Mnual Medicine history
徒手医学の歴史



最近、カイロプラクティックと言う言葉をよく聞くようにようになりました。三年前のデーターでは、全国に17000件以上あると言われています。
しかも、不況になると増えていく・・・。何か変な感じがしませんか。

Contents
カイロプラクティックの創始者 カイロプラクティックは、整体ではありません。
カイロプラクティックの現在 整体との違い
世界基準のカイロプラクティック教育・教育科目 接骨(整骨)院との違い
世界基準のカイロプラクティック教育・教育時間 徒手医学とは
世界のカイロプラクティック大学 カイロプラクティックの実際。
日本の現状 そして、神経機能医学が革新を起こす。
★カイロプラクティックの創始者
  
 1895年9月18日、カイロプラクティックの創始者、ダニエル・デビット・パーマーは、難聴の青年ハービー・リラードの治療に成功しました。薬を使わず、手術をせず。この患者に関して、1910年に刊行のパーマーの自叙伝には、この最初の治療のくだりが書いてあります。それによると、このリラード青年の難聴はが突然、しかも

「窮屈な姿勢で身をかがめたときに、何かが背中を走るような感じがして、それっきり何も聞こえなくなった」

と話したと在ります。パーマーは、リラード青年の検査をしているうちに、脊柱の不整列の兆候である「隆起」を発見しました。
「私は、もしその椎骨が元の位置に戻れば聴力が回復するのではないかとかんがえた。」もちろん、この時点では科学的根拠は在りません。インスピレーションだったのでしょう。そして、その椎骨に刺激を与えると、17年間聞こえなかった聴力が回復しました。その後、パーマーはこの治療法の原理研究に一生を捧げる事になります。そして、118年たった現在では、科学的、医学的な事実を取り入れ、大学教育となり医学としての体系を持つに至ります。カイロプラクティック大学は医科大学として、アメリカ。カナダ、オーストラリア、等を中心にイギリスやドイツなどでも認められています。

 
★カイロプラクティックの現在
 
 アメリカではカイロプラクティックなどを代替相補(だいたいそうほ)治療と呼び、近年急速に伸びています。
 ハーバード大学のアイゼンバーク教授は、1997年度には代替相補医療に対する国民の支払い額が医療費と同額になったと発表し、大きな反響を呼びました。
 国民は薬物外科医療の価値と限界を認めて、代替相補に大きな期待をもちはじめたのです。
 この事実に気づいた世界最大の医学研究機関(NIH)は、代替相補治療の研究費を8年間で35倍に増額しました。アメリカの代替相補治療で最大の勢力はカイロプラクティックです。
 カイロは100年以上の歴史をもち、世界77カ国に普及し、その国際組織(WFC)は1997年に世界保健機関(WHO)に加盟が認められました。
 カイロプラクティックは先進約30カ国で法制化され、いまや国際的に正統なヘルスケアと認められています。


☆世界基準のカイロプラクティック教育・教育科目

 カイロプラクティックの教育は、医科大学として行われています。
参考までにアメリカにおけるカイロプラクティック教育を見てみましょう。国によっても違いがあります。アメリカが発祥の地ですからアメリカの教育が基本モデルになっています。
カイロプラクティックでは、基礎医学と臨床医学ともに日本の医学教育とほとんど同じ科目を教えています。しかし、共通の科目であっても教育の重点は、筋骨格系におかれています 。それに対して薬理学や外科学には、重点が置かれていません。

一年目 解剖学 カイロプラクティック原理
生理学 触診
神経解剖学 レントゲン解剖学
神経生理学 診断学入門
組織学 発生学
生化学 栄養学
二年目 薬理学・毒物学 カイロプラクティック原理
微生物学 応用カイロプラクティック
病理学 神経学
レントゲン診断学 整形外科学
レントゲン物理学 研究概論
臨床栄養学 公衆衛生学
診断学
三年目 インターンシップ 臨床カイロプラクティック
小児科学 皮膚科学
レントゲン診断学 産婦人科学
レントゲン撮影術 老人病学
診断学 物理療法
四年目 インターンシップ エクスターンシップ

☆世界基準のカイロプラクティック教育・教育時間

 アメリカカイロプラクティック教育審議会の基準では、最低4200時間の授業を行うことになっています。
 実際にはそれより多く、各大学の平均は4826時間です。
 これは一般の大学で行われた場合、4年から5年間に匹敵する時間数と言われています。
 
 一部の国では4〜5年のプログラムで行われているが、アメリカでは約3年4ヶ月の短期間で集中して行われていることが多いのです。
一般の2学期制を採用している大学では学期の間に通常1〜3ヶ月の長い夏休みがあるが、多くのカイロプラクティック大学では、2週間程度の休みしかありません。
 
 ちなみに、日本の医学部が6年制であるので、アメリカのカイロプラクティック大学が短く感じられますが、アメリカの場合、医科大学には、教養課程はありません。
 ですから、カイロプラクティック大学に入学するには、四年制の大学を卒業している必要があります。つまり、入学時にカイロプラクティック以外の学位が必要で、ダブルバチェラー、卒業時には学位を二つ持つことになります。

 医学教育の合計時間数は、カイロプラクティック大学の平均が4.826時間であるのに対し医学部は4.667時間と大差はない。主な違いはカイロプラクティックが、基礎医学により重点を置いているのに対し、医学部は臨床実習に重点を置いていることです。
解剖学、病理学そして生理学には、多くの時間を割いています。


  カイロプラクティック 医学部
合計時間 4826 4667
基礎医学 1420 1200
臨床医学 3406 3467 (注)
臨床実習 1405 3467 (注)
カイロプラクティック 1975
(注)医学部では臨床医学と臨床実習が統合されている。

              福島県立医科大学・副理事長・付属病院長 菊池臣一 他著 「カイロプラクティック」(金芳堂) より抜粋


☆世界のカイロプラクティック大学
世界には以下のようなカイロプラクティック大学があります。

アメリカとその他の地域のカイロプラクティック大学
アメリカ ニュージーランド
クリーブランドカイロプラクティック大学カンザスシティ校 ニュージーランドカイロプラクティック大学
クリーブランドカイロプラクティックロ大学ロサンゼルス校 フランス
ライフカイロプラクティック大学 フランスヨーロピアンカイロプラクティック大学
ライフウェストカイロプラクティック大学 イギリス
ローガンカイロプラクティック大学 アングロヨーロピアンカイロプラクティック大学
南カリフォルニア健康科学大学 グラモーガン大学
ナショナル健康科学大学 サーリー大学
ノースウェスタン健康科学大学 マクティモニーカカイロプラクティッロ大学
ニューヨークカイロプラクティック大学 デンマーク
パーマーカイロプラクティック大学 南デンマーク大学
パーマーウェストカイロプラクティック大学 スウェーデン
パーマーフロリダカイロプラクティック大学 スカンジナビアカイロプラクティック大学
パーマーカイロプラクティック大学 南アフリカ
テキサスカイロプラクティック大学 ネタール大学
シャーマンストレートカイロプラクティック大学 ウィットウォーターズランド大学
ブリッジポート大学 ブラジル
ウェスタンステーツカイロプラクティック大学 フィーバレセントラル大学
カナダ アンヘンビモルンビー大学
ケベック州立大学 メキシコ
カナディアンメモリアルカイロプラクティック大学 パジェデエカテペック国立大学
オーストリア
ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)
マッコーリー大学
マードック大学
日本
RMIT大学日本校(2008年度入学者にて修了)



★日本の現状
 
 実は、日本にはカイロプラクティックに関する法律がありません。つまり、公的な資格制度が無いと言うことです。ですから、
日本では、カイロプラクティックを法制化しようと真面目に取り組んでいる団体から、いろんな業者が商売目的で、素人を集め、講習会や私的な専門学校を開き,これ又私的な団体を設立して独自の認定証を乱発しているところまで玉石混合となっています。だいたい、だれが、何を教えているかも分からないうえに、その期間は2週間から3ヶ月など、医学として人間の体を診る職業としては異常とも言える教育も在ります。

 正統なカイロプラクティックは、世界33ヶ国で法制化され、その
教育は医科大学としての医学教育がなされます。もちろん、整体は、日本の民間療法で、大学などはありません。詳しくは、下記の「整体との違い」を参照下さい。
 

★カイロプラクティックは、整体ではありません
 
 カイロプラクティックは、正真正銘の西洋医学です。発祥以来、120年。世界保健機構(WHO)にも非政府団体(NGO)である世界カイロプラクティック連盟(WFC)が認定されています。教育は、大学教育。もちろん小児科やスポーツ障害、神経内科などの専門もあります。しかし、日本には、まだ法制化さえされていません。ゆえに、正規の教育を受けた正統なカイロプラクターから、一週間程度の医学教育とはほど遠い、教育とは言えないセミナーを受けた素人同然のカイロプラクティックまでありますので、注意が必要です。
 しかも、その治療室の治療師が、年配であっても脱サラをして短期間の教育を受け開業することが多いので、ベテランとはいえないのでこれも素人同然です。

 

★整体との違い
 
  整体は大正以降広まった、色々な療法を取り入れた日本独自の経験的な手技療法で、もとは古流の柔術に伝わる医術に属するものです。その内容は漢方を基礎に独自に発展したもので、秘伝、口伝、などの教授体系により伝授されてきました。しかし、閉鎖的な教授体系故に、現代ではほとんど、失伝していると言います。ですから、整体と名乗るものすべてがこの柔術の流れと言うわけではなく、ただのマッサージを整体と名乗っているものまでありますから、それは柔術における医術を継いでる者からすると迷惑かもしれません。ゆえに、整体にかんしては、多種多様ですので、学問的に確立されていません。元々、学問ではなく「術」であるのです。カイロは米国で始まり、理論的根拠となる学術書が世界的に多く出版され、学問として発展しました。
 

☆接骨(整骨)院との違い
 
 接骨、あるいは整骨は、正式には柔道式整復法と言います。これは戦前の成立当時、古流の柔術家が努力して古流に伝わる整体術を残そうと法制化したものがもととなります。何故、柔術家が努力したものが、柔道という名称になっているかは分かりませんが、聞いたところでは、警視庁に柔道が正式採用されたのを受けて、柔道教師の副業として成り立たせるため、警視庁の後押しがあったためとも聞きます。しかし、現代では、古流の整体術の伝承はほとんど無く、西洋医学的な整復術が中心となっています。接骨(整骨)は柔道整復師が行うもので、法律上、
骨折、脱臼、打撲、捻挫等を扱うものとなっています。もちろん、柔道式整復師の専門学校でも習うことはありません。ですから、神経系を介して健康全般への影響を診断・治療・予防するカイロとは扱う範囲が異なります。

故に、いかに柔道式整復師の資格があっても、カイロプラクティックの治療技術や資格とは関係ありません。まして、カイロプラクティックの治療で、健康保険を使うことは適用外で違法行為です。

関連ページ:「玄流の医術について」

★カイロプラクティックの実際。

 
 カイロプラクティックには、確かにボキボキとなるテクニックも存在します。
しかし、通常、欧米のカイロプラクターは、複数のテクニックを修得して開業しているのが、普通です。そのテクニックの中には、「ボキボキしない」テクニックも在るのです。これらは患者の症状、性質、年齢、好み、などによって総合的に判断され治療されます。
時々、「ソフトな」等という名称を耳にする事がありますが、発祥の地アメリカや欧米には、ソフトもハードも存在しません。テクニックは、上記の理由によって判断されるからです。

当研究所の治療法については、「治療法」のページをご覧下さい。



★徒手医学(Manual Medicine)とは?
 
 徒手医学は、この100年間、欧米で発達してきた手を用いて患者を治療する、いわゆる徒手療法であるカイロプラクティックやオステオパシーなどを総称した学際的な呼び名です。多くの徒手療法を説明する概念や説明は多種多様であり、専門用語も一定していませんでした。
 アメリカ合衆国では、この100年間に、従来の医学界のみならず新しいカイロプラクティックやオステオパシーの発展に伴いこの分野に対する関心が高まってきました。それぞれの専門領域の間では多くの基本理念上の違いはあるにしても、構造的診断と徒手療法の介入の根底にある原理はきわめて類似しています。それぞれの分野における独自の考え方にこだわらず、根拠のある部分でのこれらの原理原則を統合し共通した医学の言葉で研究を進め治療体系を構築ていくのが徒手医学の目的です。1978年に、徒手医療原理の最初の講座が北米徒手医療学会(NAAMM)とミシガン州立大学、及び同大学のオステオパシーと人間医療の各学部との共催で開催さました。
徒手医学は、機能障害を治療するためにカイロプラクティック、オステオパシー、リハビリテーションなどの療法の垣根を越え医学として統合したものなのです。


★ そして、神経機能医学が革新を起こす。

 いま、徒手医学の革新が起ころうとしています。現在、人間の最後のフロンティアといわれる脳の機能が少しずつ解明されています。その神経生理学の成果をとりいれ、筋骨格系の問題である、腰痛、肩こり、四十肩、膝の傷みなどだけでなく免疫系の問題、つまり、甲状腺機能障害からアレルギーなどの疾患、そして、精神的なトラウマまでアプローチできる神経機能医学が誕生しました。

神経機能医学。

この革新的な治療コンセプトは徒手医学を革新します。

詳しくは、「治療法」のページをご覧下さい。