芝ヶ原古墳


城陽市寺田大谷。

史跡公園として保存されている。

9時から17時まで見学可能。

冬季・年末年始は時間変更なので注意。

国指定史跡。
 後方部より
三世紀前半ごろの築造。

前方部は未発達な墳丘の形態をしており、

バチ形に開いた比較的短いものと推定される。
 
後方部東西19メートル、南北21メートルの前方後方墳。

埋葬施設は後方墳に組合せ式木棺。

出土品は銅鏡・銅釧・勾玉・管玉・ガラス小玉。
 周辺古墳の案内板も充実。

 久津川車塚古墳が見える。




                                      京都へ/古墳TOPへ/朱鳥へ



〜編集後記〜
家族旅行で行く途中でめぼしい古墳を探していて
たまたま城陽市に目を付けたのですが
古墳の宝庫の市だったのですね!
電車の便もいいみたいだし、一日かけて古墳めぐりをしたい場所がまた増えました!
踏切で止まった隣に見える久津川車塚。
残念ながら今回は見るだけでしたが
バイクが捨ててあり、がっかりしていたら竹やぶの整備をしていた
おじ様のだと判明。
よかった。

そのほかにも古墳が目視でも多数確認でき、
この古墳公園で案内板を見て数の多さに改めてびっくりしました。
こんな街中で古墳公園があるのもありがたかった!
まだできて間もないこの公園は遊歩道も作られ
イベントもできる広場、トイレも完備で
見学時には2人の作業員の方が作業をしておられました。
ご苦労様です。

古墳公園には下からのアクセスと上からのアクセルがあるみたいです。
(私は下から)
展望が開けているのであまり感じないように思えますが
かなりの高低差があります★

前方部分は消失しており推定復元ですが
後方部もきれいに復元されていて
前方後方形が分かりやすく見て取れます。
(2015年8月)