1月の行事
1月の季語 : 初春/松の内/厳冬/寒風
・厳冬の候 ・極寒のみぎり ・松の内も明けて など。
 
新春の行事 お正月
正月は、年神様が家々を訪れ、一年の幸福を授けてくれると言われています。そしてお正月に飾る「門松」は、年神様が最初に降りてこられる所(依代・よりしろ)として、玄関脇に置きます。

同じく、お正月には欠かせない「しめ飾り」は、神を祭る神聖な場所であることを示すしるしとして飾られます。神社や神棚には、正月に限らずしめなわが飾られているのはそのためです。
家庭での正月のしめ飾りは、古い年の不浄を払い清める為に、正面玄関の軒下につるすのが普通です。
門松やしめなわを飾るのは、12月の26、27、28日くらいが良いでしょう。
29日は「苦立て」、大晦日の31日は「一夜飾り」といい、この日に飾り付けをするのは嫌う風習があります。
 お正月に欠かせない 鏡もち
 餅は、古くから神の食べ物とされ、正月には年神様へお供えし、それを下げていただくのが慣わしでした。
また、餅を丸くするのは、人の魂、心臓をかたどっているからとされ、鏡とは魂を示す神器でもあるところから、年神様にお供えして食べると、新しい生命力が授けられると言い伝えられています。大小二つの餅を重ねるのは、陰と陽を重ね、福が重なるという意味があります。
飾り方は、基本的には三方の上に奉書紙か半紙を敷き、うらじろとゆずり葉を置いて餅を重ね、こぶを前に下げて、餅の上にだいだいを置きます。
この他にも、串柿やほんだわらを添えたり、伊勢海老をだいだいにからませ、水引で結んでのせたりする地方もあります。

【飾りの意味】
うらじろ ─── 長命をあらわす。葉裏が白く、後ろ暗さがないと言う意味もある。
ゆずり葉 ─── のちの世代まで長く福をゆずる、という意味がある。
だいだい ─── 家系が代々繁栄する、という意。
こぶ ─── よろこぶの意。
干し柿 ─── 幸福をしっかりとり込む。
伊勢海老 ─── えびの中でも最も立派なえびで、腰が曲がるほど長寿を願う意味で用いられる。
  新たなスタートライン 成人式
民法第三条には「満二十年を以って成年とす」と定められ、社会人として認められるだけでなく、選挙権が与えられ、喫煙・飲酒も許されますが、同時にさまざまな社会的義務も負うわけで、本人がはっきり、このことを自覚することが成人式の意義と言えます。

1月の花 : つばき


TOPへ  2月に進む