カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都府京都市西京区 阪急上桂駅 徒歩2分のところにある ソフトな施術を行う治療院です 

当院の特徴

特徴1 39年の豊富な経験と実績 
当院は、開業から39年間、 カイロプラクティック施術を手がけてまいりました。その豊富な経験実績により、地域ダントツになるように心がけてまいりました。
特徴2 今のつらい症状を的確に判断する高い技術力
カイロプラクティック学的検査、整形外科学的検査、動作学的検査、静止学的検査などを行い術前、術後の違いを提示いたします。

特徴3 初検時は時間をかけて、ていねいに検査しご説明します
ひとりひとりの患者さまにあった、検査、施術にたっぷりと時間をとり、丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。

 

痛み(症状)を感じているところが絶対的に施術部位(悪い部位)ではないため、症状を起こしている歪の原因がどこなのかを探し判断して施術いたします。

当院の施術はボキボキ施術はいたしておりません。

皮膚にソフトタッチで触れる施術を主に致しておりますが、筋肉、靭帯、腱、軟骨、滑液膜、関節包などの施術をする、目的部位により触れ方が変わります。

頭蓋骨

なぜ頭蓋骨からの治療なのか。
頭蓋骨(脳頭蓋、顔面頭蓋)の役目は脳の保護、脳脊髄液を生産、顔面の支持です。

頭蓋骨は
脳頭蓋―前頭骨・蝶形骨・頭頂骨(2)・篩骨・側頭骨(2)・後頭骨
顔面頭蓋―頬骨(2)・涙骨(2)・鼻骨(2)・下鼻甲介(2)・鋤骨・上顎骨(2)・下顎骨
13種20個(舌骨・口蓋骨を含まない)の骨の縫合により1つに合わさっています。


頭蓋骨は動くのか? 答え:微妙に動いています。

これを1899年にウィリアム・ガナー・サザーランドというアメリカのオステオパスが発表。脳自身の固有の動きにより、脳脊髄液が脳室の脈絡叢で生産され側脳室から第3脳室へ、さらに中脳水道を通って第4脳室を通り脳のクモ膜下腔に流れクモ膜顆粒を通って静脈洞に入り、一部は神経鞘を通って神経の走行と共に走り、末梢ではリンパ液に入る。
脳脊髄液は神経の新陳代謝やホルモンの運搬など重要な役割を果たし、その液体により脳を保護している。
脳の動きと脳脊髄液の循環を保護しているのがクモ膜外側の硬膜で、この硬膜は頭蓋骨内側の骨膜と密着している。
脳が動いて脳脊髄液の揺らぎで圧力が高まり、硬膜の可動性を生じ頭蓋骨関節が緩やかな揺らぎ運動を規則的に行う。
その結果、頭蓋骨の骨と骨との間の縫合が動きます。

頭蓋骨の動きが悪くなると神経、血管、ホルモン、リンパ等に悪影響をおよぼし、様々な障害が起こるために頭蓋治療をおこないます。この頭蓋治療は施術効果を高め、施術の持続力も増します。

頭蓋治療の後は身体の動きを止めている、歪のある場所に施術をしていきます。
身体の動きを止めているところは、足であったり、体幹であったり、手であったり、それを観つけて施術いたします。


HOME | 当院について| 当院の特徴 | 当院の施術内容 | 料金表 | 患者様の声 | よくあるご質問 | お問合せ・ご予約 | アクセス

阪急上桂駅から徒歩2分の所にある治療院です。カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都市西京区上桂宮ノ後町7−9 TEL :075-392-0160

Copyright (C) カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 All rights reserved.