はじめに

 音程とは、二つの音の間の隔たりのことをいうらしい。世間の人々はこの隔たりを“度”という単位(?)
であらわしているようです。そういえばよく、5度のハーモニーとか3度の和音なんていいかたを耳にしま
すね。

 この度の数え方は、基本の音を1度として、その一つ上の音程を2度、2つ上を3度という具合に数える
ようです。じゃあ、単純にハ長調の音階で考えてみると、基本の音を「ド」とした場合、音階上の音を順番
に組み合わせて行くと、次のような音程の和音を得るということになるはずです。

ド=1度、レ=2度、ミ=3度、ファ=4度、ソ=5度、ラ=6度、シ=7度、ド=8度

 1度の音程は“ユニゾン”、8度の音程は“オクターブ”なんていういい方もよく耳にしますよね。

 もちろん8度から上もさらに9度、10度、11度という具合になって行きますが、(完全)1度から(完全)
8度までを単純音程(単音程)、さらに間隔の開いた音程を複合音程(複音程)などということもあるよ
うです。

 “度”の数え方は、まあ上の通りでいいのですが、上の例だと音と音の間隔が全音だったり半音だった
りしてますよね。でも、単に“度”を数える場合はそれは関係ないのです。音符の位置が問題なのです。

 そうなると、同じ2度でも、間隔が全音バージョンと半音バージョンがあるってこと?それ以上になると・・・

 ちょっと複雑そうな話ですね。でも重要なのは多分理屈でなくて、音を感じることだと思う次第です。
 ですから和音も少し絡めてみていくことにしましょう。