老子TOP  INDEX-2  INDEX-3


老子 道徳経 index-1



道の道と
すべきは

天下皆美
の美たる
賢を尚ば
ざれば
道は沖な
れども
天地は不
仁、万物
谷神は死
なず
天は長く
地は久し
上善は水
の如し
持してこ
れを盈た
十一 十二 十三 十四 十五 十六 十七 十八

営魄を載
せ一を抱


三十輻一
轂を共に
五色は人
の眼を盲
寵辱驚く
がごとし
之を視れ
ども不見
古の善く
士たる者
虚を致す
事極まり
太上は下
之有るを
大道廃れ
て仁義あ
十九 二十 二十一 二十二 二十三 二十四 二十五 二十六 二十七

聖を絶ち
智を棄つ

学を絶て
ば憂無し
孔徳之容
はただ道
曲なれば
則ち全、
希言は自
然なり
企つ者は
立たず
物有り混
成し、
重は軽の
根たり
善く行く
者は轍迹