「秦皇島燕秦納米科技有限公司」、英文で「Qinhuangdao Yanqin Nano Science and Technology Co.,Ltd.」 は中国河北省秦皇島にある小さな会社ですが、今までアモルファスを材料として各種の電磁製品を製作してきました。 材料は日本の日立金属や中国のメーカーのアモルファスを購入していました。 しかし今後の製品開発にはどうしても自社の製品に合ったアモルファス材料が必要だとの考えから、自社で材料のアモルファスを製造する方針を立て、工場を山海関に移転を始めました。どんなアモルファスが出来るのか非常に楽しみです。
「秦皇島燕秦納米科技有限公司」のHP:http://www.yanqin.com/index.asp
1 01
  この建物は河北省や秦皇島市の先端技術開発企業支援の為のもので、当社はこの3階に事務所、工場を持っています。
2 01_300 3 02_3_2
  2007年春から山海関に6000坪の工場を買い取り移転を開始しました。   これがアモルファスのフープ(帯鋼)です。千数百度の溶融湯を急冷させて、結晶ができる時間が無い内に帯鋼になります。
4

02_3_1

5 02_3_3
  アモルファスのスリッター技術は薄くて固いので、非常に難しいものがあります。この点では十分キャリアがあります。   スリッター技術は何処でも出来るわけではないので、スリッター後の材料販売も当社の一つの柱になっています。
6 03_3 7 03_2
  アモルファス材料の電磁製品「カットコア」 。   さらにアモルファス材料を鉄心にした電磁製品を製造販売しています。
  当社製品群。
8
   当社製品の客先分布。秦皇島から結構 全国的に展開されています。
9 05_6_2
   

ホームへ
Link Free
Copyright Akio Miki. All Right Reserved.