老子-TOP    Index-1 Index-2 Index-3

前章 第十五章 次章


古之善為士者、
微妙玄通、深不可識、

夫唯不可識、
故強為之容。

予兮若冬渉川。

猶兮若畏四隣。

儼猶兮其若客。

渙兮若氷之将釈。

敦兮其若棒。

曠兮其若谷。

混兮其若濁。

孰能濁以静之徐清。


孰能安以動之徐生。


保此道者、
不欲盈。

夫唯不盈。
故能蔽不新成。


 古の善く士たる者は、
 微妙玄通、深くして識るべからず、

 それただ識るべからず。
 故に強いてこれが容をなす。
 
 予として冬川を渉(わたる)がごとし。

 猶(ゆう)として四隣を畏るるがごとし。
 
 儼としてそれ客のごとし。
 
 
渙として氷の釈(と)けんとするがごとし。

 敦(とん)としてそれ棒のごとし。
 
 曠(こう)としてそれ谷のごとし。

 混としてそれ濁れるがごとし。

 たれかよく濁りて以ってこれを静かにして
 徐(おもむろ)に清からん。

 たれかよく安んじて以ってこれを動かして
 徐(おもむろ))に生ぜん。

 この道を保つものは、
 盈(み)つる事を欲せず。

 それただ盈たず、
 故によく蔽(やぶ)れて新たに成さず。


<語句解説>


」ユウ。キュウ。ヨウ。ナオ。ナオ・・ゴトし。
  猿の一種で疑い深い(用心深い)性格の猿。それでもなお。
  なお・・のごとし。まだ、やはり。より、から。

「兮」 ケイ。
  助字。(音調を整えたり、強調や感嘆を表す。)

」アズかる。アタえる。アラカジめ。カネて。タノシむ。ワレ。
  与える。共にする。あずかる。許す。
  我(一人称代名詞)。
  象の大きいもの。あらかじめ。前もって。
  楽しむ。のびのびする。喜び。つらねる、整える。ためらう。

「儼」ゲン。
  いかめしい。おごそか。慎む、うやうやしい。

「渙」カン。カイ。アキらか。トける。
  とける、とけちる。ちる、ちらばる。あきらか。つややか。
  あやのあるさま。美しいさま。

「孰」シュク。ジュク。イズれ。タレ。
  たれ、たれか、たれぞ、なに、なにか(人又はものを指す疑問代名詞)。
  にる、にえる。みのる、できる。つまびらか、くわしい。
  ねんごろ、じゅうぶん。

「敦」トン。タイ。タン。チュウ。トウ。チュウ。アツい。
  うつ、なげうつ。せめる、とがめる。うながす。いかる。
  てあつい、誠のある。とうとぶ、おもんじる。さかん、大きい。
  たむろする、陣する。
  (※他、多様な意味がある。)
  

「曠」コウ。アキらか。ムナしい。
  あきらか。ひろい、大きい。むなしい、からっぽである。
  荒れ果てている。なすことなく時を過ごす。ひさしい、長い間。
  遠い、はるか。


<解釈>


 昔の極めて優れた人物は、微妙にして奥深く、その深さを知る事は出来ない。
 知る事は出来ないけれども、強いてこれにかたちを与えてみよう。

 ゆったりと(或いは慎重に)、冬、川を渉(わた)る様である。
 
 用心深く、疑い深い猿の様に、四方を畏れているかのようだ。

 重厚であって、その姿は客のようである。

 凝り固まっていなくて、まさに氷が溶けるような様子である。

 その素朴なさまは、まるで原木のようである。

 その空っぽなさまは、あたかも谷のようである。

 混ざり物があるようで、それはまるで濁っているようである。

 誰がこの濁っているものを静かにして徐々に清くする事が出きるだろうか。

 誰が安んじているものを動かして徐々に何かを生じさせる事が出きるだろうか。

 この道を保つものは、完全、完璧を望まない。

 ただ、完全、完璧でないだけである。

 だからこそ、よく蔽われていて、新たに何かを成さない。

<雑感>

 
 ここで描かれている人物像は、道を体得した人の様子が書かれている。
 何やら、分かる様な分からない様な感じもするが、要するに、凡人には
 理解し難い、計り知れない奥深さを持っていながら、表面的には、素朴
 で空っぽで、まるで役立たずの様なイメージだという事になろうか。

 注目すべきは、最後の部分で、そういう人物は、完全、充分という事を
 欲しないという事である。この解釈もいろいろあるかも知れないが、お
 そらくこれは、極端な一方へは偏らない、という事になるだろうか。

 完全を求めれば、それはもう一方の不完全を排除する事になる。
 しかし、完全は、不完全あってこその完全である。
 老子の無為自然の思想から行けば、何を完全とし何を不完全とするという
 のであろうか・・つまり、道を得た者は、この様な二元論的思考を離れて
 いるのである。
 この様な完全を求める二者択一の思考は、欲しないものを排除するという
 人間同士の争いを生じ、自らを疲労困憊させる思考になるであろう。

 混沌の中に何かが生じ、自ずから微妙に変化しつつそれぞれのものの姿を
 顕わしていく。恣意的にそれを動かそうとすれば、必ずどこかに無理が生
 じ、自然の循環を阻害する。その様な無理をせずとも、水の流れの如き天
 地自然の中で総てのいのちは自ら変移し、自ら実る事だろう。

 老子の思想は、自らを解き放し、是非善悪も、更には生死さえも一つにな
 り、まさに行雲流水の如き生き方が出来る人を「道」を得た人と言ってい
 る事になるだろう。これは、禅の思想とまさしく通じるもの、いや、それ
 そのものと言えるかも知れない。

 

前章 老子TOP 次章