埼玉古墳群

埼玉県行田市大字埼玉所在。

5世紀から7世紀初めころに造られた9基の古墳からなる古墳群。

国指定史跡。

古墳公園として整備されている。

行田市駅から北上、さきたま古墳の看板を右折するとまず見えてくるのが

広大なさきたま広場。

きれいな芝生が見えます。

将軍山古墳を見ながらの昼食。

ゼリーフライ。


まず最初に向かったのはさきたま史跡の博物館。

稲荷山古墳から出土した金錯銘鉄剣を拝見。

その他の古墳グッズもゲット。



<瓦塚古墳>

さきたま史跡の博物館前にある前方後円墳。

六世紀前半頃の築造。

全長73メートル、後円部径36.5メートル、高さ5.1メートル、

前方部幅47メートル、高さ4.9メートル。

名前の由来は明治時代に瓦を積んでいたことから。

二重の周濠が確認されており、

西側くびれ部分に造り出しを持つ。

出土品は造り出しより

須恵器・円筒埴輪・盾形埴輪・武人埴輪・弾琴男子埴輪など。



<奥の山古墳>

一番奥にあるのでこの名前がついたとされている。

全長70メートル、

後円部径43メートル、高さ6・8メートル

前方部幅47メートル、高さ7・4メートルの前方後円墳。

六世紀中ごろの築造。

長方形の二重周濠を持つ。

出土品は円筒埴輪・馬形埴輪・騎馬像形埴輪・盾形埴輪など。

造り出しから装飾付須恵器・高坏形器台が出土。

これらはセットとして使われていたと思われ関東地方での出土は珍しい。



<鉄砲山古墳>

名前の由来は古墳の周辺が砲術練習場だったため。

それ以前は御風呂山古墳と呼ばれていた。

現在は消失しているが三重の周濠を持つ前方後円墳。

全長109メートル、後円部径55メートル、高さ9.0メートル

前方部幅69メートル、高さ10.1メートル

六世紀後半の築造。

三重の周濠を持つ。

西側中堤から造り出し状の施設が確認されている。

埋葬施設は横穴式石室とみられている。

出土品は円筒埴輪・朝顔形埴輪・須恵器・土師器など。




<中の山古墳>

全長79メートル、

後円部径42メートル、高さ5.1メートル、

前方部幅44メートル、高さ5.4メートルの

前方後円墳。

二重の周濠を持つ。

石棺があったとされていたが現在は不明。

別名唐櫃山(かろうとやま)古墳。

六世紀末から七世紀初頭の築造。

出土品は須恵器質埴輪壺。

主に韓国北九州の出土が確認されており、関東での出土は珍しい。




<二子山古墳>

さきたま古墳群を二分する道路側から見える象徴的な古墳。


全長138メートル、

後円部径70メートル、高さ13メートル、

前方部幅90メートル、高さ14.9メートル。

県下最大の前方後円墳。

長方形の二重の周濠を持つ。
後円部より
現在は水濠だが、当時は空堀だったとされている。

西側くびれ部に造り出しがある。

東側裾に観音寺があった。

別名観音山古墳。

五世紀末から六世紀前半の築造。

出土品は須恵器、周濠から1メートル強の円筒埴輪。




<将軍山古墳>

全長90メートル、

後円部径39メートル、高さ8.4メートル、

前方部幅68メートル、高さ9.4メートルの前方後円墳。

長方形の二重の周濠を持つ。
 
1894年、後円部に横穴式石室の石材を発見、発掘調査を開始。

縦1.5メートル、横0.8メートル、厚さ30センチの天井石を発見。

側石には扇州石が用いられていた。

前方部には木棺直葬の墓壙が確認された。

被葬者は後円部に埋葬された被葬者と関係の深い女性とされている。

六世紀末の築造。

出土品は倭製乳文鏡・金平玉・銀丸玉・金勾玉・挂甲・八角稜鈴・環頭大刀・金環・銀装大刀・

鉄矛・鉄斧・舌付銅鈴・石製盤・耳環・大刀・馬冑・蛇行状鉄器

馬冑は日本では出土例は2か所のみ。

前方部からは168個のガラス玉が出土。

現在は復元が進められ墳丘に埴輪を配置、

内部は将軍山古墳展示館を設立、

横穴式石室の内部を復元、見学ができるようになっている。

さきたま史跡の博物館と共通チケットがあるので利用すると便利。





<稲荷山古墳>

全長120メートル、

後円部径62メートル、高さ11.7メートル、

前方部幅74メートル、高さ10.7メートル。
前方部より
埼玉古墳群で最初に造られた前方後円墳。

後円部西側くびれ部に造り出しがある。

墳頂部に稲荷社が祀られていたのでこの名前がついた。

水田中にあったので別名田山ともよばれている。

二段構築。

長方形の二重の周濠を持つ。

深さ約1.8メートル。

五世紀後半の築造。

開拓のため前方部が土取りされた歴史があるが

現在は復元されており、墳頂に粘土と河原石で作られた二基の埋葬施設が復元されている。
後円部より
 
出土品は金錯銘鉄剣・帯金具・勾玉・鏡・画文帯神獣鏡など。

金錯銘鉄剣はワカタケル大王にまつわる115字が記されている。




<丸墓山古墳>

直径105メートル、高さ18.9メートルの円墳。

円墳では全国1位の規模を誇る。

墳丘表面には葺石を敷かれていた。

周濠の一部は復元されている。

六世紀前半の築造。

出土品は円筒埴輪・人物埴輪など。

石田三成が小田原征伐に際して墳頂に陣を張り、

28メートルほどの石田堤を作った。

古墳より南に延びる道はこの名残である。
 墳頂から忍城が見える。
数多くの書物にも登場している。





<愛宕山古墳>

埼玉古墳群最小の前方後円墳。

全長53メートル、高さ3.4メートル、

後円部径30メートル、高さ3.4メートル、

前方部幅30メートル、高さ3.3メートル。

長方形の二重の周濠を持つ。

墳頂に愛宕社があったためこの名前がついた。

六世紀前半から中ごろの築造。

出土品は円筒埴輪・器材埴輪・人物埴輪









                          埼玉へ/古墳TOPへ/朱鳥へ





〜編集後記〜
憧れのさきたま古墳群に行けました!
博物館でもレンタサイクルをしていましたが
お正月休みでまだ利用できないとのこと、
行田市駅からある電動のレンタサイクルを借りてやってきました。
道は一本道なので迷うことはありません。
知らない道もあって20分ほどかかりましたが
徐々に見えてくる古墳群を楽しめるのは自転車ならではでした。

予定よりずいぶん遅れてしまったため
最初の見学前にまず腹ごしらえをしました。

古墳を眺めながらのランチ、
マクドを食べながら川合大塚山古墳を見た以来です。

ゼリーフライ、おいしかった♪
祝日ということもあってお得なランチセットがなくって
1000円超えのランチを食べたんだけど
そのころ別場所にいた主人と娘二人は3人合わせて1000円くらいのランチだったらしい・・
すみません★

埼玉古墳群自体が広いので
レンタサイクルで回れて本当によかったと思います。
道を挟んで博物館側と二子山古墳側とはなんか景色が違いましたね。
奥の山、中の山、鉄砲山は特にひっそりとしてて
散歩コースって感じで人もいませんでした。

鉄砲山に関しては墳丘の反対側は資材置き場と化してたし。
なぜか看板が赤くてビビりました(^^;)

二子山、将軍山、稲荷山、丸墓山は見ごたえありましたね。
二子山はとにかくでかい!
将軍山も展示室もあるし、唯一墳丘に埴輪を配していて雰囲気ありました。

稲荷山はとにかくあの、前方部から後円部のジェットコースター状の道。
少し五色山古墳とかぶる感じでした。
丸墓山古墳は大きかった!

これが日本一かぁ!と感慨深かった。
ここも素晴らしい階段で・・・
忍城が見えました!
時間があればめぐりたかったなぁ。

上記の4つはとても人が多くて
古墳見学でこんなに人にあったのは初めて、というくらい人が多かった。
さすがさきたま古墳群。

埼玉古墳群のほかに時間がなくて1基のみ見学できたんだけど
周りにもたくさん見ごたえのある古墳があるみたいなので
また再来したいです!

(2014年1月)