世界の人々は、アメージング・グレースという讃美歌を200年前から大切にしています。ある人は、心を慰められ、ある人は、人権を守る魂の叫びとして歌い続けました。
 特に歌詞の中に「Wretch」という言葉がありますが、この言葉は卑劣な者、罪深き者、無益な者といった意味があります。
 ですから、卑劣な者、罪深き者、無益な者をイエス・キリストは憐れみ、招いてくださる。十字架に付く程の愛で恵みを与え、新しく生きる者としてくださったという感謝に満ちた歌なのです。


→P.2