PC-6000/PC-6600 エミュレータ iP6 Plus


TOP > PC-6001のお部屋 > iP6 Plus

PC-6601SR の起動画面 Windows版のスナップショットです。

スナップショット集はこちらです。


はじめに

今のパソコンって、なんだかつまらない? そんなときは、昔のパソコンを現代によみがえらせましょう!(^^; PC-6000 /6600 SERIES エミュレータが、その解の一つになるでしょう。

isio さん作の iP6 というエミュレータを私が改造して、 いろんな機能を付けたしました。

とはいうものの、一応、動作しますが、正直、再現性は低いです。 音声合成もまだ対応していません。。


このプログラムでできること

このプログラムは、isioさん作の PC-6001 のエミュレータ(iP6) の Unix版をベースに 下記の機能を追加する物です。

Windy自身が 改造を行いました。ただし、まだまだ完璧な動作ではないです。

対応プラットフォームは、Windowsと、PC-Unixです。 Mac OS X でも、X11を入れて、コンパイルすれば 一応動きますが、音楽は出力できません。;


ダウンロード

最新バージョンは、Rel.4.7です。 ソースリストと、Win版のコンパイル済みバイナリも含みます。

公開日 Version ZIP
2004/2/12 Release 4.7 ZIP アーカイブ



※ Unix 環境の、gcc 4.0 以降で、コンパイルできない問題と、ヘルプ表示の問題を修正しました。(2007/1/5)

※ Mac OS X のX11上でコンパイルできない問題を修正しました。(2004/3/7)


なお、古いバージョンは、下記になりますが、 使い方が異なっている場合があるので、注意が必要です。

公開日 Version . .
2003/9/11 Release 4.6 LZH アーカイブ ZIP アーカイブ
2003/07/21 Release 4.5 LZH アーカイブ ZIP アーカイブ
2003/04/05 Release 4.0.1 LZH アーカイブ
2003/11/24 Release 4.0 LZH アーカイブ パッチ
2002/9/16 3.0 README
2002/8/2 2.0 README
2002/5/25 1.0 README

変更点 について

Rel.4.6 → 4.7 の主な変更点です。


ROMファイル

このプログラムを動かすためには、 実機から吸い出したROMファイルが必要になります。 ROMの取り込み全般については、 Hashiさんのサイトを 参照してください。

なお SRの方でROMを吸出しをされる場合は、拙作の saver3の使用が便利です。

<注意> 当方では、ROMくれメールには、一切応答しませんので、よろしくお願いします。


問い合わせ先

ソースリストや、実行ファイルは、基本的にフリーソフトウエアですので、 常識的な範囲であれば、自由に使って頂いても結構です。 なお、ソースリストや実行ファイルに関するお問い合わせは、 全て私(Windy)までお願いします。

バグや使用上の問題については、可能であれば、対応したいと思っています。 ただ、フリーソフトウエアで有る以上、限界というものも有りますので、 よろしくお願いします。

それから、ソースリストを公開しておきます。 厳密な意味でのオープンソースではないですが、 修正案とかありましたら、私まで御一報を頂くと嬉しいです。

免責事項

このソースリストや実行ファイルは基本的に無保証です。テストは行っておりますが、 使用した結果、何らかの損害があったとしても、当方では 一切感知できませんので、宜しくお願いします。

全ての機能を保証するものではありませんので、 ROMイメージや、テープイメージや、ディスクイメージなど、 大切なものに関しては、必ずバックアップを取ったものを使用するように してください。


謝辞

isioさんには、ソースリストをさわることと、 パッチファイルの公開を 快諾していただきました。 本当にありがとうございました。 私一人だけではまず、作れなかったと思います。

それから、このプログラムをテストしていただいた全ての方に ありがとうございました。(_)


最後に

まだまだ未完成な部分や 謎な部分が多々有るかと思いますが、 よろしくお願いします。

インデックスに戻る