由    緒

 旭神社の鎮ります大阪市平野区加
美正覚寺の地は、古くは“河内国渋川
郡賀美郷橘嶋荘(里)”と称されており、
その賀美(加美)澁河(渋川)の地名は、
早くも『日本書紀』や『類聚和名抄』な
どに見え、古くから栄えてきた地であっ
た。また“橘嶋”の名が示すとおり旧大
和川の本流であった長瀬川とその支
流の橘川との間に出来たデルタ地帯
であったと考えられている。
 その産土神(うぶすながみ その地を守り給う神 氏神)旭神社には、その創
祀を今に伝える縁起『河内国渋川郡賀美郷橘嶋荘正覚寺村旭牛頭天皇若宮
八幡宮縁起』(外題には『橘嶋庄両社縁起』と記載)が伝わっている。
 『縁起』によると、若宮八幡宮は、孝謙天皇の御世 天平勝宝6年(西暦754
年)8月、風雨がやまず人々が大変困っていたが、「水上より櫛笥と橘を流しそ
のとどまった所を祝い、祭るのであれば水難を避け人々を安穏にさせよう」との
八幡宮のお告げが有り、大和国河内国の境からお告げのとおり“櫛笥(くしの
箱)”とを流した。“櫛笥”の流れ着いた所には「玉櫛明神(現東大阪市花園鎮座
 津原神社)」を祭りし、また“橘”は当神社の鎮座地、賀美郷の川中の小島、す
なわち当地に流れ着き、そのことが孝謙天皇のお耳に達し「東大寺の八幡宮
(手向山八幡宮)」を勧請して“若宮”と仰ぎ祭り、“橘”をご神木と定めた。とその
御鎮座の様子を伝えている。
 
旭神社御本社については(『縁起』には旭
牛頭天皇と記されている)、聖武天皇の御
世 天平5年(733)頃に当地にお鎮りにな
り、“旭”と言う呼び名については、「つき旭
と称し侍ることは、此郷の嶋戸に橘のなが
れとゞまりたるに、朝日さしかがやきてその
光社頭に映じけるにより旭牛頭天皇と申な
り」すなわち、この里に先述の「橘」が流れ
着いたその光が朝日の様に社頭にてり輝
いた事によると『縁起』は伝えている。また
神社の鎮座地については、元々は現加美
小学校のあたりにお鎮まりになっていた
が、今から約300年前の元禄14年(169
9)9月、若宮八幡宮鎮座地であった現境内
にお移し申しあげた。
 さて、現在および近世においてこの地が“正覚寺”と呼ばれるようになった事
についても『縁起』は「往昔此地に弘法大師開基したまへる密教の霊場 正覚
寺と号されし伽藍ありて」、弘法大師の開かれた“正覚寺”と言う大きな伽藍が
あったが、明応年間(1492〜1501)畠山義就(よしなり)義豊の親子が誉田城
にたて籠ったのを、同姓の畠山政長が応仁の乱での恨みをはらそうと、将軍足
利義植に頼んで攻めようとこの正覚寺に出陣したが、逆に義就に攻めら政長は
敗れ(世に言う正覚寺合戦)正覚寺の寺塔はもとより民家に至るまで焼け灰とな
り再建される事もなったが、自然に“橘嶋荘”と言う古称が忘れられ“正覚寺”が
地名となったことを記している。


戻る