老子-TOP    Index-1 Index-2 Index-3


第一章 次章



道可道、非常道
名可名、非常名

無名天地之始
有名万物之母

故常無欲以観其妙
常有欲以観其徼
此両者同出而異名

同謂之玄
玄之又玄衆妙之門


道の道とすべきは、常の道にあらず。
名の名とすべきは、常の名にあらず

無は天地の始に名づけ
有は万物の母に名づく

故に常に無は以ってその妙を観(シメ)さんと欲し、
常に有は以ってその徼(キョウ)を観(シメ)さんと欲す
この両者は同出にして、名を異にする

同じく之を玄と謂う
玄の又玄、衆妙の門なり


<語句解説>


「常」-- 永久不変の意。(ふだん。日頃。いつもの。変わらずに)

「徼」-- 道路を巡り歩く意。(巡る。求める)

「玄」-- 見えるか見えないかくらいの細い糸の意。
     (くろ。赤味を帯びた黒。幽遠。深奥。奥深い道理)


<解釈>


 道の道とすべきは、永遠に変わらないという様な、又、これが道だと
 言うようなものではない。
 この様に、名というものも、永遠不変と言える様なものではない。

 渾沌として何も無かった天地の始めを「無」と名づけ、
 万物を生じる生みの働きをする母を「有」と名づけた。

 故に常に無は、形の無い事を以って天地の働きの深遠微妙をしめそうとし、
 常に有は、形を顕わしてその生滅流転をしめそうとする。
 この両者は、同じなのだが、現象として変化する為に名前を異にする。、

 同様に、これを微妙で奥深いものとして玄と言う。
 微妙にして測り難いこの根源的な大元は、すべてを生じる門である。


<雑感>


 無から有を生じると言うと、線的な動きを想像するかも知れないが、決して
 そうではなく、無と有は円環を為していて始めも終わりも無いものである。
 同じものが、その状態の変化によって、名前や形を変えて存在する。
 生と言い、死と言うのも、それらは、一時の状態の変化に過ぎない。

 「般若心経」の「是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減」ということ
 と同じことをここで老子は述べているのである。  

                        −1999年〜2000年 記−


老子TOP 次章