老子-TOP    Index-1 Index-2 Index-3


前章 第二章 次章



 天下皆知美之為美。
 斯悪已。
 皆知善之為善。
 斯不善已。

 故有無相生、難易相成、
 長短相較、高下相傾、
 音声相和、前後相随。
 是以聖人処無為之事、
 行不言之教。

 万物作焉而不辞、
 生而不有、為而不恃、
 功成而弗居。
 夫唯弗居、
 是以不去。


 天下皆美の美たるを知る。
 これ悪なり。
 皆善の善たるを知る。
 これ不善なり。

 故に有無相生じ、難易相成り、
 長短相較(クラ)べ、高下相傾き、
 音声相和し、前後相随う
 是(ココ)を以って聖人は無為の事に処(オ)り、
 不言の教えを行う

 万物作(オコ)りて辞せず、
 生じて有せず、為して恃(タノ)まず、
 功成りて居(オ)らず
 それ唯居らず、
 是(ココ)を以って去らず。


<語句解説>

 特に無し


<解釈>


 天下の人が皆、美を美として知れば、これが醜さを知る事になって
 そこに差別を生じる。これは悪である。皆が善は善である事を知れば、
 そこに不善が生じる。つまり、善がなければ不善も又無いのである。
 
 この様に、有無、難易、長短、など相対立するものが生じ、高下が
 あるから傾きがあり、音(楽音)と声は共に相和し、前がある故に
 後がそれに随う事になる。

 この様な事を熟知している故に、聖人と言われる人は、私意作為等
 の技巧を捨てて自然の働きに任せる(無為)事をその行為の根本に
 おき、又、その時その場のあり様をそのまま自然に語らせる事をも
 って教化する。
 
 万物を生じながら、それを支配せず、自分のものとする事も無く、
 そうしたからといってそれに恃むという事も無く、万物を育成した
 からといって、そこに居るという様な事も無い。これは、ただ居な
 いのであり、だからと言って去るという事でもない。

<雑感>


 普通、私達は常に二つの相対立する概念で物事を考え、把握し、
 イメージ化して理解しようとする。大切な事は、この二者対立の
 世界こそ様々な価値観を生みだすと同時に、人と人の間に対立を生
 じ、物事をありのままに見る目を妨げるものに他ならないという事
 をこの老子の教から学ぶ事ではなかろうか。
 
 「道」というものは、居る、居ない、というこの様な二元的対立の
 世界のものではない。だからそこに居ないと言ったからといって、
 そこを去ったという様なものでもない。
 「道」とはそういうものなのである、と老子は説く。


                        −1999年〜2000年 記−

前章 老子TOP 次章