都に葬られていましたが昭和17年(1942)日本軍南京守備隊が偶然に発掘しました。その聖骨は、全世界の9カ所に分けられ、その中の1つとして、1960年、聖骨2粒を篠山に奉迎し、長楽寺に仮に安置していましたが、1975年に長楽寺八祖祥雲慶山大和尚らの三蔵法師奉讃会によって、沢田の小林寺さまに聖骨塔が建立され、安置されました。

         
トップへ はじめに 最新!長楽寺 和尚のはなし 絵本の運動 おすすめの本
墓地のご案内 仏事のご相談 梅花講 リンク ご意見ご感想はメールにて
如意山長楽寺emailmail@sasayama-chorakuji.com
Copyright(c)by Chorakuji.All rights reserved