一休 TOP
      
禅TOP  

一 休 ばなし

(逸話伝説:江戸時代にまとめられたもの)


一休諸国物語 一休関東咄 一休咄

[巻一]
  第四   一休、若年にて・・

[巻三]

 第十四  ある人に異見し給う事



[下巻]

 第五 今出川口にて乞食に・・
 第七  堺の浦にて遊女と


一休咄 序
   ※参考:狂雲集(一部抜粋)

[巻之一]
 一 ・・一休和尚、いとけなき時
 三 ・・・一休という名の事
 四  ・・・初めて一休にあう事

[巻之三]
 十  一休乞食となり

[巻之四]

 十一  一休、狗子仏性の話の事       
 十二 風雨の日、新右衛門見舞に



■ 【一休】いっきゅう
   室町中期(一三九四〜一四八一)の臨済宗の僧。名は宗純(そうじゅん)。号は狂雲。
   大徳寺の住持。 奇行も多く、後小松皇胤説、二度の自殺未遂など、謎の部分も多い。
   詩に巧みで書画をよくし、諸国を漫遊。 一休諸国咄などに作られて伝説化され、
   小説、戯曲に描かれる。
   詩集「狂雲集」。 説教集として「自戒集」、「骸骨」、「仏鬼軍」等がある。

【酬恩庵】 しゅうおんあん
  京都府綴喜郡田辺町にある臨済宗大徳寺派の寺。正応年間大応国師が創建した妙勝寺
  に始まり、康正二年大徳寺の一休宗純が再興して現名称となる。一休入寂の所。薪寺。

【薪一休寺】 たきぎいっきゅうじ
  京都府綴喜(つづき)郡田辺町にある臨済宗大徳寺派の寺、
  酬恩庵(しゅうおんあん)の別名。

■ 【臨済宗】りんざいしゅう
    禅宗の一派。
    唐の臨済に始まり、後鳥羽天皇の文治三年僧栄西が入宋し、建久二年帰朝して広めたもの。
    建仁寺派・建長寺派・円覚寺派・東福寺派・南禅寺派・天竜寺派・大徳寺派・妙心寺派・永源寺派
    などがある。

■ 【大徳寺】だいとくじ
   京都市北区紫野大徳寺町にある臨済宗大徳寺派の大本山。山号は竜宝山。
   鎌倉末期、妙超(大灯国師)が創建。
   花園天皇、後醍醐天皇の帰依(きえ)をうけ、元弘三年五山の第一に列せられた。
   享徳二年の火災と応仁の乱により諸堂の大半を焼失したが、のち、一休宗純が堺の
   豪商の援助をうけて再興。現在の伽藍は江戸初期のもので禅宗建築の代表。