こうもり塚古墳


総社市上林所在。

国指定史跡。

六世紀後半ごろの築造。

墳長約100メートル、

後円部径約6メートル、高さ約8メートル、

前方部幅約44メートル、長さ約60メートル、高さ約5メートル。

二段構築の前方後円墳。

両袖式の横穴式石室。
 
石室全長約19メートル、玄室長さ約7.7メートル、

幅約3.6メートル、高さ約3.6メートル。

箭田大塚古墳・牟佐大塚古墳と合わせて岡山三大巨石墳と呼ばれている。
 
石室内に貝殻石灰岩製の石棺が現存。

長さ約2.3メートル、幅約1.4メートル、高さ約1.3メートル。


出土品は土師質亀甲形陶棺残欠・鉄釘・単鳳環頭柄頭・大刀・鉄鏃

武具・馬具・ガラス小玉・水晶製切子玉・金環・須恵器など。

出土品により木棺・陶棺の存在も推測され、複数の埋葬の可能性も考えられている。

こうもり塚の名前の由来はこうもりが多く生息していたせいである。

また別名黒媛塚とも呼ばれ

仁徳天皇の寵愛を受けた黒媛から由来しているが、築造年数とは合わない。



                                        岡山へ/古墳TOPへ/朱鳥へ
                                       

〜編集後記〜

久しぶりの古墳めぐり、しかも初岡山です♪
隣の県なのですがほとんど行くことがない★

古墳めぐりもなぜ今まで行かなかったのか謎。。
でもガッツリ走行時間はかかります・・
もっと早く着くと思ってたのに。。

今回は乳児同伴なのでなるべく楽に見学できる王道コースを選びました。
国分寺は桜が見ごろでピクニックやお弁当を持った花見の人で大賑わいでした。

駐車場は国分寺の裏手のほうが古墳に近いのでそこに停めました。
市があるほうよりかは空いていて停めやすかったです。

見た目よりはるかに石室が大きくてよかったです!
見学不可なのは残念でしたが、
まあ、チェック済みだったのでがっかり感はさほどありませんでした。
入りやすく板を置いてあるのは
現存重視の人には邪道かもしれませんが
子どもや女性にはありがたいです。

まだまだ総社市あたりの古墳もたくさん見たい古墳があるので
もう少し動けるようになったらガッツリ見学したいです!
(2015年4月訪)