SEIKASYU

2014 summer | 人魚姫

ABOUT

星華集は童話や神話などを集め解釈したアンソロジーです。anthologyは花集めを語源とし、日本語では精華集と訳されることもあります。「星が輝き、華が咲き乱れる」そんな言葉の意味をこめて星華集と名付けました。新しいストーリーとしてちょっと毒のある、それでいて星のようにキラキラと、華のように甘く誘われドキっとするような、大人向けの選りすぐりの童話集をお届けしたいと思います。

にしやま みちよ ヤマナカ ユキ

TEAM SEIKASYU

Produce
まま・めぞん にしやまみちよ

Design
和乗+α ヤマナカユキ



WORK

2013-2014

人魚姫 2014 Summer

星華集 第三弾はハンス・クリスチャン・アンデルセン作の人魚姫の恋物語。
今作の夏姫・人魚姫には見る視点によって、いろいろな側面が見えるよう含みを持たせてみました。
頭を上に『人間に焦れ、抱えた思いを実らせようとする淡い恋心』
尾ひれを上に『叶わぬ恋の結果に泡となり海の水に消える悲恋の結末』
横に見れば『浮遊感漂う不安定な恋』
感じ方はさまざまです。人魚姫の心のうちを思い思いに描いていただけたら、この恋も成就できるかもしれません。

木花之佐久夜毘売 2014 Spring

星華集 第二弾は日本神話より、山の神の娘で、咲き誇る桜のように美しい美姫木花之佐久夜毘売(びき・このはなのさくやびめ)。天孫・天津日高日子番能邇邇芸能命(てんそん・あまつひこひこほのににぎのみこと)の元へ姉の岩長比売(いわながひめ)と共に嫁ぎますが、姉は醜い容姿を恐ろしいと送り返され天孫は美しい妹と契りました。これにより御命は寿命という限られたものが与えられたと言われています。
桜の花が咲くように、華やかで儚い生命もあれば 岩のように永遠に変わらない生命もあることを、本当は気付いてほしい。


白雪姫 2013 Winter

星華集 第一弾はお馴染みの白雪姫。ドイツ民話のひとつで、グリム兄弟によって編纂され、広く読まれた物語。
子どもの頃に読んだお話しを大人になって読み返すと、違った解釈をしりことはないでしょうか?
毒林檎、眠るヒロイン、割れた鏡、花に小鳥、赤く色づく薔薇、たくさんのモチーフの中に横で見守る髑髏もあり、想像力を掻き立てます。

注染てぬぐい
伝統技法注染とは

星華集は注染(ちゅうせん)という伝統技法によって、職人により手染めされています。
染色の特性上洗濯時に色落ちしますので、白色・薄色のもとはわけて洗ってください。塩素系漂白剤は使用しないで下さい。使用時に濡れたまま放置すると色移りしますのでご注意下さい。端が切りっぱなしになっていますが、使用するにつれフリンジ状になりほつれが止まります。余分な糸はお切りください。





PORTFOLIO

人魚姫 -深海- -泡沫-

泡のからだは空へとのぼり、こぼれた涙は真珠となって
くらい海のそこへ沈みゆく。
波間にたゆたう焦がれたこころはどこへゆくのか。

2014 summer STORES here

木花之佐久夜毘売 -儚灯- - 息吹-

桜の花のように美しく咲き栄え、
桜の花のように儚く散る。
人に罹るまじないの花弁、
ひとつひらり。

2014 spring
STORES here

白雪姫 -宵闇- - 明星-

雪のように白い肌、
黒檀のように黒々とした髪、
雪の上に落ちた血の、赤い薔薇のような唇。
毒林檎、齧って訪れた眠りの世界。
目覚めるのは王子様のくちづけ。

2013 winter
STORES here



CONTACT

Email
mamamaison2009@gmail.com

Adress

地下鉄四つ橋線「肥後橋」下車8番出口を西へ真っ直ぐ徒歩3分

まま・めぞん てぬぐい くろーぜっと にしやま みちよ
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-23-14 新坂ビル1階

Net shop http://mamamaison2009.shop-pro.jp

OPEN
平日12:00〜19:00 
土 13:00〜19:00 
CLOSE 祝日と日曜日


SOCIAL LINKS

SEIKASYU STORES here