タイトル
 since May,2004
公園の春    増田ふるさと公園 とは

昔からこの辺り一帯は森や林、棚田があり多くの野草や小動物が生息する自然豊かな里山でしたが、最近その様子は悪化の一途をたどり、人間以外の生物にとって住みにくい環境となってきました。

数年前に圃場整備の話が進む中、この貴重な自然を少しでも保存すべく三木市を始め各関係機関に働きかけました。

そして三木市はもとより、地元増田地区と地権者のご理解とご協力を得て、平成13年に面積約 0.7ha を「増田ふるさと公園」として残して戴くことが出来たのです。

運営に当たって三木市・増田地区・NPO法人三木自然愛好研究会の三者で協定を結び、管理はNPO法人三木自然愛好研究会(通称 三愛研)が行っております。

   

マヤラン(摩耶蘭)
学名:Cymbidium macrorhizon

ラン科シュンラン属の植物。
和名はこの種が初めて発見された神戸市の摩耶山にちなむ。関東から九州までの常緑広葉樹林や古い二次林に生え、菌類に寄生して生活する
菌従属栄養腐生植物。
 
2010年10月16日
 
三木市内にて撮影
リンク
環境省 外来生物法
三木市のページ
天気予報
細川町雨量グラフ
MSPC
                 公園入口

             管理人室
三木自然愛好研究会10周年記念誌
¥1.500で販売中

NATURE
BOOK

三木の自然


詳しくはココをクリック
Copyright(C) 2004-2017. JA3BGQ=IKEMACHI. All Rights Reserved