(3)半音階的音程とは何か?

 本当は前回で音程のことは終わりにするつもりでしたが、話の都合上、全音階的音程という言葉が出て
しまったので、全音階的音程というのがあるのなら半音階的音程というものもあるんだろう、ってことになり
ますよね。でなきゃ、わざわざ“全音階的”なんて枕詞が付く必要ないですもんね。そうです、あります。

 ただ、私は和音(コード)のところでちょっと触れればいいかなって思っていたんです。ま、ついでですから、
サクサクっと簡単に済ませましょう。別に音を確認する必要もないですしね。

 要はモノの考え方です。いちばん最初に述べたとおり、“度”というものを数えるときは実際の音と音の間隔
に関係なく、音符の位置関係だけが問題になります。そうすると、実際は楽譜上の隣の音のと間隔が半音の
ケースと全音のケースがあるために、同じ音名の音の組み合わせ以外は2種類づつの組み合わせができる
っていうのが前回までのお話でした。

 ただし、それはあくまでも純長音階純短音階で考えたときのお話です。

 もう結論から述べると、和声長音階和声短音階を考えた場合、楽譜上で隣あった音と音の間隔が1音半
(1全音+半音)っていうケースが出てくるのです。この関係を考えてみると、下の方の音からみると一つ上の音
は2度の位置にあります。このとき、間隔が1音半だったら短3度じゃないの?って考えてはいけません。
 何度も言うように、“度”を数えるときは音符の位置関係のみを考慮するので、間隔が1音半でも2度の位置
に音符があれば、やはり2度と数えます。この間隔が1音半の2度を増2度というわけです。

 増2度と短3度は、名前は違えど同じ音の間隔ですから、和音として鳴らした場合は同じ響きだってことは
すぐわかりますよね。全音階的音程のときの増4度と減5度のケースと同じですね。

 和声長音階は6番目の音、つまりハ長調なら「ラ」を半音下げ、和声短音階では7番目の音、イ短調でいえば
「ソ」を半音上げるので、それぞれ次のような新たな概念が生まれます。

 新しい響きの和音はありません。ただ名前が違うだけです。

 同じように考えれば、完全1度の音程の片方の音を半音上げたら(つまり#をつければ)増1度、音の間隔は
短2度と同じです。逆に短2度の音を半音下げたら減2度、でも実質的には同じ音ですね。例えば、ハ長調で
「ファ」に♭をつけたら、実質的には「ミ」と同じ音ですよね、でも「ミ」から見た「♭ファ」は減2度ってことです。
 「ド」から見たら、この「♭ファ」は減4度になります。音の間隔はもちろん長3度と同じ。
 逆にハ長調で「ミ」に#を付けた場合、この「#ミ」からみた「ファ」はやっぱり減2度、もちろん実質的には
「#ミ = ファ」なんですけどね。「ド」から見ると、この「#ミ」は増3度ってことになります。当然、音の間隔は
完全4度と同じですね。

 じゃあ、長2度の上の音に♭または下の音に#を付けたら? これは短2度ですよね。なんとなく、わかりま
した?

 こんな風に次々と増3度、減4度・・・などと増音程や減音程を作っていくことができます。ただ作り方は多種
多様でけっこう面倒だったりします。両方の音に#や♭をつけてみたり、「##」(ダブル・シャープ)や「♭♭」
(ダブル・フラット)なんていうのもありますからね。考え出したらキリがないです。いや、キリはあるんですけどね。
 別にそんなに深く考えることでもないんじゃあないかなあって思います。暇で暇で、やることがないっていう人
にはオススメですけどね。

 超簡単にいうと、純長音階や純短音階の音に#や♭をつけたときに、新たに登場する概念が半音階的音程、
ってことですね。(ちょっと簡単にいいすぎですか? ま、さらっと軽く流してやってください)

 和音で考えた場合、実質的な響きは全音階的音程でやったのと同じものばかりです。要するに単なる理屈、
呼び名ですね。

 音程は今回で終了というか、後はコード(和音)でやっていきます。ここまではコードなどを考える上での基本
的な知識でもあったのです。