三重県指定無形文化財「亀山藩御流儀 心形刀流武芸形」  

心形刀流剣術

幕末、江戸四大道場の一つに数えられた心形刀流伊庭道場で免許皆伝を得た「山崎雪柳軒」が三重亀山に帰藩して、藩の剣術指南に任命され、後に心形刀流の道場を「亀山演武場」と名付けました。以来150年、現在まで途絶えることなく稽古が続けられ、心形刀流を伝承しているのは、唯一この亀山のみとなっています。             
            心形刀流 六代目師範役 小林 強
次回演武:9月4日(日)13:30〜15:00
       心形刀流演武見学と語り部の会
       (申込者) 
       会場:亀山演武場
              

SHINGYOTORYU
OFFICIAL WEB SITE

 
リンク
演武などの記録
赤心会の活動
亀山演武場の歴史
心形刀流の歴史

H28.8.21更新

本サイトは心形刀流保存赤心会が管理しています。許可無く掲載内容の転載・使用を禁じます。
本サイトはインターネットエクスプローラーver7。0で設定されています。

※当会には支部や亀山市外に稽古場等は一切ありませんのでご注意ください。