十三参りや針供養、電電宮で有名な法輪寺 メールフォームへリンク
十三まいりや針供養、電電宮で有名な法輪寺 トップページへリンク 日本春蘭入門へリンク コーヒー入門へリンク サイトマップへリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)トピックスへリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)観光へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)大悲閣千光寺へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)櫟谷・宗像神社
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)モンキーパークいわたやまへリンク
京都の人は昔から、十三参りには必ず行った法輪寺(京都嵯峨嵐山)の紹介をしています。その他の行事としては針供養、京都嵐山花灯路ライトアップ等があります
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)松尾大社へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)月読神社へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)鈴虫寺へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)西芳寺へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)地蔵時へリンク
京都ようこそ渡月橋(京都/嵐山)浄住寺へリンク
ようこそ渡月橋(京都/嵐山)アラカルトへリンク
ようこそ渡月橋(京都嵐山)お食事処へリンク




カスタム検索
法輪寺本堂の写真(見にくいかも知れませんが、左右に牛と虎の像が守っています)

法輪寺(京都嵯峨嵐山)本堂

法輪寺(虚空蔵)・・・嵯峨嵐山

京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
アクセス
 JR「嵯峨嵐山」駅 徒歩 17分
 京福電車「嵐山」駅 徒歩 7分
 阪急電車「嵐山」駅 徒歩 3分
 市バス「嵐山公園」 徒歩 2分
 京都バス「中の島公園」  徒歩 2分
  【駐車場】法輪寺境内に何台か止められるスペースがあります。(有料)   

十三参りとは、古来より、数え年十三歳に成長した男女が、成人の儀礼として法輪寺に参拝しました。十三歳の厄難を払い、智恵を授けていただけるように虚空蔵菩薩に祈願します。古くは本尊虚空蔵菩薩の最もご縁の深い旧3月13日(現在の4月13日)に参詣するのが一般的でしたが、現在では下記の期間を十三参りの期間としてご案内しております。見学は無料ですが、展望台は最近は開放されていないようです。
電電宮は、本尊虚空蔵大菩薩の御誓願をもとに電気電波の祖神として電力、電気、電波、電子等あらゆる電気関係事業の発展と無事故安全を祈願します。(一部法輪寺:参照)

十三参り参詣期間
春 3月13日〜5月13日(4月13日を中日とした一月間)
秋 10月〜11月
京都の子供は男女を問わず法輪寺に十三参りに来る習慣があります。
他で聞いた事がないので、京都独特の風習かもしれません。
私も13歳の時にきたおぼえ があります。お参りをした後、渡月橋を渡るまでうしろを振り返らないように言われました。
振り返ると せっかく授かった知恵を落としていくとのことです。


法輪寺の歴史を書いています(京都市の立看板参照)

法輪寺

真言宗五教団の京都本山で、和銅六年(七一三)、言明天皇の勅願により行基が創建した。
天長六年〈八二九)に、弘法大師(空海)の弟子・道昌が中興して、虚空蔵菩薩を安置し、貞観十六年(八七四)には伽藍が整えられ、寿号を「葛井寺」から「法輪寺」に改めた。
平安時代には清少納言の「枕草子」の寿の段において、代表的な寺院としてあげられるなど、多数の参詣で隆盛した。
その後、応仁の乱や蛤御門の変で兵火を受けたが、その都度再興した。
本尊こくぞう菩薩は、「嵯峨の虚空蔵さん」として親しまれ、智恵と福徳を授かるため、数えの十三歳の男女が全国から「十三まいり」に訪れる。
平安時代に清和天皇が廃針を納めた針堂を建立したことから、針供養が行われるほか、惟喬親王の故事により、漆寺としても知られる。
また、けいだいには電気・電波守護の電電宮社が祀られている。

京都市

ページトップへ

針供養日程
2月8日 午前11時〜午後1時
12月8日 午前11時〜午後1時
針供養は、皇室で使用された針をご供養せよとの清和天皇の命により始まったといわれています。
現在でも毎年12月の針供養の際には皇室からお預かりしました針のご供養をしております。
針供養当日の法要の際、ご供養にこられた方には蒟蒻に大針をお刺し頂いております。
これは、これまで一所懸命働いてくれた針を蒟蒻にさして休んでもらおうということであります。
展望台前では甘酒をいただき、寒さを吹き飛ばす事が出来ました。
前日から凍結して紅葉もほぼ終わりでした。 081208


皇后妃殿下、秋篠宮妃殿下、皇太子妃殿下の、お名前がありました。菊のご紋を見て、由緒深い事がわかりました。京都嵐山法輪寺針供養の読経中の写真です 大きな蒟蒻に、大きな針を刺して、ゆっくりやすんでもらおうとの主旨のようです−−京都嵐山法輪寺本堂にて(針供養)
法輪寺(京都嵯峨嵐山)針供養
大蒟蒻にさされた大針

京都嵐山 法輪寺の紅葉/もみじも緑から黄、赤とそれぞれの色を綺麗に出しています 京都嵐山法輪寺の紅葉 綺麗に色づいて、鮮やかです
紅葉の法輪寺 2008
京都嵐山法輪寺鐘楼

法輪寺本堂も色彩の絨毯が敷かれたように色々の変化を見せます−−ライトアップされた法輪寺(D−K LIVE −− デジタル掛け軸) 法輪寺の裏山にまで帯のようにカラーのライトが当たり、色々の表情を見せてくれます
京都嵐山花灯路 2008 法輪寺本堂
法輪寺多宝塔 京都嵐山花灯路 2008

ページトップへ

芸能上達祈願祭 3月8日
人形供養 10月15日
日程は昨年度のもので確認してからおいでください。

京都嵐山花灯路の法輪寺ライトアップの写真はトピックスに載せています。
法輪寺の屋根が色とりどりに染められて、又別の世界をうみだします。
この日は展望台も開放され、行灯等の展示も行われています。
普段は、法輪寺のすぐ下に、団地が出来たせいか、見晴らしが悪くなり、そのためかどうかは判りませんが、展望台は開けてないようです。

今年度より京都嵐山音楽祭に参加されています。
若干狭いですが、かえってこの方が間近に見られ、ライブの雰囲気を味わう事が出来ました。
2日目は土砂降りの雨だったのですが、法輪寺さんのはからいで、本堂にあげて頂き、充分楽しめました。

一部法輪寺案内掲示板より引用
法輪寺手水舎の写真
法輪寺(京都嵯峨嵐山)手水舎
法輪寺山門をくぐって、すぐ右にある電電塔 緑に囲まれた法輪寺境内
電電塔(左 ヘルツ、右 エジソン)のレリーフ
法輪寺境内 階段の上から撮影
羊の他に牛、と虎の像がいます 御針供養塔
羊 神様のお使い
法輪寺 御針供養等
法輪寺本堂の左手前に丑が設置されており、本堂の見張り番のように見えます 法輪寺右手前には虎が見張り番をしています

法輪寺 虚空蔵(こくぞう)菩薩は、丑(うし)年、寅(とら)年生まれの人の守り本尊です

本堂から坂道を降りてくると、人の気配が全くかんじられなく、早朝には猿と出会うこともあります。 ここから入っていくと法輪寺裏門、法輪寺展望台(舞台?)の真下を通り、電電宮の前に出ます
法輪寺の山門の左から、階段を登らずにいける坂道があり、早朝には猿に遭う事もあります。
結構急勾配ですが、私は行きは階段、帰りはこの坂道を降りて帰ります。
渡月橋から歩いてくると、山のふもと(華洛と渡月亭)の間に、法輪寺近道(舞台入り口)があります。ぼけっとしていると通り過ぎるくらいの細い階段でかろうじてすれ違えるくらいです。
私にはシェルピンさんと聞こえたのですが全く違うかもしれません(お釈迦様の弟子であるのは間違いありません 法輪寺人形塚(裏門の入ってすぐ右にあります)
お釈迦様の弟子シェルピンさん?
人形塚
法輪寺 参道の写真 法輪寺山門の写真 法輪寺 電電宮の写真
参道
山門
電電宮
京都嵯峨嵐山法輪寺展望台(石舞台?)から嵐山渡月橋方面を見た写真 京都嵯峨嵐山法輪寺多宝塔の写真 京都嵯峨嵐山法輪寺針供養塚の写真
展望台からの京都市内眺望
法輪寺 多宝塔
法輪寺 針供養塚

ページトップへ

許可なく転用、転載を禁ずる