無門関TOP

無 門 関

参学比丘  彌衍 宗紹編



無門関一  趙州狗子


趙州和尚、
因僧問、
狗子還有佛性也無。
州云、
無。


 無門曰、
参禅須透祖師関。
妙悟要窮心路絶。

祖関不透心路不絶、
盡是依草附木精霊。

且道、如何是祖師関。
只者一箇無字、
乃宗門一関也。
遂目之曰禅宗無門関。

透得過者、
非但親見趙州、
便可與歴代祖師把手共行、
眉毛厮結同一眼見、同一耳聞。
豈不慶快。

莫有要透底麼。
將三百六十骨節、
八万四千毫竅、
通身起箇疑團参箇無自。

晝夜提撕、
莫作虚無會、
莫作有無會。
如呑了箇熱鐵丸相似、
吐又吐不出。

蕩盡従前悪知悪覺、
久久純熟自然内外打破一片、
如唖子得夢、只許自知。
驀然打發、驚天動地。

如奪得関将軍太刀入手、
逢佛殺佛、逢祖殺祖、
於生死岸頭得大自在、
向六道四生中遊戯三昧。

且作麼生提撕。
盡平生気力擧箇無字。
若不間斷、
好似法燭一點便著。


   頌曰

 狗子仏性  全提正令
 縷渉有無  喪身失命



趙州和尚、
因みに僧問う、
「狗子に還って仏性有りや」。
州云はく、
「無」。


 無門曰く、
参禅は須く祖師の関を透るべし。
妙悟は心路を窮めて絶せんことを要す。

祖関透らず心路絶せずんば、
尽く是れ依草附木の精霊ならん。

且らく道え、如何が是れ祖師の関。
只者の一箇の無自、
乃ち宗門の一関なり。
遂に之を目けて禅宗無門関と曰う。

透得過する者は、
但だ親しく趙州に見えるのみに非ず、
便ち歴代の祖師と手を把って共に行き、
眉毛厮い結んで同一眼に見、同一耳に聞く可し。
豈に慶快ならざらんや。

透関を要する底有ること莫しや。
三百六十の骨節、
八万四千の毫竅を將って、
通身に箇の疑団を起して箇の無の字に参ぜよ。

昼夜提撕して、
虚無の会を作すこと莫れ。
有無の会を作すこと莫れ。
箇の熱鉄丸を呑了するが如くに相い似て、
吐けども又吐き出さず。

従前の悪知悪覚を蕩尽して、
久々に純熟して自然に内外打成一片ならば、
唖子の夢を得るが如く、只自知することを許す。
驀然として打発せば、驚天動地。

関将軍の太刀を奪い得て手に入るるが如く、
仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、
生死岸頭に於いて大自在を得、
六道四生中遊戯三昧に向かう。

且く作麼生提撕せん。
平生の気力を尽くして箇の無字を挙せよ。
若し間断せずんば、
法燭の一点すれば便ち著くに好似せん


   頌に曰く

  狗子仏性  全提正令
  縷に有無に渉れば  喪身失命せん


趙州・・ジョウシュウ
因みに・・チナみに
狗子・・クシ











且らく道え・・シバらくイえ

乃ち・・スナワち
曰う・・イう


見える・・マミえる
便ち・・スナワち
厮い結んで・・アい結んで
豈に・・アに

莫しや・・ナしや

毫竅・・ゴウキョウ(微細な穴)


提撕して・・テイゼイして(挙げ持って)
莫れ・・ナカれ





自然に~打成・・ジネンに~ダジョウ

驀然・・まくぜん






且く作麼生提撕せん。・・
   しばらくそもさんていぜいせん。
   ※しばらくこの「無字」を(公案と
     して)挙げて持つ。


頌・・じゅ