講師紹介

【代表】世古口瑳喜

バレエスペースフェアリー代表 世古口瑳喜

上島君子、友松宏之、薄井憲二に師事。
学業終了と同時に友松・上島バレエ研究所の指導助手に入る。
1999年1月よりバレエスペースフェアリーを主宰。
1999年8月 第1回発表会を開催、以後毎年夏休み時期に発表会を開催。
2010年 京都市・グアダラハラ市姉妹都市提携30周年記念日本メキシコ交流400周年記念事業の一環である全京都洋舞協議会グアダラハラ公演に、訪問団代表として参加 。
2010~2011年度全京都洋舞協議会委員長を務める。
2013年 公益社団法人日本バレエ協会より第7回舞踊文化功労賞受賞。

日本バレエ協会関西支部会員、全京都洋舞協議会会員、公益財団法人京都市芸術文化協会会員。



【助手】大塚春菜

バレエスペースフェアリー助手 大塚春菜

6歳よりバレエを始める。
世古口瑳喜、田中祥次、新屋滋之に師事。
学業終了と同時にバレエスペースフェアリーの指導助手に入る。
これまでに2010年 京都会館開館50周年記念バレエ公演「くるみ割り人形」中国の踊り、第26回国民文化祭・京都2011クラシックバレエの饗宴「ドン・キホーテの夢」キューピット役などを踊る。
エヴァ・エフドキモア記念 第10回エデュケーショナルバレエコンペティション シニアの部 第1位受賞。


【特別講師】新屋滋之

バレエスペースフェアリー特別講師 新屋滋之

1989年 渡バレエ学校にてバレエを始める。覚心浩詞に師事。
1995年 東京新聞全国舞踊コンクール入選。パリにて3ヶ月の研修。ジャクリンヌ・フィナエ氏に師事。その後も定期的に渡仏。
1996年 全国バレエコンクールIN名古屋入賞。
カクシンバレエ団プリンシパルとして活躍し「ジゼル」「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」等の主役を務め、他のバレエ団のゲストも多く務める。
2012年 ドイツ レーゲンスブルクの森優貴氏のカンパニーに短期研修。
2014年 フリーに。近年では、コンテンポラリーからクラシックまで多くの作品を手がけている。

このページのトップへ