20050727

燕山大学/学校と宿舎

63歳で本当に留学できるか、多少不安もあったので先ず短期の夏期講習に入って、食べるもの、宿舎の体験にチャレンジしてみた。結果は良かった。
7月16日(土)最初の日。
朝9時に21世紀棟(この大学のシンボルタワー)17階の留学生受け入れの事務所「国際合作所処」に行き、世話係りの張文莉さんに会った。18日(月)あさ8:00授業開始との事。1時限目10分の休息を入れて1時間45分。これが午前中に2回。午後はなし。但し月曜日と水曜日は2時から1時間45分の太極拳。朝の授業は結構ハードだ。
今回の学費$250≒2060元、≒3万円。活動費(小旅行)410元≒6千円。教科書代63元≒千円。それから外国人宿舎(一人部屋)代1200元≒1万8千円。合計日本円で5万5千円。
別途飛行機代が割安切符、中華国際航空1ヶ月以内の往復で5万7千円。汽車賃(北京ー秦皇島間約300Km)最高の寝台下段で約1500円。
燕山大学のホームページ :http://www.ysu.edu.cn/
留学生への案内 : http://www.eonet.ne.jp/~akiomiki/dai6shu/00yandaSet.htm
1 2 HawardJohnsonHotel
  21世紀棟17階にある国際教育学院、対外漢語教研室。
主任 張文莉さんと李老師及び事務所の王さん。
  この大学の正面から。手前横に広がった建物は図書館。その後ろに高くそびえるのが21世紀棟で、シンボルタワーである。
3 4
  図書館前の花壇の手入れも年中丁寧です。   学校を出た広い道路に面した商店。大体ここで何でも揃う。
5 6 熊谷_劉
  赤丸マークの1、が外国人宿舎。外国人の先生達もいる。日本人の先生方が3人。日本人生徒は今の所私1人。マーク2、が21世紀棟で本館と思われる。教室はこの7階。   ここが外国人宿舎全景。私の部屋は1階の2103号室。隣の部屋には現在韓国生がいる。しかし私の到着前に一人日本人留学生が夏期休暇で帰国したとの事。
7 北京駅 8 apart10
  外国人宿舎の玄関前から教室のある本館21世紀棟を写す。毎朝ここからのんびり歩いて10分。私の一日が始まる。   おっと、写真を撮っているとロシア人のクラスメートが通りかかった。★ 右の子は何とカムチャッカ半島の小さな町から。やはり寒い国からです。
9 北京駅 10
  宿舎の玄関。常時受け付けに1人いて、安全。夜は閉めていると思われるが、私の寝る頃は必ず居るし、朝も早く6時頃には居る。   宿舎の隣にHotelがあって、ここの奥に1階一般食堂、2階には小奇麗なレストランがある。勿論中華料理のみ。朝夕には近所の職員宿舎の人達が大勢食べに来る。
13 14
  通学路1.公園を出ると電気関係の学部のある敷地に入る。   通学路2.この公園を横切って行く。
21 22
  通学路9.本館まで少し登り坂。   通学路10.本館(21世紀棟)は21階建てです。
25 26 6
 

わが教室。やはり机と椅子は粗末なものです。
発音は私が一番下手みたい。しかし漢字の書く練習では苦労しない。皆はフーフー言っている。

  総勢16人中14人がロシア人。後アメリカ人1人と私。ロシア人は皆高校生といっているがその内二人は18歳と19歳。学制がわからないが無邪気です。
29 30
  これが私の部屋。パソコンは日本から持っていった。こちらで買うとウィンドウズの基本ソフトが中国語なので文字化けして旨く行かない。学校のLANに繋がっているがスピードは遅くADSLかもしれない。   外国人宿舎の玄関。
20050805

For Russian Girls

今回は私のクラスメートを中心に、ロシアの少年少女達をお送りします。
彼等はほとんどが高校生と言っていますが、年齢は18歳から19歳が多いようです。中国語を3年間勉強したと言う子も居ますので、第2外国語で中国語を勉強してきたのでしょう。さしずめ卒業旅行の感じです。しかし私のクラスはアメリカ人を除いて(彼は少し自国で勉強してきたみたいです。非常に旨くて、喋るのも早い。)皆新米のような感じです。あと一週間に迫った此の頃はよく欠席します。少ない時は4人の日もありました。皆勤は私とアメリカ人です。 おそらく彼らにとっては初めての海外旅行でしょうし、勉強どころではないのでしょう。北京に行ったり、海水浴に行ったり、海などは初めての経験でしょうし、止むを得ない感じですが、先生達(二人)も熱が入りません。無邪気で人なつっこく只一人年寄りの私にもよく声をかけてくれます。私もデジカメで取った写真を配ってあげました。
No1と2の写真の中の黒いシャツの男の子はいつも私の隣に座ります。なかなかシャイで無口なのですが、北戴河に行った時、お土産やさんに飾ってあった「ふぐのちょうちん」を見つけて、「これには毒がある。知っているか?日本語で”ふぐ”と言う」と質問してきました。「Of course」と答えると、「食べたことがあるか?」と聞いてきました。また「Of course」と答えると、目をまん丸にして「食べると死ぬぞ。知っているのか?」とさらに質問。「よく食べる。」と返事すると本当に吃驚したようで、身を捩じらして笑いをこらえていました。それ以来何かと声を懸けて来る様になりました。
彼らはロシアのあっちこっちから来たみたいで、私の聞いた範囲では、バイカル湖の西、バルナウル(Balnaul)。イルクーツク。バイカル湖の東、チタ。カムチャッカの南端に近い所。などです。一番寒い時でー40℃だそうです。スキーが得意と言っていました。
1 01class 2 02class
  今日は久しぶりにメンバーが揃った。男の子達も全員出席。2列目右端がアメリカ人のフランク。良く出来る。   授業の間の小休止。
3 03class 4 05chita
  アメリカ人のフランクは人気の的だ。皆英語で話しかける。過っては想像できなかった風景だろう。26歳。   ★ 食事に誘ってくれた3人組。彼女達はバイカル湖の東"チタ"から来ている。
5 06chita 6
  やはり女の子達はやさしい気遣いで食事に私を誘ってくれる。   右の子は唯一、日本語の勉強をしていて、私に何か喋べろと、日本語の勉強です。バイカル湖の西、バルナウルから4日間の汽車旅行だそうです。飛行場無し。
7 8
  土曜日は毎回学校からバスを仕立てて小旅行。今日は”老龍頭”に観光です。   彼女は先生の子供で、小学生かと聞いたら口を突んがらかして、小学校は卒業したと怒っていた。年齢13歳。そんなら中学1年生だ、あまり変わらないのに。とても可愛くて、礼儀正しく、私の勧めるアメリカのチョコレートにもパンにも絶対手を出さない。そのくせ自分の持ってきたポテトチップを私に食べさせた。
11 12
  ★ 太極拳初日。かんかん照りの2時からで流石に暑い。日陰ではあったが、彼女達は大丈夫か?   ★ 3回目からはやはり屋内に変わった。やれやれだ。
13 12taikyoku 14 13taisoto
  若い子達は覚えが早い。この辺になると歳の差が現れる。   最初は男の子達も来ていたが、直ぐにこなくなった。高校生には早すぎる。
15 17enter 16 18zenkei
  今日は8月6日土曜日。南戴河(Nandaiha)へ遠足。大きな遊園地でした。入口前の雑踏、観光バスが何十台も乗り付け、どの乗り物に乗るにも、30分から40分並ばねばなりません。愛知万博のニュースを思い浮かべ、同じ程度の混雑を想像しました。   大きなゴンドラの上から右側1/3程度の景色です。ジェットコースターをはじめ日本の遊園地と同じ乗り物が並んでいました。こども達だけでなく、大人も結構乗り物に乗ってキャーキャー騒いでいます。未だこれだけの遊園施設は少ないのでしょう。
17 15nantai 18
  ★ ここでも彼女達は注目され、今日も一緒に写真をと要望されました   可愛い劉暁晴(LiuXiaoQing)さん。今日も私の世話を見てくれました。手を引っ張って、そこは危ない、早く行かないと遅れる、この乗り物に乗るか?と面倒見てくれます。
19 20ski 20
  海岸側の高台の草スキー場。結構スピードがついて、距離もあり怖かった。この裏側が海水浴場に滑り降りる砂スキー場。めがねを取れと注意され、カメラも置いて行けと言われて写真が取れなかった。   高台の上から砂スキー場側を見ると、海水浴場だった。日本みたいなお店の建物は無く、貸しパラソルとベットスタイルの椅子ぐらいで、体を洗う場所はありません。砂スキーの写真が取れなくて残念。
21 DSC02110 22 22bikini
  ★これは北戴河(BeiTaiHa)の海水浴場です。南戴河の遠足から帰ってくると、丁度ロシア人たちが海水浴に行くというのでそのまま付いて行きました。   ★ 暫くは日光浴でした。そのあとボートに乗ろうと言うのでOKして少し沖まで漕ぎ出しました。驚いたことに沖のボートの上からここで泳ぐと言います。大丈夫か?この北国の女の子達は泳げるのか?おそらく海も知らなかったろうに。凄い、泳げます。何処で習ったのだろう?
20050818
Graduation Ceremony 卒業式
8月12日、1ヶ月の夏季短期研修が終わりました。あっという間の1ヶ月でした。
私は9月1日から始まる本コースの前準備として、先ず生活できるかどうか、食事が出来るかどうかを知る為に応募したのですが、周りは圧倒的多数のロシアの16歳から19歳の高校生達と20〜26歳の数人の留学生達でした。ロシアの高校では第二外国語の一つに中国語が入っているそうです。3年間勉強してきたと言う発言も聞きました。
無邪気で、唯一人年寄りの私に声をかけてくれます。食事や海水浴にも誘ってくれましたし、卒業式やパーティーの時にも写真一緒に取ろうと私の席まで来てくれました。日頃よくサボった男の子達までが一緒に写真とろうと寄ってきました。確かに日本人が一人だったこともありますが、優しい心遣いは何処の国でも一緒だなあと思います。楽しい1ヶ月でした。
1
  卒業式が終わっての記念撮影。真中の3人は学校側代表。右端二人は先生で留学生の窓口、張文莉(ZhangWenLi)さんと李先生。21世紀棟、21階の会議室にて。
4
  卒業式準備中。
5
  今日は皆正装です。張先生を囲んで。

6

 

korean7
  6人の韓国生。皆上級クラスです。
7
  体つきは無骨だが、会うと必ず「ニーハオ」と声をかけてくれる。
8
  「チタ」からの留学生。
9
  さよならパーティーでロシアの歌を沢山披露してくれました。
  3nin1 3nin2
  カムチャッカからは唯一人。 優しい心遣いです。 さようなら燕山大学。

ホームへ
Link Free
Copyright Akio Miki. All Right Reserved.