【ふんしつ5】


何度も啄ばむような接吻を繰り返しながら互いの衣類を乱していく。
清正は口唇を首筋へ滑らせると、片手でそっと胸元に触れた。
「っ・・・・ぁ・・・・・・・」
滑らせた口唇はもう片方の胸元へ、舌先で突起を転がしながら時折吸い付くと三成の口から色めいた声が漏れる。
三成の様子を見ながら清正はその手を腰へと滑らせた。
先ほどから足に当たる三成のモノが苦しそうに主張していて、清正は三成を覆っていた下半身の布を取り去ると優しくそこを握りこむ。
「三成・・・・ここをお前の中の俺はどう扱ってた?」
「っっ!!!!」
それは清正のちょっとしたいじわる。
緩々と決定的な刺激にならない刺激を与えながら聞く。
「そ・・・れは・・・・・・・っ!///」
「言わないならずっとこのままだ・・・・・」
清正の手のひらは三成のモノから離れ、その内腿を撫でるだけに留まる。
三成は息を詰め、強く目を瞑ると頬を染めながらゆっくりと口唇を開く」
「・・・最初は・・・・・その・・・優しく・・・・・・」
「こうか?」
内腿を撫でていた手が三成のモノをまた握りこむとそのまま緩々と、先端から溢れる液を塗りこむように上下させる
「んっ・・・・っ・・・だんだん・・・はげし・・・・・っっぁ!!」
言葉の続きを言い終わる前に、清正の指が三成のモノを先ほどよりも力を入れて握ると、上下へと揺らす。
三成は手の動きにあわせて呼吸を荒くしながら清正の衣を強く握ると体をビクリと震わせ、清正の手に吐精した。
「んっ・・・・・きよま・・・・・さ・・・・・」
清正と三成の口唇が重なり軽く触れるだけの接吻を繰り返す。
「三成・・・・・こっちは自分で触ったことがあるのか?」
そう聞きながら清正の指が三成の双丘に滑る。
「・・・・・っ・・・・・////」
先ほど吐き出した三成の精を塗りつけてみるがそれだけではすべりが良くなったとは言いがたく清正はそこを撫でるだけにとどめていた。
たとえ経験は無くとも、男のソコが女のようにひとりでに濡れることがないということは清正も知識として持ってはいる。
「何か使ってるものがあるなら出してくれ・・・・お前に痛い思いはさせたくない・・・・・」
「っ・・・・そこの・・・・・・箱に・・・・・・・・・」
清正は近くにあった懐紙で一度手を拭うと、三成の指差した箱を開ける。
そこから薬のような入れ物を出し、それを手に戻った清正はその中の液を指に取ると三成の双丘へと塗りつけ、ゆっくりと中へ指を沈めていった。
三成のソコは清正の指を飲み込むと浅く息づき、奥へと誘うように清正の指を飲み込んでいった。
清正は三成の反応を見ながら慎重に指を動かしつつ、本数を増やしていく。
「そろそろ・・・・いいか?」
その問いかけに、三成は一瞬ひるみを見せたものの、意を決したように静かにコクリと頷いた。
清正は三成のソコから指を引き抜くと、すっかり育ってしまった自身を宛がった。
「力抜いとけ・・・・痛かったら言えよ・・・・・・・」
そう言いながらも果たして途中で止めることができるのかと考えながらゆっくりと三成の中へと入っていく。
三成は浅い呼吸を繰り返しながらなるべく力を入れぬようにするが、元々そういった行為に使われる場所ではないため、どんなに慣らそうとも初めての行為・・・どうあっても痛みは走る。
「っ・・・悪い・・・・・・痛いよな・・・・」
顔を顰め、額に脂汗を浮かべる三成の頬を撫で、詫びるようにその額に口唇を落とす。
「大丈夫・・・・だから・・・・やめ・・・るな・・・・・・」
目に涙を浮かべながら三成はなんでもないように口元に笑みの形を浮かべ、清正に微笑みかけた。
少しでも痛みを和らげようと清正は三成に口付ける、互いの舌を絡めるような荒い接吻・・・・・三成の意識が接吻へ移り、下肢から力が抜けるのをみて、残りを一気に奥へと押し入れた。
「もう・・・・全部入った・・・・から・・・・」
だから安心しろとばかりに清正は三成の体を抱きしめる。
互いの鼓動を感じるほど胸の動機は早く、その鼓動を感じながら清正は三成の下肢が緩むのを待った。
しばらくすると三成のほうも慣れてきたようで、締め付けていた清正のモノが多少動かせる程度には緩みをみせた。
「動いても・・・・・平気か・・・?」
清正は三成の額に口唇を落とし三成がうなずくのを確認してからゆっくりと自身の挿入を始める。
最初の頃は動かすたびに多少表情をゆがませていた三成だったが、挿入がスムーズになるにつれ、その表情にも変化が見える。
「清正・・・・もっと・・・・していい・・・・・から・・・・・・」
息を途切れさせながら三成が清正の首に自分の腕を回す。
清正はその腕に了解の返事である接吻をしながらさきほどよりも挿入を速めた。
動きに合わせ断続的に上がる三成の嬌声に清正の高まりも早くなる。
「清正・・・・・も・・・・」
「っ・・・・・三成・・・・」
互いの名を呼ぶと同時に清正と三成は互いの精を放った。




桶に汲んできた湯に手ぬぐいを濡らし互いの汚れを拭った清正と三成は同じ床で横になる。
清正は三成の髪に指を絡ませながら先ほどの余韻に浸っていた。
「清正・・・・・・」
「ん?・・・・どうした・・・どこか痛むか?」
不意に声をかけられ、清正が三成を見る・・・三成は清正の胸元に頬を寄せながらその顔を見上げた。
「その・・・嬉しかった・・・・・・・・・///」
口にして恥ずかしくなったのか、三成の顔が一気に朱に染まる。
「そ・・・そうか・・・・・・なら良かった・・・・///」
三成につられるように清正も頬を朱に染めむず痒い空気が場を支配する。
このままこうして寝ていたい気もするが明日の事を考えると、そろそろ戻らなければ政事に支障をきたす。
「じゃあ・・・そろそろ戻るから・・・・・・」
清正は三成の額に軽く口唇を落とすと床から起き上がる。
「ま、待て・・・・・・」
そんな清正を三成は慌てて引き止めた。
「あ・・・と・・・その・・・・・・・・・・」
清正の衣を掴んだまま三成が口ごもる、清正は立ち上がるのをやめて三成の話が聞こえるよう側へと寄った。
「清正が・・・嫌でなければ・・・・・・その・・・これからも・・・・・・」
近くに顔を寄せてきた清正から視線を逸らしながら三成がそう呟いた。
それは予想外の言葉・・・清正としては嫌な訳でなく、むしろ断る理由など無いのだが・・・
「お前は・・・それでいいのか?」
それは三成を抱く前に問いかけた問い・・・・・三成は自分に好意を抱いてはいるが、清正には三成が持つ好意と同じ理由の好意を今のところ持っているわけではない。
それは後に三成を傷つけることにならないかと危惧したからこその問い。
その清正の言葉に三成は逸らしていた顔を上げると呼吸を落ち着けるように胸を押さえながら清正をまっすぐに見た。
「俺は最初に言ったはずだ・・・それでも構わないと・・・・」
何かを決意した凛とした瞳・・・・あまりの綺麗なその表情に清正の鼓動が早鐘を打つ。
「・・・清正の気が向いた時で構わない・・・・・俺を清正のものにしてくれ・・・・」
それは三成の精一杯の告白・・・・
「・・・・・・・・・わかった。」
清正は自分にゆだねてきた三成の体を了承の意味を込めてそっと抱きしめた。
そうして二人の関係が始まったのだった。

+++++

いや、こういったシーンはちょっと丁寧に書いてみたくて・・・
と言っても手抜き箇所は多々ありますが、書いてると照れませんか?(笑)
すいません、もうちょっと続きます!!


design by diabolo.