無門関TOP

無 門 関

無門慧開 自序


仏語為心宗、無門為法門。
既是無門、且作麼生透。

豈不見道、
従門入者 不是家珍
従縁得者 始終成壊。

恁麼説話、大似無風起波
好肉剜瘡。

何況滞言句覓解會。
掉棒打月、隔靴爬痒、
有甚交渉。

慧開、紹定戊子夏、
首衆干東嘉龍翔。

因衲子請益、
遂將古人公案作敲門瓦子、
隨機引導學者。

竟爾抄録、不覺成集。
初不以前後敍列、
共成四十八則。
通曰無門関。

若是箇漢、
不顧危亡単刀直入。

八臂那ダ、攔他不住。
縦使西天四七、東土二三、
只得望風乞命。

設或躊躇、
也似隔窓看馬騎、
眨得眼来、早已蹉過。


   頌曰

 大道無門 千差有路

 透得此関 乾坤独歩


仏語心を宗と為し、無門を法門と為す。
既に是れ無門、且らく作麼生か透らん。

豈に道うことを見ずや、
「門より入る者は是れ家珍にあらず、
 縁に従って得る者は始終成壊す」と。

恁麼の説話、大いに風無きに波を起こし、
好肉に瘡を剜るに似たり。

何ぞ況や言句滞って解会を覓むるをや。
棒を掉って月を打ち、靴を隔てて痒を痒く、
甚んの交渉か有らん。

慧開、紹定戊子の夏、
東嘉の龍翔に首衆たり。

衲子の請益に因んで、
遂に古人の公案を將って門を敲く瓦子と作し 
機に随って学者を引導す。

竟爾として抄録するに、覚えず集を成す。
初めより前後を以って叙列せず。
共に四十八則となる。
通して無門関という。

もし是れ箇の漢ならば、
危亡を顧みず単刀直入せん。

八臂の那ダ、他を攔れども住せず。
縦使い西天の四七、東土の二三も、
只風を望んで命を乞うを得る。

設し或いは躊躇せば、
也た窓を隔てて馬騎を看るに似て、
眼を貶得し来たらば、早く已に蹉過せん。


   頌に曰く

 大道無門 千差路有り

 此の関を透得せば 乾坤に独歩せん



且らく・・シバらく
作麼生・・ソモサン(どうして)
豈に道う・・アにイう



恁麼の・・インモの(これらの)
瘡を剜る・・キズをエグる

況や・・イワンや、 覓むる・・モトむる
掉って・・フルって
甚んの・・ナんの

戊子・・ボシ


衲子・・ノッス
將って・・モって、 敲く・・タタく


竟爾・・キョウじ







攔れども・・サエギれども
縦使い・・タトい

設し・・モし
也た・・マた
眨・・ソウ(またたく意)
蹉・・サ・ツマヅく


頌・・じゅ
------------------------
西村恵心氏※の素晴らしい
訳がありますので、以下に
ちょっとお借りして(^^;;ご紹介。

  大道に入る門は無く、

  到るところが道なれば、

  無門の関を透過して、

  あとは天下の一人旅

 ※
「無門関」(岩波文庫)
   西村恵心氏訳注より
------------------------