カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都府京都市西京区 阪急上桂駅 徒歩2分のところにある ソフトな施術を行う治療院です 

上肢

肩について

kata6.jpg肩関節は、
1. 肩甲上腕関節
2. 三角筋下関節
3. 肩甲胸郭関節
4. 肩鎖関節
5. 胸鎖関節
の5つの関節からなります。

肩の関節は体の関節の中で一番自由度のある関節で、この関節のおかげで肩につながる上腕は、上下、前後、
左右360度に回転し運動範囲も運動量も多大であります。
しかし上腕がぶら下がっている為、地球の重力や頭部からの重みを受けつつ、腕の重量を支え、常に腕の動きを
コントロールしている肩関節は負担のかかる関節といえます。
肩関節の周囲は軟骨や筋肉、腱が取り巻いて関節の動きを支える役目を果たしています。
また、肩には広範囲な動きを円滑に行うための潤滑装置として、人体最大の滑液包が存在します。
滑液包の内壁は滑膜でおおわれ、滑液、リンパ液で満たされています。


五十肩について
中高年に多く起こる肩の痛み「五十肩」の定義は、痛みのある動きにくい肩全体を肩関節周囲炎、疼痛と拘縮を
伴うものを癒着性肩関節炎(凍結肩)と呼びます。
肩関節周囲炎の中には肩峰下インピンジメント症候群、腱板炎・腱板断裂、肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎、
上腕二頭筋腱炎・断裂等がありますが病名の付けられないものを五十肩と言います。
ローテーターカフ(回旋筋腱板)棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋などの腱板の老化による損傷がおきやすい。

*肩の動きが悪い時=肩関節だけの原因でなく骨盤のサブラクゼーション、足底アーチの異常、肋骨のフィクセーション
(関節の動きが悪い)、肘関節、手首の関節等によっても肩関節の動きが悪くなる場合があります。
その他の関節からの原因で障害がある時はある程度動きがありますが、最後のところで動きが悪くなります。
肩甲上腕関節を痛めると本当に動かなくなります。



適応症
五十肩・肩こり・頸肩腕症候群・野球肩・等々

 

肘について


hiji2.jpg肘関節の主体は腕尺関節であり、上橈尺関節は尺骨から輪状靭帯が出ていてそこに橈骨頭がはまっている。
肘関節が悪い場合、肩関節に痛みがあったり、手関節にも影響を与えている場合がある。

肘関節が真っ直ぐに伸びていなかったり、尺骨や橈骨にフィクセーション(関節の動きが悪い)があるときにテニス(大工さんなど物を握る動作をよくする人も)をするとテニスエルボーになり易い。

肘関節の内旋・外旋は橈骨が動くが、最後の部分は尺骨がわずかに内旋・外旋するため、治療は尺骨に
アプローチする事が大事である。

 

適応症
テニス肘・ゴルフ肘・腱鞘炎・等々


HOME | 当院について| 当院の特徴 | 当院の施術内容 | 料金表 | 患者様の声 | よくあるご質問 | お問合せ・ご予約 | アクセス

阪急上桂駅から徒歩2分の所にある治療院です。カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都市西京区上桂宮ノ後町7−9 TEL :075-392-0160
Copyright (C) カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 All rights reserved.