暁のイロイロ感想文サイト(予定)
名も無き霧の中の城

激しく応援中 Elysion〜楽園幻想物語組曲〜大プッシュ中

2007/04/13 ストレンジ・デイズ

久しぶりに本松と話したら気力が湧いてきたので何か書こうと思います。
いやぁ、人間関係って大事ですね。
#私が言うとなんとも嘘っぽいですが(笑)
 
 
デイ1 警察
 
暁はかなりぼろっちい自転車に乗ってます。
いたるところにサビは浮いてるわ、こぐと悲鳴を上げるわ、おまけに右ブレーキはソフトブレーキのみ状態。
それでも、「壊れるまで使う」という精神で通学・レジャーに愛用しています。
 
さてそんな愛車ですが、実は困ったことが1つ。
盗難車の疑いがあるということで、パトロール中の警官にかなりの確率で呼び止められるのです。
というわけで、今年度も早速止められました(笑)。
 
所定の手順があるのかは知りませんが、大体はまず防犯登録番号の確認と氏名の聴取をされます。
それから、無線でどこか(所轄署?)に連絡して登録番号の照会をするようです。
照会が終わるまではじっと待ってなければいけないので、せっかくだから雑談してみました。
#そんなに時間はかからないんですけどね。
 
この自転車乗ってると警官によく止められるんですけど、止める基準とかあるんですか?
「そうやねぇ、鍵ついてない自転車は止めるね」
やっぱり鍵を外したままなのはダメですか…。
「職業柄、どうしても鍵には目がいくからね」
ほかには自転車のどの部分に注目してますか?
「例えば、サドルの下(シートピラー)が錆びてるかとか見てるね」
何故ですか?
「ピラーが中に長いこと収まってると、水が溜まって錆びるんよ」
ええっ!?
「で、錆びた部分が外に出てるってことは、長いこと乗ってた人と体格が違うってことになるでしょ」
……。
「だから錆びたピラー見かけたら、『持ち主変わったんちゃうか?』って、ね?」
でも、私の自転車のピラーは、中に入ってる部分はピカピカなんですけど…。
「…あー、それは古いからやね」
 
鍵以外はわりとどうでもいいようです(笑)。
 
その後、照会も無事に終わり、晴れて無罪放免。自由の身です。
で、特に用事もないのでうろうろしてたら、隣の区でまた止められました(笑)。
#さっき求められた旨を伝えると、口頭注意だけで開放されましたが。
 
実に奇妙な日々です。
 
 
デイ2 聖剣伝説3
 
最近流行りの動画投稿サイトで聖剣伝説2を見ていたら、無性にやりたくなったので久しぶりにやってます。
#実は2のほうが好きなんですが、レベル99のデータが残ってたのでそれで満足しました(笑)
 
3も「1体目の神獣前にクラス3」「ブラックラビ直前」のデータが残っていましたが、新規でスタート。
主人公リースで女性キャラのみのパーティでプレイタイム16時間ほどでラスボス直前まで進めました。
#たった16時間ですが4日かかってます。休みなら1日半でいけるんですけどね。
 
その時、ラスボス前の息抜きとして「1体目の神獣前にクラス3」のデータをロードしました。
このデータは、終盤に差し掛かったばかりにも拘らず、楽にクリアが可能なほどにレベル上げしたもの。
息抜きにはぴったりのデータというわけです。
 
しかし、このデータを作った当時は別のゲームも並行していたので、キーコンフィグが滅茶苦茶。
ロードするたびデフォルトに戻すのも面倒なので、コンフィグだけ戻して上書きすることに。
ところがそこに罠が…。
 
このゲーム、セーブ画面の初期カーソル位置が最後にセーブしたデータの上になります。
1つのデータで連続プレイする時はとても重宝するシステムだけなのですが、複数のデータを使っていると……
 
ギャアアアアアアアアアアアア!!!!
何とまあ、クリア直前データを上書きしてしまいました。
 
最近のゲームだと、ロードしたデータにカーソルがあってることが多いので、こんなミスはまずしません。
滅多にしないミスで、ゲームの基幹システムの進化を感じるとは…。
 
なんとも奇妙な日々です。
 
 
デイ3 歯ブラシ
 
どうでもいいことですけど、「歯ブラシ」という語感が気になって仕方ないです。
恐らく「toothbrush」の訳語なので「歯ブラシ」なのだと思うんですが……
 
「歯」と「ブラシ」というどうにも奇妙で微妙な組み合わせ。
気になって気になって仕方ありません。
 
…どうやら一番奇妙なのは私の頭のようです。

2007/04/14 復旧ではなく復興 その1

うっかり消したデータを復興するため聖剣伝説3をやり直したところ、9時間ほどでクリア。
せっかくなのでレポートします。
#普通にプレイすると、大体20〜26時間かかるのでかなり早めです。
 
 
パーティ:リース・ケヴィン・シャルロット
 前回のプレイ自体が「リース主人公でクリアしてないなぁ」という思いつきで始めたので、主人公は固定。
 女性3人だと、リースが攻撃と補助の二役を担うことになるので、どうしてもテンポが悪くなります。
 なので、攻撃魔法でテンポを悪くするアンジェラをoutして物理攻撃最強のケヴィンをin。
 回復役はデュランでもよかったのですが、序盤の楽さとクラス3が終盤しか使えないことからシャルに。
 シャルを3番目に選ぶと最初のボス・フルメタルハガー戦が楽になるのも見逃せないポイントですね。
#聖剣3を複数回クリアした人でリース未クリアなのは結構珍しいと思います。一番人気だし。
 
クラス選択:リース→闇・ケヴィン→闇・シャルロット→光
 通常のプレイの場合、クラス3になる頃にはラストダンジョンしか残っていません。
 というわけで、クラス2での能力を重視して選びます。
#結局クラス3になれませんでしたが(笑)
 ステータスアップ魔法は買えるアイテムで代用できるので、リースは闇でステータスダウンを担当させます。
 シャルは4属セイバーの使える光にしましたが、こちらも代用可能なので別に闇でもよかったような…。
 ケヴィンは回復役にシャルがいるので闇にしました。
 
戦術
 ボス戦はステータスアップとダウン、弱点セイバーを使ってのゴリ押し。
 ザコ戦は基本的に無視して、終盤の強制戦闘ではパワーダウンをかけて安全に戦います。
#序盤はスピードクリアを目指していなかったので、ある程度戦っていますが。
 装備は防具重視で、ルクが余ればケヴィン>リースの順番で武器を揃えます。シャルは幽霊船までは揃えます。
 アクセサリはリース用の風神のうでわが全員装備できるので、それ以外は買いません。
#この情報はnJOYさんを参考にしました。が、攻略に関しては攻略本の記憶と前回プレイを参考にしています。
 リースは体力>力>運、ケヴィンは力>体力>速さ、シャルは精神>体力>運の順に上げていきます。
 
以上がプレイ前の方針設定。
ここからプレイレポートなので、ネタバレが嫌な方はご注意ください。
 
 
開始1時間ぐらい:オープニング〜フォルセナ救援
#改めて見ると、すごい早さですな(笑)
 
オープニングイベントはさっさとクリア。
城塞都市ジャドも手早く夜にして突破します。
ラビの森では「面倒だから」という理由で、動いてくるマイコニドだけ倒してラビはスルー。
#この「面倒だから」という理由が結果としてスピードクリアに(笑)
 
途中、滝の洞窟の入り口でフラグ回収。
湖畔の村アストリアで天使の聖杯購入後、南東にいる村人に「怪しい光」の話を聞いてフラグ回収。
そして宿屋にて就寝…しようとしたら5ルク足りずお金稼ぎに(笑)
ちゃきちゃき稼いで就寝し、フェアリーイベント発生。相変わらずマイコニドだけ倒してイベント終了。
 
アストリア→滝の洞窟の入り口と向かってケヴィンを仲間に。
以降、使用キャラをケヴィンに交代して、登場した敵は倒すことに。
#この時点でリースはLv1のまま。
 
洞窟内でシャルを仲間にして聖都ウェンデルへ。
イベントをこなし、買い物も終えて再度滝の洞窟へ。
フルメタルハガーを倒しウィスプを仲間に。
#レベルはリース3、ケヴィン4、シャル4だったと思います。
 
その後イベントでジャド→自由都市マイアへ。
黄金の街道でも出た敵は倒す程度にザコ駆除して、大地の裂け目に到着。苦戦するもマシンゴーレムR撃破。
#ここでのレベルはリース4、ケヴィン5、シャル5(だったはず)。
 
一度マイアに戻り、ニトロの火薬フラグとドワーフの村フラグ回収。
大地の裂け目からドワーフの村、トンネルと進み、ジュエルイーター撃破。ノームを仲間に。
再度マイアに戻り、大砲でモールベア高原→草原の国フォルセナへ。
#2のモールベアがトラウマなので、このあたりの敵は無視しています(笑)
 
フォルセナでの救援イベントも、敵を無視して英雄王のもとへ駆けつけ即クリア。
全然救援してなくてゴメンナサイ。
英雄王に話を聞いて宿屋でセーブ。この時点で57分ほど。
 
 
開始2時間ぐらい:フォルセナ救援〜ローラント奪回
 
フォルセナの酒場で大砲の話を聞いてフラグ回収し、大砲でマイアへ。
商業都市バイゼルへ向かい、船に乗って漁港パロに…行く前にお買い物。
ブラックマーケットにて以下のものを購入。
 ウロコ:バレッテ・ドレイク・サハギンを42個ずつ
 ツメ:モールベア12個、セイレーン6個、ポセイドン9個、ケルベロス6個
 ポトの油を42個
 光のコインを9個
#高速クリアを目指してないのでポトの油を買い込んでますが、実際は10個も使いませんでした。
#あとセイレーンのツメはもう3個買った方がいいと思います。
 
船で漁港パロに到着後、酒場で眠りの花畑の話を聞き、そこへ向かいます。
眠りの花畑→アジトへと移動し、作戦室でコロボックル村とちびっこハンマーのフラグを回収。
大砲でバイゼルへ飛び、ブラックマーケットでちびっこハンマー入手。
その後、船でジャド→コロボックル村と移動し、ジンフラグ回収。ジャドに戻り船でパロへ。
#再度ラビの森ですが、今度は経験値のおいしいラビリオンがでるのでマイコニドともども狩りました。
 
パロ→天かける道→風の回廊と進んでツェンカー撃破。ジンを仲間に。
眠りの花畑に向かいローラント奪回フラグ回収し、風の王国ローラントへ。
ローラント内部で迷い(笑)つつ、ジェノア・ビルとベンを撃破。
パロに戻ってセーブした時点で1時間50分ほど。
#ローラント城からザコを無視し始めます。レベルは3人とも11だったと思います。
#3回目ぐらいまでのプレイではここでクラスチェンジしてたので、この時点で10時間越えてます(笑)
 
 
なんだか長くなりそうなので次回へ続く。
…それにしても役に立たないプレイレポートだなぁ。

2007/04/15 復旧ではなく復興 その2

今日は花見に行ってきました。
去年と同じところに行ったのですが、山とはいえさすがに散りきっていました。
いやぁ、花見って難しいですね。
 
それはさておき、今回は聖剣伝説3データ復興への道 その2です。
よって、ネタバレが嫌な方はご注意ください。
その1はこちら
 
 
前回までのあらすじ
 頭だけ潰してローラントを奪回したリースたち。
 次なる旅に向けて戻ったパロには、地元民でも見知らぬ船が停泊していた…。
 
 
開始3時間ぐらい:幽霊船〜火山島ブッカ脱出
 
パロから幽霊船へ乗り込む…前にお買い物。
このタイミングで装備品が変わるので、ゴーヴァ戦に連れて行かないリース以外の装備を充実させます。
そしていよいよ幽霊船です。
#実は前回、船賃が足りなくなりそうだったので、きっとタダという言葉に惹かれたのでしょう(笑)
 
敵は無視。謎解きも最初に終わらせて、最短距離でゴーヴァ戦へ…とその前に倉庫から光のコインを出します。
ゴーヴァ戦は物理攻撃が届かない時間が長いので、開始直後に光のコインをシャルに使わせてひたすら削ります。
時間はかかるものの、攻撃が単発かつそれほど強力ではないので、あっさり撃破。シェイドが仲間に。
#前回プレイ時の話ですが、幽霊船のギミックを久々のプレイにもかかわらず憶えていたのに驚きました(笑)
 
さて、シェイドが仲間になることによって幽霊船が崩壊し、3人は火山島ブッカに漂着。
まずは北に向かって海のヌシを拝見。
その後、ダークプリーストの村でお買い物&岸辺の洞窟入り口フラグ回収。
#岸辺の洞窟にはボスがいないので、買うのはリースの装備だけでよかったかもしれません。
 
相変わらず敵を徹底無視で、岸辺の洞窟に向かいます。
洞窟内でも敵を無視。前回プレイの記憶をフル動員して最短ルートを進みます。
途中強制戦闘がありますが、有り余る回復手段を駆使して撃破(笑)
洞窟の終端にてイベントが発生し、海のヌシことブースカブーに黄金の街道脇の海岸に運んでもらいます。
 
そこからマイアに入りセーブしたところで3時間10分ほど。レベルは確か、13だったと思います。
2マップでボス1体なのに時間かかってるなぁ…。
#普通にプレイするとLv16〜18で次でクラスチェンジという流れになるんですけどね。
 
 
開始4時間ぐらい:火山島ブッカ脱出〜月読みの塔
 
英雄王に話を聞くためにマイアから再度フォルセナへ…とその前に(何度目だ)バイゼルでお買い物。
ウロコをかなり大雑把に補充します。
#確かバード以外を各27個ずつ買ったはず。
 
気を取り直してマイアの大砲でフォルセナへ行き、英雄王のありがたいお話を拝聴します。
ついでにブースカブーを呼び出すぴーひゃら笛を貰います。
#こっちのほうがメインというのは言ってはいけないお約束(笑)
 
そしてマイアに戻り、街道脇の海岸からブースカブーに乗って雪の都エルランドへ。
相変わらず道に迷いながら(笑)、それなりに早めに零下の雪原を渡って氷壁の迷宮前でボス戦。
ここのボス、マシンゴーレムSは強い部類に入りますが、アイテムさえ揃っていればそれほど苦戦はしません。
というわけで、あっさり撃破。氷壁の迷宮に入りウンディーネを仲間にします。
#ここでレベル15程度。道に迷ったせいでレベルが上がってます。
 
来た道を引き返して、エルランドからブースカブーで砂の都サルタンへ。
ここでも前回の反省を生かせず道に迷いつつ、オアシスの村ディーンに到着。風神のうでわを3人分買います。
その後は迷わず、灼熱の砂漠を越えて火炎の谷前にてビルとベン(2回目)戦。
こいつも強いのですが、HPが減ったときに使う(?)影潜りに注意して回復を怠らなければ、何とかなります。
というわけで(略)。火炎の谷内部でサラマンダーを仲間に。
#ここでレベル16。クラスチェンジまであと一歩!
 
サルタンに戻り、ブースカブーで月明かりの村ミントスに上陸。
このあたりのザコはかなり強いので、回復アイテムをしっかり用意します。
そして、月夜の森を抜けて月読みの塔前で獣人ルガー戦。
ルガーは異常な攻撃力を持っており、必殺技を出されるとあっという間にHPがなくなります。
まだ大丈夫と思っても、できるだけ最大値を保つようにしましょう。
#なにせ油断してたせいでシャルが死にましたから。本当、油断大敵です。
 
ルガーを倒すと、イベントが発生。ルナが仲間になります。
ここでセーブしたところ、4時間5分ほど。レベルは16のまま。
ここから先、マナストーンに触れるには戻らなくてはならないため、ここでクラスチェンジをすることに。
#そう思い込んでたんですが、実際はマナの聖域がありますね。
 
 
開始5時間ぐらい:月読みの塔〜フェアリー救出
 
とりあえず20分ほどレベル上げして、全員18になったので月読みの塔でクラスチェンジ。
CCすると規定の数値までパラメータが上昇するので、以後の戦闘が楽に…なったりはしません。
必要なパラメータはクラス1限界まで上げるので、クラス1限界まで上がるCC上昇値は0なのです。
#この情報はnJOYさんを参考にしています。
 
同サイトによりますと、CCすると魔法の被ダメージも上がるそうなので、魔法防御があがる恩恵も薄そうです。
メリットといえば、装備が強力になるのと、回復魔法の回復量増加、魔法の習得でしょうか。
#まあ、この3つのメリットが非常に重要なのですが。
 
閑話休題。
CCして調子に乗るリース達はランプ花の森へと上陸し、花畑の国ディオールへ。
そこで妖精王に話を聞き、フラグを回収。装備を整えたあと、ランプ花の森でフラグを消化します。
そこから森の奥へと進み、ギルダーバイン出現。
弱点がないこと以外は特に厄介な点もないので、さくっと撃破。ドリアードが仲間になります。
#ここでレベル19。スピードダウンと全体化ヒールライトが使えるようになりました。
 
またもブースカブーにて移動。今度は忘却の島です。
忘却の島では長ったらしい(重要な)イベントが発生。内容はわかっているのでボタン連打(笑)
このイベントで翼ある者の父フラグを回収。ローラントに向かいます。
#忘却の島で主人公たちが倒れてる時間はゲーム内時間で約1日。走り回れるのが不思議です(笑)
 
ローラント前にいるアマゾネスに話しかけ、天の頂への道を開けてもらいます。
そして、敵を無視しつつ登攀。フラミーを見つけ、背中に乗せてもらうと、世界一周してマナの聖域に到着。
聖域でも敵をカレーにスルーしつつで、マナの樹の根元へ。
マナの剣とフラミーを呼び出せる風の太鼓を入手すると、フェアリー誘拐イベントが発生します。
聖域の入り口に戻ると、フェアリーを誘拐した美獣と邪眼の伯爵の2人組に遭遇。
一行はフェアリー救出のため、砂の要塞ナバールに向かうことに…。
#このあたりはイベントばかりなので書くことがないです。
 
ナバール到着後、正面の金の女神像でセーブ。この時点で4時間50分ほど。
前回の知識があるから10分でフェアリー救出できるだろうと考えていたら…。
また迷いました(ぉ
 
散々迷った挙句に、フェアリー救出イベントを完遂。代わりにマナの剣が奪われます。
そして、ついにマナストーンが砕け、封印されし神獣が覚醒してしまいます。
このイベント終了後、フラミーでマイアに向かいセーブ。
ここまででレベルは19のまま。プレイタイムは5時間10分ほどでした。
 
というわけで、長いのでまだまだ続きます。

2007/04/16 復旧ではなく復興 その3

春休み中は、珍しいことに、ほとんどカラオケに行きませんでした。
そのせいか、10日に久しぶりに行ったところ1時間歌うので精一杯。
喉の弱りを感じつつ、このままではよろしくないと13日に再挑戦したところ、2時間まで持ち直しました。
 
そして今日、3度めの挑戦にて3時間に復帰。
相変わらずのノーコンですが、スタミナだけは取り戻したって感じです。
 
それにしても上手く歌うというのは難しいですね。
私が下手な理由は、抑揚がついていないのと、はっきり発音しようとすることだと思うのですが…。
なかなか改善できません。要努力です。
#他人用に調整された曲を上手く歌うなんて土台無理な話っていうのは却下です。こだわりがあるので。
 
さて今回も聖剣伝説3データ復興レポートです。
#タイトルの元ネタが元ネタだけに、ググると災害関連ページがたっぷり出てくるのでやや申し訳なく思ったり。
 
というわけで、聖剣伝説3のネタバレが嫌な方はご注意ください。
また、このレポートはnJOYさんの情報を用いて書かれております。
#町の名前とかボスの名前とかね。
 
ただし、プレイに関してはほぼ自力ですので「攻略見たら誰でもできるだろ」というのは言いっこなしです。
#まあ、nJOYさんにはもっとすごいプレイレポートがあるので、うちを見る価値はそうないと思いますが(笑)
 
関連リンク
その1 その2
 
 
レポート開始。その前に…。
 
神獣を倒す順番:土→月→水→火→木→光→風(→闇)
#その1の事前準備で書き忘れたのでここに追記。
 神獣は後に残すほど強くなるので、弱いのを後に回すのが定石です。
 また、神獣が強くなるとそのマップのザコも強くなるので、ザコが強いマップも先にこなすべきです。
 というわけで、ザコが強い土・月・水を前半に、神獣が弱い火・木・光・風を後半にします。
#風は常に最後にしていたので気づかなかったのですが、入手ルク的にも風最後は定石らしいです。
#あとちょっとしたことですが、4番目に火・風を選んで5番目に光を選ぶと、装備品を買うのが面倒になります。
 
 
開始6時間ぐらい:フェアリー救出〜水の神獣撃破
 
土の神獣戦を見越して降り立ったマイアから、フラミーに乗ってモールベア高原西端→宝石の谷ドリアンへ。
ここのザコは強いものの、全体回復をかけつつ無視を決め込んでずんずん進みます。
途中、リースが倒れますが、回復役のシャルと突撃役のケヴィンさえいれば何とかなります。
程なくして、ボス前の金の女神像に到着。セイレーンのツメを用意します。
そして土の神獣ランドアンバー戦。
個人的には、風と並んで最弱の神獣だと思うので、特にピンチもなくあっさり撃破。
入り口に現れたチキチータとジョセフィーヌから装備を買って次に向かいます。
#ザコの相手をしないことを考えると、もっと後半に回したほうがよかったかも…。神獣自体は本当に弱いので。
 
次は月読みの塔に向かうので、ミントスに降下。
降下時に夜だったことを考えると、ビーストキングダム側から降りたほうが早かったかもしれません。
さて、今回も道に迷わず月読みの塔へ。
ザコもボスも強く、道に迷いやすいここを最初に選ぶ人も多いと思いますが、装備を買える2番がいいと思います。
道に迷うことに関しても「困ったら上(北)」と憶えておけばなんとかなります(本当)。
とまあ、こんな感じでボス前の金の女神像へ。
月の神獣ドランは、特に弱点がなく、攻撃も強力なので、長期戦に備えて回復アイテムを多めに用意しましょう。
こまめに回復、ダラダラ打撃を繰り返して撃破。
#ここでレベル21。神獣を倒すごとにレベルが上がります(笑)
 
月読みの塔前でセーブして、水のマナストーンがあった氷壁の迷宮へ。
ここもかなり迷いやすいのですが、前回プレイ時に散々迷ったので最短経路で突撃。
最短だと1か所ある強制戦闘でレベルが22になり、その後ボス前でセーブ。
この時点で5時間45分ほど。15分で倒せるかなと考えつつ、水の神獣フィーグムンド戦へ。
しかしここでアクシデント発生。ケルベロスのツメは出したのに、ウロコを出し忘れてしまいました。
しかも、運悪くボス戦直前で夜から昼に。
#一応補足しておくと、ケヴィンは夜になると獣化して攻撃力がおかしなことになります。打撃最強の所以ですね。
 
まあ、なんとかなるだろうとだらだらプレイしていたら、ミスでケヴィンが死亡。
即回復させるものの、ツメはギリギリしかないのでかけ直せないし、ウロコも数が危ない。
こちらの攻め手が鈍っている間に、相手の特殊攻撃で全員がパワーダウン状態に。
ここでも響くウロコ不足。なんとか撃破したものの、30分超の大激戦になってしまいました。
氷壁の迷宮入り口近くでのセーブタイムが6時間20分ほど。レベルは23になりました、
 
 
開始7時間ぐらい:水の神獣撃破〜光の神獣戦直前(?)
#このあたりから時間があやふやです。申し訳ない。
 
予想外に時間を食ってしまったので、心持ち急いで火炎の谷へ。
谷内部の行き止まりでやや迷うものの、それ以外の問題はなく、火の神獣ザン・ビエ出現。
#Lv23でシャルがアイスセイバーを覚えたので、今回はツメの心配は要りません(笑)
 
リースもLv22で各種ダウン魔法を覚えるので、しっかり補助。
そして最強のアタッカー、ケヴィンでたこ殴りにします。
というわけで、あっさり撃破。弱いやつは後半に回しても弱いです。
#ザン・ビエ戦に関しては、直前に女神像がないのでセーブできないことが最大の問題点です。
 
次は木の神獣退治にワンダーの樹海へ向かいます。
ここまでで4体の神獣を倒しているので、ここで装備品のラインナップが変わります。
ですが、お金がないことや今後の資金繰りも考えて、ケヴィンの武器のみ購入します。
#残ってる神獣は弱いのばかりなので、ステータスアップ・ダウンだけでなんとかなりますし。
 
しっかり武器を装備して、ワンダーの樹海を奥へ奥へと進みます。
ここもザコが強めですが、宝石の谷や氷壁の迷宮と違い、パワーダウン系のスキルを使ってくる敵がいません。
さらに、月読みの塔と違い、強力な必殺技を使ってくる敵もいないので、普段ならレベル上げに最適の場所です。
まあ、今回はさくっと無視して木の神獣ミスポルムと対決。弱点の風属性を付けて瞬殺です。
#ここでレベル25です。普通にプレイすると30を越えたあたりでしょうか?
 
さてさて、お次は光の古代遺跡です。
このマップの特徴は、神獣マップで唯一フラグありのギミックが用意されてることです。
なので、ギミック部屋はスルーして、隣の部屋でフラグ回収後、ギミックを解きます。
マップ自体は最も狭い部類なので、それほど時間もかからずにボス前の金の女神像へ到達。そしてセーブ。
#確かこのあたりで6時間55分ほどだったと思うんですが…。ここは完全に記憶の外です。
 
相変わらず長くなったので次回に続く。
多分次で最終回です。

2007/04/17 復旧ではなく復興 その4

今日はとっても穏やかな1日でしたので、とっとと本題に入ります。
#前フリするのも大変なくらい何事もなかったのです。
 
聖剣伝説3データ復興計画 その最後。
相変わらずのネタバレ満載ですので、未プレイの方はご注意ください。
また、この記事はnJOYさんの情報を用いて書かれております。攻略が必要な方はそちらへどうぞ。
 
関連リンク
その1 その2 その3
 
 
開始8時間ぐらい:光の神獣戦直前(?)〜ダークキャッスル前(?)
 
光の古代遺跡の金の女神像部屋を出ると、ボス戦はすぐ。光の神獣ライトゲイザーの登場です。
こいつの弱点は非常に突きづらい闇なので、月のドランと同じく弱点なしといえると思います。
ただドランと違い攻撃が貧弱なので、ダメージで負けることはないでしょう。
しかし問題なのは、こちらをモーグリ化させる全体攻撃を持つこと。状態回復アイテムは忘れないように。
しっかり殴って、きっちり回復。そして、あっさり撃破です。
#恒例のボス戦後レベルアップで26に。
 
次の標的は風の神獣。ローラント→天かける道→風の回廊と進んで、以前ジンを仲間にした場所へ。
するとイベントが発生。大空を舞う風の神獣ダンガードとそれを追いかけるフラミー。そして戦闘開始。
ダンガード戦最大の特徴は、全部で4回に分かれていることです。
1回の戦闘が終わるたびにステータスアップ・ダウン効果が切れるので、何度もかけなおす必要があります。
しかも連戦なので、途中で倉庫からアイテムを出せません。よって、アイテムの配分を考える必要があります。
まあ、考えるまでもなくケヴィンとリースの2トップに使うわけですが。
そんなこんなで、いつもどおり撃破。個人的には土のランドアンバーと並んで最弱の神獣だと思います。
#この時点ではレベル26のまま。戦闘後すぐフラミーの画面になるので、降りてからレベルが上がるようです。
 
7体の神獣を倒し、残るは闇の神獣のみ。その情報を探るため幻惑のジャングルから古の都ペダンへ向かいます。
#幻惑のジャングルに降り立ってすぐ、3人ともレベルアップ。レベルは27に。
 
装備を整え、闇のマナストーンフラグを回収し、実質ラストダンジョンの暗闇の洞窟へ向かいます。
そして洞窟に入った直後、ナイトブレードに分身斬を撃たれて全滅(笑)
#これぞ聖剣3の醍醐味です。
 
気を取り直してペダンから再開。
分身斬や青龍殺陣拳がこないことを祈りつつ、奥へと進みます。
途中、何の気なしに敵を1発殴って次のエリアへ逃げ込んだのですが、なぜか上がるケヴィンのレベル。
#ダンガード戦で2レベル上がっていたのでしょうか?経験値表を見る限りでは起こりえないのですが…。
 
さらに次のエリアでシャルのレベルがアップ。
次のエリアでリースも上がるかなと期待して移動したら、闇のマナストーンイベント発生。ゼーブルファー出現。
こいつははっきり言って強敵です。
物理・魔法ともに強力で、さらにステータス初期化や即死魔法も使ってきます。
対処法としては、アイテムをしっかり用意しておくことぐらいしかありません。
というわけで、即死魔法を何度も撃たれて心が折れそうになりながらも、こつこつ殴って撃破。
#戦闘後、レベルアップウィンドウが4回開いて、全員29になりました。
 
洞窟内をさらに奥へと進み、仕掛けを作動。そしてザコを2体連れた邪眼の伯爵との戦闘に入ります。
まずはお供のザコにパワーダウンをかけます。
このゲームでは、ボスよりザコの攻撃頻度が高いので、まずはザコから対処する必要があるのです。
ザコの力を下げたら、今度はボスの全能力を下げます。
その間に、ケヴィンはザコ掃除。シャルは能力アップアイテムを使用します。
お掃除が終わったら、シャルで邪眼の伯爵の弱点であるフレイムセイバーをかけます。
そしてひたすら殴って撃破。
弱点を付きやすい分、ゼーブルファーより明らかに弱いです。
#ここでのレベルは29のまま(だったはず)。
 
邪眼の伯爵撃破後、再び同じ道を進んでいくと、途中に新しい道が現れるのでそちらへ向かいます。
そのまま奥へ進んで金の女神像でセーブ。このあたりで8時間ほどだったと思います。
 
 
開始9時間ぐらい:ダークキャッスル前(?)〜ラスボス撃破
 
暗闇の洞窟からダークキャッスルへと侵入。まずは強制戦闘での仕掛け解除です。
現時点でほぼ最高の防具とはいえ、クラス2の体力では大ダメージは必至。
なので、パワーダウンを近い敵から順にかけて、生存率を高めます。
#パワーダウンをかけた時点で通常攻撃によるダメージが1になるので、かなり安全になります。
 
エントランスの左右で仕掛けを解除し、正面の扉をあけて奥へと進んでいきます。
道順は前回のプレイで把握しているので、移動は最短距離でスムーズに。
そして、落とし穴に落下。フルメタルハガー(2回目)出現。
弱点は闇なのですが、相変わらず突くことができないので黙々と肉弾戦。
前回の苦労が嘘のようにあっさり撃破。やっぱりケヴィンは頼りになります。
#ここでレベル30に。
 
フルメタルハガー戦後は魔法のロープを使うと詰むそうなので、慎重かつ大胆に前進。
最短経路でそそくさと進行し、ジェノア(2回目)戦へ。
アイスセイバーで弱点を突いて瞬殺。前回の苦労はアンジェラとともに去ったようです…。
#このあと軽くザコの相手をしてレベルが31の上昇。武器防具の種を3つ入手。
 
そこから今度は階段を上り、上階へと向かいます。
すると塔の屋上でツェンカー(2回目)との戦闘が始まります。
こいつら再戦組みのボスは、能力が上昇しているだけで、行動パターンや弱点などは変わっていません。
というわけで、初交戦時と同じくダイヤセイバーをかけて攻撃。
なかなか空から降りてこなかったので時間はかかりましたが、楽に勝利できました。
#レベルは32へ。3体目の神獣と同じレベルですね。
 
ツェンカー戦終了後は右の塔を降りていきます。その先には、ラスボスの側近・美獣が。
会話イベントにてラスボスの目的とその経緯が語られます。
#少し前の流行を先取りしたストーリーを敵側が持っているというのは中々興味深いです。
 
そして、真の姿を現した美獣と戦闘。
ですが、しっかりパラメータ強化・弱体化、弱点であるアイスセイバーをかければはっきりいって弱いです。
特に向こうがムーンセイバーをかけた後は、吸収やられポーズでこちらの打撃リロードが短縮されるという逆効果。
ほとんど回復もせずに撃破。真面目にレベル上げしたデータならどれほど弱いのかが気になります(笑)
#戦闘後、レベルアップで33に。これがクリアレベルでもあります。
 
美獣撃破後は中央の塔への通路が通れるようになるので、そこへ。
塔を黙々とのぼり、屋上へ出るとイベントが発生。ラスボス・黒の貴公子が聖域へと侵攻します。
それを追って聖域へ…行く前にペダンに寄って買えなかった武器の購入と、武器防具の種を植えます。
#種は残念ながらハズレ(3つとも頭防具)でした。
 
気を取り直して、最終決戦の地・マナの聖域へ。
途中の金の女神で最終セーブ。
#レベルは全キャラ33で、プレイタイムは8時間47分16秒でした。
 
ここから先は前回プレイしてないので若干道に迷いつつ、ラスボス・黒の貴公子のもとへ。
戦闘前のイベントで回復モーションがあるので全快から始まるのかと思いきや、HPが減ったまま戦闘開始。
いつものように、パラメータ上昇・下降を駆使しての総力戦。そして持久戦。
ラスボスはHPが今までとは比べ物にならないほど高いので、ただひたすらに時間がかかります。
通常プレイに比べてレベルが大幅に低いにもかかわらず、たいした苦戦もせずに撃破。
戦闘時間は15分ほど。道に迷った時間もあわせると、クリアタイムは9時間10分程度だと思います。
 
 
とまあ、こんな感じでした。
感想としては、前回プレイ時も思ったのですが
「闇リースがいると少しぐらい相手が強くても楽勝」
ってことでしょうか。
アイテムで補い難いパラメータダウン魔法を躊躇なく撃てるのが魅力です。
 
反省点は、回復手段を用意しすぎたことです。
ポトの油の大量購入は、シャルのおかげでほぼ無駄に終わったので…。
リースを入れるなら精神特化で回復役にして、セイバー要員の闇デュランを入れるといいかもしれません。
#最速を目指すなら男3人が安定な気もしますけど。
 
それにしても、聖剣伝説3は編成を考えているときが一番楽しいですね(笑)
このゲームの評価が高い理由がわかった気がします。
#それでも私は2のほうが好きですけど。
 
というわけで、以上で聖剣伝説3データ復興レポート終了です。
#また暇があったらタイムアタックをするかもしれません。

2007/04/18 うっかり者とハイ・ファンタジー

大学帰りにカラオケに行こうと思ったら、鞄の中に財布が入ってないことが発覚。
上がりきったテンションも一瞬にして鏡面世界の住人となりました。トホホ。
#大学で財布使わないなんて普通ですよね?
 
さて、そんな地に墜ちた、むしろ地にめり込んだテンションを抱えた暁。
真っ直ぐ家に帰る気なんてものはとっくになくしているので、とりあえず本屋へ。
売れ筋の棚をチェックして、面白そうなものはメモ帳に書き留めます。
#買う気はないので、簡易市場調査みたいなものですね。
 
普段通りのそんな作業をしていると、聖剣伝説3をプレイしてたせいかハイ・ファンタジーに興味が。
特に国産のハイ・ファンタジーが、どういう書かれ方をしてるのかが気になりだして…。
というわけで、国産ハイ・ファンタジーを探して店中を回ってみることに。
#小説の内容じゃなくて書かれ方を気にしだすあたり、一線を越えてますね(笑)
 
しかし、探せど探せど見つかりません。
店内案内図でファンタジーと区分されてるところに行っても、絵本しか置いてありませんし…。
仕方ないので帰ろうとして入り口に差し掛かったその時、ウィンドウの中にファンタジーっぽい書籍が。
 
近寄って見てみると『精霊の守り人』というタイトルで、どうやらアニメ化され(て)るらしいです。
これは調べてみないとということで店内に舞い戻ったのですが、どこを探しても見つからず。
店員さんを呼んで探してもらうという手も考えたのですが、買うわけでもないし、買えもしないので断念しました。
 
それにしても、どんな書かれ方をしているのか気になります。
アニメ化されるぐらいの作品ですし、だれか読んだ人いませんかね?

2007/04/19 方針転換?

なんだか頭が痛いのです。
痛みの質を言葉で表すと「ビリビリ」と「ピリピリ」の中間みたいな感じ。
#わかり辛いですね。
 
首を動かすと痛むみたいなので、多分原因は姿勢の悪さですね。
定位置のPC前では、右肘をついて体が傾いた状態でモニター見てます。
さらにその位置からだと、テレビは首をかなり捻らないと見えない位置にあるのです。
 
というわけで、ついつい肘を置いてしまうラックを肘の置きにくい左側へ移動。
#うちのデスクは1450mmと結構大きくて、かつPC関連は右によってるので、右だと肘が置きやすいのです。
 
ついでにデスク上を占拠していた資料類もお片づけ。
開いたスペースに愛用の辞書をセット。これで完璧です!
#相変わらず床は足の踏み場もありませんが(笑)
 
きっとこれで頭痛も改善されるはず…。
 
 
試験運用:人の日記にこっそりコメントをつけてみる。
 
まあ、要するにブログ等のコメントをここでやってしまおうと。
暁の性格として、相手のスペースだと思うとどうしても萎縮して、コメントを躊躇ってしまうのですよ。
それでも、コメントがないとモチベーションの維持が難しいってことはよくわかるので、コメントはしたい…。
というわけで、自分のスペースでコメントしてしまおうと。いわゆる、影ながら応援ってやつですね。
#相手が見てない可能性については気にしない方向で(笑)。まあ身内中心ですし。
 
それでは、れっつごー!
 
コウノトリ
2007/4/14
>どっちにしろロクなもんじゃねーだろーなーとか思ってたら斜め上に住んでる同僚カプールですた。
カプールが斜め上に住んでる上に同僚とは…福井ってすごいところですね!
 
>どうやら二人でたこ焼き作ったのでおすそわけを持って来てくれたようです。
2人ってことは…同僚とカプールは同棲している別人ってことですか。失礼しました。
#突っ込み不要で。
 
2007/4/16
>イクラがロシア語という事実に驚きを隠せない吉影です。どうもこんばんは。
>・・・・・・・・・・魚の卵って意味らしいですよ。へぇーへぇーへぇー
…えー、小学生の頃はクイズマニアだった私が言うと説得力ないですが、わりと常識だと思ってました。
でもまあ、普通イクラの語源なんて会話にのぼらないし、知らなくてもおかしくないのかも…。
 
>ホンマDAMのヲタソンの充実さ加減は北半球を駆け巡るで。
これで妖精帝國のPatriot Anthemと孤高の創世が入れば満足なんですけどね。
あとは畑亜貴のアルバムから全曲と、霜月はるかのアルバムから全曲と、志方あきこのアルバ(以下略
 
インドア縛り
2007年4月17日
>どんなゲームをしようかな。そうだ、妄想シューティングゲームをしよう!
小学生の頃、自転車に乗ってるときにそんなゲームをプレイしてた気がします。
自機は自転車、敵機はマンホールや電柱で、敵に向かって進むとダメージを与えられるというルールでした。
マンホールは形によって耐久値が違ったり、人が乗ってる自転車はボーナスで近くで避けると高得点だったり…。
まあ、ギリギリで避けるのは今でもやってるんですけどね。
 
2007年4月19日
>それ誰の歌、と聞かない辺りに業の深さが見て取れます。
あまりの業の深さに軽く悲鳴を上げましたよ。
いや本当…業が深い。(自分の過去を振り返りながら)
 
>ビリーズブートキャンプ
見たことないけど名前だけは知ってます。って書こうとして、なんとなくテレビをつけたら流れてました(笑)
どこぞのサイトで見かけた話だと、かなりキツいらしいです。
 
>お医者様から「飲酒、油物は厳禁」と診断されました。
なぜか「醤油は厳禁」に見えて、食生活の欧米化の進行を危惧してしまいました。
塩分ならともかく、醤油のみって(笑)
 
 
今日はこんなもんですが、これからもちょくちょくこっそりやっていこうかと思います。