三吉石塚古墳


北葛城郡広陵町大字三吉字石塚。

5世紀後半の築造。

県指定史跡。

全長約45メートル、後円部径約41メートル、高さ約6.5メートル。

前方部幅約22メートル、高さ約7メートルの帆立貝式前方後円墳。



周囲に馬蹄形の周濠とさらに外堤が確認されている。

堤を含めた全長は約62メートル。

墳丘のみ二段構築。

墳丘には円筒埴輪・朝顔形埴輪が並べられており

墳長とくびれ部は蓋・草摺・短甲・家・馬などの形象埴輪が並べられていた。

周濠と墳丘には葺石が敷かれている。

すぐそばにある新木山古墳の陪塚とされている。
後ろに見えるのが新木山古墳。



                                              馬見へ/古墳TOPへ/朱鳥へ





〜編集後記〜
新木山古墳に先にアクセスしようと思いましたが
えらい住宅街に迷い込み、駐車する場所も見つからず断念。
先に復元されているという三吉石塚古墳へ行きました。
(駐車場がありそうなにおいがプンプンしてたので)
下にもぐる道を行かずに側道を進み
お店を過ぎるとすぐに墓地の駐車場があります。
こちらに停めさせていただきましたが、
もう少し南下しても駐車場はありました。
 
墓地の駐車場から墓地へ移動して古墳へ進みましたが
道を進んでいったほうがすぐに古墳にありつけました。
一枚目は回り道をした墓地からのショットです。

かわいい帆立貝式。
遠景もきれいです。
バックの新木山もいい感じです。

新木山古墳はこのあと墳丘裾を歩いてみましたが
途中ではばまれた上タイムアップで断念。
案内板(あるかどうかは謎)までたどり着けず
またリベンジしようと思います!

(2012年6月)