里山料理 おく村 〒634-0134奈良県高市郡明日香村大字阿部山397
明日香村の食事処 里山料理 おく村
明日香の自然、四季に織りなす里山風景。
春は、うぐいす、夏はひぐらし、
秋は彼岸花に赤とんぼ、冬は棚田に枯れ野草。

ここ、明日香の里山に囲まれ、東は多武峰、南は壺坂寺、西は高取、葛城の山々、北はキトラ古墳から甘樫の丘を望む谷あいに、隠れの食事処があります。

緑は映える庭の木々に、赤い茶傘と赤もうせん、白い春日灯篭が静かにあなたを迎えてくれます。

そんな中の京風・懐石弁当。ご利用いただいたお客様には、昔の忘れかけたおいしさと満腹する料理、食後のコーヒーに会話がはずみ、ゆったりとした時間が流れ、日ごろの疲れをいやしてくれた、と好評です。

京風懐石弁当  3,500円

特に米、野菜、果物は、おもに明日香で取れた新鮮な食材を使ってます。
(季節により、食材が変わることがあります。)

  • 焼き魚
  • 煮物
  • あえ物
  • 明日香米ご飯
  • 香の物
  • 果物
  • コーヒー

    営業時間

  • 営業時間 11:00〜15:00
  • 定休日 木曜日
  • 要予約 (3日前までにお願いします) 5〜10名様のご利用大歓迎。

    所在地のご案内

  • 〒634-0134奈良県高市郡明日香村大字阿部山397
  • 電話番号:0744-54-4670
  • 駐車場:有


    大きな地図で見る
    明日香村の食事処 里山料理 おく村     明日香村の食事処 里山料理 おく村

    周辺のご案内


    鬼の雪隠
    鬼が用を足したと伝えられている。小道の反対には石棺の土台がある。

    河原寺跡から板葺宮方向の風景
    伝・板葺の宮跡を望む、川原寺跡。さらに向こうには、飛鳥寺がある。

    猿石
    欽明天皇陵の西、吉備姫王墓域内にある。当時の道化師だろうか?

    伝・飛鳥板葺の宮
    大化の改新が始まった乙巳の変、中大兄皇子が蘇我入鹿を討った。

    酒船石
    酒を絞ったのか?この丘の北にカメ形庭園遺跡がありその一部か?

    橘寺
    聖徳太子が写経をした橘寺、境内には二面石。直ぐ西に誕生の地が。


    ここ大和、明日香は、今もなお眠る古代の宝庫、飛鳥人が夢を見、力で時代を築いていった歴史を垣間見ることにより旅人の心は、当時の栄えた時代にタイムスリップすることでしょう。 古代のロマンに酔いしれた後は、落ち着いた静かな「里山料理 おく村」で食事を味わってください。皆様のご利用をお待ちいたしております。