作山古墳


総社市三須。

国指定史跡。

全長約284メートル、後円部径約174メートル、高さ24メートル、

前方部幅約174メートル、高さ約22メートル、長さ約110メートルの前方後円墳。

三段構築。
前方部から後円部。
後円部から前方部。

五世紀中ごろの築造。

墳丘には円筒埴輪が並べられ、斜面は角礫で覆われていた。

北側には造り出しが確認されているが南は不明。

全国で9番目の規模を誇り、岡山県内では2位の大きさ。

岡山県1位の造山古墳はともに「つくりやまこふん」と呼ぶが

作山古墳を「さくざん」、造山古墳を「ぞうざん」と呼び区別している。



                                        岡山へ/古墳TOPへ/朱鳥へ
                                          



〜編集後記〜
ようやく天皇陵級の入れる古墳、さくざん・ぞうざんの見学に行けました。
さきに造山に行ったのですが
こちらのほうが小さく、完成度も落ちるとのこと、
造山のほうは駐車場も完備し、謎のキャラもいて
桜が満開、花見客も多かったのに比べ
こちらは古墳感満載でした。
やっぱりこうでなくちゃって感じ。

私が行ったときは外国人観光客も来られていました。
前方部から後円部へのアクセスはこれまで幾度となくしてきたけど
確かに規模が大きい。
(2015年4月訪)