カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都府京都市西京区 阪急上桂駅 徒歩2分のところにある ソフトな施術を行う治療院です 

顎関節

顎関節症について

顎関節症とは、咬合異常・過剰運動・異常習癖などに起因し、顎関節部を中心とした疼痛、運動時痛、違和感、
開口障害を主症状とする疾患である。

顎関節症の三大症状
◆顎関節痛(口を開けると顎が痛い・関節部圧痛・咀嚼筋痛)
◆開口障害(口が開かない、大きく開けられない)
◆顎関節雑音(口を開けるとき顎の関節で音がする、コッキン・カックン・ゴリゴリ・カキ・ブチブチ・ジャリジャリ)

その他症状
頭痛・肩こり・顎を出す・前屈姿勢になる・冷え性・自律神経失調症・歯がしみる・歯の動揺、違和感・歯の腫れ・
味覚障害・舌のもつれ・目の奥の痛み・眼精疲労・視力低下・めまい・目がチカチカする・眼瞼下垂・涙が出やすい・
チック症・眼窩痛・鼻づまり・いびき・耳鳴り・視力低下・耳の奥の痛み・めまい・首が回らない・首肩の痛み・
肩の拳上痛・喉の痛み・飲みにくい・肋間神経痛・乳腺炎・乳房のしこり、痛み・腹部痛・生理不順・腰痛・上肢の関節
の痛み・捻挫をしやすい・意欲減退・睡眠不足・物忘れが多い・怒りっぽい・落ち着きがない・等の症状がでる事がある。

 

ago1.jpg 原因 顎のズレはどのような事でなるのか。
@身体正中軸の歪み
A頭蓋骨や上部頚椎のサブラクセーション。
B頬杖や横向きに寝る癖がある(顎関節が圧迫される)。
C咀嚼筋の緊張(精神的、心因的なストレスなどによる)。
D下を向いてする仕事や、趣味がある(噛み合わせている時間が長くなる)。
Eくいしばり、片噛み、噛みすぎ、歯軋り。
Fかぶせた金属やプラスチックが壊れたりして高低差がある。
G歯を抜いてしばらくそのままにしていた。
H歯周病により骨が痩せてしまうため。
Iもともと歯並びが悪い。
J関節円板の変性。
K下顎の発育不足や奇形または外傷。
Lその他いろいろ考えられています。

 

ago2.jpg 顎関節症に対するカイロプラクティックアプローチ
◇問診・視診・触診を行い咬合、顎関節、咀嚼筋の検査を行なう。
◇座位で上下の前歯(中切歯)が正中にあるかどうかを診る。
◇仰臥位で左右の下顎頭部に示指中指をあて開口時、上下の中切歯の動きを見ながら関節の動きとクリック音の確認をする。
◇左右の耳孔に示指をいれ下顎頭後方部の位置を確認する。
◇側頭骨の位置及び動きを確認するため乳様突起の触診。
◇上顎骨の位置及び動きを触診。
◇上部頚椎の位置及び動きを触診。
◇咬筋部、側頭筋部、顎ニ腹筋、内側翼突筋部、外側翼突筋周辺部、胸鎖乳 突筋部などを触診する。

 

 

ago3.jpg  医師の治療範囲 [歯科医師の治療]
◇原因、誘因の除去
◇不良になった金属や他の詰め物をとりかえる。
◇抜いた歯を放置せずにブリッジや義歯を入れる。
◇スプリント療法◇バイトプレート、スプリントの装着。
◇噛み合わせを調整するためマウスピースのようなものを入れる。
◇薬物療法
◇鎮痛剤、消炎剤、筋弛緩剤の投与、など必要に応じて薬を投与する。
[外科医師の治療]
◇関節円板切除術、関節円板縫縮術、ステロイド剤の関節腔内注射などを行う。
(関節内に直接ステロイド剤を注入する。)
[精神科医の治療]


HOME | 当院について| 当院の特徴 | 当院の施術内容 | 料金表 | 患者様の声 | よくあるご質問 | お問合せ・ご予約 | アクセス

阪急上桂駅から徒歩2分の所にある治療院です。カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 京都市西京区上桂宮ノ後町7−9 TEL :075-392-0160
Copyright (C) カイロプラクティック 京都ハヤシ治療院 All rights reserved.